スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でグリム童話『金のガチョウ』

今回は気分を変えて「グリム童話」からです。

とりあえず私の拙い訳を載せ、その後に、いずみ書房の英語の本、レディバードブックス100点セットの紹介のところに載っているを拝借して載せます。

小さい頃に聞いたことがあるでしょう金のガチョウにみんながくっついてしまうお話ですよね

THE GOLDEN GOOSE


金のガチョウ

There was a man who had three sons, the youngest of whom was called Dummling,[*] and was despised, mocked, and sneered at on every occasion.


・despise=軽蔑する、嫌う
・mock=ばかにする
・sneer=あざ笑う
[*] Simpleton=〈古〉ばか者、愚か者、あほ、間抜け


ある男に三人の息子がいました。末っ子は、"ダムリング"、つまり"ばか者"と呼ばれて、嫌われ、馬鹿にされ、笑われるような息子でした。

It happened that the eldest wanted to go into the forest to hew wood, and before he went his mother gave him a beautiful sweet cake and a bottle of wine in order that he might not suffer from hunger or thirst.


・hew=(木を)切り倒す
・sweet=甘い


ある時、一番上の息子が木を切りに森に行くことになりました。出かける前に、お腹がすいたり喉がかわいたりしないようにと、お母さんは、素敵な甘いケーキとビンに入れたワインを息子に渡しました。

When he entered the forest he met a little grey-haired old man who bade him good day, and said: 'Do give me a piece of cake out of your pocket, and let me have a draught of your wine; I am so hungry and thirsty.' But the clever son answered: 'If I give you my cake and wine, I shall have none for myself; be off with you,' and he left the little man standing and went on.


・grey-haired=白髪頭の
・bade:bid=(あいさつ・別れなどを)述べる、の過去形
・good day=こんにちは
・draught=一飲み
・be off with you=おいとまする
・go on=進み続ける、~を続ける[継続する]


その息子が森に入った時、小さい白髪頭のおじいさんに会いました。そのおじいさんは息子にこんにちはとあいさつをすると、「あんたのポケットに入ってるケーキを一切れおくれ、それからワインも一口飲ませてくれ、すごく腹がへってるし、喉がかわいてるんだ」と言ったのです。でも、賢いその息子は答えました。「もしあなたにあげてしまったら、僕の分がなくなってしまいます。それではさようなら」と言って、息子はその小さい男の人をそこに残して先を急ぎました。

But when he began to hew down a tree, it was not long before he made a false stroke, and the axe cut him in the arm, so that he had to go home and have it bound up. And this was the little grey man's doing.


・not long before=すぐに~する、程なく~する
・stroke=〔手や武器などで〕打つこと、一撃・have it bound up:bind up=包帯をする、boundは受身の過去分詞


ところが、木を切り始めてほどなく、手元が狂って息子は斧で腕を切ってしまったので、家へ帰って包帯をしなくてはなりませんでした。これはあの小さい白髪頭のおじいさんの仕業だったのです。

After this the second son went into the forest, and his mother gave him, like the eldest, a cake and a bottle of wine. The little old grey man met him likewise, and asked him for a piece of cake and a drink of wine. But the second son, too, said sensibly enough: 'What I give you will be taken away from myself; be off!' and he left the little man standing and went on. His punishment, however, was not delayed; when he had made a few blows at the tree he struck himself in the leg, so that he had to be carried home.


・sensibly=賢く
・be off=あっちへ行け

このことがあった後、二番目の息子が森へ行きました。お母さんは、上の息子の時と同じように、ケーキとビンに入ったワインを渡しました。この息子も同じように小さい白髪頭のおじいさんに会い、ケーキを一切れとビンのワインをくれと言われました。しかし、この二番目の息子も要領よくこう言いました。「あんたにあげたりしたら僕のがなくなってしまうよ、あっちへ行けよ!」そう言うと息子はその小さい男の人を残して行ってしまいました。息子に与えられる罰はすぐやってきました。木に斧を二、三回打ち下ろしたところで、自分の足を切ってしまったのです。歩けないので、家まで運んでもらわなければなりませんでした。

Then Dummling said: 'Father, do let me go and cut wood.' The father answered: 'Your brothers have hurt themselves with it, leave it alone, you do not understand anything about it.' But Dummling begged so long that at last he said: 'Just go then, you will get wiser by hurting yourself.' His mother gave him a cake made with water and baked in the cinders, and with it a bottle of sour beer.


・leave it alone=放っておけ
・cinder=〔石炭などの〕燃え殻、灰
・sour=酸っぱくなった


すると、ダムリングが言いました。「父さん、僕に森へ行って木を切らせて」父親は答えました。「お前の兄さんたちは木を切ろうとしてけがをしてしまったんだから、放っておけ。おまえは木のことを何にもわかってないんだから」でも、ダムリングが長いこと行くと言い張ったので、ついに父親は言いました。「じゃ行って来い、怪我をすれば賢くなるだろう」母親は、水を使ってケーキを作り、炭の燃え殻で焼き、酸っぱくなったようなビールを瓶に入れてダムリングに渡しました。

かわいそうにお母さんにも虐げられてたわけね


When he came to the forest the little old grey man met him likewise, and greeting him, said: 'Give me a piece of your cake and a drink out of your bottle; I am so hungry and thirsty.' Dummling answered: 'I have only cinder-cake and sour beer; if that pleases you, we will sit down and eat.' So they sat down, and when Dummling pulled out his cinder-cake, it was a fine sweet cake, and the sour beer had become good wine. So they ate and drank, and after that the little man said: 'Since you have a good heart, and are willing to divide what you have, I will give you good luck. There stands an old tree, cut it down, and you will find something at the roots.' Then the little man took leave of him.


・took leave of:take leave of=~に別れを告げる


ダムリングが森にやってくると、同じように小さい白髪頭のお爺さんに出会いました。おじいさんは挨拶をすると、「ケーキを一切おくれ、それから瓶から一口飲ませておくれよ、ひどくお腹がすいてるし喉も乾いてるんだ」ダムリングは答えました。「僕が持ってるのは灰だらけのケーキだし、酸っぱいビールですよ。それでいいなら、一緒に座って食べましょう」そうして、二人はそこに座りました。ダムリングが灰だらけのケーキを取り出すと、なんとそれは甘くておいしいケーキになっていましたし、酸っぱいビールはおいしいワインになっていたのです。二人はそれを食べて飲んで、その後小さい男の人は言いました。「あんたはいい心の持ち主で、自分の持っているものを分けてくれようとしたから、私があなたに幸運をあげよう。あそこに年老いた木が立っている。切り倒してこらん、根元に何か見つかるから」そして、その小さい男の人はダムリングに別れを告げました。

Dummling went and cut down the tree, and when it fell there was a goose sitting in the roots with feathers of pure gold. He lifted her up, and taking her with him, went to an inn where he thought he would stay the night. Now the host had three daughters, who saw the goose and were curious to know what such a wonderful bird might be, and would have liked to have one of its golden feathers.


・would have liked to=やりたいと思っていた


ダムリングはそこまで行って木を切り倒しました。木が倒れた時、その根元に純金の羽を持ったガチョウがすわっていました。ガチョウを抱き上げて、その夜を過ごそうと思っていた宿屋へ一緒に連れて行きました。宿屋の主人には三人の娘がいて、その娘たちはガチョウを見ると、一体こんな素晴らしいガチョウがいるなんてどういうことなんだろうと興味しんしんで、できればその金の羽を一枚欲しいと思いました。

The eldest thought: 'I shall soon find an opportunity of pulling out a feather,' and as soon as Dummling had gone out she seized the goose by the wing, but her finger and hand remained sticking fast to it.


・stick=くっつく
・fast=しっかりと


長女はこう思いました。「何とかして羽を一枚ぬいてやるわ」そして、ダムリング外出するとすぐにガチョウの翼をつかみました。するとなんとしたことでしょう、娘の指と手がダチョウの翼にしっかりとくっついて離れなくなってしまったのです。

The second came soon afterwards, thinking only of how she might get a feather for herself, but she had scarcely touched her sister than she was held fast.


・for herself=自分のために
・scarcely touched her sister than=姉にさわるやいなや



その後、次女がすぐやってきたのですが、自分はどうやって羽を取ろうかとばかり考えていて、姉さんにさわるやいなや、次女もしっかりとくっついてしまいました。

At last the third also came with the like intent, and the others screamed out: 'Keep away; for goodness' sake keep away!' But she did not understand why she was to keep away. 'The others are there,' she thought, 'I may as well be there too,' and ran to them; but as soon as she had touched her sister, she remained sticking fast to her. So they had to spend the night with the goose.


・keep away=近づかない
・for goodness' sake=お願いだから
・may as well=~して差し支えない、~してもよい



ついに、三女も同じことを考えながらやってきました。他の二人が叫びました。「近づかないで、お願いだから、近づかないで!」しかし、三女は、どうして近づいてはいけないのか意味がわかりませんでした。「姉さんたちがそこにいるんだから」と三女は思いました。「私もそこに行っても悪いわけがない」三女は走って姉さんたちのところへ行きました。姉さんにさわった途端、しっかりと姉さんにくっついてしまいました。だから、三人とも金のガチョウと一緒に一晩過ごさなければならなかったのです。
golden_goose.jpg


The next morning Dummling took the goose under his arm and set out, without troubling himself about the three girls who were hanging on to it. They were obliged to run after him continually, now left, now right, wherever his legs took him.


・troubling himself about:trouble oneself about=頓着する
・obliged to=《be ~》余儀なく[やむなく・仕方なしに]~する
・continually=継続的に、ひっきりなしに:この場合は「つながって」でしょうね、この様子想像してみて下さい



翌朝、ダムリングは金のガチョウを抱えて出発しました。ガチョウにぶら下がっている三人の娘には頓着なしにです。娘たちは仕方なくダムリングの後をつながって追いかけるしかありませんでした、ダムリングの足の向くまま左に右に、です。

In the middle of the fields the parson met them, and when he saw the procession he said: 'For shame, you good-for-nothing girls, why are you running across the fields after this young man? Is that seemly?' At the same time he seized the youngest by the hand in order to pull her away, but as soon as he touched her he likewise stuck fast, and was himself obliged to run behind.


・parson=牧師
・procession=行列
・For shame=みっともない
・good-for-nothing=どうしようもない
・seemly=上品な、品のある



野原の真ん中で、牧師さんが彼らに出会いました。その行列を見て牧師さんは言いました。「みっともない、どうしようもない娘さんたちだ。なぜ、この若者の後をついて野原を横切って走ってるんだね。これが上品なことと言えるかね?」そう言いながら牧師さんは、引き離そうと一番下の娘を手でつかみました。牧師さんは娘にさわるやいなや、同じようにしっかりとくっついてしまい、みんなの後から走らなくてはならなくなりました。

Before long the sexton came by and saw his master, the parson, running behind three girls. He was astonished at this and called out: 'Hi! your reverence, whither away so quickly? Do not forget that we have a christening today!' and running after him he took him by the sleeve, but was also held fast to it.


・Before long=まもなく
・sexton=教会堂管理人:教会の掃除、鐘つき、墓掘りなどの仕事をする
・your reverence=牧師・僧の敬称:「牧師さま」と呼びかけたってことかな
・whither=【副】 〈古・詩〉どこへ
・whither away so quickly?=そんなに急いでどこへ行くのですか?
・christening=洗礼式



まもなく、教会堂管理人がやってきて、自分の主人、つまり牧師さんが三人の娘さんの後にくっついて走っているのを見ました。びっくりしてこう叫びました。「牧師さま!そんなに急いでどこへ行くんですか?今日、洗礼式があるのを忘れないで下さいよ!」そして牧師さんの後を追いかけて、牧師さんの袖をつかみました。するとこの人もしっかりとくっついてしまったのです。

Whilst the five were trotting thus one behind the other, two labourers came with their hoes from the fields; the parson called out to them and begged that they would set him and the sexton free. But they had scarcely touched the sexton when they were held fast, and now there were seven of them running behind Dummling and the goose.


・Whilst=While
・trot=小走りする
・labourer=労働者
・hoe=くわ



この五人がこうしてつながって小走りしている時、二人の労働者がくわを持って野原の方からやってきました。牧師さんがその二人に向かって大きな声で、自分と教会堂管理人をこの列から引き離してくれと頼みました。しかし、二人が教会堂管理人にさわるやいなや、またくっついてしまって、結局、ダムリングとガチョウの後から7人もの人が走っているという具合になってしまいました。

Soon afterwards he came to a city, where a king ruled who had a daughter who was so serious that no one could make her laugh. So he had put forth a decree that whosoever should be able to make her laugh should marry her. When Dummling heard this, he went with his goose and all her train before the king's daughter, and as soon as she saw the seven people running on and on, one behind the other, she began to laugh quite loudly, and as if she would never stop. Thereupon Dummling asked to have her for his wife; but the king did not like the son-in-law, and made all manner of excuses and said he must first produce a man who could drink a cellarful of wine. Dummling thought of the little grey man, who could certainly help him; so he went into the
forest, and in the same place where he had felled the tree, he saw a man sitting, who had a very sorrowful face. Dummling asked him what he
was taking to heart so sorely, and he answered: 'I have such a great thirst and cannot quench it; cold water I cannot stand, a barrel of wine I have just emptied, but that to me is like a drop on a hot stone!'


・put forth a decree=御触れを出した
・whosoever=whoeverの強調形
・her train=彼女の行列:herはgoose(ガチョウの雌、雄は"gander")
・thereupon=その後すぐに、その結果
・all manner of=ありとあらゆる
・excuse=言い訳
・produce=提出する、出現させる
・a cellarful of wine=地下室一杯のワイン
・fell=(木を)切り倒す
・take to heart=~を痛切に感じる、~を深く悲しむ
・sorely=痛ましく
・thirst=のどの渇き
・quench=〔渇きなどを〕癒やす
・stand=~を我慢する
・a barrel of wine=一たるのワイン



ほどなく、ダムリングはある町にやってきました。その町の王様には一人王女がいましたが、あまりにもまじめ過ぎて、誰も彼女を笑わせることができないほどでした。それで、王様は、王女を笑わせた人は王女と結婚することを許すというお触れを出しました。これを聞いてダムリングは、ガチョウとその行列を全部連れて王女のところへ行きました。すると、王女は7人の人たちがつながったまま、走って走って走り続けているのを見るやいなやとても大きな声で笑いだし、その笑いが止まらない様子です。それで、ダムリングは王女をお嫁さんにしたいと申し出ました。ところが、王様は、その義理の息子になるダムリングを好きになれなかったので、王女と結婚させないためにありとあらゆる言い訳を持ちだしました。まず、地下室いっぱいのワインを飲める人を連れてきなさいとダムリングに言いました。ダムリングはあの小さい白髪頭の男の人のことを思いい出して、きっと自分を助けてくれるだろうと思いました。そこで森に入って行って、木を切り倒したその同じ場所に、一人の男の人がすわっているのを見つけましたが、その人はとても悲しそうな顔をしていました。ダムリングは何がそんなに悲しいんですかと尋ねました。「ひどく喉がかわいているのですが、まだそれをいやすことができません。冷たい水ではだめなのです。ワインを一たるも飲んだのですが、熱くなった石の上に水を一滴落としたぐらいにしかなっていません!」

'There, I can help you,' said Dummling, 'just come with me and you shall be satisfied.'



He led him into the king's cellar, and the man bent over the huge barrels, and drank and drank till his loins hurt, and before the day was out he had emptied all the barrels. Then Dummling asked once more for his bride, but the king was vexed that such an ugly fellow, whom everyone called Dummling, should take away his daughter, and he made a new condition; he must first find a man who could eat a whole mountain of bread. Dummling did not think long, but went straight into the forest, where in the same place there sat a man who was tying up his body with a strap, and making an awful face, and saying: 'I have eaten a whole ovenful of rolls, but what good is that when one has such a hunger as I? My stomach remains empty, and I must tie myself up if I am not to die of hunger.'


・There=さあ、まあまあ
・loins=腰
・vexed=イライラした
・condition=条件
・not・・・but~=・・・ではなく~
・tie up=しっかりとくくる

・strap=革ひも
・awful=不愉快な、恐ろしい
・a whole ovenful of rolls=かまどまるまる一杯のロールパン
・what good=~なんて何の役に立つのだ



「それなら、僕があなたを助けられると思いますよ」とダムリングは言いました。「私と一緒に来るだけで、きっと満足できるはずです」

ダムリングはその人を王様の地下室に連れて行って、たくさんの大きな樽に次々にかかがみこんで、腰が痛くなるまで飲んで飲んで飲みまくりました。そして、日が暮れるまでに全部の樽を空にしました。そこでダムリングはもう一度、王女を花嫁に欲しいと言いました。しかし王様は、ダムリングと呼ばれている、そんな醜いやつが自分の娘を連れて行ってしまうなど我慢が出来ないのでした。そこで、王様は新しい条件を持ち出しました。一つの山ほどの量のパンを全部食べてしまえる人を連れてくるように言ったのです。ダムリングはそう長い時間考えてはいませんでした。まっすぐ森へ入って行きました。この前と同じところに一人の男の人がすわっていて、からだは革ひもでしっかりとくくりつけ、顔はひどく不愉快な様子で、こう言いました。「私はかまどまるまる一杯のロールパンを食べてしまった。だが、私みたいにひどく腹が減っている者に、一体それが何の役に立つと言うのか。私のおなかはいまだにからっぽで、空腹で死なないとしてもここに体をくくりつけていなくちゃならないんだ」


At this Dummling was glad, and said: 'Get up and come with me; you shall eat yourself full.' He led him to the king's palace where all the flour in the whole Kingdom was collected, and from it he caused a huge mountain of bread to be baked. The man from the forest stood before it, began to eat, and by the end of one day the whole mountain had vanished. Then Dummling for the third time asked for his bride; but the king again sought a way out, and ordered a ship which could sail on land and on water. 'As soon as you come sailing back in it,' said he, 'you shall have my daughter for wife.'


・flour=小麦粉
・caused a huge mountain of bread to be baked=巨大な山一杯ものパンを焼かせた
・seek a way out=[苦境などから〕抜け出す方法を探す



これを聞いてダムリングは喜び、こう言いました。「さあ立って私と一緒に来てください。おなかをいっぱいにできますよ」ダムリングは男の人を、その王国中の小麦粉がすべて集められている王様の宮殿へ連れて行きました。その小麦粉で、ダムリングは巨大な山いっぱいものパンを焼かせました。森から来たその男の人は、そのパンの山の前に立ってさっそく食べ始めました。日が暮れる頃には、そのパンの山はすべてなくなっていました。そこで、ダムリングは三回目のお願いをしました。王女を花嫁に下さいと。しかし、今度も王様は抜け道を考え出しました。陸でも水の上でも帆が張れる船を持ってきなさいと言ったのです。王様は言いました。「その船に帆をはって、お前がそれに乗って戻ってきたら、娘を嫁にやろう」

Dummling went straight into the forest, and there sat the little grey man to whom he had given his cake. When he heard what Dummling wanted, he said: 'Since you have given me to eat and to drink, I will give you the ship; and I do all this because you once were kind to me.' Then he gave him the ship which could sail on land and water, and when the king saw that, he could no longer prevent him from having his daughter. The wedding was celebrated, and after the king's death, Dummling inherited his kingdom and lived for a long time contentedly with his wife.


・inherit=相続する
・contentedly=満足して



ダムリングはまっすぐ森に入って行きました。するとそこには、ダムリングがケーキをあげた、あの小さい白髪頭のおじいさんがすわっていました。ダムリングが船がほしいのだと言うと、「あなたはわたしに食べるものも飲むものもくれました。だからその船をあなたにあげましょう。以前あなたが私に親切にしてくれたからです」そして、おじいさんは、陸でも水のうえでも帆を張って動くことのできる船をくれたのです。王様はその船を見たとき、もうダムリングに娘をやらないわけにはいかないなと思いました。結婚式が行われ、王様が亡くなった後には、ダムリングは王様の後を継いで王国をおさめ、王妃と一緒に長い間幸せに暮らしました。

[参考]

 昔、妻と3人の息子を持つ男がいました.
彼らはみな、森のはずれの小屋に住んでいました。
1番下の息子は、シンプルトン(まぬけ)と呼ばれており、誰もが彼を、兄たちほど利口でないために、あざけりました。

 ある日、1番上の息子がまきを切るために、森にはいっていかなければなりませんでした。長い時間かかりそうなので、母親は昼食用にケーキとぶどう酒を1びん、彼に与えました.

 彼が森にやってきたとき、1番上の息子は小さな白髪の老人に会いました。
「私はたいへん空腹で、のどもかわいています」 と、小さな老人は言いました。「あなたのケーキを少しと、ぶどう酒をひと口くださいませんか」

 「もちろんだめだよ」 と、1番上の息子は答えました。「おまえに少しでもやると、おれの分は何も残らなくなってしまう。向うへ行け」
彼は斧で大きな木を切り始めました。

 まもなく斧がすべって、彼は腕を切ってしまい、ほうたいをしてもらいに家に帰らなければなりませんでした。

 そこで、2番目の息子がまきを取りに森にはいっていきました。母親は兄に与えたとおりに、昼食用にケーキとぶどう酒を1びん彼に与えました。
再び、小さな白髪の老人があらわれ、ケーキを少しと、ひと口のぶどう酒を求めました。

 2番目の息子も兄と同じくらい自分本位の男でした。
「おまえに少しでもやれば、私の分は少なくなってしまう」 と、彼は言いました。「行ってしまえ。おれにうるさくせがむな」

 兄と同じように、彼もすぐにけちだった罰を受けました。
というのは、彼が木を切り始めるやいなや斧がすべって、彼は脚を切ってしまいました。彼はまきもとらずに、脚をひきずって家に帰らなければなりませんでした。

 「お父さん」 と、シンプルトンが言いました 「なぜ、ぼくに木を切りにいかせてくれないのですか」
「とんでもない」 と、父親は言いました。「おまえは斧を使うことや、森の中で働くことについて何も知らない。おまえの兄さんたちは2人とも傷を負った。おまえも行かせれば、わざわざ禍を招くことになるだろう」
「どうかお父さん、ぼくを行かせてください」 と、またシンプルトンが言いました。「きっとぼくにだってできますよ」

 とうとう父親は行ってもいいと言い、シンプルトンは出発しました。彼が持っていったのは、ぱさぱさのパンと、すっぱくなったビール1びんだけでした。家にはケーキもぶどう酒も残っていなかったのです.

 シンプルトンが森にやってくるとすぐに、小さな白髪の老人が彼を迎えました。
「私はたいへん空腹で、のどがかわいています」 と、彼は言いました。
「ケーキを少しと、ぶどう酒をひと口くださいませんか」
「すみませんが」 シンプルトンは言いました 「ぱさぱさのパンとすっぱくなったビールしかありません。よろしければ、いっしょに食べましょう」

 いっしょに食べようとすわったとき、ぱさぱさのパンはおいしいケーキに、ビールはぶどう酒に変っているのにシンプルトンは気づきました。
食べ終ると、小さな白髪の老人は言いました 「あなたがこんなに快く食事を分けてくれたので、私もあなたにごほうびをあげましょう」
彼は1本の木を指さしました。「あそこの木を切り倒しなさい」 と、彼は言いました 「そうすると、あなたに幸運をもたらすものが見つかるでしょう」

 シンプルトンは斧をとりあげて、その特別な木を切り倒す仕事にとりかかりました。
それが倒れると、根っこの間に、美しい金のがちょうがすわっているのが見えました。それは純金の羽をしていました。

 シンプルトンはとても注意深く、そのがちょうをかかえあげました。それから、家には帰らずに、夜をすごすために近くの宿屋に行って泊りました。彼は寝る前に、納屋のベッドにがちょうをそっと置きました。

 宿屋の主人には3人の娘がいました。彼女たちはがちょうを見ると、みんな、金の羽が1枚ほしくなりました。
1番上の娘が最初に納屋に行って、羽を引き抜こうとしました。すると、彼女は動けなくなってしまいました。

 他の2人の娘たちは、はいってきて彼女を助けようとしました。しかし彼女たちが姉にふれるやいなや、彼女たちは姉にしっかりとくっついてしまいました。3人ともがちょうにくっついたまま、そして、お互いにくっついたまま、その夜を納屋の中で過ごさなければなりませんでした。

 次の日の朝、シンプルトンがはいってきて、がちょうをわきの下にかかえて出発しました。彼は3人の少女が、がちょうからも、また、おたがいからも、まだ離れられないでいるのに気づいていないように見えました。
彼女たちは、彼の後についていかなくてはなりませんでした。

 彼女たちが、シンプルトンのあとを、つまずいたりよろけたりしながらついていくと、お坊さんに会いました。彼はそんなふうにシンプルトンのあとを追いかけるのは下品だと言って、彼女らを止めようとしました。しかし、彼もしっかりとくっついて、彼女たちといっしょに行かなくてはなりませんでした。

 彼らが村の中を通っていったとき、寺男はお坊さんがシンプルトンと3人の少女の後について歩いているのを見て、びっくりしました。
彼はお坊さんに大声で呼びかけました 「今日の午後、洗礼があるのを忘れないでください」そして、彼はお坊さんの上衣の袖をつかまえました。
すると、彼もしっかりとくっついて、いやでもおうでも彼らについていかなければなりませんでした。

 彼らがみんな、シンプルトンと金のがちょうの後からいっしょに歩いていくと、2人の農夫が畑を掘り返しているのが見えました。

 「助けてくれ」 と、お坊さんと寺男がいっしょに叫びました。
2人の男はシャベルを落して、助けようと、かけよってきました。彼らは人びとを引きはなそうとしましが、彼らもしっかりとくっついてしまいました.

 今や、金のがちょうにしっかりとくっついた小さな行列の中には、7人の人びとがいました。シンプルトンはがちょうをだいて、心楽しく、道を進んでいきました。彼は異常なことに気づいていないように見えました。

 シンプルトンは、自分がどこに行こうとしているのか、わかりませんでした。彼は幸運のがちょうをわきの下に大切にかかえて、ただ歩き続けました。
丘を越え、谷を越え、畑や荒野を横切って、彼はがちょうをかかえて進んでいきました。町や村を通って彼らは進みましたが、そこでは人びとががちょうをかかえたシンプルトンや、彼に続く一隊をびっくりしてじっと見つめていました。

 とうとう、その日の終り近くなって、丘の上に大きな都市が見えました。

 シンプルトンはその都市に行こうと決めました、また小さな行列も、もちろん、彼とし、っしょに行かなければなりませんでした。

 さてこの都市は、1人娘をもつ王様が治めていました。この王女はたいへんまじめで笑ったことがなく、そのために都市全体が悲しげで陰気でした.
王様は彼の娘のことで、とても悩んでいました。彼は王女を笑わせた者は誰でも、彼女と結婚して王子となることができると公表しました。

 シンプルトンは、その都市の近くにやってきたとき、王様の約束について聞きました。そこで、彼は小さな行列をまっすぐ宮殿へと連れていきました。
とても悲しそうに見える王女は、すわって窓からじっと見おろしていました。

 王女は、シンプルトンとがちょうとそのあとに続く疲れ果てた7人を見るやいなや、笑い始めました。本当に、彼女は笑って笑って笑って、笑いやまないかのようでした。

 王女の笑いは、7人の人たちを金のがちょうにしっかりとくっつけていた魔力を破りました。彼らはすぐに家路に着きました。

 シンプルトンは、金のがちょうをずっとかかえて、まっすぐに王様のところへ行き、ほうびとして王女を花嫁にくれるように求めました。

 王様は王女が笑うのを見て、たいへんうれしかったのですが、彼女をシンプルトンのようなぼろを着たきこりと結婚させたくありませんでした。
「そんなに早くは結婚させない」 と、王様は言いました。「まず、おまえは私の酒ぐらにある、すべてのぶどう酒を飲みほせる男を連れてこなければならない」
シンプルトンはすぐに小さな白髪の老人を思い出し、森に向けて出発しました。森の中の、彼が金のがちょうを見つけたまさにその場所に、たいへん悲しそうな顔をした見知らぬ男がいました。
「どうしたのですか」 と、シンプルトンはたずねました。
「私は、とてもとてものどがかわいているのです」 と、その男は答えました。

 「私はあなたを助けられると思います」 と、シンプルトンが言いました。
「私といっしょにいらっしゃい。酒ぐら一杯のぶどう酒が飲めますよ」
彼らは王様の宮殿に行き、見知らぬ男は腰をおろして、どんどんどんどん飲み始めました。
その日、太陽が沈む前に、王様の酒ぐらの中のどの樽も、飲みほされてしまいました。再び、シンプルトンが花嫁をもらいに王様のところへ行きました。

 「だめだ」 と、王様は言いました、彼は娘をこの馬鹿な男と結婚させたくなかったのです。「こんどは、1日のうちにひと山のパンを食べることのできる男を連れてこなければならない」

 時をうつさず、シンプルトンは、まっすぐ森の中の前と同じ場所に行きました。こんどは、すでにかまど一杯のパンを食べてしまったのに、まだとてもとても空腹だとこぼしている男を見つけました。

 これを聞くと、シンプルトンはたいへん喜びました。彼は言いました、「私はあなたを助けられると思います。私といっしょにいらっしゃい、そうすればパンをひと山食べられますよ」

 彼らは宮殿にもどりました。王様のパン焼き職人は、都市じゅうの小麦粉をすべて集めてたくさんのパンを作っていたために、パンは宮殿の前に山のようになっていました。

 森から来た男は、椅子や、取り皿を与えられるのさえも待てませんでした。彼は立ったまま食べ始めました。
彼は、パンを次から次へと一定のペースで食べ、一方、町の人たちは見物にやってきて、男の食欲にびっくりしました。

 果せるかな、太陽が沈み始めるころに、彼は最後のパンを食べ終え、シンプルトンに 「ありがとう」 と言って、消えてしまいました。

 シンプルトンはもう一度王様のところへ行って、三たび花嫁を要求しました。
もう一度王様は拒絶しました。こんど彼は言いました 「おまえは陸の上も海の上も航海できる船を持ってこなければならない。そうしてはじめて、私はおまえに私の娘をやろう」

 もう一度、シンプルトンは、森に向けて出発すると、こんどは、前に食物を分けてあげた小さな白髪の老人に会いました。

 シンプルトンは、小さな白髪の老人に、彼の三度目の仕事についてすべて話しました。
小さな老人は言いました。「私はあなたのぶどう酒を飲み、あなたのパンを食べた、あなたが私にたいへん親切だったから、船もあなたにあげましょう」

 今回は、シンプルトンは宮殿に歩いて帰る必要はありませんでした。彼は船に乗り、田舎を帆走していきました。

 美しい船が帆走して宮殿にもどってくると、王様はシンプルトンに、彼と王女はすぐに結婚してよいと言いました。
シンプルトンはたいへん立派な王子となり、2人はたいへん幸せでした。
金のがちょうは宮殿のひとすみに、特別な住家を持ちましたが、小さな白髪の老人を再び見た人はいませんでした。



私が使ったGutenbergのテキストにはない部分の訳が何箇所かありますね。Gutenberg自体にも、同じ『金のガチョウ』で、いくつか違ったテキストがあるようです。それを読み比べてみるのも面白いかもしれません。
確かにこの訳の方が、つながってた七人と金のガチョウの行く末がわかりますね
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。