スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でミーハー―”ミディアム”のJake Weberの記事

雑誌"People"から



Medium102












テレビドラマミディアム”で良いパパ、良い夫ぶりを演じている、私の憧れのJake Weberだけど、その子供時代は結構大変だったらしい


INSIDE STORY: Medium Star Jake Weber's Rock 'N' Roll Childhood


By Oliver Jones


Originally posted Friday September 11, 2009 02:00 PM EDT


Jake Weber Photo by: Frank Ockenfels 3
INSIDE STORY: Medium Star Jake Weber's Rock 'N' Roll Childhood

He spent three nights in a Nigerian prison, countless hours on the back of Mick Jagger's motorbike and a few tense moments with a half-kilo of cocaine strapped to his body while a customs officer eyed him at an Irish airport.

・customs officer=税関検査官

(彼はナイジェリアの拘置所で三晩明かしたことも、ミックジャガーのバイクの後ろに何時間も乗っていたことも、アイルランドの空港で、体に500グラムのコカインを巻き付けたまま、税関検査官の監視のもとで緊張した時間を過ごしたこともある)


Even for the free-wheeling 1960s, that's enough adventure to last at least a few lifetimes. Jake Weber accomplished all of it before he was 12.

・free-wheeling=束縛のない、自由の利く、奔放な
・lifetime=一生涯

(自由で素晴らしい時代だったといわれる1960年代であったのに、それは二回も三回も一生をやり直したと言えるほどの危険な冒険だった。ジェイク・ウェバーは、12歳になる前にそれをすべて経験してしまったのだ)


Weber, 46, who for the past five seasons has played the very picture of familial stability as down-to-earth dad Joe Dubois on Medium (premiering Sept. 25 on CBS), had a rock 'n' roll childhood that was anything but stable. As children of Tommy and Susan "Puss" Weber, parents who were at the epicenter of London's counter-cultural revolution, Weber and his younger brother Charley lead nomadic lives filled with rock music, fast cars, and very little schooling – at least of a traditional sort.

・picture=像、観念、イメージ
・familial=家族の
・stability=安定
・down-to-earth=[宙に浮いてフワフワしているのではなく〕足がしっかりと地に着いた、堅実な、〔人が〕分別[社会常識]のある
・premiere=初公開される
・rock 'n' roll=ロックンロール◆ブルースやR&Bといった黒人音楽をベースにしたアップテンポなポップス。1950年代、ラジオDJのAlan Freedが、セックスを意味するスラングであるrock and rollにヒントを得てこれらの曲をrock 'n' rollと呼んで紹介したのが名称の起源
・anything but=~どころではない、~とは程遠い
・stable=安定した
・Puss=〔呼びかけ〕ネコ(ちゃん)
・epicenter=発生地、震源地
・counter-culture=カウンター・カルチャー、対抗文化、反体制文化◆保守的な生き方に反抗する文化
・nomadic=放浪の
・schooling=学校教育

(ジェイク・ウェバー[46歳]は、『ミディアム』(新シーズンがCBSで9月25日からスタート)で、過去5シーズンにわたって、地に足のついた堅実な父親、ジョー・デュボアとして、まさにしっかりと安定した家族像を演じてきたが、小さい時は、安定とはほど遠い、ロックな子供時代を過ごした。ロンドンのカウンター・カルチャー革命の中心地に住んでいた両親、トミーとスーザンの子供として、ウェバー家の”子ネコちゃん”と、彼の弟チャーリーは、ロックミュージックや速い車に囲まれ、ほんの伝統的な学校教育すらほとんどないような放浪生活をしていたのである)


"Some people can juggle soccer balls. Me? I can roll a killer joint in about 3 seconds flat," Weber jokes. "When I was [4], basically the reason for my existence was to roll the joints."


・roll a joint=〈俗〉マリファナたばこを作る
・flat=〔数量・時間などが〕きっかり、ちょうど、ジャスト


(「サッカーボールをリフティングできるやつもいますね。僕?効き目の強いマリファナたばこを、ジャスト3秒で巻いて作ることはできますよ」と彼は冗談を言う。「四歳の時、基本的には、僕の存在理由はマリファナたばこを作ることでしたからね」)


彼とローリング・ストーンズのつながりにはびっくりですね

Mother's Death


It was a life that was by turns thrilling, chaotic and ultimately tragic. When Weber was 8 and living at the Villa Nellcôte, Rolling Stones guitarist Keith Richard's sprawling hippie hideout in the South of France, he got the devastating news that his mother, whom he had seen grow increasingly paranoid and disconnected with reality during a multi-continent spiritual quest, had died of a drug overdose.

・by turns=代わる代わる
・thrilling=スリルに富んだ
・chaotic=めちゃくちゃな
・ultimately=最後に、最終的に、究極的には
・tragic=悲惨な、悲劇的な
・the Villa Nellcôte(ヴィラ・ネルコート)

Wikipediaより

Nellcôte (often referred to as Villa Nellcôte) is a 19th century sixteen-room mansion on the waterfront(〔都市の〕海岸の土地、海岸通り) of Villefranche-sur-Mer(ヴィレフランシェ・スール・メール) in the Côte d'Azur region of southern France. Nellcôte was leased(貸す) during the summer of 1971 by Keith Richards, guitarist for The Rolling Stones and recording sessions(録音のために連続して行う〕演奏)for their classic 1972 Exile on Main St.(『メイン・ストリートのならず者』) album took place in the villa's basement.


・sprawling=〔広範囲に〕乱雑[無秩序]に広がった
・hideout=〔身を隠すための〕隠れ家、潜伏場所、アジト
・devastating=衝撃的な
・paranoid=偏執性の、被害妄想の[を持った]
・disconnected=切断[分離]された
・multi-continent=多大陸の
・spiritual quest=魂の探求◆魂の救いを求める努力
・drug overdose=薬物中毒


multi-continentの意味がよく分からないのですが、一応訳してみます。


(毎日、スリリングなことやめちゃくちゃなことが代わる代わる起こったり、最後には悲劇的な状況になるようなひどい生活だった。彼は8歳の時、”ヴィラ・ネルコート”に住んでいたが、南フランスの、その建物では、ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズがヒッピーの隠れ家を際限なく広げようとしていた。そこでジェイク・ウェバーは衝撃的な知らせに接することになる。その頃、彼の母親は、多大陸に広がっていた”魂の探求”に没頭していて、だんだん彼女が偏執的になり、現実から遊離していくのを、彼は目にしていたのだが、その母親が薬物中毒で死んだと知らされたのだ)


That was a seminal moment, and it changed my brother and me forever," says Weber, who years later learned that his mother, diagnosed with depression and LSD-induced schizophrenia, had in fact committed suicide. "It was one of those things you dread, and when it happened finally, your worst fear is realized. Now on our own with our father, an extremely dangerous man, and without her we were screwed."


・seminal=影響力の大きい
・diagnosed with=~と診断されて
・depression=鬱病
・LSD=lysergic acid diethylamide《化》リセルグ酸ジエチルアミド◆幻覚剤
・induced=誘発性の
・schizophrenia=統合失調症◆【語源】schizo(分離した)+phrenia(精神)◆日本精神神経学会が2002年6月30日に、差別や偏見を招きやすい「精神分裂病」という呼び名を「統合失調症」に改めた
・dread=~を恐れる、ひどく怖がる
・realize=実現する
・on one's own=自力で、独力で、単独で、自活して
・screw=~をうまく利用する、だます、苦しめる


(「その知らせを聞いた瞬間のことはとても大きな影響を僕たちにもたらしました。それ以来、弟と僕の生活はまったく変わってしまったのですから」と彼は言う。母親が鬱病であり、LSDの誘発による統合失調症とも診断されていて、実際には自殺だったということを彼は数年後に知ったのだった。「親が自殺するということは誰でも非常に恐れることで、それが現実になった時、あなたは最悪の恐怖を身をもって知ることになるのです。僕たち兄弟はひどく危なっかしい父親と何とか生きていかなくてはならなくなり、母親もいなくなって苦しい思いをすることになったのです」)


Tommy Weber was what his son calls "a force of nature"– a professional race car driver who also made rock documentaries, dealt drugs and was almost always in trouble with authorities, including the incident in Nigeria where he and his boys were held in prison on visa issues. Tommy struggled with addiction up until his death in 2006.


・dealt=deal(~を売る、取引する)の過去形
・authority=権威
・incident=事件
・prison=拘置所、刑務所
・issue=問題(点)、論点
・addiction=依存症、中毒、麻薬常用癖


"a force of nature"はもっとほかの訳があるはずだれど…


(トミー・ウェバーは、息子たちに「自然の力」と呼ばれていたが、プロのカーレーサーで、ロックのドキュメンタリーも作ったり、ヤクを売って始終権力とトラブルを起こしていた。そのトラブルの一つが、彼と息子たちがナイジェリアで、ビザの問題で拘置所に入れらることになった事件である。トミーは、2006年に死ぬまで麻薬中毒と闘った)



Keith Richards and 8-year-old Jake Weber
Photo by: Dominique Tarlé
INSIDE STORY: Medium Star Jake Weber's Rock 'N' Roll Childhood| Medium, Jake Weber


Drug Smuggling


・smuggle=密輸する


"Tommy was a party and everywhere he was, was a good time," says author Robert Greenfield, whose recent book A Day in the Life chronicles the harrowing lives of Weber's parent. "He was a difficult character because of what he did to himself and did to his kids, but he also loved them. That said, you are going to have a lot of trouble selling a guy who straps cocaine to his boys as a good father."

・chronicle=~を年代順に記録する
・harrowing=悲惨な、つらい、痛ましい

この部分も私には難しいが・・・
(「トミー自身がパーティーみたいなものだった。彼がいるところではいつも楽しい時が流れた」と、作家ロバート・グリーンフィールドは言う。彼の最新作『人生のある一日』は、ジェイク・ウェバーの両親の悲惨な人生を年代順に記録したものだ。「トミーは、彼が自分自身に対して、そして息子たちに対してしたことからは理解しがたい人物だ。それでなおかつ、彼は息子たちを愛していたのだ。だから、よい父親なのに、息子たちの体にコカインを紐でくくりつけるなどという奴を売り込むのは至難の業なのだ」


Jake tries to be sanguine about that drug smuggling incident when he was 8. He, his father and brother safely made it past Irish customs on their way to the Villa Nellcôte, where the drugs were intended as gift. "We weren't invited there as mules," he says. "The fact that my dad brought a kilo just made him seem polite."

・sanguine=楽天的な
・incident=事件
・customs=税関
・made it past=乗り切った、突破した
・intend=~を意味する
・mule=〈米俗〉〔麻薬・密輸品などの〕運び屋
・polite=丁寧な、礼儀正しい


(ジェイクは、8歳の時のそのヤクの密輸事件については楽天的に考えようとしている。彼と父親、それに弟の三人は、何とか無事にアイルランドの税関を突破し”ヴィラ・ネルコート”へ向かった。そこではヤクは贈り物を意味した。「僕たちは運び屋としてそこに招かれたわけではないんです」とジェイクは言う。「父がヤクを1キロを持って来たことが、丁寧で礼儀正しいと思われたんですから」)


Jake, age 8, and Mick Jagger
Photo by: Dominique Tarlé
INSIDE STORY: Medium Star Jake Weber's Rock 'N' Roll Childhood| Medium, Jake Weber

All of the chaos in his youth has made him crave stability as an adult. Weber lives in LA with his longtime partner, actress and handbag designer Liz Carey, and their son Waylon, 3. They plan to marry soon and have more kids. "I'm here and I'm doing it," he says of living the family life. "I am working through some of the agro from bad examples that I have seen. It is something I have struggled with, but I'm getting there."

・crave=~を強く望む
・longtime=昔からの
・work through=乗り越える、取り組む
・agro=腹立ち、怒り
・get there=目的を達する


(若い時の混乱状態がすべて、大人になった彼が安定を強く望む要因になっている。ジェイクは、長い間のパートナー、女優でハンドバッグのデザイナーでもある、リズ・ケイリーと、息子のウェイロン(3歳)と一緒にロサンゼルスに住んでいる。もうすぐ二人は結婚して、もっと子供をつくるつもりでいる。「僕は今ここにいて、こうやって生活している」とジェイクは家族との生活を語る。「今まで見てきた悪い見本に対する怒りを少しでも乗り越えようと僕はしているんです。ずっとそれと闘ってきたけど、やっと乗り越えられそうです」


『ミディアム』のデュボア家のような家庭をぜひ築いてほしいなあ…


Before Finding Fame as a TV Dad, the Actor Grew Up in the '60s Drug Scene, Hanging with Rock Stars and Losing His Mother to Suicide


  • Click to enlarge

  • Click to enlarge

  • "Aren't you going to search me too?" asked the 8-year-old with the stringy blond pageboy when a customs official suspected his hippie father of smuggling drugs through an Irish airport in 1971. The officer laughed off the joke—having no idea that the boy, Jake Weber, and his 6-year-old brother Charley each had a half-kilo of cocaine strapped to their bodies—and were headed for the French villa where the Rolling Stones were recording their album Exile on Main St. "My dad had been joking with the guy," recalls Weber, now 46, "so I was trying to act as carefree and unworried as he seemed to be."

    ・search=調べる
    ・stringy=糸のように垂れ下った
    ・pageboy=〔髪形の〕ページボーイ◆なだらかに内巻きにカールした女性の髪形。肩までの長さで、横の髪の毛は顎の下に来ることが多い。
    ・customs official=税関検査官
    ・suspect=疑う
    ・head for
    ・joke with=~とふざける、冗談を言う
    ・carefree=心配のない、屈託のない


    (「僕のことも調べないの?」と、1971年にアイルランドの空港で、ヒッピーの父親がヤクを密輸しようとしたのではないかと税関検査官が疑いを掛けたときに、金髪の細い髪をページボーイにした8歳の少年が尋ねた。検査官はその冗談を笑い飛ばした。その少年、ジェイク・ウェバーと6歳の弟チャーリーが、それぞれ500グラムのコカインを体にくくり付けて、ローリング・ストーンズがアルバム『メインストリートのならず者』をレコーディングしているフランス式の住宅に向かっているのだとは思いもしなかったのだ。「父は、そいつとふざけて冗談を言ったりしていたな」と、現在は46歳になったジェイク・ウェバーは思い出しながら言った。「だから、僕も父がそう見えるのと同じように、屈託がなく、何の心配もしていないように見えるようふるまったんだ」)


    そうなんだーどうして、空港の税関を突破したのかと思ったら、子供たちの体にくくりつけられているコカインには気づかれなかったわけね。今なら、麻薬犬に嗅ぎつけられるだろうけど。


    These days Weber is best known as Patricia Arquette's husband on Medium, which moves to CBS for its sixth season Sept. 25. But back in the psychedelic era, he lived a nomadic life as the son of Tommy and Susan "Puss" Weber, figures in London's counterculture. "Every day, something was going on that was completely insane," says author Robert Greenfield, whose recent book A Day in the Life chronicles the stormy lives of Jake's parents. "But to Jake and Charley, it was just their life."

    ・psychedelic=〔芸術作品・服飾などが〕幻覚状態を想起させる、サイケデリックな、サイケ調の
    ・nomadic=放浪の
    ・figure=人物、肖像、象徴
    ・counterculture=反体制文化
    ・insane=狂気じみた、途方もない
    ・chronicle=(年代順に)記録する
    ・stormy=荒れた、波乱万丈の


    (最近のジェイク・ウェバーは、9月25日に第6シーズンからCBSに移ったドラマ『ミディアム』の、パトリシア・アークエットの夫としてよく知られている。しかし、あのサイケデリックの時代では、彼はトミーとスーザンの息子、ウェバー家の“子ねこちゃん”として、ロンドンの反体制文化の中で放浪の生活をしていたのだ。「毎日、何かしら途方もなく狂気じみたことが起こっていたんです」と、作家ロバート・グリーンフィールドは言う。彼の最新作『人生の一日』は、ジェイクの両親の波乱万丈の生活を年代順に記録したものだ。「でも、ジェイクとチャーリーにとっては、それも毎日の普通の生活にすぎなかったのですがね」)


    『ミディアム』シーズン6からはNBCからCBSに移ったってわけね


    Tommy Weber was a race-car driver who also made music documentaries and dealt drugs—sidelines that brought the family close to rock luminaries. "He was a dazzling and dangerous person to be around," says Weber of his father, who died in 2006 after years of substance abuse. Susan carted her two young sons around the globe on an erratic quest for enlightenment—and supernatural intervention. "I told her constantly, 'There are no flying saucers coming to pick us up,'" he recalls. Their London flat "was the beating heart of the social experiment going on then: drugs, sex, music, the whole thing," says Weber, whose parents hosted pals such as George Harrison or Steve Winwood. "I remember rolling joints for oceans of stoned hippies who were just wandering around."

    ・sideline=サイドジョブ、アルバイト、バイト、副業、内職
    ・luminaries:luminary=有名人
    ・dazzling=目もくらむような、強烈な、
    ・substance abuse=薬物[物質]乱用
    ・cart=連れて行く
    ・around the globe=世界中で
    ・erratic=〔人の言動が〕とっぴな、異常な、常軌を逸した
    ・quest=探求、冒険の旅
    ・enlightenment=啓発、《仏教・イスラム教》悟り
    ・supernatural=超自然の、信じられないほどの、神わざの
    ・intervention=調停、介入、《医》治療介入
    ・constantly=絶えず、常に
    ・flying saucer=空飛ぶ円盤
    ・flat=アパート、共同住宅
    ・beating heart=鼓動を打つ心臓
    ・social experiment=社会的実験
    ・host=客を泊める
    ・pal=仲間、友人
    ・Steve Winwood=イギリス・バーミンガム出身のミュージシャン。兄マフ率いるスペンサー・デイヴィス・グループの一員として「ギミー・サム・ラヴィン」などで1960年代中盤に人気を博し、グループを脱退後はトラフィックのメンバーとしても成功を収めた。1970年代後半以降はソロ・アーティストとして活動
    ・roll a joint=〈俗〉マリファナたばこを作る
    ・oceans of=大量の
    ・stoned=〈米俗〉〔マリファナで〕ハイになった、もうろうとした◆【語源】「さんざん石を投げ付けられて⇒フラフラになる・倒れる(ほど酔う)」と解する説、stone-drunk「完全に酔って」の略とする説などがある
    ・wander around=ブラブラ[ウロウロ]する[歩き回る]、ほっつき歩く

    (トミー・ウェバーはレーシングカーのドライバーだったが、音楽ドキュメンタリーを作ったり、ヤクを副業にもしていて、そのことが家族をロックの著名な人たちに近づけた。「彼は、そばにいると危険だし、驚くような経験をすることになる、そんな人でした」ジェイクは父、トミーのことをそう語った。トミーは何年も薬物乱用をした挙句、2006年に亡くなった。母のスーザンは二人の息子を連れて、悟りとか神の超自然的介入を求めて世界中を旅するという常軌を逸した行動をとった。「僕はいつも母に言ったんです、『僕らを拾ってくれるような空飛ぶ円盤なんて存在しないんだから』って」とジェイクは思い出を語る。家族が住んでいたアパートは「そのころ行われていた社会的実験、ヤクとかセックスとか音楽とか、もうあらゆることの中心、つまり脈打つ心臓のようなものだったんです」とジェイクは言う。彼の両親は、自分たちの住まいにジョージ・ハリソンやスティーブ・ウィンウッドといった人たちを泊まらせていた。「周りでただウロウロとほっつき歩いているハイになったたくさんのヒッピーのために、僕がマリファナたばこを作っていたのを思い出します」)


    The mystique of that life ended for Weber when he was 8 and living at the Villa Nellcôte, Keith Richards' home in the South of France. While staying there in 1971, he was told his mother had died of an accidental overdose. "I was devastated," says Weber. Years later he learned that she had been diagnosed with LSD-induced schizophrenia and committed suicide. "I think the drugs she took and the culture that my family was at the epicenter of unraveled her."


    ・mystique=神秘的雰囲気
    ・accidental=不慮の、偶発的な
    ・overdose=〔薬剤・麻薬の〕過量[過剰]摂取
    ・devastated=精神的に打ちのめされた、精神的にひどく落ち込んだ
    ・LSD=lysergic acid diethylamide《化》リセルグ酸ジエチルアミド◆幻覚剤
    ・induced=誘発された
    ・schizophrenia=統合失調症◆【語源】schizo(分離した)+phrenia(精神)◆日本精神神経学会が2002年6月30日に、差別や偏見を招きやすい「精神分裂病」という呼び名を「統合失調症」に改めた
    ・commit suicide=自殺する
    ・epicenter=発生地、震源地、中心点
    ・unravel=破綻させる


    (ジェイクの神秘的雰囲気を持った生活は、彼が8歳で、キース・リチャーズの南フランスの家、ヴィラ・ネルコートに住んでいるときに終わりを迎えた。1971年にヴィラ・ネルコートにちょうどいるときに、母親が偶発的なヤクの過剰摂取によって死んだと知らされたのである。「僕は精神的に打ちのめされました」とジェイクは言う。数年後に、ジェイクは、母親がLSDの使用による統合失調症と診断されていたこと、そして自殺だったことを知らされた。「ヤクと、僕たち家族がその真っ只中にいた文化によって、母親が破たんしたのだと思っています」)


    His own rootless existence ended at 16, when he was sent to live with his godfather in San Francisco. He seldom spoke of his past, attending Vermont's Middlebury College, where he began acting. "I never wanted anyone's pity," he says. Now Weber's life in L.A.—where he lives with handbag designer Liz Carey, 34, and their son Waylon, 3—is filled with the stability he had dreamed of as a kid. "My journey is about believing that people will actually stick around," he says. "It's a hard thing to believe when you don't have a prototype for it. I've had to develop that for myself."


    ・existence=生存、実在、生活
    ・godfather=後見人、保証人
    ・Vermont=ヴァーモント州
    ・Middlebury=下の地図の



    大きな地図で見る


    ・actually=現に、実際に
    ・stick around=近くにいる、辺りをブラブラする、〔考えなどに〕固執する、《テレビ・ラジオ》チャンネルを変えずに見続ける、聞き続ける
    ・prototype=原型、典型
    ・develop=発展する、明らかにする


    (彼の根無し草のような生活は、16歳の時、サンフランシスコの後見人のところに行かされたときに終わりを迎えた。彼は自分の過去についてはほとんど語ることなく、ヴァーモント州のミドルべり大学に通って、そこで演技の勉強を始めた。「僕はだれにも憐れんでもらいたくなかったんです」とジェイクは言う。現在、彼はロサンゼルスで、ハンドバッグのデザイナー、リズ・ケイリー(34歳)と息子のウェイロン(3歳)と一緒に住んでいるが、そこには、ジェイクが子供のころ夢に見た安定した生活があふれている。「僕の旅は、人が近くにいてくれると信じられるようになるためのものなんです」とジェイクは言って、こう付け加えた。「見本にするものがないと、それを信じるのは難しいんです。自分で、信じられるようにしていかなくてはならないから」)


    よく、父親が小さいころに亡くなったり、生き別れたりすると、男の子は、いわゆる見本になるプロトタイプを心の中に持っていないから、自分の子供に対してどう接したらいいか分からないということがある、とどこかで聞いたような気がするが、幸せな人間関係、家族関係、幸せな家族像というものの経験がないと、その像がうまく描けないということがあるのかもしれないな。ジェイクはいま懸命にその幸せな家族像を作り上げようとしているわけだな

    関連記事
    スポンサーサイト

    トラックバック一覧

    コメント一覧

    #4 承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです

    コメントの投稿

    名前

    タイトル

    メールアドレス

    URL

    本文

    パスワード

    非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。