スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で小泉八雲『じきにんき(食人鬼)』(2)

一人で遺体のそばにいると言った僧ですが、さて・・・


The young man appeared to be rejoiced by these assurances, and expressed his gratitude in fitting words. Then the other members of the family, and the folk assembled in the adjoining room, having been told of the priest's kind promises, came to thank him,-- after which the master of the house said:--


・appear to=~するように見える[思われる]
・be rejoiced=喜んでいる
・assurance=請け合い
・gratitude=感謝
・fitting words=ふさわしい言葉
・adjoining room=隣の部屋

若者は夢窓国師がここに残って葬儀をやると言ってくれたことを喜んでいるように見え、その感謝の気持ちを心をこめて言葉で伝えた。親戚の者も、隣の部屋に集まっていた人たちも、夢窓国師の親切な申し出のことを聞き、彼のところに来て感謝を述べた。そして、家の主の若者がこう言った。


"Now, reverend Sir, much as we regret to leave you alone, we must bid you farewell. By the rule of our village, none of us can stay here after midnight. We beg, kind Sir, that you will take every care of your honorable body, while we are unable to attend upon you. And if you happen to hear or see anything strange during our absence, please tell us of the matter when we return in the morning."


・much as~=たいへん~だけれど
・honorable=高貴な、立派な
・attend upon=(人)に仕える、(人)に付き添う

「それではお坊様、あなた様を一人残していくのは大変心残りではありますが、一度お別れしなければなりません。村の慣習で、夜中を過ぎたら、誰一人としてここに残ることはできません。ご親切なお坊様、私たちがご一緒できない間、どうかくれぐれも尊いお体に気をつけてください。もし、私たちがいない間に、何か不思議なものを聞いたり見たりしたら、朝私たちが戻ったら教えてください」


All then left the house, except the priest, who went to the room where the dead body was lying. The usual offerings had been set before the corpse; and a small Buddhist lamp -- tomyo -- was burning. The priest recited the service, and performed the funeral ceremonies,-- after which he entered into meditation. So meditating he remained through several silent hours; and there was no sound in the deserted village. But, when the hush of the night was at its deepest, there noiselessly entered a Shape, vague and vast; and in the same moment Muso found himself without power to move or speak. He saw that Shape lift the corpse, as with hands, devour it, more quickly than a cat devours a rat,-- beginning at the head, and eating everything: the hair and the bones and even the shroud. And the monstrous Thing, having thus consumed the body, turned to the offerings, and ate them also. Then it went away, as mysteriously as it had come.


・recite=朗誦する
・service=宗教的儀式
・meditation=瞑想
・So meditating he remained=He remained so meditating
・deserted=人けのない
・hush=静けさ
・Shape=人影、姿
・devour=むさぼり食う
・shroud=〔死者を覆う〕経帷子
・monstrous=奇怪な、恐ろしい
・consume=~を食べつくす

tomyo.jpg燈明

皆、家を出た後、夢窓国師は遺体が置いてある部屋へ行った。見慣れたお供物がそなえられ、小さな、仏様に備える明かり、燈明が灯されていた。夢窓国師はお経を唱え、葬送の儀式を行い、その後、瞑想した。しばらくの間、静かな時間が流れ、彼は深い瞑想に入り、人気のない村は物音一つしなかった。その夜の静けさが一番深まった時、ぼんやりした大きな一つの人影が、音もなくその部屋へ入ってきて、同時に、夢窓国師は、自分が動くことも言葉を発することもできなくなっているのに気がついた。その影は両手で遺体を持ち上げると、猫がネズミを食べる時よりもずっと素早く、それをむさぼり食ってしまった。まず頭を、そして髪の毛も骨も、経帷子さえも何もかも食べてしまった。この恐ろしい何かは、こうやって死体を食べつくしてしまうと、御供物の方に向きを変え、それも食べてしまった。そして、来た時と同じように不思議にもすっといなくなってしまった。


恐ろしいことになりました(>_<)


When the villagers returned next morning, they found the priest awaiting them at the door of the headman's dwelling. All in turn saluted him; and when they had entered, and looked about the room, no one expressed any surprise at the disappearance of the dead body and the offerings. But the master of the house said to Muso:--


"Reverent Sir, you have probably seen unpleasant things during the night: all of us were anxious about you. But now we are very happy to find you alive and unharmed. Gladly we would have stayed with you, if it had been possible. But the law of our village, as I told you last evening, obliges us to quit our houses after a death has taken place, and to leave the corpse alone. Whenever this law has been broken, heretofore, some great misfortune has followed. Whenever it is obeyed, we find that the corpse and the offerings disappear during our absence. Perhaps you have seen the cause."


・in turn=順に、入れ替わり立ち代り
・salute=・look about=辺りを見回す
・unpleasant=嫌な、気色が悪い
・unharmed=無傷の
・Gladly we would have stayed with you, if it had been possible=If it had been possible, we would gladly have stayed with you.
・oblige=~を強いる、義務付ける
・quit=〔場所を〕去る、立ち退く
・heretofore=これまで、今まで

翌朝、村人たちが戻ってきたとき、僧が長の住まいの戸口で待っているのがわかった。皆は僧に挨拶をし、中へ入って部屋の中を見回したが、誰一人として、遺体とお供物がなくなっているのに驚いた様子は見せなかった。しかし、この家の主人は夢窓国師に向かってこう言った。
「お坊様、多分夜の間に気食の悪いものをご覧になったことでしょう。私たちはあなたのことを案じておりました。でも、今あなたがこうやって生きて怪我もなくおられることがとても嬉しいです。もしできることだったならば喜んで私たちはあなたと一緒にここにいたでしょう。しかし、昨晩申し上げましたように、村の掟で、誰かが死んだあとは家から出て、遺体を置き去りにしなくてはならないのです。これまで、この掟が破られた時は必ず、大きな不幸が続きました。掟に従うといつも、私たちがいない間に遺体とお供物がなくなっています。その理由はあなたさまがご覧になった通りです」

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。