スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でアンデルセン童話「裸の王様」(2)

臆病な王様は、また別の臣下を遣いに…

The Emperor now sent another officer of his court to see how the men were getting on, and to ascertain whether the cloth would soon be ready. It was just the same with this gentleman as with the minister; he surveyed the looms on all sides, but could see nothing at all but the empty frames.


・officer=役人
・the men=the impostors
・ascertain=究明する
・survey=見回す
・but=except


王様はまた別のお城の役人を男たちのところにやって、仕事の進み具合はどうか、いつ頃布が出来上がりそうかを確かめさせたのです。今度も老大臣の時と同じでした。役人はいろんな角度から機織り機を見ましたが、空の機械があるばかりで、ほかには何も見ることができません。

"Does not the stuff appear as beautiful to you, as it did to my lord the minister?" asked the impostors of the Emperor's second ambassador; at the same time making the same gestures as before, and talking of the design and colors which were not there.


・my Lord 閣下
・ambassador=大使


「この布は、老大臣閣下の時と同じように美しく見えませんか?」詐欺師たちは、この王様の二人目の大使に尋ねました。そして、以前と同じように布を織っているふりをしたり、ありもしない布の柄や色について話したりしました。

"I certainly am not stupid!" thought the messenger. It must be, that I am not fit for my good, profitable office! That is very odd; however, no one shall know anything about it." And accordingly he praised the stuff he could not see, and declared that he was delighted with both colors and patterns. "Indeed, please your Imperial Majesty," said he to his sovereign when he returned, "the cloth which the weavers are preparing is extraordinarily magnificent."


・messenger=使者
・profitable=もうかる、有益な
・odd=奇妙な、変な、おかしな
・accordingly=従って、だから
・declare=はっきり言う、断言する、示す
・delighted with~=~を喜んでいる
・your Imperial Majesty=皇帝陛下(呼びかけ)
・sovereign=国王
・magnificent=素晴らしい


「私は決して馬鹿ではない!」と使者は思いました。きっと、私が今のこの素晴らしい、お金も頂ける仕事に向いていないということなんだ!すごく思いがけないことだけど、このことは誰も気がつきゃしない」というわけで、使者は見えもしない布を褒め、色も模様もすばらしいとはっきり言いました。「国王閣下、まったく」と使者は戻ると国王に向かって言いました。「機織り職人たちが織っている布は非常に素晴らしいものです」

The whole city was talking of the splendid cloth which the Emperor had ordered to be woven at his own expense.


And now the Emperor himself wished to see the costly manufacture, while it was still in the loom. Accompanied by a select number of officers of the court, among whom were the two honest men who had already admired the cloth, he went to the crafty impostors, who, as soon as they were aware of the Emperor's approach, went on working more diligently than ever; although they still did not pass a single thread through the looms.


・a number of=多数の
・select=えりぬきの
・crafty=悪賢い
・diligently=熱心に、勤勉に


町中が、王様が自分でお金を出して織るように命じた素晴らしい布の話で持ちきりになっていました。
そして、今や王様自身が、まだ機織り機の中にある、その高価な作品を見たくてたまらなくなったのです。宮殿にいるえりぬきのたくさんの役人を伴って、その中にはあの正直な、すでに布のことを褒めた二人もいたのですが、王様は悪賢いあの詐欺師のところへ行きました。王様がやってくるのに気がつくと、二人の詐欺師はいっそう熱心に働きつづけるふりをしました。まだ一本の糸も機織り機の中に通していないのに、です。


"Is not the work absolutely magnificent?" said the two officers of the crown, already mentioned. "If your Majesty will only be pleased to look at it! What a splendid design! What glorious colors!" and at the same time they pointed to the empty frames; for they imagined that everyone else could see this exquisite piece of workmanship.


・crown=王冠、王位
・your Majesty=国王陛下
・if…only~=ただ~でさえあればいいのだが
・glorious=美しい
・exquisite=この上なく素晴らしい
・workmanship=[職人の]技量、作品、出来映え


「全く素晴らしいではありませんか」と、王様の臣下のあの二人の役人が言いました。「国王閣下がご覧になればお分かりになるのですが!なんと素晴らしい模様でしょう!なんと美しい色なんでしょう!」そう言いながら二人は空の機織り機を指さしました。なぜなら、二人はほかのみんなはこのこの上なく素晴らしい職人の作品を見ることができているんだと思っていたからです。

"How is this?" said the Emperor to himself. "I can see nothing! This is indeed a terrible affair! Am I a simpleton, or am I unfit to be an Emperor? That would be the worst thing that could happen--Oh! the cloth is charming," said he, aloud. "It has my complete approbation." And he smiled most graciously, and looked closely at the empty looms; for on no account would he say that he could not see what two of the officers of his court had praised so much. All his retinue now strained their eyes, hoping to discover something on the looms, but they could see no more than the others; nevertheless, they all exclaimed, "Oh, how beautiful!" and advised his majesty to have some new clothes made from this splendid material, for the approaching procession. "Magnificent! Charming! Excellent!" resounded on all sides; and everyone was uncommonly gay. The Emperor shared in the general satisfaction; and presented the impostors with the riband of an order of knighthood, to be worn in their button-holes, and the title of "Gentlemen Weavers."


・approbation=称賛
・graciously=愛想よく
・on no account=決して[どうしても・どうあっても・どんなことがあっても・絶対に]~しない
・retinue=〔要人に付き添う〕供人たち
・strain=〔身体の一部などを〕最大限に働かせる
・approaching=近づく、差し迫った
・procession=行進、行列
・resound=〔大音響が〕鳴り響く、とどろく
・uncommonly=極めて
・gay=陽気な、快活な
・share in=~を分かち合う、~を共有する
・general=全員の、全体的な
・riband=〔賞として与えるためのまたは装飾用の〕リボン
・order=順位
・knighthood=爵位、ナイト爵団◆これを授かると Sir の尊称が名前の前につく
・title=称号、肩書き
・Gentlemen:Gentleman=準貴族(貴族ではないが家紋を付けることを許された特権階級)
・weaver=織工


「これは一体どうしたことか?」と王様は思いました。「私には何も見えないぞ!これは本当に大変なことだ!私がばかだということなのか、あるいは国王の座にふさわしくないということなのか?もしそうなら最悪だ」そう思って、これは口に出して言いました。「おお、なんと美しい布じゃ!」「最高の称賛に値する」王様はこう言ってこれ以上ないほど愛想よく微笑んで、空の機織り機をもっと近くに行って見ました。なぜなら、王様の臣下の二人の役人が褒めちぎったものを見えないなどとはどんなことがあっても言えなかったからです。王様のお供の者も機織り機の上に何か見えないかと目を凝らしましたが、みんな誰も同じように何も見ることができませんでしたが、こう大きな声で言いました。「おお、なんと美しい!」そして王様に近々ある行進のために、この素晴らしい布で新しい服を作らせてはいかがかでしょうと言いました。「それはいい!すばらしい!なんという素晴らしいことだ!」とそこにいた人たちはみな叫びました。みんな異様なほど陽気でした。王様もみんなの満足げな雰囲気に浸りました。そして、詐欺師たちにボタンホールに付けるようにと爵位を表すリボンを贈り、”準貴族職工”という称号を与えたのです。

The rogues sat up the whole of the night before the day on which the procession was to take place, and had sixteen lights burning, so that everyone might see how anxious they were to finish the Emperor's new suit. They pretended to roll the cloth off the looms; cut the air with their scissors; and sewed with needles without any thread in them. "See!" cried they, at last.
"The Emperor's new clothes are ready!"


・rogue=悪党
・anxious=~しようと苦心して
・off the looms=織機からはずして
・them=needles


行進の行われる前の晩は、悪党たちは一晩中起きていて、王様の新しい服の仕上げを熱心にやっているところがみんなによく見えるようにと、16もの松明を燃やしました。機織り機から布をはずして巻くふりをしたり、ハサミで空気を切ったり、糸の通っていない針で縫ったのです。「ごらんください!」と悪党たちはついに叫びました。「王様の新しい服が出来上がりました!」
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。