スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でアンデルセン童話「裸の王様」(1)

裸の王様の原題はこれなのね!


私の拙い訳を付けます。

THE EMPEROR'S NEW CLOTHES


Many years ago, there was an Emperor, who was so excessively fond of new clothes, that he spent all his money in dress. He did not trouble himself in the least about his soldiers; nor did he care to go either to the theatre or the chase, except for the opportunities then afforded him for displaying his new clothes. He had a different suit for each hour of the day; and as of any other king or emperor, one is accustomed to say, "he is sitting in council," it was always said of him, "The Emperor is sitting in his wardrobe."


・excessively=非常に、極端に
・in the least=少しも
・trouble oneself about=頓着する
・chase=狩り
・afford=~を提供する
・accustomed t=~が習慣になっている
・in council=会議中で
・wardrobe=洋服だんす


昔々、大変新しい服が好きで、自分のお金を全部服につぎ込んでしまう王様がいました。少しも兵隊たちのことも頓着なしで、劇場に行ったり狩りに行ったりすることにも興味がありません。関心があるのは、自分の新しい服を披露できる機会だけ。1日のうちでも1時間ごとに服を替えました。普通王様とか皇帝のことは皆が「今会議中でいらっしゃいます」というものだが、この王様のことは「衣裳部屋に座っていらっしゃいます」というのが常だった。

"The Emperor is sitting in his wardrobe."っていうのは笑っちゃいますね。


Time passed merrily in the large town which was his capital; strangers arrived every day at the court. One day, two rogues, calling themselves weavers, made their appearance. They gave out that they knew how to weave stuffs of the most beautiful colors and elaborate patterns, the clothes manufactured from which should have the wonderful property of remaining invisible to everyone who was unfit for the office he held, or who was extraordinarily simple in character.


・capital=首都
・court=王宮
・rogue=詐欺師、悪党
・weaver=機織職人
・make one's appearance=姿を現す、登場する
・gave out:give out=言い立てる、宣言する
・stuff=物、代物
・elaborate=複雑な
・manufacture=製作する
・from which:whichは"stuffs"を指す
・property=特性
・remain=〔状態が〕変わらず~のままである
・unfit=不相応な
・office=職場、任務
・simple=単純な、バカな


この王様の国の首都は大きな町でしたが、そこでは毎日楽しい時が流れていました。宮殿には毎日見知らぬ人たちがやって来ました。ある日、二人の詐欺師が自分たちは機織り職人だと言ってやってきました。私たちはこの世で一番美しい色と複雑な模様の織物を織りあげることができます、そしてその織物で作った洋服は、ふさわしくない仕事をしている人やひどく頭の悪い人には見えないという素晴らしい性質があるのです、と言いたてました。

不似合いな仕事をしてるやつや馬鹿には見えないって言ってるわけで。


"These must, indeed, be splendid clothes!" thought the Emperor. "Had I such a suit, I might at once find out what men in my realms are unfit for their office, and also be able to distinguish the wise from the foolish! This stuff must be woven for me immediately." And he caused large sums of money to be given to both the weavers in order that they might begin their work directly.


・Had I such a suit=If I had such a suit:倒置の形の仮定法
・realm=王国、国土
・directly=すぐに、直ちに


「これはまったく素晴らしい服に違いない!」と王様は思いました。「そういう服を着れば、たちどころにわが王国の誰がその地位にふさわしくないかすぐ分かるし、賢いやつと馬鹿な奴をすぐ見分けられる!すぐにその織物を織らせよう」そして、直ちにその織物職人たちが仕事を始められるようにとたくさんのお金を与えました。

So the two pretended weavers set up two looms, and affected to work very busily, though in reality they did nothing at all. They asked for the most delicate silk and the purest gold thread; put both into their own knapsacks; and then continued their pretended work at the empty looms until late at night.


・pretended=偽りの
・loom=はた、織機
・affect=~するふりをする
・delicate=優美な、繊細な、やわらかな
・knapsack=


糸のついてない織機を動かして、よーやるよ、という感じですな(笑)


それから二人の偽の機織り職人たちは二つの機織り機を置いて、実際には何もしていなかったのですが、とても忙しく働いているふりをしました。一番柔らかな絹と、まじりけのない純金の糸を用意するように言い、それは自分たちのリュックに入れました。そして、空の織機に向かって夜遅くまで働いているふりをしました。

"I should like to know how the weavers are getting on with my cloth," said the Emperor to himself, after some little time had elapsed; he was, however, rather embarrassed, when he remembered that a simpleton, or one unfit for his office, would be unable to see the manufacture. To be sure, he thought he had nothing to risk in his own person; but yet, he would prefer sending somebody else, to bring him intelligence about the weavers, and their work, before he troubled himself in the affair. All the people throughout the city had heard of the wonderful property the cloth was to possess; and all were anxious to learn how wise, or how ignorant, their neighbors might prove to be.


・get on with=~に取り組む
・elapse=経過する
・simpleton=ばか者
・manufacture=製品
・To be sure=確かに
・risk=危険にさらす
・person=人格
・intelligence=(敵に関する)情報
・trouble oneself=心配する、やきもきする
・affair=事柄、件、問題
・property=特性、性質
・be to~=~するはず
・ignorant=無知な、ばかな
・prove to~=~であることが判明する


「職人たちが私の服を作っているところを見たいものだ」としばらくして王様は思いました。けれど、馬鹿者やふさわしくない地位にいる者には出来上がったものを見ることができないということを思い出して、ちょっと困ったなと思いました。確かに自分は人格に問題はない、それでもそのことでやきもきする前に、まず、誰かを職人たちとその仕事の様子を見に行かせた方がいいなと思いました。町中の人たちは、この布が持つという素晴らしい特質について既に聞いて知っていました。そして、自分の周りの人たちがそのことでどれだけ賢いのか馬鹿なのかが分かることを楽しみにしていたのです。

"I will send my faithful old minister to the weavers," said the Emperor at last, after some deliberation, "he will be best able to see how the cloth looks; for he is a man of sense, and no one can be more suitable for his office than he is."


・faithful=信頼できる、誠実な
・minister=〔国家の〕大臣
・deliberation=熟考、よく考えること
・a man of sense=分別のある人
・office=職場、職業、任務


「信頼している年取った大臣を職人たちのところに行かせよう」と王様はしばらく考えてから、ついに言いました。「彼なら布がどんな具合かしっかり見てきてくれるに違いない。分別があるから、この任務にふさわしい者はほかにいない」

So the faithful old minister went into the hall, where the knaves were working with all their might, at their empty looms. "What can be the meaning of this?" thought the old man, opening his eyes very wide. "I cannot discover the least bit of thread on the looms." However, he did not express his thoughts aloud.


・knave=悪党、ごろつき
・with all one's might=全力を出して[挙げて・尽くして]、一生懸命に
・loom=はた、織機
・not~the least bit=全然[全く・これっぽっちも]~ない


そこで、誠実な老大臣は広間に入って行きました。そこでは、悪党たちが、空の機織り機に向かって一生懸命仕事をしているのでした。「これは一体どうしたことだ」と老大臣は目を見張りながら思いました。「機織り機に一本も糸が見えないぞ」でも、大臣は思ったことを口には出しませんでした。

The impostors requested him very courteously to be so good as to come nearer their looms; and then asked him whether the design pleased him, and whether the colors were not very beautiful; at the same time pointing to the empty frames. The poor old minister looked and looked, he could not discover anything on the looms, for a very good reason, viz: there was nothing there. "What!" thought he again. "Is it possible that I am a simpleton? I have never thought so myself; and no one must know it now if I am so. Can it be, that I am unfit for my office? No, that must not be said either. I will never confess that I could not see the stuff."


・impostor=詐欺師
・courteously=丁寧に
・be so good as to~=どうぞ~してください
・frame=骨組み、枠
・poor=哀れな、不幸な
・for a very good reason=非常に健全な理由で[まったく当然な理由で]
・viz=すなわち、つまり
・What!=なんてこった!
・I am so=I am a simpleton
・stuff=物、材料


詐欺師たちは、大臣に大変丁寧に、空の機織り機を指さしながらこう言いました。「どうぞもっと機織り機の近くに来て見てください。デザインはいかがですか。色の美しさはどうでしょうか」かわいそうな大臣は、何度も目を凝らして見ましたが、機織り機の上には何にもありません。それはまったく当然のこと、つまり、そこには何もなかったのですから。「なんてこった!」とまた大臣は思いました。「私がばか者だというのか?ばか者だなんて思ったこともない。私がばか者だとしても、今はまだ誰も知らないはずだ。私が自分の職務にふさわしくないということなのか。そんなはずもない。布が見えないなんて金輪際言うまい」

"Well, Sir Minister!" said one of the knaves, still pretending to work. "You do not say whether the stuff pleases you."
"Oh, it is excellent!" replied the old minister, looking at the loom through his spectacles. "This pattern, and the colors, yes, I will tell the Emperor without delay, how very beautiful I think them."


・spectacles=メガネ
・without delay=即刻


「それで、お大臣様!」詐欺師の一人が、働いているふりをしながら言いました。「布にご満足いったかどうかまだお聞きしていないのですが」「おお、大変素晴らしい!」と老大臣は眼鏡をかけて機織り機を見ながら答えました。「模様も色も素晴らしい。さっそく、どんなに美しいか王様に申し上げよう」

"We shall be much obliged to you," said the impostors, and then they named the different colors and described the pattern of the pretended stuff. The old minister listened attentively to their words, in order that he might repeat them to the Emperor; and then the knaves asked for more silk and gold, saying that it was necessary to complete what they had begun. However, they put all that was given them into their knapsacks; and continued to work with as much apparent diligence as before at their empty looms.


・be obliged to~=~に感謝している
・impostor=詐欺師
・pretended=偽りの
・attentively=注意深く
・apparent=見掛けの、あたかも~のような
・diligence=熱心さ


「大変感謝申し上げます」と詐欺師たちは言い、嘘の布の様々な色の名前を言ったり、デザインについて話したりしました。老大臣は、それをそのまま王様に伝えようと、注意深く聞いていました。それから、詐欺師たちは、これを完成させるにはもっと絹糸と金糸が必要だから用意して下さいと言いました。しかし、与えられたものはすべて自分たちのリュックに入れてしまい、以前と同じように、空の機織り機に向かって、まるで熱心に働いているかのようなふりを続けました。

かわいそうなのは大臣でござーい!(笑)

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。