スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でグリム童話『眠りの森の美女』(2)

父親の王様はできるだけのことをしました。

さあ、王女はだんだん成長していきます…

The maiden grew up, adorned with all the gifts of the wise women; and she was so lovely, modest, sweet, and kind and clever, that no one who saw her could help loving her.


・maiden=娘、乙女
・adorn=魅力的にする
・modest=〔態度・言葉遣いなどが〕しとやかで上品な
・sweet=優しい、思いやりのある


王女は、魔女たちの贈り物を身につけて魅力的な娘に成長していきました.かわいらしく、そのうえしとやかで、優しく、親切で、そのうえ賢くて、会った人はみんな王女を好きにならずにいられませんでした。

It happened one day, she being already fifteen years old, that the king and queen rode abroad, and the maiden was left behind alone in the castle. She wandered about into all the nooks and corners, and into all the chambers and parlours, as the fancy took her, till at last she came to an old tower. She climbed the narrow winding stair which led to a little door, with a rusty key sticking out of the lock; she turned the key, and the door opened, and there in the little room sat an old woman with a spindle, diligently spinning her flax.


・rode abroad=馬車でほかの国へ出かけた
・wander about=歩き回る
・nooks and corners=隅々
・chamber=部屋
・parlour=応接間、客間
・as the fancy took her=as her fancy takes her=気の向くままに
・winding=曲がりくねった
・rusty=さび
・lock=錠前
・spindle=紡錘、つむ(つむいだ糸を巻きつけるもの、両端がとがった円柱)
・diligently=熱心に
・spin=糸を紡ぐ
・flax=《植物》亜麻


ある日、王女はもう15歳になっていたのですが、王様とお妃さまが馬車で他の国へ出かけ、王女が一人お城に残っていたことがありました。王女は気の向くままにお城の中を歩き回って、隅々まで見て廻り、いろんな部屋や応接間などをにも入ってみました。そして最後に古くからある塔にやって来ました。狭い曲がりくねった階段を上って小さいドアのところに来ました。そのドアの錠前にはさびた鍵がささっていました。王女が鍵を回すとドアが開き、その小さな部屋では、老女が一人座って、熱心に紡錘を使って亜麻を紡いでいるのでした。

"Good day, mother," said the princess, "what are you doing?"


"I am spinning," answered the old woman, nodding her head.


"What thing is that that twists round so briskly?" asked the maiden, and taking the spindle into her hand she began to spin; but no sooner had she touched it than the evil prophecy was fulfilled, and she pricked her finger with it. In that very moment she fell back upon the bed that stood there, and lay in a deep sleep. And this sleep fell upon the whole castle; the king and queen, who had returned and were in the great hall, fell fast asleep, and with them the whole court. The horses in their stalls, the dogs in the yard, the pigeons on the roof, the flies on the wall, the very fire that flickered on the hearth, became still, and slept like the rest; and the meat on the spit ceased roasting, and the cook, who was going to pull the scullion's hair for some mistake he had made, let him go, and went to sleep. And the wind ceased, and not a leaf fell from the trees about the castle.


・mother=(年輩の婦人に対する親しみを込めた呼びかけ)おばさん
・nod=うなずく
・twist=~に巻き付く
・briskly=活発に、きびきびと
・fulfill=(希望,予言などを)実現させる
・fall back=後ろへ倒れる
・fall upon=~にかかる、~に降りかかる
・court=廷臣、王宮
・stall=馬小屋
・flicker=揺らめく
・hearth=暖炉
・spit=串
・scullion=〈古〉台所の下働き、皿洗い
・mistake=落ち度
・about=~のまわりに、周囲に


「こんにちは、おばさま」と王女は言いました。「何をなさっているのですか」
「糸を紡いでいるのさ」と老女はうなずきながら答えました。
「どうやってそんなにくるくると早く糸が巻きつくのかしら?」と尋ねると、紡錘を手にとって自分で糸を紡ぎ始めました。ところが、紡錘に王女がさわるとたちまちにして、呪われた予言が本当になってしまいました。王女が紡錘で指を刺したのです。たちまち王女は後ろに倒れ、そこにあったベッドに倒れ込み、深い眠りについてしまいました。そして、王女だけでなく、このお城全体が眠ってしましました。王様とお妃さまも帰られて大広間に入るとぐっすりと眠りにつき、仕えている人たちもみんな眠ってしまったのです。馬は馬小屋で、犬は庭で、ハトは屋根の上で、ハエは壁の上で、暖炉で揺らめいて燃えていた火もそのまま止まって、他のみんなと同じように眠りにつきました。串に刺さった肉も焼けるのが止まり、何かやらかした台所の下働きの者を叱るのに髪の毛を引っ張ろうとしていた調理師も、引っ張るのをやめて眠ってしまいました。風が吹くのも止まり、城の周りの木の葉も一枚も落ちなくなりました。


急に眠ってしまったお城の細かい描写が結構面白い、ハエまでいたりして(笑)


Then round about that place there grew a hedge of thorns thicker every year, until at last the whole castle was hidden from view, and nothing of it could be seen but the vane on the roof. And a rumour went abroad in all that country of the beautiful sleeping Rosamond, for so was the princess called; and from time to time many kings' sons came and tried to force their way through the hedge; but it was impossible for them to do so, for the thorns held fast together like strong hands, and the young men were caught by them, and not being able to get free, there died a lamentable death.


・hedge=垣根
・thorn=とげのある植物
・but=except
・vane=風見
・from time to time =時々
・hold fast together=しっかりと団結する
・lamentable=悲しむべき


それからというもの宮殿の周りには、棘のある植物の垣根ができ、それが年々厚みを増し、ついにはお城が全く隠れてしまい、屋根の上の風見しか見えなくなってしまいました。そしてあたりの国々に、眠り続けている美しいロザモンドのうわさが広がりました。王女はそう呼ばれていたのです。そして時折、たくさんの王様の息子がやってきて、その垣根を何とかして突破しようとしましたができません。力の強い手のような棘がしっかりと絡み合っていて、若者たちはそこにはまって出ることができなくなり、悲しい死を遂げるのでした。

Many a long year afterwards there came a king's son into that country, and heard an old man tell how there should be a castle standing behind the hedge of thorns, and that there a beautiful enchanted princess named Rosamond had slept for a hundred years, and with her the king and queen, and the whole court. The old man had been told by his grandfather that many king's sons had sought to pass the thorn-hedge, but had been caught and pierced by the thorns, and had died a miserable death. Then said the young man, "Nevertheless, I do not fear to try; I shall win through and see the lovely Rosamond." The good old man tried to dissuade him, but he would not listen to his words.


・Many a long year =何年も長い間
・should=~のはず
・enchanted=魔法をかけられた
・sought=seekの過去形・過去分詞
・dissuade=(人)に説得[忠告]して〔当初予定していた行動を〕やめさせる


その後何年もたってから、ある王様の息子がその国にやってきました。そして、一人のおじいさんが、棘のある植物のあの垣根の向こうにお城があるはずだということ、お城では、ロザモンドという美しい魔法をかけられた王女が百年もの間眠っていて、王様もお妃さまも王宮すべてが王女と一緒に眠っているのだと話しているのを聞きました。そのおじいさんは、そのまたおじいさんから、いろんな国の王様の息子が大勢、何とかして棘だらけの垣根を通ろうとしたのだが、皆その棘から逃れることができなくなって棘に突き刺され、惨めな死を遂げたということを聞いたのでした。そこで、その若者は言いました。「でも、僕はやってみることに恐れはありません。きっとそこを通り抜けて美しいロザモンドに会ってみせます」親切なその老人は、やめるようにと説得しましたが、若者は聞く耳を持ちませんでした。

For now the hundred years were at an end, and the day had come when Rosamond should be awakened. When the prince drew near the hedge of thorns, it was changed into a hedge of beautiful large flowers, which parted and bent aside to let him pass, and then closed behind him in a thick hedge. When he reached the castle-yard, he saw the horses and brindled hunting-dogs lying asleep, and on the roof the pigeons were sitting with their heads under their wings. And when he came indoors, the flies on the wall were asleep, the cook in the kitchen had his hand uplifted to strike the scullion, and the kitchen-maid had the black fowl on her lap ready to pluck. Then he mounted higher, and saw in the hall the whole court lying asleep, and above them, on their thrones, slept the king and the queen. And still he went farther, and all was so quiet that he could hear his own breathing; and at last he came to the tower, and went up the winding stair, and opened the door of the little room where Rosamond lay. And when he saw her looking so lovely in her sleep, he could not turn away his eyes; and presently he stooped and kissed her, and she awaked, and opened her eyes, and looked very kindly onhim. And she rose, and they went forth together, and the king and the queen and whole court waked up, and gazed on each other with great eyes of wonderment. And the horses in the yard got up and shook themselves, the hounds sprang up and wagged their tails, the pigeons on the roof drew their heads from under their wings, looked round, and flew into the field, the flies on the wall crept on a little farther, the kitchen fire leapt up and blazed, and cooked the meat, the joint on the spit began to roast, the cook gave the scullion such a box on the ear that he roared out, and the maid went on plucking the fowl.


・bend aside=わきへ曲がる
・brindled=【形】ブリンドル模様の◆動物の表皮の模様で、黄褐色または灰色とその濃い色のまだらまたはぶちを指す。
・scullion=〈古〉台所の下働き、皿洗い
・fowl=ニワトリ
・on one's lap=膝の上に
・pluck=~をむしる
・court=廷臣
・presently=やがて、まもなく
・stoop=かがむ
・look on=~を見る[見詰める]
・go forth=出ていく、出発する
・hound=猟犬、犬
・wag=~を振る
・creep on=忍び寄る
・leap up=急に跳ね上がる
・joint=〔ロースト用の〕大きな肉片
・spit=串
・roast=肉を焼く、ローストする
・box=平手打ち、げんこつ
・roar out=大声を上げる


今や、百年もの年月が過ぎ去っていました。ロザモンドが眠りから覚める時が来たのです。王子が茨の垣根に近づいた時、それが大きな美しい花の垣根に代わり、王子を通すために二つに分かれて、脇へどいたのです。王子が中に入ると、厚い垣根は再び閉じました。王子がお城の庭に着くと、そこでは馬やぶちのある猟犬たちが横になって眠っていました。屋根の上ではハトがみんな、頭を羽の下に突っ込んですわっていました。お城の中に入ると、壁の上ではハエが眠っていたし、台所ではコックが下働きを殴ろうと手を上げたままでしたし、台所の手伝いの娘が黒いニワトリを膝の上に乗せて、今や羽をむしろうとしているところでした。二階に上がっていくと、大広間では王様の家来たちがみんな横になって眠っていましたし、そのもう一段高いところでは、椅子に座って王様とお妃さまが眠っていました。それから王子はもっと中まで入って行きましたが、どこもかしこもあまりにも静かで自分の息遣いさえ聞こえるほどでした。そしてついに塔のところへやってきて、らせん階段を上がって行き、小さな部屋のドアを開けるとそこにロザモンドが眠っていました。眠っている王女があまりにも美しかったので目が釘付けになり、そして身をかがめると王子は彼女にキスをしました。すると、王女は目覚め、目を開いて、とてもやさしく王子を見つめました。王女は起き上がり、二人は部屋を出ました。王様もお妃さまも、家来たちもみんな目を覚まし、驚いて目を丸くしてお互いを見つめました。庭の馬も立ち上がって身震いしまし足し、猟犬たちは飛び上がってしっぽを振り、屋根の上のハトは羽の下から頭を抜き周りを見渡すと、野原へと飛んで行きました。壁の上のハエはそっと前へ進み、台所の火は、急に炎を上げて燃え、肉を焼きました。串に刺さった大きな肉をまたローストし始めたのです。コックが下働きの耳をひどく平手打ちをしたので、下働きは大きな唸り声をあげました。台所の手伝いの娘はまたニワトリの羽をむしり続けました。

Then the wedding of the Prince and Rosamond was held with all splendour, and they lived very happily together until their lives' end.


そして、王子様とロザモンドの結婚式が贅を尽くして執り行われ、二人は、命が終わるまで大変幸せに暮らしました。

めでたしめでたし!!


『眠れる森の美女』を終わります。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。