スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でマーク・トウェイン短編『私の懐中時計』

こういうのはいかが

本文は”Gutenburg”から、辞書は”英辞郎””リーダーズ英和辞典(研究社)、訳は、手元にある『マーク・トウエン短編集』(古沢安二郎訳・新潮文庫)を使わせていただいています。


この色の箇所は、注意すべき用法などです。


MY WATCH--[Written about 1870.]


私の懐中時計

AN INSTRUCTIVE LITTLE TALE


・INSTRUCTIVE=ためになる、教訓的な

My beautiful new watch had run eighteen months without losing or gaining, and without breaking any part of its machinery or stopping.  I had come to believe it infallible in its judgments about the time of day, and to consider its constitution and its anatomy imperishable.


・losing:lose=(時計が)遅れる
・gain=〔時間が〕進む
・infallible=絶対確実な
・constitution=構造、気質
・anatomy=組織
・imperishable=不滅の


私の美しい新しい懐中時計はもう一年半も遅れもせず進みもせず、機械のどこにも故障はなく、また一度も止まったこともなく動いて来た。私はこの時計の知らせる時間には絶対に間違いがないし、造りも機械もどんなことがあってもこわれることもないと信じるようになっていた。


But at last, one night, I let it run down.  I grieved about it as if it were a recognized messenger and forerunner of calamity.  But by and by I cheered up, set the watch by guess, and commanded my bodings and superstitions to depart.


・run down=[時計が]止まる
・recognized=存在を認められる
・messenger=使者
・forerunner=先人、先駆者
・calamity=災難、不幸
・cheer up=元気になる
・by guess=推測で
・boding:bode=予言する、予告する
・superstition=迷信、恐れ
・depart=立ち去る、離れる、それる


ところが或る日の晩とうとう私はこの時計を止まらせてしまった。それがまるで災難でもはっきり知らせに来た使者か前触れかなどのように私を悲観させた。しかしやがて私は元気を出し、あてずっぽに時間を合わせ、そんな前兆や迷信は強いて追い払ってしまった。


Next day I stepped into the chief jeweler's to set it by the exact time, and the head of the establishment took it out of my hand and proceeded to set it for me.  Then he said, "She is four minutes slow-regulator wants pushing up."  I tried to stop him--tried to make him understand that the watch kept perfect time.  But no; all this human cabbage could see was that the watch was four minutes slow, and the regulator must be pushed up a little; and so, while I danced around him in anguish, and implored him to let the watch alone, he calmly and cruelly did the shameful deed.


・chief=〔地位や権限が〕最高位の
・jeweler=宝石商、宝石職人
・set=〔時間などを〕合わせる
・establishment=設立物、施設
・proceed=〔行為を〕始める
・regulator=調節装置
・push up=押し上げる
・cabbage=怠け者、ぐうたら
・in anguish=苦悩して、心痛のあまり
・implore=〔切実に〕~を請う
・cruelly=無情にも
・shameful=恥ずべき、けしからぬ


翌日私は正確な時間に合わせようと思って一流の宝石時計店に足を運んだ。するとその店の主人は私の手から時計を奪い、私にやらせないで自分で時間を合わせにかかった。そして主人は言った。「この時計は四分遅れていますな――緩急針を押し上げる必要がある。」私はやめさせようとした――時計の時間はきちんと合っているのだということを主人に判らせようとした。しかしだめだった。その間抜け野郎には時計が四分遅れているということと、どうあっても緩急針を少し押し上げなければならんということしか判らなかった。だから私がどんなにいらいらして主人のまわりを歩き回りながら時計に手をつけないでくれと頼みこもうと、相手は落ち着き払って無残にもけしからん直し方をしてしまった。


*緩急針:「時計三昧」というサイトに次のような説明と図があります。

「ヒゲゼンマイの外端は、ヒゲ持ちで固定され、中心寄りにヒゲ棒が接触しています。この位置を緩急針で左右に調整することで、ヒゲゼンマイの有効長さが規制される仕組みです。 ヒゲゼンマイの有効長が短くなれば、テンプの振動がわずかに速くなり、進み気味になります。逆に長くすれば遅れ気味になります。 このように時計の精度を微調整する仕組みを緩急針調整装置といいます」Photo 


My watch began to gain.  It gained faster and faster day by day.  Within the week it sickened to a raging fever, and its pulse went up to a hundred and fifty in the shade.  At the end of two months it had left all the timepieces of the town far in the rear, and was a fraction over thirteen days ahead of the almanac.  It was away into November enjoying the snow, while the October leaves were still turning.  It hurried up house rent, bills payable, and such things, in such a ruinous way that I could not abide it.


・sicken=病気になる
・raging fever=ひどい熱
・pulse=脈拍、鼓
・in the shade=日陰で
・timepiece=時計、ストップウオッチ◆腕時計でも掛け時計でもよいが、チャイムなどの鳴らないものを指すことが多い
・in the rear=(~の)背後に
・fraction=(a~) ((副詞的)) ほんの少し
・almanac=暦
・hurried up=急がせる、急かす
・house rent=家賃
・bill payable=支払手形
・ruinous=破滅的な
・abide=我慢する


私の時計は進みはじめた。日増しにどんどん進むようになった。一週間もたたないうちに時計は猛烈な熱病にかかってしまい、脈拍は日陰で百五十に上った。二ヵ月の終わりころになると、この時計は町中のあらゆる時計をはるかに追い越してしまい、カレンダーより十三日と少しばかり行き過ぎてしまった。まだ十月の木の葉が紅葉しているというのに、時計のほうはとうに雪を楽しむ十一月にはいっていた。お陰で家賃や払いの勘定やそういったものにせき立てられ、それがひどく懐にひびくのでとうてい辛抱しきれなくなった。


さすがユーモア作家、大分面白い時計になってきました"in such a ruinous way"が「ひどく懐にひびくので」という訳になるとは…さすが翻訳家ですね素人にはできない


I took it to the watchmaker to be regulated.  He asked me if I had ever had it repaired.  I said no, it had never needed any repairing. He looked a look of vicious happiness and eagerly pried the watch open, and then put a small dice-box into his eye and peered into its machinery He said it wanted cleaning and oiling, besides regulating--come in a week.


・regulate=〔機器などを〕調整する
・vicious=意地の悪い
・pried:pry=~をてこで動かす
dice-box=さい筒◆さいころを入れて振り出すための筒Photo_2
・machinery=機械装置


私は直してもらおうと時計専門の店へ持ち込んだ。主人は今まで直したことがあるかと尋ねた。ない、今までちっとも直す必要はなかったのだと私は答えた。主人は意地悪い満足そうな表情をうかべて懸命に時計をこじ開け、やがて小さな筒眼鏡を目に当てて機械を覗き込んだ。これは修理だけではなしに分解掃除をして油を注さなければならん――一週間したら取りに来いと主人は言った。


Photo_3


After being cleaned and oiled, and regulated, my watch slowed down to that degree that it ticked like a tolling bell.  I began to be left by trains, I failed all appointments, I got to missing my dinner; my watch strung out three days' grace to four and let me go to protest; I gradually drifted back into yesterday, then day before, then into last week, and by and by the comprehension came upon me that all solitary and alone I was lingering along in week before last, and the world was out of sight.  I seemed to detect in myself a sort of sneaking fellow-feeling for the mummy in the museum, and a desire to swap news with him.


・tick=カチカチと音を立てる
・toll=〔鐘などが〕繰り返しゆったりと鳴る
・miss=〔機会などを〕逃す、見逃す
・strung out:string out=〈米〉〔話・物事の進行などを〕引き延ばす
・grace=《金》猶予期間◆【同】grace period
・protest=(約束手形などの)支払いを拒絶する
・came upon:come upon=~を襲う
・solitary=世捨て人
・linger=居残る、ぐずぐずする
・week before last=《the ~》先々週
・detect=~を見つける、〔存在などに〕気付く
・sneaking=ひそかな
・fellow-feeling=共感、同情、思いやり、仲間意識、連帯感
・mummy=ミイラ
・swap=~を交換する、~をやりとりする


分解掃除と油注しをして修理してもらった時計は、こんどはすっかり遅れるようになり、教会の鐘のようにゆっくり時を刻んでいた。私は汽車には乗り後れるようになり、すべて約束の時間には間に合わず、夕食も食べそこねるようになった。時計のお陰で借金の支払期限の猶予の三日が四日に延びてしまい、言い訳に出かけさせられてしまった。次第に私は昨日に舞い戻り、やがて一昨日に戻り、やがて先週に戻り、そのうちに自分だけがぽつんと独りっきりで先々週をうろうろして世の中に取り残されてしまったことが判って来た。私は博物館のミイラにひそかに同胞感をいだき、ミイラと世間話をしたいという望みを持つ気持ちになったらしいことに気がついた。


このあたりの表現も傑作


遅れるようになってしまった時計を…


I went to a watchmaker again.  He took the watch all to pieces while I waited, and then said the barrel was "swelled."  He said he could reduce it in three days.  After this the watch averaged well, but nothing more.  For half a day it would go like the very mischief, and keep up such a barking and wheezing and whooping and sneezing and snorting, that I could not hear myself think for the disturbance; and as long as it held out there was not a watch in the land that stood any chance against it.


・barrel=〔時計の〕香箱(こうばこ)◆ぜんまいが入っている薄い円筒:「Repair]というサイトに「ゼンマイがすっぽりと入る形状をしていて、ゼンマイが切れてしまって、時計のほかのパーツに損傷を与えないよう作られた工夫の一つ」とありますPhoto_2
・reduce=縮小する
・average=平均する
・mischief=いたずらっ子
・keep up=〔一定の態度を〕取り続ける
・bark=吠える、叫ぶ
・wheezing:wheeze=苦しそうに息をする、ゼーゼー息を切らす
・whoop=〔ほえるような〕叫び声を上げる、〔百日咳のように〕ゼーゼーと息をする
・sneezing:sneeze=くしゃみをする
・snort=鼻を鳴らす
・disturbance=騒ぎ
・held out:hold out=〔最後まで〕持ちこたえる、抵抗する
・stood against:stand against=~に立ち向かう


私はまたべつの時計店へ出かけて行った。時計屋は私の待っているあいだに機械を全部ばらばらにしてみて、やがてぜんまいの香箱がふくれていると言った。三日もかかればふくらみをもとに戻すことができると言った。そののち時計は平均すればうまく行ったが、それだけの話であった。つまり半日のあいだ時計は唸ったり、息を切らしたり、わめき立てたり、くしゃみをしたり、鼻息を立てたりしつづけ、その騒がしさのお陰で自分の考えごとも聞きとれないくらい、まるでいたずらっ子そっくりの動き方をしていた。そうやってがんばっているかぎりは国中どこをさがしてもこれを追い越す時計は見当たらないくらいであった。


But the rest of the day it would keep on slowing down and fooling along until all the clocks it had left behind caught up again.  So at last, at the end of twenty-four hours, it would trot up to the judges' stand all right and just in time.  It would show a fair and square average, and no man could say it had done more or less than its duty.  But a correct average is only a mild virtue in a watch, and I took this instrument to another watchmaker.  He said the king-bolt was broken.  I said I was glad it was nothing more serious.  To tell the plain truth, I had no idea what the king-bolt was, but I did not choose to appear ignorant to a stranger.He repaired the king-bolt, but what the watch gained in one way it lost in another.  It would run awhile and then stop awhile, and then run awhile again, and so on, using its own discretion about the intervals. And every time it went off it kicked back like a musket. I padded my breast for a few days, but finally took the watch to another watchmaker.


・fool along=ブラブラ進む
・caught up:catch up=追いつく
・trot=小走りする
・judges' stand =審判員タワー
・fair and square=正しい、公明正大な
・mild=軽度の
・tell the plain truth=包み隠さずに言う
・discretion=思慮、分別、行動の自由、決定権
・went off:go off=止まる
・kick back=反動する、
・musket=マスケット銃(ここによると「18世紀初頭火縄銃に代わり、まだ先込めであるが撃針で強打することにより火薬を発火させるマスケット銃が主流となった。機能的に火縄銃と大差はないが口径がやや小さく銃身が長くなったことが特色である。これは射程距離を長くしかつ命中率をあげるためだ。すなわち火縄銃では狙いはつけられず、ある方向に撃つにすぎなかった。ただ火縄銃から現在のライフルまで命中した時の人体または馬に与える威力は大きく変わらない。その意味ではこれにより初めて現在のライフル(施条されたものがライフルだが、日本の小銃に当る言葉が英独語にはなく、通常小銃は全てライフルと呼ばれる)の機能を持ったとも言える」)
・pad=~に当て物をするMusket


ところが後の半日はだんだん動き方がにぶくなり、道草を食っているうちにはとうとう今まで追い越して来た時計全部に追いつかれてしまうのであった。そういうふうに最後に二十四時間の終わりになれば、時計は時間どおりきちんと審判台に駆けつけるので、なるほど平均してみれば実に正確な時間を守っている以上、時計としての義務をやり過ぎているとも怠っているとも文句をつけることはできなかった。しかし時計の場合、平均して正確だということは長所にしてもあまり賞めたことでもないので、私はまたべつの時計屋へこの時計を持って行った。時計屋はキング・ボルトがこわれていると言った。私はそれ以上のひどい故障でなくてよかったと言った。ざっくばらんに白状するなら、キング・ボルトとは何のことか自分にはさっぱり見当もつかなかったのだが、見ず知らずの人間の前で無知をさらすことは好まなかった。時計屋はキング・ボルトを直してくれたが、時計はこんどは一方で進んだ分をほかで埋め合わせに遅れるのである。つまり、しばらく時計が急いでいると思うと、やがて、しばらく休止し、やがてまたしばらく急ぐという具合に、自分勝手に息抜きのころあいを加減するのであった。しかも時計は進むたびごとに小銃のように反動で戻るので、四、五日のあいだは私もあばれようとする胸を何とかなだめていたが、とうとうまたほかの時計屋へそれを持ち込んだ。


He picked it all to pieces, and turned the ruin over and over under his glass; and then he said there appeared to be something the matter with the hair-trigger.  He fixed it, and gave it a fresh start.  It did well now, except that always at ten minutes to ten the hands would shut together like a pair of scissors, and from that time forth they would travel together.  The oldest man in the world could not make head or tail of the time of day by such a watch, and so I went again to have the thing repaired.  This person said that the crystal had got bent, and that the mainspring was not straight.  He also remarked that part of the works needed half-soling.  He made these things all right, and then my timepiece performed unexceptionably, save that now and then, after working along quietly for nearly eight hours, everything inside would let go all of a sudden and begin to buzz like a bee, and the hands would
straightway begin to spin round and round so fast that their individuality was lost completely, and they simply seemed a delicate spider's web over the face of the watch.  She would reel off the next twenty-four hours in six or seven minutes, and then stop with a bang.


・ruin=廃墟
・hair-trigger=ちょっと触れただけで発射する「銃の触発引き金」Hair_trigger
・make head or tail of=~を理解[把握]する◆【用法】通例、否定形で用いられる
・crystal=〔文字盤を保護する〕時計のガラス
・mainspring=(時計の)主ぜんまい
・works=仕掛け
・soling:sole=〔靴などに〕靴底を付ける
・timepiece=時計
・perform=機能する
・unexceptionably=非の打ちどころなく、申し分なく
・save that=~は別として
・let go=自制心から自由になる、自分を解き放つ
・buzz=ブンブンうなる、ざわつく
・straightway=〔英古〕 直ちに、即座に.
・reel off=巻き取る、並べたてる


時計屋は機械を全部ばらばらにし、筒眼鏡の下でそれを幾度も引っくり返していたが、やがて毛状引き金のどこかに故障があるようだと言った。時計屋はそれを修理してくれてさいさきもよさそうだった。ところがこんどの時計はうまく動くには動いたが、十時十分前になると両針がきまって鋏の刃のように合わさってしまい、それからは両方の針がくっつき合ったまま進むのである。そういう時計では世の中でどんな年の功を積んだ人間でもさっぱり時間の見分けがつかないので、私はまたまた時計を直してもらいに出かけなければならなかった。こんどの時計屋はガラス蓋が曲がっているし、大ぜんまいが真っ直ぐになっていないと言った。また機械の部品の一部に底金の半張りを当てなければならないとも言った。時計屋はそういうものをすっかり修理してくれた。すると私の時計は一点の非のうちどころもない動き方をするようになった。ただし、時によると八時間ばかり大人しく動いているかと思うと、突然内部の機械が全部ゆるんで蜜蜂のような唸り声を立てはじめ、時を移さず両針はぐるぐると急速な回転をはじめ、針の見分けが全然つかなくなり、時計の盤面に薄いくもの巣がかかったように見えて来るのであった。そして六、七分のあいだにつぎの二十四時間を回りきってしまい、やがてかちんと音を立てて停止してしまうのであった。


I went with a heavy heart to one more watchmaker, and looked on while he took her to pieces.  Then I prepared to cross-question him rigidly, for this thing was getting serious.  The watch had cost two hundred dollars originally, and I seemed to have paid out two or three thousand for repairs.  While I waited and looked on I presently recognized in this watchmaker an old acquaintance--a steamboat engineer of other days, and not a good engineer, either.  He examined all the parts carefully, just as the other watchmakers had done, and then delivered his verdict with the same confidence of manner.


He said:

"She makes too much steam-you want to hang the monkey-wrench on the safety-valve!"

I brained him on the spot, and had him buried at my own expense.

My uncle William (now deceased, alas!) used to say that a good horse was, a good horse until it had run away once, and that a good watch was a good watch until the repairers got a chance at it.  And he used to wonder what became of all the unsuccessful tinkers, and gunsmiths, and shoemakers, and engineers, and blacksmiths; but nobody could ever tell him.


・cross-question=反対尋問をする
・rigidly=堅苦しく、厳しく
・presently=やがて、まもなく
・other days=昔
・confidence=自信
・monkey-wrench=モンキースパナ
・safety-valve=安全弁
・brain=~の頭を殴る[たたき割る]
・on the spot=すぐその場で、直ちに
・tinker=下手な職人
・gunsmith=鉄砲工
・blacksmith=鍛冶屋、蹄鉄工


私は重い心を抱いてもう一度ほかの時計屋へ出かけて行き、その時計屋が機械を分解するのを眺めていた。やがて私は厳重に時計屋に問いただす覚悟をきめた。この問題はゆゆしい問題になって来たからである。この時計はもともと二百ドル払って買ったもので、すでに修理に、二、三千ドル払わされたようである。眺めながら待っているうちに、その時計屋が古なじみの人間だということに間もなく気づいた――昔の蒸気船の機関士で、しかも大して腕のない機関士であった。彼もほかの時計屋たちがやったようにていねいにすべての部品を調べ、やがてみんなとおなじように自信たっぷりの言い方で裁決を下した。
 彼は言う――
「こいつはあんまり蒸気を出し過ぎるよ――安全弁を自在スパナでうんと締めつけてやる必要があるぞ!」


Monkey_wrench

私はその場でそいつの脳天を叩き割り、自分で費用を出してその男を葬ってもらった。
私のウィリアム叔父は(いまは惜しいことに故人となったが)良馬は一度逃げたらもう良馬でなくなるし、良い時計も一度時計屋どもにいじくられたら最後だめになるとよく言っていた。また叔父は下手くそな鋳カケ屋とか、鉄砲鍛冶とか、靴屋とか、機械屋とか、鍛冶屋とか世の中に沢山いるものだが、その連中は一体どうなるのかなあ、とよく不審がっていたが、はたしてどうなったか誰も叔父に教えてくれる者はなかった。


結構ブラックジョークですねあるいは皮肉…

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。