スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(8)

翌日の夜も、そこへ出かけて行った芳一だが、住職に不在が見つかり言い訳をするが、住職は怪しんで下男に跡をつけるように言い渡して…

On the very next night, Hoichi was seen to leave the temple; and the servants immediately lighted their lanterns, and followed after him. But it was a rainy night, and very dark; and before the temple-folks could get to the roadway, Hoichi had disappeared. Evidently he had walked very fast,-- a strange thing, considering his blindness; for the road was in a bad condition. The men hurried through the streets, making inquiries at every house which Hoichi was accustomed to visit; but nobody could give them any news of him.


・very=【形】 《強調》まさに、まさしく
・lantern=【名】 ランタン、ちょうちん
・temple-folks=寺の人たち=the servants
・roadway=道
・evidently=【副】 明らかに、確かに、どうやら
・considering=【前】 ~を考慮すれば、~にしては、~を思えば、~を考えれば
・the road was in a bad condition=道は悪い状態だった=道はぬかるんでいた
・making inquiries=尋ねる
・be accustomed to visit=たびたび訪れたことのある
・news of~=~についての情報

すぐその翌晩、芳一の寺を脱け出して行くのを見たので、下男達は直ちに提灯をともし、その後を跟けた。しかるにそれが雨の晩で非常に暗かったため、寺男が道路へ出ない内に、芳一の姿は消え失せてしまった。まさしく芳一は非常に早足で歩いたのだ――その盲目な事を考えてみるとそれは不思議な事だ、何故かと云うに道は悪るかったのであるから。男達は急いで町を通って行き、芳一がいつも行きつけている家へ行き、訊ねてみたが、誰れも芳一の事を知っているものはなかった。


At last, as they were returning to the temple by way of the shore, they were startled by the sound of a biwa, furiously played, in the cemetery of the Amidaji. Except for some ghostly fires -- such as usually flitted there on dark nights -- all was blackness in that direction. But the men at once hastened to the cemetery; and there, by the help of their lanterns, they discovered Hoichi,-- sitting alone in the rain before the memorial tomb of Antoku Tenno, making his biwa resound, and loudly chanting the chant of the battle of Dan-no-ura. And behind him, and about him, and everywhere above the tombs, the fires of the dead were burning, like candles. Never before had so great a host of Oni-bi appeared in the sight of mortal man...
"Hoichi San! -- Hoichi San!" the servants cried,-- "you are bewitched!...Hoichi San!"
But the blind man did not seem to hear. Strenuously he made his biwa to rattle and ring and clang; -- more and more wildly he chanted the chant of the battle of Dan-no-ura. They caught hold of him; -- they shouted into his ear,--
"Hoichi San! -- Hoichi San! -- come home with us at once!"
Reprovingly he spoke to them:--
"To interrupt me in such a manner, before this august assembly, will not be tolerated."


・they=the servants(芳一の後をつけていた)=the men
・by way of =~を経由して、~を通って
・were startled=びっくりした
・furiously=【副】 荒れ狂って、猛烈に
・cemetery=【名】 墓地
・Except for=~がなかったら
・such as=たとえば~のような
・flit=【自動】ひらひら飛び回る、せわしなく動き回る
・in that direction=その方向=お墓の方向
・hasten 【自動】 急いで行く
・memorial tomb=記念碑、記念の墓、追悼のための碑
・resound=【自動】 (大音響が)鳴り響く
・host of= 《a ~》たくさんの、多くの、大群の
・in the sight of~=~の目の前で
・mortal=死ぬ運命にある=人間の
・文の構造:強調による倒置:Never before had so great a host of Oni-bi appeared in the sight of mortal man=So great a host of Oni-bi had never before appeared in the sight of mortal man
・bewitched=魔法をかけられた
・strenuously=【副】 熱心に、激しく、精力的に
・rattle=ガラガラ鳴る
・clang=【自動】 (金属などが触れあって)カーン[ガチャン・ガチャガチャ・カンカン・ガンガン]と鳴る
・caught(catchの過去形) hold of =~をつかんだ
・Reprovingly=非難するように
・interrupt=【他動】 割り込む、妨げる、邪魔する
・in such a manner=そんなふうに
・august=【形】 威厳のある、恐れ多い
・assembly=【名】 集めること、集合、集会
・be tolerated=許される

しまいに、男達は浜辺の方の道から寺へ帰って来ると、阿彌陀寺の墓地の中に、盛んに琵琶の弾じられている音が聞えるので、一同は吃驚した。二つ三つの鬼火――暗い晩に通例そこにちらちら見えるような――の外、そちらの方は真暗であった。しかし、男達はすぐに墓地へと急いで行った、そして提灯の明かりで、一同はそこに芳一を見つけた――雨の中に、安徳天皇の記念の墓の前に独り坐って、琵琶をならし、壇ノ浦の合戦の曲を高く誦して。その背後(うしろ)と周囲(まわり)と、それから到る処たくさんの墓の上に死者の霊火が蝋燭のように燃えていた。いまだかつて人の目にこれほどの鬼火が見えた事はなかった……
『芳一さん!――芳一さん!』下男達は声をかけた『貴方は何かに魅(ばか)されているのだ!……芳一さん!』
 しかし盲人には聞えないらしい。力を籠めて芳一は琵琶を錚錚と鳴らしていた――ますます烈しく壇ノ浦の合戦の曲を誦した。男達は芳一をつかまえ――耳に口をつけて声をかけた――
『芳一さん!――芳一さん!――すぐ私達と一緒に家にお帰んなさい!』
 叱るように芳一は男達に向って云った――
『この高貴の方方の前で、そんな風に私の邪魔をするとは容赦はならんぞ』


Whereat, in spite of the weirdness of the thing, the servants could not help laughing. Sure that he had been bewitched, they now seized him, and pulled him up on his feet, and by main force hurried him back to the temple,-- where he was immediately relieved of his wet clothes, by order of the priest. Then the priest insisted upon a full explanation of his friend's astonishing behavior.

Hoichi long hesitated to speak. But at last, finding that his conduct had really alarmed and angered the good priest, he decided to abandon his reserve; and he related everything that had happened from the time of first visit of the samurai.


・whereat=【副】 そこで、その時
・weirdness=【名】 この世の物とは思えない物、(性格などが)変わっていること、奇異さ
・could not help laughing=笑わないではいられなかった
・(They were)sure that=(that 以下)を確実と思う
・he=Hoichi
・be bewitched=魔法をかけられる
・seize=【他動】~を捕まえる、つかむ
・pulled him up on his feet=引っ張り上げて立たせた
・by main force=力ずくで、腕ずくで、無理やりに、強制的に、強引に
・hurried him back=彼を急いで帰らせた
・where=at the temple
・relieve of his wet clothes=濡れた衣を脱がせる
・by order of =~の命[命令・指図]で[により・によって]
・insist upon(=on)=~を強く主張[要求]する
・his friend=Hoichi
・hesitate to=~するのをためらう、ちゅうちょする
・finding that his conduct had really alarmed and angered the good priest=as he found that his conduct~:分詞構文
・decide to~=~することを決心する
・abandon=~をあきらめる、断念する、中止する
・reserve=保留=言わないでおくこと
・relate=【他動】~を話す、述べる、物語る
・文の構造:he related everything (that had happened from the time of first visit of the samurai)、thatはeverythingを先行詞とする関係代名詞、先行詞にall, every, any, only, noが付くときは通例thatが用いられる。

事柄の無気味なに拘らず、これには下男達も笑わずにはいられなかった。芳一が何かに魅(ばか)されていたのは確かなので、一同は芳一を捕(つかま)え、その身体(からだ)をもち上げて起たせ、力まかせに急いで寺へつれ帰った――そこで住職の命令で、芳一は濡れた著物を脱ぎ、新しい著物を著せられ、食べものや、飲みものを与えられた。その上で住職は芳一のこの驚くべき行為をぜひ十分に説き明かす事を迫った。
 芳一は長い間それを語るに躊躇していた。しかし、遂に自分の行為が実際、深切な住職を脅かしかつ怒らした事を知って、自分の緘黙を破ろうと決心し、最初、侍の来た時以来、あった事をいっさい物語った。


The priest said:--

"Hoichi, my poor friend, you are now in great danger! How unfortunate that you did not tell me all this before! Your wonderful skill in music has indeed brought you into strange trouble. By this time you must be aware that you have not been visiting any house whatever, but have been passing your nights in the cemetery, among the tombs of the Heike; -- and it was before the memorial-tomb of Antoku Tenno that our people to-night found you, sitting in the rain. All that you have been imagining was illusion --except the calling of the dead. By once obeying them, you have put yourself in their power. If you obey them again, after what has already occurred, they will tear you in pieces. But they would have destroyed you, sooner or later, in any event... Now I shall not be able to remain with you to-night: I am called away to perform another service. But, before I go, it will be necessary to protect your body by writing holy texts upon it."


・unfortunate=【形】 運の悪い、残念な
・bring you into trouble=あなたを困った状態に追い込む
・文の構造:you have not been visiting any house whatever, but have been passing your nights in the cemetery(~でなくて~)
・any~whatever=noまたはanyを伴う名詞の後にwhateverを付けて「少しの~も」の意味<例>There is no[any] doubt whatever about it.(それは何の疑いもない)
・imagine=心に描く
・illusion=錯覚
・calling=呼び声、呼び出し
・once=一度、いったん
・obey=~に従う、服従する、(人)の言うことを聞く
・them=the dead
・put yourself in their power=あなた自身を彼らの支配下に置く=あなた自身を彼らの思うままにする
・tear you in pieces=あなたを切れ切れに引き裂く
・in any event=いずれにしても、どっちみち
・destroy=滅ぼす、たたきのめす、ぼろぼろにする
・sooner or later=いつかは、遅かれ早かれ
・remain with you =あなたと一緒にいる
・call away=呼び出す
・protect=守る
・holy=神聖な、text=文章:holy text=お経

すると住職は云った……
『可哀そうな男だ。芳一、お前の身は今大変に危ういぞ! もっと前にお前がこの事をすっかり私に話さなかったのはいかにも不幸な事であった! お前の音楽の妙技がまったく不思議な難儀にお前を引き込んだのだ。お前は決して人の家を訪れているのではなくて、墓地の中に平家の墓の間で、夜を過していたのだという事に、今はもう心付かなくてはいけない――今夜、下男達はお前の雨の中に坐っているのを見たが、それは安徳天皇の記念の墓の前であった。お前が想像していた事はみな幻影(まぼろし)だ――死んだ人の訪れて来た事の外は。で、一度死んだ人の云う事を聴いた上は、身をその為(す)るがままに任したというものだ。もしこれまであった事の上に、またも、その云う事を聴いたなら、お前はその人達に八つ裂きにされる事だろう。しかし、いずれにしても早晩、お前は殺される……ところで、今夜私はお前と一緒にいるわけにいかぬ。私はまた一つ法会をするように呼ばれている。が、行く前にお前の身体を護るために、その身体に経文を書いて行かなければなるまい』


住職がお経を芳一の体に書いて亡霊から守るということですね。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。