スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でアンデルセン童話「雪の女王」4

原点はProject Gutenberg、邦訳は青空文庫、楠山正雄訳を使わせていただきます。

There, in the market-place, some of the boldest of the boys used to tie their sledges to the carts as they passed by, and so they were pulled along, and got a good ride. It was so capital! Just as they were in the very height of their amusement, a large sledge passed by: it was painted quite white, and there was someone in it wrapped up in a rough white mantle of fur, with a rough white fur cap on his head. The sledge drove round the square twice, and Kay tied on his sledge as quickly as he could, and off he drove with it. On they went quicker and quicker into the next street; and the person who drove turned round to Kay, and nodded to him in a friendly manner, just as if they knew each other. Every time he was going to untie his sledge, the person nodded to him, and then Kay sat quiet; and so on they went till they came outside the gates of the town. Then the snow began to fall so thickly that the little boy could not see an arm's length before him, but still on he went: when suddenly he let go the string he held in his hand in order to get loose from the sledge, but it was of no use; still the little vehicle rushed on with the quickness of the wind. He then cried as loud as he could, but no one heard him; the snow drifted and the sledge flew on, and sometimes it gave a jerk as though they were driving over hedges and ditches. He was quite frightened, and he tried to repeat the Lord's Prayer; but all he could do, he was only able to remember the multiplication table.
Photo_9


・bold=ずうずうしい、厚かましい
・cart=〔二輪の〕荷馬車
・capital=素晴らしい
・height of=~の真っただ中
・wrap up=包む、くるむ
・rough=毛深い、ぼさぼさの、毛足の長い
・mantle=マント
・fur=毛皮(製品)
・it=Kay's sledge
・thickly=頻繁に、ひっきりなしに
・of no use=まったく役に立たない
・vehicle=車、乗り物:ここでは”a large sledge”を指す
・drift=〔風で雪・砂などが〕吹きだまりになる
・flew on:fly on=飛び続ける、飛ぶように疾走し続ける
・jerk=急に動くこと、ぐいと引っ張ること
・hedge=垣根、障壁
・ditch=溝、水路
・Lord's Prayer=主の祈り
・multiplication table=(掛け算の)九九表、掛け算表


その大きなひろばでは、こどもたちのなかでも、あつかましいのが、そりを、おひゃくしょうたちの馬車の、うしろにいわえつけて、じょうずに馬車といっしょにすべっていました。これは、なかなかおもしろいことでした。こんなことで、こどもたちたれも、むちゅうになってあそんでいると、そこへ、いちだい、大きなそりがやってきました。それは、まっ白にぬってあって、なかにたれだか、そまつな白い毛皮(けがわ)にくるまって、白いそまつなぼうしをかぶった人がのっていました。そのそりは二回ばかり、ひろばをぐるぐるまわりました。そこでカイは、さっそくそれに、じぶんのちいさなそりを、しばりつけて、いっしょにすべっていきました。その大そりは、だんだんはやくすべって、やがて、つぎの大通を、まっすぐに、はしっていきました。そりをはしらせていた人は、くるりとふりかえって、まるでよくカイをしっているように、なれなれしいようすで、うなずきましたので、カイはついそりをとくのをやめてしまいました。こんなぐあいにして、とうとうそりは町の門のそとに、でてしまいました。そのとき、雪が、ひどくふってきたので、カイはじぶんの手のさきもみることができませんでした。それでもかまわず、そりははしっていきました。カイはあせって、しきりとつなをうごかして、その大そりからはなれようとしましたが、小そりはしっかりと大そりにしばりつけられていて、どうにもなりませんでした。ただもう、大そりにひっぱられて、風のようにとんでいきました。カイは大声をあげて、すくいをもとめましたが、たれの耳にも、きこえませんでした。雪はぶっつけるようにふりしきりました。そりは前へ前へと、とんでいきました。ときどき、そりがとびあがるのは、生(いけ)がきや、おほりの上を、とびこすのでしょうか、カイはまったくふるえあがってしまいました。主のおいのりをしようと思っても、あたまにうかんでくるのは、かけざんの九九ばかりでした。


The snow-flakes grew larger and larger, till at last they looked just like great white fowls. Suddenly they flew on one side; the large sledge stopped, and the person who drove rose up. It was a lady; her cloak and cap were of snow. She was tall and of slender figure, and of a dazzling whiteness. It was the Snow Queen.


・fowl=ニワトリ
・cloak=マント


こな雪のかたまりは、だんだん大きくなって、しまいには、大きな白いにわとりのようになりました。ふとその雪のにわとりが、両がわにとびたちました。とたんに、大そりはとまりました。そりをはしらせていた人が、たちあがったのを見ると、毛皮のがいとうもぼうしも、すっかり雪でできていました。それはすらりと、背の高い、目のくらむようにまっ白な女の人でした。それが雪の女王だったのです。


big sledgeを運転していたsomeone、the personは、実は「雪の女王」だったわけですね。


"We have travelled fast," said she; "but it is freezingly cold. Come under my bearskin." And she put him in the sledge beside her, wrapped the fur round him, and he felt as though he were sinking in a snow-wreath.


・bearskin=クマの毛皮
・wreath=(煙・雲などの)渦巻き.


「ずいぶんよくはしったわね。」と、雪の女王はいいました。「あら、あんた、ふるえているのね。わたしのくまの毛皮におはいり。」
 こういいながら女王は、カイをじぶんのそりにいれて、かたわらにすわらせ、カイのからだに、その毛皮をかけてやりました。するとカイは、まるで雪のふきつもったなかに、うずめられたように感じました。


"Are you still cold?" asked she; and then she kissed his forehead. Ah! it was colder than ice; it penetrated to his very heart, which was already almost a frozen lump; it seemed to him as if he were about to die--but a moment more and it was quite congenial to him, and he did not remark the cold that was around him.


・congenial=心地良い、気持ちが良い
・remark=~に気付く


「まださむいの。」と、女王はたずねました。それからカイのひたいに、ほおをつけました。まあ、それは、氷よりももっとつめたい感じでした。そして、もう半分氷のかたまりになりかけていた、カイのしんぞうに、じいんとしみわたりました。カイはこのまま死んでしまうのではないかと、おもいました。――けれど、それもほんのわずかのあいだで、やがてカイは、すっかり、きもちがよくなって、もう身のまわりのさむさなど、いっこう気にならなくなりました。


"My sledge! Do not forget my sledge!" It was the first thing he thought of. It was there tied to one of the white chickens, who flew along with it on his back behind the large sledge. The Snow Queen kissed Kay once more, and then he forgot little Gerda, grandmother, and all whom he had left at his home.


"Now you will have no more kisses," said she, "or else I should kiss you to death!"


・or else=あるいは、さもないと


「ぼくのそりは――ぼくのそりを、わすれちゃいけない。」
 カイがまず第一におもいだしたのは、じぶんのそりのことでありました。そのそりは、白いにわとりのうちの一わに、しっかりとむすびつけられました。このにわとりは、そりをせなかにのせて、カイのうしろでとんでいました。雪の女王は、またもういちど、カイにほおずりしました。それで、カイは、もう、かわいらしいゲルダのことも、おばあさまのことも、うちのことも、なにもかも、すっかりわすれてしまいました。
「さあ、もうほおずりはやめましょうね。」と、雪の女王はいいました。「このうえすると、お前を死なせてしまうかもしれないからね。」


Kay looked at her. She was very beautiful; a more clever, or a more lovely countenance he could not fancy to himself; and she no longer appeared of ice as before, when she sat outside the window, and beckoned to him; in his eyes she was perfect, he did not fear her at all, and told her that he could calculate in his head and with fractions, even; that he knew the number of square miles there were in the different countries, and how many inhabitants they contained; and she smiled while he spoke. It then seemed to him as if what he knew was not enough, and he looked upwards in the large huge empty space above him, and on she flew with him; flew high over the black clouds, while the storm moaned and whistled as though it were singing some old tune. On they flew over woods and lakes, over seas, and many lands; and beneath them the chilling storm rushed fast, the wolves howled, the snow crackled; above them flew large screaming crows, but higher up appeared the moon, quite large and bright; and it was on it that Kay gazed during the long long winter's night; while by day he slept at the feet of the Snow Queen.


・countenance=顔つき、表情
・fancy=想像する
・appear=〔~のように〕見える、〔~と〕思われる
・calculate=~を計算する、予測する、予想する
・fraction=端数、分数
・square miles=平方マイル
・the number of square miles there were in the different countries=さまざまな国の面積が何平方マイルあるか
・inhabitant=住民
・they=the different countries
・moan=〔風が〕うなる
・whistle=ヒューと鳴って飛ぶ
・chilling=恐ろしい、ぞっとする
・howl=(犬・オオカミなどが)(声を長く引いて)ほえる、遠ぼえする
・crackle=パチパチ音を立てる
・crow=カラス
・by day=日中は、昼間は


カイは女王をみあげました。まあそのうつくしいことといったら。カイは、これだけかしこそうなりっぱな顔がほかにあろうとは、どうしたっておもえませんでした。いつか窓のところにきて、手まねきしてみせたときとちがって、もうこの女王が、氷でできているとは、おもえなくなりました。カイの目には、女王は、申しぶんなくかんぜんで、おそろしいなどとは、感じなくなりました。それでうちとけて、じぶんは分数(ぶんすう)までも、あんざんで、できることや、じぶんの国が、いく平方マイルあって、どのくらいの人口があるか、しっていることまで、話しました。女王は、しじゅう、にこにこして、それをきいていました。それが、なんだ、しっていることは、それっぱかしかと、いわれたようにおもって、あらためて、ひろいひろい大空をあおぎました。すると、女王はカイをつれて、たかくとびました。高い黒雲の上までも、とんで行きました。あらしはざあざあ、ひゅうひゅう、ふきすさんで、昔の歌でもうたっているようでした。女王とカイは、森や、湖や、海や、陸の上を、とんで行きました。下のほうでは、つめたい風がごうごううなって、おおかみのむれがほえたり、雪がしゃっしゃっときしったりして、その上に、まっくろなからすがカアカアないてとんでいました。しかし、はるか上のほうには、お月さまが、大きくこうこうと、照っていました。このお月さまを、ながいながい冬の夜じゅう、カイはながめてあかしました。ひるになると、カイは女王の足もとでねむりました。


カイはすっかり「雪の女王」のとりこです……

スポンサーサイト

英語でアンデルセン童話「雪の女王」3

原点はProject Gutenberg、邦訳は青空文庫、楠山正雄訳を使わせていただきます。

In the evening, when little Kay was at home, and half undressed, he climbed up on the chair by the window, and peeped out of the little hole. A few snow-flakes were falling, and one, the largest of all, remained lying on the edge of a flower-pot.


・flake=薄片、破片


その夕方、カイはうちにいて、着物(きもの)を半分(はんぶん)ぬぎかけながら、ふとおもいついて、窓のそばの、いすの上にあがって、れいのちいさなのぞきあなから、外をながめました。おもてには、ちらちら、こな雪が舞(ま)っていましたが、そのなかで大きなかたまりがひとひら、植木箱のはしにおちました。


The flake of snow grew larger and larger; and at last it was like a young lady, dressed in the finest white gauze, made of a million little flakes like stars. She was so beautiful and delicate, but she was of ice, of dazzling, sparkling ice; yet she lived; her eyes gazed fixedly, like two stars; but there was neither quiet nor repose in them. She nodded towards the window, and beckoned with her hand. The little boy was frightened, and jumped down from the chair; it seemed to him as if, at the same moment, a large bird flew past the window.


・gauze=紗(しゃ)、絽(ろ)
・delicate=優美な
・dazzling=まぶしい、輝かしい、まばゆい
・sparkling=輝く、光る、きらめく
・gaze fixedly=~をじっと見詰める
・quiet=静けさ
・repose=安らぎ
・beckon=手招きする


するとみるみるそれは大きくなって、とうとうそれが、まがいのない、わかい、ひとりの女の人になりました。もう何百万という数の、星のように光るこな雪で織(お)った、うすい白い紗(しゃ)の着物(きもの)を着ていました。やさしい女の姿はしていましたが、氷のからだをしていました。ぎらぎらひかる氷のからだをして、そのくせ生きているのです。その目は、あかるい星をふたつならべたようでしたが、おちつきも休みもない目でした。女は、カイのいる窓のほうに、うなずきながら、手まねぎしました。カイはびっくりして、いすからとびおりてしまいました。すぐそのあとで、大きな鳥が、窓の外をとんだような、けはいがしました。


The next day it was a sharp frost--and then the spring came; the sun shone, the green leaves appeared, the swallows built their nests, the windows were opened, and the little children again sat in their pretty garden, high up on the leads at the top of the house.


・sharp frost=厳しい霜[寒さ]
・leads=〔英〕(pl.) トタン屋根


そのあくる日は、からりとした、霜日(しもび)よりでした。――それからは、日にまし、雪どけのようきになって、とうとう春が、やってきました。お日さまはあたたかに、照(て)りかがやいて、緑(みどり)がもえだし、つばめは巣をつくりはじめました。あのむかいあわせの屋根うらべやの窓も、また、あけひろげられて、カイとゲルダとは、アパートのてっぺんの屋根上の雨(あま)どいの、ちいさな花ぞので、ことしもあそびました。


That summer the roses flowered in unwonted beauty. The little girl had learned a hymn, in which there was something about roses; and then she thought of her own flowers; and she sang the verse to the little boy, who then sang it with her:


・unwonted=めったにない、まれな
・hymn=賛美歌


この夏は、じつにみごとに、ばらの花がさきました。女の子のゲルダは、ばらのことのうたわれている、さんび歌をしっていました。そして、ばらの花というと、ゲルダはすぐ、じぶんの花ぞののばらのことをかんがえました。ゲルダは、そのさんび歌を、カイにうたってきかせますと、カイもいっしょにうたいました。


"The rose in the valley is blooming so sweet,
And angels descend there the children to greet."


And the children held each other by the hand, kissed the roses, looked up at the clear sunshine, and spoke as though they really saw angels there. What lovely summer-days those were! How delightful to be out in the air, near the fresh rose-bushes, that seem as if they would never finish blossoming!


・sweet=香りの良い
・descend=降りる
・clear=明るい、視界を遮るものがない
・fresh=咲いたばかりの、茂ったばかりの
・bush=茂み


「ばらのはな さきてはちりぬ
 おさなごエス やがてあおがん」
 ふたりのこどもは、手をとりあって、ばらの花にほおずりして、神さまの、みひかりのかがやく、お日さまをながめて、おさなごエスが、そこに、おいでになるかのように、うたいかけました。なんという、楽しい夏の日だったでしょう。いきいきと、いつまでもさくことをやめないようにみえる、ばらの花のにおいと、葉のみどりにつつまれた、この屋根の上は、なんていいところでしたろう。


Kay and Gerda looked at the picture-book full of beasts and of birds; and it was then--the clock in the church-tower was just striking five--that Kay said, "Oh! I feel such a sharp pain in my heart; and now something has got into my eye!"


The little girl put her arms around his neck. He winked his eyes; now there was nothing to be seen.


"I think it is out now," said he; but it was not. It was just one of those pieces of glass from the magic mirror that had got into his eye; and poor Kay had got another piece right in his heart. It will soon become like ice. It did not hurt any longer, but there it was.


・it was not=it was not out(目に入ったものが外に出たわけではなかった)
・right=ちょうど
・It will soon become like ice. It did not hurt any longer, but there it was.=カイの心はもうすぐ氷のようになる。心はもう痛まなかったが、鏡の破片は心の中にあった:FIRST STORYに"Some persons even got a splinter in their heart, and then it made one shudder, for their heart became like a lump of ice. "とある。


カイとゲルダは、ならんで掛けて、けものや鳥のかいてある、絵本をみていました。ちょうどそのとき――お寺の、大きな塔(とう)の上で、とけいが、五つうちましたが――カイは、ふと、
「あッ、なにかちくりとむねにささったよ。それから、目にもなにかとびこんだようだ。」と、いいました。
 あわてて、カイのくびを、ゲルダがかかえると、男の子は目をぱちぱちやりました。でも、目のなかにはなにもみえませんでした。
「じゃあ、とれてしまったのだろう。」と、カイはいいましたが、それは、とれたのではありませんでした。カイの目にはいったのは、れいの鏡から、とびちったかけらでした。そら、おぼえているでしょう。あのいやな、魔法(まほう)の鏡のかけらで、その鏡にうつすと、大きくていいものも、ちいさく、いやなものに、みえるかわり、いけないわるいものほど、いっそうきわだってわるく見え、なんによらず、物事(ものごと)のあらが、すぐめだって見えるのです。かわいそうに、カイは、しんぞうに、かけらがひとつはいってしまいましたから、まもなく、それは氷のかたまりのように、なるでしょう。それなり、もういたみはしませんけれども、たしかに、しんぞうの中にのこりました。


"What are you crying for?" asked he. "You look so ugly! There's nothing the matter with me. Ah," said he at once, "that rose is cankered! And look, this one is quite crooked! After all, these roses are very ugly! They are just like the box they are planted in!" And then he gave the box a good kick with his foot, and pulled both the roses up.


・canker=腐らせる
・crooked=曲がっている、ねじれた
・give a good kic=うまく蹴る
・both=that roseとthis one(rose)


「なんだってべそをかくんだ。」と、カイはいいました。「そんなみっともない顔をして、ぼくは、もうどうもなってやしないんだよ。」
「チェッ、なんだい。」こんなふうに、カイはふいに、いいだしました。「あのばらは虫がくっているよ。このばらも、ずいぶんへんてこなばらだ。みんなきたならしいばらだな。植わっている箱も箱なら、花も花だ。」
 こういって、カイは、足で植木の箱をけとばして、ばらの花をひきちぎってしまいました。


"What are you doing?" cried the little girl; and as he perceived her fright, he pulled up another rose, got in at the window, and hastened off from dear little Gerda.


Afterwards, when she brought her picture-book, he asked, "What horrid beasts have you there?" And if his grandmother told them stories, he always interrupted her; besides, if he could manage it, he would get behind her, put on her spectacles, and imitate her way of speaking; he copied all her ways, and then everybody laughed at him. He was soon able to imitate the gait and manner of everyone in the street. Everything that was peculiar and displeasing in them--that Kay knew how to imitate: and at such times all the people said, "The boy is certainly very clever!" But it was the glass he had got in his eye; the glass that was sticking in his heart, which made him tease even little Gerda, whose whole soul was devoted to him.


・horrid=ひどく嫌な、恐ろしい
・get behind=~の後ろに回る
・gait=歩き方
・peculiar=特異な、変な、風変わりな、おかしな
・displeasing=不快にする
・tease=からかう


「カイちゃん、あんた、なにをするの。」と、ゲルダはさけびました。
 カイは、ゲルダのおどろいた顔をみると、またほかのばらの花を、もぎりだしました。それから、じぶんのうちの窓の中にとびこんで、やさしいゲルダとも、はなれてしまいました。
 ゲルダがそのあとで、絵本(えほん)をもってあそびにきたとき、カイは、そんなもの、かあさんにだっこされている、あかんぼのみるものだ、といいました。また、おばあさまがお話をしても、カイはのべつに「だって、だって。」とばかりいっていました。それどころか、すきをみて、おばあさまのうしろにまわって、目がねをかけて、おばあさまの口まねまで、してみせました。しかも、なかなかじょうずにやったので、みんなはおかしがってわらいました。まもなくカイは、町じゅうの人たちの、身ぶりや口まねでも、できるようになりました。なんでも、ひとくせかわったことや、みっともないことなら、カイはまねすることをおぼえました。
「あの子はきっと、いいあたまなのにちがいない。」と、みんないいましたが、それは、カイの目のなかにはいった鏡のかけらや、しんぞうの奥ふかくささった、鏡のかけらのさせることでした。そんなわけで、カイはまごころをささげて、じぶんをしたってくれるゲルダまでも、いじめだしました。


His games now were quite different to what they had formerly been, they were so very knowing. One winter's day, when the flakes of snow were flying about, he spread the skirts of his blue coat, and caught the snow as it fell.


・game=策略、もくろみ、冗談
・knowing=抜け目のない、知ったかぶりの
・skirt=すそ


カイのあそびも、すっかりかわって、ひどくこましゃくれたものになりました。――ある冬の日、こな雪がさかんに舞いくるっているなかで、カイは大きな虫目がねをもって、そとにでました。そして青いうわぎのすそをひろげて、そのうえにふってくる雪をうけました。


"Look through this glass, Gerda," said he. And every flake seemed larger, and appeared like a magnificent flower, or beautiful star; it was splendid to look at!


"Look, how clever!" said Kay. "That's much more interesting than real flowers! They are as exact as possible; there is not a fault in them, if they did not melt!"


・clever=器用な、巧みな
・exact=正確な


「さあ、この目がねのところからのぞいてごらん、ゲルダちゃん。」と、カイはいいました。なるほど、雪のひとひらが、ずっと大きく見えて、みごとにひらいた花か、六角の星のようで、それはまったくうつくしいものでありました。
「ほら、ずいぶんたくみにできているだろう。ほんとうの花なんか見るよりも、ずっとおもしろいよ。かけたところなんか、ひとつだってないものね。きちんと形をくずさずにいるのだよ。ただとけさえしなければね。」と、カイはいいました。


It was not long after this, that Kay came one day with large gloves on, and his little sledge at his back, and bawled right into Gerda's ears, "I have permission to go out into the square where the others are playing"; and off he was in a moment.


・sledge=そり
・bawl=どなる、叫ぶ
・square=広場


そののちまもなく、カイはあつい手ぶくろをはめて、そりをかついで、やってきました。そしてゲルダにむかって、
「ぼく、ほかのこどもたちのあそんでいる、ひろばのほうへいってもいいと、いわれたのだよ。」と、ささやくと、そのままいってしまいました。


カイの様子がすっかり変わってしまいました…

英語でアンデルセン童話「雪の女王」2

原点はProject Gutenberg、邦訳は青空文庫、楠山正雄訳を使わせていただきます。

SECOND STORY. A Little Boy and a Little Girl


In a large town, where there are so many houses, and so many people, that there is no roof left for everybody to have a little garden; and where, on this account, most persons are obliged to content themselves with flowers in pots; there lived two little children, who had a garden somewhat larger than a flower-pot. They were not brother and sister; but they cared for each other as much as if they were. Their parents lived exactly opposite. They inhabited two garrets; and where the roof of the one house joined that of the other, and the gutter ran along the extreme end of it, there was to each house a small window: one needed only to step over the gutter to get from one window to the other. Snow_queen_1


・roof=屋根、家
・where=in a large town
・on this account=この理由により、このような訳で
・are obliged to=余儀なく[やむなく・仕方なしに]~する
・pot=鉢
・somewhat=いくらか、いくぶん
・opposite=~の向かい側に
・inhabit=~に住む
・garret=屋根裏部屋
・gutter=雨どい
・step over=~をまたぐ


第二のお話

   男の子と女の子

たくさんの家がたてこんで、おおぜい人がすんでいる大きな町では、たれでも、庭にするだけの、あき地をもつわけにはいきませんでした。ですから、たいてい、植木(うえき)ばちの花をみて、まんぞくしなければなりませんでした。
 そういう町に、ふたりのまずしいこどもがすんでいて、植木ばちよりもいくらか大きな花ぞのをもっていました。そのふたりのこどもは、にいさんでも妹でもありませんでしたが、まるでほんとうのきょうだいのように、仲よくしていました。そのこどもたちの両親は、おむこうどうしで、その住んでいる屋根うらべやは、二軒の家の屋根と屋根とがくっついた所に、むかいあっていました。そのしきりの所には、一本の雨どいがとおっていて、両方から、ひとつずつ、ちいさな窓が、のぞいていました。で、といをひとまたぎしさえすれば、こちらの窓からむこうの窓へいけました。


The children's parents had large wooden boxes there, in which vegetables for the kitchen were planted, and little rose-trees besides: there was a rose in each box, and they grew splendidly. They now thought of placing the boxes across the gutter, so that they nearly reached from one window to the other, and looked just like two walls of flowers. The tendrils of the peas hung down over the boxes; and the rose-trees shot up long branches, twined round the windows, and then bent towards each other: it was almost like a triumphant arch of foliage and flowers. The boxes were very high, and the children knew that they must not creep over them; so they often obtained permission to get out of the windows to each other, and to sit on their little stools among the roses, where they could play delightfully. In winter there was an end of this pleasure. The windows were often frozen over; but then they heated copper farthings on the stove, and laid the hot farthing on the windowpane, and then they had a capital peep-hole, quite nicely rounded; and out of each peeped a gentle friendly eye--it was the little boy and the little girl who were looking out. His name was Kay, hers was Gerda. In summer, with one jump, they could get to each other; but in winter they were obliged first to go down the long stairs, and then up the long stairs again: and out-of-doors there was quite a snow-storm.


・rose-tree=バラの木
・besides=それに加えて
・splendidly=立派に
・they=little rosetrees
・tendril=《植物》巻きひげ
・shot up=shoot up(急に成長する、噴出する、乱立する)の過去形
・twine=からまる、巻き付く
・triumphant=輝かしい、立派な、得意げな
・foliage=葉、枝葉
・creep=這う、ゆっくり近づく
・stool=丸椅子、腰掛け
・delightfully=とても面白く
・frozen over=氷が張っている
・farthing=〈英〉ファージング硬貨◆13世紀から1960年末までイギリスで使われた4分の1ペニーに相当する硬貨で最少の通貨単位だった。初期には銀貨だったが17世紀に銅貨になった:Hans Christian Andersen(1805-1875)
・capital=すばらしい
・peep-hole=〔ドアなどの〕のぞき穴
・Kay=カイ:二人の子供たちの名前の訳は、画像にもある手持ちの『世界の童話 アンデルセンのお話』(小学館 1981年)から
・Gerda=ゲルダ
・quite a=すごい、相当な


こどもの親たちは、それぞれ木の箱を窓の外にだして、台所でつかうお野菜をうえておきました。そのほかにちょっとしたばらをひと株うえておいたのが、みごとにそだって、いきおいよくのびていました。ところで親たちのおもいつきで、その箱を、といをまたいで、横にならべておいたので、箱は窓と窓とのあいだで、むこうからこちらへと、つづいて、そっくり、生きのいい花のかべを、ふたつならべたように見えました。えんどう豆のつるは、箱から下のほうにたれさがり、ばらの木は、いきおいよく長い枝をのばして、それがまた、両方の窓にからみついて、おたがいにおじぎをしあっていました。まあ花と青葉でこしらえた、アーチのようなものでした。その箱は、高い所にありましたし、こどもたちは、その上にはいあがってはいけないのをしっていました。そこで、窓から屋根へ出て、ばらの花の下にある、ちいさなこしかけに、こしをかけるおゆるしをいただいて、そこでおもしろそうに、あそびました。
 冬になると、そういうあそびもだめになりました。窓はどうかすると、まるっきりこおりついてしまいました。そんなとき、こどもたちは、だんろの上で銅貨(どうか)をあたためて、こおった窓ガラスに、この銅貨をおしつけました。すると、そこにまるい、まんまるい、きれいなのぞきあなができあがって、このあなのむこうに、両方の窓からひとつずつ、それはそれはうれしそうな、やさしい目がぴかぴか光ります、それがあの男の子と、女の子でした。男の子はカイ、女の子はゲルダといいました。夏のあいだは、ただひとまたぎで、いったりきたりしたものが、冬になると、ふたりのこどもは、いくつも、いくつも、はしごだんを、おりたりあがったりしなければ、なりませんでした。外(そと)には、雪がくるくる舞(ま)っていました。


"It is the white bees that are swarming," said Kay's old grandmother.


"Do the white bees choose a queen?" asked the little boy; for he knew that the honey-bees always have one.


"Yes," said the grandmother, "she flies where the swarm hangs in the thickest clusters. She is the largest of all; and she can never remain quietly on the earth, but goes up again into the black clouds. Many a winter's night she flies through the streets of the town, and peeps in at the windows; and they then freeze in so wondrous a manner that they look like flowers."


"Yes, I have seen it," said both the children; and so they knew that it was true.


"Can the Snow Queen come in?" said the little girl.


"Only let her come in!" said the little boy. "Then I'd put her on the stove, and she'd melt."


And then his grandmother patted his head and told him other stories.


・swarm=〔昆虫が〕群れで動く[現れる]
・one= a queen
・swarm=〔動いている〕昆虫の群れ、〔分巣するときの〕ミツバチの群れ
・hang=さまよう
・thick=密集した
・cluster=集団、塊、群れ
・Many a=数々の、いくつもの
・they=the windows
・wondrous=驚くべき
・Only let her come in!:onlyは話し言葉で、動詞の前において文意を強めることがあるので、これはその場合かと思う。つまり「入って来るなら来させるさ!来たらストーブの上においてやる…」
・pat=〔愛情表現として〕軽くたたく


「あれはね、白いみつばちがあつまって、とんでいるのだよ。」と、おばあさんがいいました。
「あのなかにも、女王ばちがいるの。」と、男の子はたずねました。この子は、ほんとうのみつばちに、そういうもののいることを、しっていたのです。
「ああ、いるともさ。」と、おばあさんはいいました。「その女王ばちは、いつもたくさんなかまのあつまっているところに、とんでいるのだよ。なかまのなかでも、いちばんからだが大きくて、けっして下にじっとしてはいない。すぐと黒い雲のなかへとんではいってしまう。ま夜中に、いく晩も、いく晩も、女王は町の通から通へとびまわって、窓のところをのぞくのさ。するとふしぎとそこでこおってしまって、窓は花をふきつけたように、見えるのだよ。」
「ああ、それ、みたことがありますよ。」と、こどもたちは、口をそろえて叫(さけ)びました。そして、すると、これはほんとうの話なのだ、とおもいました。
「雪の女王さまは、うちのなかへもはいってこられるかしら。」と、女の子がたずねました。
「くるといいな。そうすれば、ぼく、それをあたたかいストーブの上にのせてやるよ。すると女王はとろけてしまうだろう。」と、男の子がいいました。
 でも、おばあさんは、男の子のかみの毛をなでながら、ほかのお話をしてくれました。


カイのおばあさんの話は、雪は、「白い蜂」の群れで、その群れの中にいる女王蜂は、ミツバチと同じように仲間の中で一番大きく、地面に落ちてもまた黒い雲の中へ戻っていき、夜になると町の中を飛び回って、家々の窓を覗き込む、それで、窓ガラスが華のような結晶の形に凍るのだ、ということかな…


窓ガラスの氷の結晶はここで見られるが…


余談だが、「ソン・ユリ」、「ヒョンビン」主演のKBSドラマ『雪の女王』の原作小説として、韓国語で書かれたアンデルセンのこの童話の本の説明に「空で降りる雪のひらをじっとよく見てください。蜂の中クイーンビーがいるように雪の中も”雪の女王”がいるそうです。一番大きくて白い雪のひらがすぐ雪の女王です。 雪の女王がカイという子供を連れて行ってカイは雪の女王の城で冷ややかに凍りついたまま過ごしました。あの時カイの一番親しい友達ゲルダがカイを捜して道を出たんです。果してゲルダの前にどんな事が開かれましょうか? ゲルダはどんなに雪の女王からカイを救出するんでしょうか」とある。ちょっと日本語が変だけど(笑)

英語でアンデルセン童話「雪の女王」1

小さい頃、よく読んでいた覚えがある『雪の女王』です。
原点はProject Gutenberg、邦訳は青空文庫、楠山正雄訳を使わせていただきます。

THE SNOW QUEEN


FIRST STORY. Which Treats of a Mirror and of the Splinters


・splinter=破片


第一のお話

   鏡とそのかけらのこと


Now then, let us begin. When we are at the end of the story, we shall know more than we know now: but to begin.


Once upon a time there was a wicked sprite, indeed he was the most mischievous of all sprites. One day he was in a very good humor, for he had made a mirror with the power of causing all that was good and beautiful when it was reflected therein, to look poor and mean; but that which was good-for-nothing and looked ugly was shown magnified and increased in ugliness. In this mirror the most beautiful landscapes looked like boiled spinach, and the best persons were turned into frights, or appeared to stand on their heads; their faces were so distorted that they were not to be recognised; and if anyone had a mole, you might be sure that it would be magnified and spread over both nose and mouth.


・sprite=妖精、小人
・in a good humor=機嫌がいい、上機嫌で
・therein=【副】 その中に、その場所に
・cause~to…=~を…させる
・mean=みすぼらしい
・good-for-nothing=何の役にも立たない
・magnified=誇張された
・spinach=ほうれん草
・fright=ゾッとさせるような人
・stand on one's head=何でもする
・are not to=cannot=~できない
・mole=ほくろ、あざ


さあ、きいていらっしゃい。はじめますよ。このお話をおしまいまできくと、だんだんなにかがはっきりしてきて、つまり、それがわるい魔法使(まほうつかい)のお話であったことがわかるのです。この魔法使というのは、なかまでもいちばんいけないやつで、それこそまがいなしの「悪魔(あくま)」でした。
 さて、ある日のこと、この悪魔は、たいそうなごきげんでした。というわけは、それは、鏡をいちめん作りあげたからでしたが、その鏡というのが、どんなけっこうなうつくしいものでも、それにうつると、ほとんどないもどうぜんに、ちぢこまってしまうかわり、くだらない、みっともないようすのものにかぎって、よけいはっきりと、いかにもにくにくしくうつるという、ふしぎなせいしつをもったものでした。どんなうつくしいけしきも、この鏡にうつすと、煮(に)くたらしたほうれんそうのように見え、どんなにりっぱなひとたちも、いやなかっこうになるか、どうたいのない、あたまだけで、さかだちするかしました。顔は見ちがえるほどゆがんでしまい、たった、ひとつぼっちのそばかすでも、鼻や口いっぱいに大きくひろがって、うつりました。


何を映すにしても、悪く見えるようになるってことね…



"That's glorious fun!" said the sprite. If a good thought passed through a man's mind, then a grin was seen in the mirror, and the sprite laughed heartily at his clever discovery. All the little sprites who went to his school--for he kept a sprite school--told each other that a miracle had happened; and that now only, as they thought, it would be possible to see how the world really looked. They ran about with the mirror; and at last there was not a land or a person who was not represented distorted in the mirror. So then they thought they would fly up to the sky, and have a joke there. The higher they flew with the mirror, the more terribly it grinned: they could hardly hold it fast. Higher and higher still they flew, nearer and nearer to the stars, when suddenly the mirror shook so terribly with grinning, that it flew out of their hands and fell to the earth, where it was dashed in a hundred million and more pieces. And now it worked much more evil than before; for some of these pieces were hardly so large as a grain of sand, and they flew about in the wide world, and when they got into people's eyes, there they stayed; and then people saw everything perverted, or only had an eye for that which was evil. This happened because the very smallest bit had the same power which the whole mirror had possessed. Some persons even got a splinter in their heart, and then it made one shudder, for their heart became like a lump of ice. Some of the broken pieces were so large that they were used for windowpanes, through which one could not see one's friends. Other pieces were put in spectacles; and that was a sad affair when people put on their glasses to see well and rightly. Then the wicked sprite laughed till he almost choked, for all this tickled his fancy. The fine splinters still flew about in the air: and now we shall hear what happened next.



・glorious=〔素晴らしく〕楽しい、愉快な
・have a joke=冗談を言う、ふざける
・terribly=ひどく
・fast=しっかりと
・dash=粉々に打ち砕く
・grain=一粒
・perverted=ゆがんだ、邪悪な
・have an eye for~=~を見る目がある
・that=everything
・only had an eye for that which was evil=邪悪なものしか見えなくなった
・shudder=身震いする
・spectacles=メガネ
・choke=むせる、息が詰まる
・tickle=~をくすぐる
・fancy=想像力、気まぐれ
・fine=〔粒子などが〕細かい


「こりゃおもしろいな。」と、その悪魔はいいました。ここに、たれかが、やさしい、つつましい心をおこしますと、それが鏡には、しかめっつらにうつるので、この魔法使の悪魔は、じぶんながら、こいつはうまい発明(はつめい)だわいと、ついわらいださずには、いられませんでした。
 この悪魔は、魔法学校をひらいていましたが、そこにかよっている魔生徒どもは、こんどふしぎなものがあらわれたと、ほうぼうふれまわりました。
 さて、この鏡ができたので、はじめて世界や人間のほんとうのすがたがわかるのだと、このれんじゅうはふいちょうしてあるきました。で、ほうぼうへその鏡をもちまわったものですから、とうとうおしまいには、どこの国でも、どの人でも、その鏡にめいめいの、ゆがんだすがたをみないものは、なくなってしまいました。こうなると、図にのった悪魔のでしどもは、天までも昇(のぼ)っていって、天使(てんし)たちや神さままで、わらいぐさにしようとおもいました。ところで、高く高くのぼって行けば、行くほど、その鏡はよけいひどく、しかめっつらをするので、さすがの悪魔も、おかしくて、もっていられなくなりました。でもかまわず、高く高くとのぼっていって、もう神さまや天使のお住居(すまい)に近くなりました。すると、鏡はあいかわらず、しかめっつらしながら、はげしくぶるぶるふるえだしたものですから、ついに悪魔どもの手から、地の上へおちて、何千万、何億万、というのではたりない、たいへんな数に、こまかくくだけて、とんでしまいました。ところが、これがため、よけい下界(げかい)のわざわいになったというわけは、鏡のかけらは、せいぜい砂つぶくらいの大きさしかないのが、世界じゅうにとびちってしまったからで、これが人の目にはいると、そのままそこにこびりついてしまいました。すると、その人たちは、なんでも物をまちがってみたり、ものごとのわるいほうだけをみるようになりました。それは、そのかけらが、どんなちいさなものでも、鏡がもっていたふしぎな力を、そのまま、まだのこしてもっていたからです。なかにはまた、人のしんぞうにはいったものがあって、そのしんぞうを、氷のかけらのように、つめたいものにしてしまいました。そのうちいくまいか大きなかけらもあって、窓ガラスに使われるほどでしたが、そんな窓ガラスのうちから、お友だちをのぞいてみようとしても、まるでだめでした。ほかのかけらで、めがねに用いられたものもありましたが、このめがねをかけて、物を正しく、まちがいのないように見ようとすると、とんださわぎがおこりました。悪魔はこんなことを、たいへんおもしろがって、おなかをゆすぶって、くすぐったがって、わらいました。ところで、ほかにもまだ、こまかいかけらは、空のなかにただよっていました。さあ、これからがお話なのですよ。


第一話の終わりです。なんでも邪悪に見えてしまう鏡の破片、いったいどこへ飛んで行くのでしょうか……

英語でアンデルセン童話「裸の王様」(3)

王様の新しい服が出来上って…

And now the Emperor, with all the grandees of his court, came to the weavers; and the rogues raised their arms, as if in the act of holding something up, saying, "Here are your Majesty's trousers! Here is the scarf! Here is the mantle! The whole suit is as light as a cobweb; one might fancy one has nothing at all on, when dressed in it; that, however, is the great virtue of this delicate cloth."


・grandee=高官
・rogue=悪党、詐欺師
・mantle=マント
・suit=〔同じ素材の〕一組の衣服
・light=〔重さが標準や見掛けよりも〕軽い
・cobweb=クモの巣
・fancy=想像する、~のような気がする
・have~on=~を着る
・it=the whole suit
・that=The whole suit is as light as a cobweb; one might fancy one has nothing at all on, when dressed in it
・virtue=長所
・delicate=優美な、繊細な


さていよいよ王様は、高官の役人たちを引き連れて詐欺師たちのところへやってきました。詐欺師たちは何かをささげ持つかのように腕を上げて言いました。「さあ、これが国王閣下のおズボンでございます!これがスカーフ!これがマント!これ全部を着ても、まるでクモの巣のような軽さです。着た時にまるで何も着てないかのような気がするでしょう。しかし、それがこの美しい布の非常に良いところなのです」

"Yes indeed!" said all the courtiers, although not one of them could see anything of this exquisite manufacture.


・courtier=廷臣、機嫌取りの人
・exquisite=この上なく素晴らしい


「本当に全く!」とお城の家来たちはみんな口をそろえて言いました。一人も、この上なく素晴らしいというこの作品を見ることができていないのにもかかわらずです。

"If your Imperial Majesty will be graciously pleased to take off your clothes, we will fit on the new suit, in front of the looking glass."


・graciously=快く
・fit on=試着する
・looking glass=鏡、姿見


「国王閣下が着ておられる服をお脱ぎになるお気持ちがありますならば、私たちがお手伝いをして、鏡の前で新しい服をお着せします」

The Emperor was accordingly undressed, and the rogues pretended to array him in his new suit; the Emperor turning round, from side to side, before the
looking glass.


・accordingly=それに応じて
・array=(人)を美しく着飾る
・from side to side=左右に


王様はそれに応じて服を脱ぎました。詐欺師たちはできたばかりの美しい服を王様に着せているふりをしました。王様は姿見の前で、右に左に向きを変えて自分の姿を見ました。

"How splendid his Majesty looks in his new clothes, and how well they fit!" everyone cried out. "What a design! What colors! These are indeed royal robes!"


・royal=国王の


「なんとまあ新しい服を着た王様が素敵なことか、そしてなんとお似合いなことか!」と皆が大きな声で言いました。「なんと素晴らしい模様なんだなろう!なんとまあ素敵な色であることか!まさに王様の服にふさわしい!」

"The canopy which is to be borne over your Majesty, in the procession, is waiting," announced the chief master of the ceremonies.


・canopy=天蓋(のように覆うもの)
・borne:bear(~を運ぶ、持って行く)の過去分詞
・master=親方、上司、監督者
・announce


「行進の時に国王閣下の上にさしかける天蓋がすでに準備できております」と、その儀式の一番上の監督者が告げました。

"I am quite ready," answered the Emperor. "Do my new clothes fit well?" asked he, turning himself round again before the looking glass, in order that he might appear to be examining his handsome suit.


・appear to=~するように見える
・examining:examine=〔詳細に~を〕観察する
・handsome=素晴らしい


「私も準備できておる」と王様も答えました。「新しい服はわたしに似合っておるかな?」と王様は、さも素晴らしい服を確かめているように見せるため、鏡の前でもう一度くるっとまわって言いました。

さあ、いよいよクライマックスです!(笑)


The lords of the bedchamber, who were to carry his Majesty's train felt about on the ground, as if they were lifting up the ends of the mantle; and pretended to be carrying something; for they would by no means betray anything like simplicity, or unfitness for their office.


・lord of the bedchamber=侍従
・were to:be to=~すべきである(義務)
・train=後に引きずる物、すそ
・felt about:feel about=捜す
・by no means=決して~でない
・betray=〔実態・本心などを〕表す、示す
・simplicity=無知、ばかさ加減


王様の服の裾を持つことになっている侍従たちは、王様のマントの裾をさも持ち上げようとしているかのように、地面の上をまさぐり、そして何かを持っているようにふるまいました。なぜなら、絶対に、自分の馬鹿さ加減や、今の仕事に向いていないことなど示したくはなかったからです。

So now the Emperor walked under his high canopy in the midst of the procession, through the streets of his capital; and all the people standing by, and those at the windows, cried out, "Oh! How beautiful are our Emperor's new clothes! What a magnificent train there is to the mantle; and how gracefully the scarf hangs!" in short, no one would allow that he could not see these much-admired clothes; because, in doing so, he would have declared himself either a simpleton or unfit for his office. Certainly, none of the Emperor's various suits, had ever made so great an impression, as these invisible ones.


・canopy=天蓋(のように覆うもの)
・procession=行進、行列
・capital=首都
・stand by=そばにいる
・gracefully=優雅に
・scarf=肩掛け
・in short=要するに
・simpleton=ばか者
・impression=印象、感動、影響


そして今や、王国の首都の通りで、行列の中ほどの高い天蓋の下で王様は歩いていました。すべての住民は通りの脇で見ていて、窓越しに見ている人たちが「おお、なんと王様の新しい服の美しいこと!マントの裾も素晴らしい!そしてスカーフも!」要するにみんな、このとても称賛されている服が自分には見えないなど認めたくなかったのです。だって、認めてしまったら、自分が馬鹿であるか、自分の職業にふさわしkないと宣言することになってしまうからです。これだけは確かでした。つまり、今までの王様のどんな服も、この見えない服ほど皆に影響を与えたものはなかったということです。

"But the Emperor has nothing at all on!" said a little child.


"Listen to the voice of innocence!" exclaimed his father; and what the child had said was whispered from one to another.


・innocence=純真


「でもさ、王様は何にも着ていないじゃない!」と小さい子供が言いました。
「純真な子どもの言うことに耳を傾けるべきだ!」とその父親が大きな声で言いました。そして、その子供が言ったことが人から人へと囁かれたのです。


"But he has nothing at all on!" at last cried out all the people. The Emperor was vexed, for he knew that the people were right; but he thought the procession must go on now! And the lords of the bedchamber took greater pains than ever, to appear holding up a train, although, in reality, there was no train to hold.


・vexed=イライラした、困った
・took pains to:take pains to~=苦心して~する
・appear=(~のように)見える
・hold up=維持する、支える


「でも、王様は何も着ていないじゃないか!」とついにみんなが叫び出しました。王様は困りました。だって、人々が言っていることは正しいと知っていたからです。でも、今は、この行進を続けなければと思いました!そしてお付きの者たちは、実際、捧げ持つ裾もないのに、まるで裾を捧げ持っているかのように見せるのにいっそう苦心したのでした。

これで『裸の王様』のお話はおしまい!

英語でアンデルセン童話「裸の王様」(2)

臆病な王様は、また別の臣下を遣いに…

The Emperor now sent another officer of his court to see how the men were getting on, and to ascertain whether the cloth would soon be ready. It was just the same with this gentleman as with the minister; he surveyed the looms on all sides, but could see nothing at all but the empty frames.


・officer=役人
・the men=the impostors
・ascertain=究明する
・survey=見回す
・but=except


王様はまた別のお城の役人を男たちのところにやって、仕事の進み具合はどうか、いつ頃布が出来上がりそうかを確かめさせたのです。今度も老大臣の時と同じでした。役人はいろんな角度から機織り機を見ましたが、空の機械があるばかりで、ほかには何も見ることができません。

"Does not the stuff appear as beautiful to you, as it did to my lord the minister?" asked the impostors of the Emperor's second ambassador; at the same time making the same gestures as before, and talking of the design and colors which were not there.


・my Lord 閣下
・ambassador=大使


「この布は、老大臣閣下の時と同じように美しく見えませんか?」詐欺師たちは、この王様の二人目の大使に尋ねました。そして、以前と同じように布を織っているふりをしたり、ありもしない布の柄や色について話したりしました。

"I certainly am not stupid!" thought the messenger. It must be, that I am not fit for my good, profitable office! That is very odd; however, no one shall know anything about it." And accordingly he praised the stuff he could not see, and declared that he was delighted with both colors and patterns. "Indeed, please your Imperial Majesty," said he to his sovereign when he returned, "the cloth which the weavers are preparing is extraordinarily magnificent."


・messenger=使者
・profitable=もうかる、有益な
・odd=奇妙な、変な、おかしな
・accordingly=従って、だから
・declare=はっきり言う、断言する、示す
・delighted with~=~を喜んでいる
・your Imperial Majesty=皇帝陛下(呼びかけ)
・sovereign=国王
・magnificent=素晴らしい


「私は決して馬鹿ではない!」と使者は思いました。きっと、私が今のこの素晴らしい、お金も頂ける仕事に向いていないということなんだ!すごく思いがけないことだけど、このことは誰も気がつきゃしない」というわけで、使者は見えもしない布を褒め、色も模様もすばらしいとはっきり言いました。「国王閣下、まったく」と使者は戻ると国王に向かって言いました。「機織り職人たちが織っている布は非常に素晴らしいものです」

The whole city was talking of the splendid cloth which the Emperor had ordered to be woven at his own expense.


And now the Emperor himself wished to see the costly manufacture, while it was still in the loom. Accompanied by a select number of officers of the court, among whom were the two honest men who had already admired the cloth, he went to the crafty impostors, who, as soon as they were aware of the Emperor's approach, went on working more diligently than ever; although they still did not pass a single thread through the looms.


・a number of=多数の
・select=えりぬきの
・crafty=悪賢い
・diligently=熱心に、勤勉に


町中が、王様が自分でお金を出して織るように命じた素晴らしい布の話で持ちきりになっていました。
そして、今や王様自身が、まだ機織り機の中にある、その高価な作品を見たくてたまらなくなったのです。宮殿にいるえりぬきのたくさんの役人を伴って、その中にはあの正直な、すでに布のことを褒めた二人もいたのですが、王様は悪賢いあの詐欺師のところへ行きました。王様がやってくるのに気がつくと、二人の詐欺師はいっそう熱心に働きつづけるふりをしました。まだ一本の糸も機織り機の中に通していないのに、です。


"Is not the work absolutely magnificent?" said the two officers of the crown, already mentioned. "If your Majesty will only be pleased to look at it! What a splendid design! What glorious colors!" and at the same time they pointed to the empty frames; for they imagined that everyone else could see this exquisite piece of workmanship.


・crown=王冠、王位
・your Majesty=国王陛下
・if…only~=ただ~でさえあればいいのだが
・glorious=美しい
・exquisite=この上なく素晴らしい
・workmanship=[職人の]技量、作品、出来映え


「全く素晴らしいではありませんか」と、王様の臣下のあの二人の役人が言いました。「国王閣下がご覧になればお分かりになるのですが!なんと素晴らしい模様でしょう!なんと美しい色なんでしょう!」そう言いながら二人は空の機織り機を指さしました。なぜなら、二人はほかのみんなはこのこの上なく素晴らしい職人の作品を見ることができているんだと思っていたからです。

"How is this?" said the Emperor to himself. "I can see nothing! This is indeed a terrible affair! Am I a simpleton, or am I unfit to be an Emperor? That would be the worst thing that could happen--Oh! the cloth is charming," said he, aloud. "It has my complete approbation." And he smiled most graciously, and looked closely at the empty looms; for on no account would he say that he could not see what two of the officers of his court had praised so much. All his retinue now strained their eyes, hoping to discover something on the looms, but they could see no more than the others; nevertheless, they all exclaimed, "Oh, how beautiful!" and advised his majesty to have some new clothes made from this splendid material, for the approaching procession. "Magnificent! Charming! Excellent!" resounded on all sides; and everyone was uncommonly gay. The Emperor shared in the general satisfaction; and presented the impostors with the riband of an order of knighthood, to be worn in their button-holes, and the title of "Gentlemen Weavers."


・approbation=称賛
・graciously=愛想よく
・on no account=決して[どうしても・どうあっても・どんなことがあっても・絶対に]~しない
・retinue=〔要人に付き添う〕供人たち
・strain=〔身体の一部などを〕最大限に働かせる
・approaching=近づく、差し迫った
・procession=行進、行列
・resound=〔大音響が〕鳴り響く、とどろく
・uncommonly=極めて
・gay=陽気な、快活な
・share in=~を分かち合う、~を共有する
・general=全員の、全体的な
・riband=〔賞として与えるためのまたは装飾用の〕リボン
・order=順位
・knighthood=爵位、ナイト爵団◆これを授かると Sir の尊称が名前の前につく
・title=称号、肩書き
・Gentlemen:Gentleman=準貴族(貴族ではないが家紋を付けることを許された特権階級)
・weaver=織工


「これは一体どうしたことか?」と王様は思いました。「私には何も見えないぞ!これは本当に大変なことだ!私がばかだということなのか、あるいは国王の座にふさわしくないということなのか?もしそうなら最悪だ」そう思って、これは口に出して言いました。「おお、なんと美しい布じゃ!」「最高の称賛に値する」王様はこう言ってこれ以上ないほど愛想よく微笑んで、空の機織り機をもっと近くに行って見ました。なぜなら、王様の臣下の二人の役人が褒めちぎったものを見えないなどとはどんなことがあっても言えなかったからです。王様のお供の者も機織り機の上に何か見えないかと目を凝らしましたが、みんな誰も同じように何も見ることができませんでしたが、こう大きな声で言いました。「おお、なんと美しい!」そして王様に近々ある行進のために、この素晴らしい布で新しい服を作らせてはいかがかでしょうと言いました。「それはいい!すばらしい!なんという素晴らしいことだ!」とそこにいた人たちはみな叫びました。みんな異様なほど陽気でした。王様もみんなの満足げな雰囲気に浸りました。そして、詐欺師たちにボタンホールに付けるようにと爵位を表すリボンを贈り、”準貴族職工”という称号を与えたのです。

The rogues sat up the whole of the night before the day on which the procession was to take place, and had sixteen lights burning, so that everyone might see how anxious they were to finish the Emperor's new suit. They pretended to roll the cloth off the looms; cut the air with their scissors; and sewed with needles without any thread in them. "See!" cried they, at last.
"The Emperor's new clothes are ready!"


・rogue=悪党
・anxious=~しようと苦心して
・off the looms=織機からはずして
・them=needles


行進の行われる前の晩は、悪党たちは一晩中起きていて、王様の新しい服の仕上げを熱心にやっているところがみんなによく見えるようにと、16もの松明を燃やしました。機織り機から布をはずして巻くふりをしたり、ハサミで空気を切ったり、糸の通っていない針で縫ったのです。「ごらんください!」と悪党たちはついに叫びました。「王様の新しい服が出来上がりました!」

英語でアンデルセン童話「裸の王様」(1)

裸の王様の原題はこれなのね!


私の拙い訳を付けます。

THE EMPEROR'S NEW CLOTHES


Many years ago, there was an Emperor, who was so excessively fond of new clothes, that he spent all his money in dress. He did not trouble himself in the least about his soldiers; nor did he care to go either to the theatre or the chase, except for the opportunities then afforded him for displaying his new clothes. He had a different suit for each hour of the day; and as of any other king or emperor, one is accustomed to say, "he is sitting in council," it was always said of him, "The Emperor is sitting in his wardrobe."


・excessively=非常に、極端に
・in the least=少しも
・trouble oneself about=頓着する
・chase=狩り
・afford=~を提供する
・accustomed t=~が習慣になっている
・in council=会議中で
・wardrobe=洋服だんす


昔々、大変新しい服が好きで、自分のお金を全部服につぎ込んでしまう王様がいました。少しも兵隊たちのことも頓着なしで、劇場に行ったり狩りに行ったりすることにも興味がありません。関心があるのは、自分の新しい服を披露できる機会だけ。1日のうちでも1時間ごとに服を替えました。普通王様とか皇帝のことは皆が「今会議中でいらっしゃいます」というものだが、この王様のことは「衣裳部屋に座っていらっしゃいます」というのが常だった。

"The Emperor is sitting in his wardrobe."っていうのは笑っちゃいますね。


Time passed merrily in the large town which was his capital; strangers arrived every day at the court. One day, two rogues, calling themselves weavers, made their appearance. They gave out that they knew how to weave stuffs of the most beautiful colors and elaborate patterns, the clothes manufactured from which should have the wonderful property of remaining invisible to everyone who was unfit for the office he held, or who was extraordinarily simple in character.


・capital=首都
・court=王宮
・rogue=詐欺師、悪党
・weaver=機織職人
・make one's appearance=姿を現す、登場する
・gave out:give out=言い立てる、宣言する
・stuff=物、代物
・elaborate=複雑な
・manufacture=製作する
・from which:whichは"stuffs"を指す
・property=特性
・remain=〔状態が〕変わらず~のままである
・unfit=不相応な
・office=職場、任務
・simple=単純な、バカな


この王様の国の首都は大きな町でしたが、そこでは毎日楽しい時が流れていました。宮殿には毎日見知らぬ人たちがやって来ました。ある日、二人の詐欺師が自分たちは機織り職人だと言ってやってきました。私たちはこの世で一番美しい色と複雑な模様の織物を織りあげることができます、そしてその織物で作った洋服は、ふさわしくない仕事をしている人やひどく頭の悪い人には見えないという素晴らしい性質があるのです、と言いたてました。

不似合いな仕事をしてるやつや馬鹿には見えないって言ってるわけで。


"These must, indeed, be splendid clothes!" thought the Emperor. "Had I such a suit, I might at once find out what men in my realms are unfit for their office, and also be able to distinguish the wise from the foolish! This stuff must be woven for me immediately." And he caused large sums of money to be given to both the weavers in order that they might begin their work directly.


・Had I such a suit=If I had such a suit:倒置の形の仮定法
・realm=王国、国土
・directly=すぐに、直ちに


「これはまったく素晴らしい服に違いない!」と王様は思いました。「そういう服を着れば、たちどころにわが王国の誰がその地位にふさわしくないかすぐ分かるし、賢いやつと馬鹿な奴をすぐ見分けられる!すぐにその織物を織らせよう」そして、直ちにその織物職人たちが仕事を始められるようにとたくさんのお金を与えました。

So the two pretended weavers set up two looms, and affected to work very busily, though in reality they did nothing at all. They asked for the most delicate silk and the purest gold thread; put both into their own knapsacks; and then continued their pretended work at the empty looms until late at night.


・pretended=偽りの
・loom=はた、織機
・affect=~するふりをする
・delicate=優美な、繊細な、やわらかな
・knapsack=


糸のついてない織機を動かして、よーやるよ、という感じですな(笑)


それから二人の偽の機織り職人たちは二つの機織り機を置いて、実際には何もしていなかったのですが、とても忙しく働いているふりをしました。一番柔らかな絹と、まじりけのない純金の糸を用意するように言い、それは自分たちのリュックに入れました。そして、空の織機に向かって夜遅くまで働いているふりをしました。

"I should like to know how the weavers are getting on with my cloth," said the Emperor to himself, after some little time had elapsed; he was, however, rather embarrassed, when he remembered that a simpleton, or one unfit for his office, would be unable to see the manufacture. To be sure, he thought he had nothing to risk in his own person; but yet, he would prefer sending somebody else, to bring him intelligence about the weavers, and their work, before he troubled himself in the affair. All the people throughout the city had heard of the wonderful property the cloth was to possess; and all were anxious to learn how wise, or how ignorant, their neighbors might prove to be.


・get on with=~に取り組む
・elapse=経過する
・simpleton=ばか者
・manufacture=製品
・To be sure=確かに
・risk=危険にさらす
・person=人格
・intelligence=(敵に関する)情報
・trouble oneself=心配する、やきもきする
・affair=事柄、件、問題
・property=特性、性質
・be to~=~するはず
・ignorant=無知な、ばかな
・prove to~=~であることが判明する


「職人たちが私の服を作っているところを見たいものだ」としばらくして王様は思いました。けれど、馬鹿者やふさわしくない地位にいる者には出来上がったものを見ることができないということを思い出して、ちょっと困ったなと思いました。確かに自分は人格に問題はない、それでもそのことでやきもきする前に、まず、誰かを職人たちとその仕事の様子を見に行かせた方がいいなと思いました。町中の人たちは、この布が持つという素晴らしい特質について既に聞いて知っていました。そして、自分の周りの人たちがそのことでどれだけ賢いのか馬鹿なのかが分かることを楽しみにしていたのです。

"I will send my faithful old minister to the weavers," said the Emperor at last, after some deliberation, "he will be best able to see how the cloth looks; for he is a man of sense, and no one can be more suitable for his office than he is."


・faithful=信頼できる、誠実な
・minister=〔国家の〕大臣
・deliberation=熟考、よく考えること
・a man of sense=分別のある人
・office=職場、職業、任務


「信頼している年取った大臣を職人たちのところに行かせよう」と王様はしばらく考えてから、ついに言いました。「彼なら布がどんな具合かしっかり見てきてくれるに違いない。分別があるから、この任務にふさわしい者はほかにいない」

So the faithful old minister went into the hall, where the knaves were working with all their might, at their empty looms. "What can be the meaning of this?" thought the old man, opening his eyes very wide. "I cannot discover the least bit of thread on the looms." However, he did not express his thoughts aloud.


・knave=悪党、ごろつき
・with all one's might=全力を出して[挙げて・尽くして]、一生懸命に
・loom=はた、織機
・not~the least bit=全然[全く・これっぽっちも]~ない


そこで、誠実な老大臣は広間に入って行きました。そこでは、悪党たちが、空の機織り機に向かって一生懸命仕事をしているのでした。「これは一体どうしたことだ」と老大臣は目を見張りながら思いました。「機織り機に一本も糸が見えないぞ」でも、大臣は思ったことを口には出しませんでした。

The impostors requested him very courteously to be so good as to come nearer their looms; and then asked him whether the design pleased him, and whether the colors were not very beautiful; at the same time pointing to the empty frames. The poor old minister looked and looked, he could not discover anything on the looms, for a very good reason, viz: there was nothing there. "What!" thought he again. "Is it possible that I am a simpleton? I have never thought so myself; and no one must know it now if I am so. Can it be, that I am unfit for my office? No, that must not be said either. I will never confess that I could not see the stuff."


・impostor=詐欺師
・courteously=丁寧に
・be so good as to~=どうぞ~してください
・frame=骨組み、枠
・poor=哀れな、不幸な
・for a very good reason=非常に健全な理由で[まったく当然な理由で]
・viz=すなわち、つまり
・What!=なんてこった!
・I am so=I am a simpleton
・stuff=物、材料


詐欺師たちは、大臣に大変丁寧に、空の機織り機を指さしながらこう言いました。「どうぞもっと機織り機の近くに来て見てください。デザインはいかがですか。色の美しさはどうでしょうか」かわいそうな大臣は、何度も目を凝らして見ましたが、機織り機の上には何にもありません。それはまったく当然のこと、つまり、そこには何もなかったのですから。「なんてこった!」とまた大臣は思いました。「私がばか者だというのか?ばか者だなんて思ったこともない。私がばか者だとしても、今はまだ誰も知らないはずだ。私が自分の職務にふさわしくないということなのか。そんなはずもない。布が見えないなんて金輪際言うまい」

"Well, Sir Minister!" said one of the knaves, still pretending to work. "You do not say whether the stuff pleases you."
"Oh, it is excellent!" replied the old minister, looking at the loom through his spectacles. "This pattern, and the colors, yes, I will tell the Emperor without delay, how very beautiful I think them."


・spectacles=メガネ
・without delay=即刻


「それで、お大臣様!」詐欺師の一人が、働いているふりをしながら言いました。「布にご満足いったかどうかまだお聞きしていないのですが」「おお、大変素晴らしい!」と老大臣は眼鏡をかけて機織り機を見ながら答えました。「模様も色も素晴らしい。さっそく、どんなに美しいか王様に申し上げよう」

"We shall be much obliged to you," said the impostors, and then they named the different colors and described the pattern of the pretended stuff. The old minister listened attentively to their words, in order that he might repeat them to the Emperor; and then the knaves asked for more silk and gold, saying that it was necessary to complete what they had begun. However, they put all that was given them into their knapsacks; and continued to work with as much apparent diligence as before at their empty looms.


・be obliged to~=~に感謝している
・impostor=詐欺師
・pretended=偽りの
・attentively=注意深く
・apparent=見掛けの、あたかも~のような
・diligence=熱心さ


「大変感謝申し上げます」と詐欺師たちは言い、嘘の布の様々な色の名前を言ったり、デザインについて話したりしました。老大臣は、それをそのまま王様に伝えようと、注意深く聞いていました。それから、詐欺師たちは、これを完成させるにはもっと絹糸と金糸が必要だから用意して下さいと言いました。しかし、与えられたものはすべて自分たちのリュックに入れてしまい、以前と同じように、空の機織り機に向かって、まるで熱心に働いているかのようなふりを続けました。

かわいそうなのは大臣でござーい!(笑)

英語でマーク・トウェイン短編『私の懐中時計』

こういうのはいかが

本文は”Gutenburg”から、辞書は”英辞郎””リーダーズ英和辞典(研究社)、訳は、手元にある『マーク・トウエン短編集』(古沢安二郎訳・新潮文庫)を使わせていただいています。


この色の箇所は、注意すべき用法などです。


MY WATCH--[Written about 1870.]


私の懐中時計

AN INSTRUCTIVE LITTLE TALE


・INSTRUCTIVE=ためになる、教訓的な

My beautiful new watch had run eighteen months without losing or gaining, and without breaking any part of its machinery or stopping.  I had come to believe it infallible in its judgments about the time of day, and to consider its constitution and its anatomy imperishable.


・losing:lose=(時計が)遅れる
・gain=〔時間が〕進む
・infallible=絶対確実な
・constitution=構造、気質
・anatomy=組織
・imperishable=不滅の


私の美しい新しい懐中時計はもう一年半も遅れもせず進みもせず、機械のどこにも故障はなく、また一度も止まったこともなく動いて来た。私はこの時計の知らせる時間には絶対に間違いがないし、造りも機械もどんなことがあってもこわれることもないと信じるようになっていた。


But at last, one night, I let it run down.  I grieved about it as if it were a recognized messenger and forerunner of calamity.  But by and by I cheered up, set the watch by guess, and commanded my bodings and superstitions to depart.


・run down=[時計が]止まる
・recognized=存在を認められる
・messenger=使者
・forerunner=先人、先駆者
・calamity=災難、不幸
・cheer up=元気になる
・by guess=推測で
・boding:bode=予言する、予告する
・superstition=迷信、恐れ
・depart=立ち去る、離れる、それる


ところが或る日の晩とうとう私はこの時計を止まらせてしまった。それがまるで災難でもはっきり知らせに来た使者か前触れかなどのように私を悲観させた。しかしやがて私は元気を出し、あてずっぽに時間を合わせ、そんな前兆や迷信は強いて追い払ってしまった。


Next day I stepped into the chief jeweler's to set it by the exact time, and the head of the establishment took it out of my hand and proceeded to set it for me.  Then he said, "She is four minutes slow-regulator wants pushing up."  I tried to stop him--tried to make him understand that the watch kept perfect time.  But no; all this human cabbage could see was that the watch was four minutes slow, and the regulator must be pushed up a little; and so, while I danced around him in anguish, and implored him to let the watch alone, he calmly and cruelly did the shameful deed.


・chief=〔地位や権限が〕最高位の
・jeweler=宝石商、宝石職人
・set=〔時間などを〕合わせる
・establishment=設立物、施設
・proceed=〔行為を〕始める
・regulator=調節装置
・push up=押し上げる
・cabbage=怠け者、ぐうたら
・in anguish=苦悩して、心痛のあまり
・implore=〔切実に〕~を請う
・cruelly=無情にも
・shameful=恥ずべき、けしからぬ


翌日私は正確な時間に合わせようと思って一流の宝石時計店に足を運んだ。するとその店の主人は私の手から時計を奪い、私にやらせないで自分で時間を合わせにかかった。そして主人は言った。「この時計は四分遅れていますな――緩急針を押し上げる必要がある。」私はやめさせようとした――時計の時間はきちんと合っているのだということを主人に判らせようとした。しかしだめだった。その間抜け野郎には時計が四分遅れているということと、どうあっても緩急針を少し押し上げなければならんということしか判らなかった。だから私がどんなにいらいらして主人のまわりを歩き回りながら時計に手をつけないでくれと頼みこもうと、相手は落ち着き払って無残にもけしからん直し方をしてしまった。


*緩急針:「時計三昧」というサイトに次のような説明と図があります。

「ヒゲゼンマイの外端は、ヒゲ持ちで固定され、中心寄りにヒゲ棒が接触しています。この位置を緩急針で左右に調整することで、ヒゲゼンマイの有効長さが規制される仕組みです。 ヒゲゼンマイの有効長が短くなれば、テンプの振動がわずかに速くなり、進み気味になります。逆に長くすれば遅れ気味になります。 このように時計の精度を微調整する仕組みを緩急針調整装置といいます」Photo 


My watch began to gain.  It gained faster and faster day by day.  Within the week it sickened to a raging fever, and its pulse went up to a hundred and fifty in the shade.  At the end of two months it had left all the timepieces of the town far in the rear, and was a fraction over thirteen days ahead of the almanac.  It was away into November enjoying the snow, while the October leaves were still turning.  It hurried up house rent, bills payable, and such things, in such a ruinous way that I could not abide it.


・sicken=病気になる
・raging fever=ひどい熱
・pulse=脈拍、鼓
・in the shade=日陰で
・timepiece=時計、ストップウオッチ◆腕時計でも掛け時計でもよいが、チャイムなどの鳴らないものを指すことが多い
・in the rear=(~の)背後に
・fraction=(a~) ((副詞的)) ほんの少し
・almanac=暦
・hurried up=急がせる、急かす
・house rent=家賃
・bill payable=支払手形
・ruinous=破滅的な
・abide=我慢する


私の時計は進みはじめた。日増しにどんどん進むようになった。一週間もたたないうちに時計は猛烈な熱病にかかってしまい、脈拍は日陰で百五十に上った。二ヵ月の終わりころになると、この時計は町中のあらゆる時計をはるかに追い越してしまい、カレンダーより十三日と少しばかり行き過ぎてしまった。まだ十月の木の葉が紅葉しているというのに、時計のほうはとうに雪を楽しむ十一月にはいっていた。お陰で家賃や払いの勘定やそういったものにせき立てられ、それがひどく懐にひびくのでとうてい辛抱しきれなくなった。


さすがユーモア作家、大分面白い時計になってきました"in such a ruinous way"が「ひどく懐にひびくので」という訳になるとは…さすが翻訳家ですね素人にはできない


I took it to the watchmaker to be regulated.  He asked me if I had ever had it repaired.  I said no, it had never needed any repairing. He looked a look of vicious happiness and eagerly pried the watch open, and then put a small dice-box into his eye and peered into its machinery He said it wanted cleaning and oiling, besides regulating--come in a week.


・regulate=〔機器などを〕調整する
・vicious=意地の悪い
・pried:pry=~をてこで動かす
dice-box=さい筒◆さいころを入れて振り出すための筒Photo_2
・machinery=機械装置


私は直してもらおうと時計専門の店へ持ち込んだ。主人は今まで直したことがあるかと尋ねた。ない、今までちっとも直す必要はなかったのだと私は答えた。主人は意地悪い満足そうな表情をうかべて懸命に時計をこじ開け、やがて小さな筒眼鏡を目に当てて機械を覗き込んだ。これは修理だけではなしに分解掃除をして油を注さなければならん――一週間したら取りに来いと主人は言った。


Photo_3


After being cleaned and oiled, and regulated, my watch slowed down to that degree that it ticked like a tolling bell.  I began to be left by trains, I failed all appointments, I got to missing my dinner; my watch strung out three days' grace to four and let me go to protest; I gradually drifted back into yesterday, then day before, then into last week, and by and by the comprehension came upon me that all solitary and alone I was lingering along in week before last, and the world was out of sight.  I seemed to detect in myself a sort of sneaking fellow-feeling for the mummy in the museum, and a desire to swap news with him.


・tick=カチカチと音を立てる
・toll=〔鐘などが〕繰り返しゆったりと鳴る
・miss=〔機会などを〕逃す、見逃す
・strung out:string out=〈米〉〔話・物事の進行などを〕引き延ばす
・grace=《金》猶予期間◆【同】grace period
・protest=(約束手形などの)支払いを拒絶する
・came upon:come upon=~を襲う
・solitary=世捨て人
・linger=居残る、ぐずぐずする
・week before last=《the ~》先々週
・detect=~を見つける、〔存在などに〕気付く
・sneaking=ひそかな
・fellow-feeling=共感、同情、思いやり、仲間意識、連帯感
・mummy=ミイラ
・swap=~を交換する、~をやりとりする


分解掃除と油注しをして修理してもらった時計は、こんどはすっかり遅れるようになり、教会の鐘のようにゆっくり時を刻んでいた。私は汽車には乗り後れるようになり、すべて約束の時間には間に合わず、夕食も食べそこねるようになった。時計のお陰で借金の支払期限の猶予の三日が四日に延びてしまい、言い訳に出かけさせられてしまった。次第に私は昨日に舞い戻り、やがて一昨日に戻り、やがて先週に戻り、そのうちに自分だけがぽつんと独りっきりで先々週をうろうろして世の中に取り残されてしまったことが判って来た。私は博物館のミイラにひそかに同胞感をいだき、ミイラと世間話をしたいという望みを持つ気持ちになったらしいことに気がついた。


このあたりの表現も傑作


遅れるようになってしまった時計を…


I went to a watchmaker again.  He took the watch all to pieces while I waited, and then said the barrel was "swelled."  He said he could reduce it in three days.  After this the watch averaged well, but nothing more.  For half a day it would go like the very mischief, and keep up such a barking and wheezing and whooping and sneezing and snorting, that I could not hear myself think for the disturbance; and as long as it held out there was not a watch in the land that stood any chance against it.


・barrel=〔時計の〕香箱(こうばこ)◆ぜんまいが入っている薄い円筒:「Repair]というサイトに「ゼンマイがすっぽりと入る形状をしていて、ゼンマイが切れてしまって、時計のほかのパーツに損傷を与えないよう作られた工夫の一つ」とありますPhoto_2
・reduce=縮小する
・average=平均する
・mischief=いたずらっ子
・keep up=〔一定の態度を〕取り続ける
・bark=吠える、叫ぶ
・wheezing:wheeze=苦しそうに息をする、ゼーゼー息を切らす
・whoop=〔ほえるような〕叫び声を上げる、〔百日咳のように〕ゼーゼーと息をする
・sneezing:sneeze=くしゃみをする
・snort=鼻を鳴らす
・disturbance=騒ぎ
・held out:hold out=〔最後まで〕持ちこたえる、抵抗する
・stood against:stand against=~に立ち向かう


私はまたべつの時計店へ出かけて行った。時計屋は私の待っているあいだに機械を全部ばらばらにしてみて、やがてぜんまいの香箱がふくれていると言った。三日もかかればふくらみをもとに戻すことができると言った。そののち時計は平均すればうまく行ったが、それだけの話であった。つまり半日のあいだ時計は唸ったり、息を切らしたり、わめき立てたり、くしゃみをしたり、鼻息を立てたりしつづけ、その騒がしさのお陰で自分の考えごとも聞きとれないくらい、まるでいたずらっ子そっくりの動き方をしていた。そうやってがんばっているかぎりは国中どこをさがしてもこれを追い越す時計は見当たらないくらいであった。


But the rest of the day it would keep on slowing down and fooling along until all the clocks it had left behind caught up again.  So at last, at the end of twenty-four hours, it would trot up to the judges' stand all right and just in time.  It would show a fair and square average, and no man could say it had done more or less than its duty.  But a correct average is only a mild virtue in a watch, and I took this instrument to another watchmaker.  He said the king-bolt was broken.  I said I was glad it was nothing more serious.  To tell the plain truth, I had no idea what the king-bolt was, but I did not choose to appear ignorant to a stranger.He repaired the king-bolt, but what the watch gained in one way it lost in another.  It would run awhile and then stop awhile, and then run awhile again, and so on, using its own discretion about the intervals. And every time it went off it kicked back like a musket. I padded my breast for a few days, but finally took the watch to another watchmaker.


・fool along=ブラブラ進む
・caught up:catch up=追いつく
・trot=小走りする
・judges' stand =審判員タワー
・fair and square=正しい、公明正大な
・mild=軽度の
・tell the plain truth=包み隠さずに言う
・discretion=思慮、分別、行動の自由、決定権
・went off:go off=止まる
・kick back=反動する、
・musket=マスケット銃(ここによると「18世紀初頭火縄銃に代わり、まだ先込めであるが撃針で強打することにより火薬を発火させるマスケット銃が主流となった。機能的に火縄銃と大差はないが口径がやや小さく銃身が長くなったことが特色である。これは射程距離を長くしかつ命中率をあげるためだ。すなわち火縄銃では狙いはつけられず、ある方向に撃つにすぎなかった。ただ火縄銃から現在のライフルまで命中した時の人体または馬に与える威力は大きく変わらない。その意味ではこれにより初めて現在のライフル(施条されたものがライフルだが、日本の小銃に当る言葉が英独語にはなく、通常小銃は全てライフルと呼ばれる)の機能を持ったとも言える」)
・pad=~に当て物をするMusket


ところが後の半日はだんだん動き方がにぶくなり、道草を食っているうちにはとうとう今まで追い越して来た時計全部に追いつかれてしまうのであった。そういうふうに最後に二十四時間の終わりになれば、時計は時間どおりきちんと審判台に駆けつけるので、なるほど平均してみれば実に正確な時間を守っている以上、時計としての義務をやり過ぎているとも怠っているとも文句をつけることはできなかった。しかし時計の場合、平均して正確だということは長所にしてもあまり賞めたことでもないので、私はまたべつの時計屋へこの時計を持って行った。時計屋はキング・ボルトがこわれていると言った。私はそれ以上のひどい故障でなくてよかったと言った。ざっくばらんに白状するなら、キング・ボルトとは何のことか自分にはさっぱり見当もつかなかったのだが、見ず知らずの人間の前で無知をさらすことは好まなかった。時計屋はキング・ボルトを直してくれたが、時計はこんどは一方で進んだ分をほかで埋め合わせに遅れるのである。つまり、しばらく時計が急いでいると思うと、やがて、しばらく休止し、やがてまたしばらく急ぐという具合に、自分勝手に息抜きのころあいを加減するのであった。しかも時計は進むたびごとに小銃のように反動で戻るので、四、五日のあいだは私もあばれようとする胸を何とかなだめていたが、とうとうまたほかの時計屋へそれを持ち込んだ。


He picked it all to pieces, and turned the ruin over and over under his glass; and then he said there appeared to be something the matter with the hair-trigger.  He fixed it, and gave it a fresh start.  It did well now, except that always at ten minutes to ten the hands would shut together like a pair of scissors, and from that time forth they would travel together.  The oldest man in the world could not make head or tail of the time of day by such a watch, and so I went again to have the thing repaired.  This person said that the crystal had got bent, and that the mainspring was not straight.  He also remarked that part of the works needed half-soling.  He made these things all right, and then my timepiece performed unexceptionably, save that now and then, after working along quietly for nearly eight hours, everything inside would let go all of a sudden and begin to buzz like a bee, and the hands would
straightway begin to spin round and round so fast that their individuality was lost completely, and they simply seemed a delicate spider's web over the face of the watch.  She would reel off the next twenty-four hours in six or seven minutes, and then stop with a bang.


・ruin=廃墟
・hair-trigger=ちょっと触れただけで発射する「銃の触発引き金」Hair_trigger
・make head or tail of=~を理解[把握]する◆【用法】通例、否定形で用いられる
・crystal=〔文字盤を保護する〕時計のガラス
・mainspring=(時計の)主ぜんまい
・works=仕掛け
・soling:sole=〔靴などに〕靴底を付ける
・timepiece=時計
・perform=機能する
・unexceptionably=非の打ちどころなく、申し分なく
・save that=~は別として
・let go=自制心から自由になる、自分を解き放つ
・buzz=ブンブンうなる、ざわつく
・straightway=〔英古〕 直ちに、即座に.
・reel off=巻き取る、並べたてる


時計屋は機械を全部ばらばらにし、筒眼鏡の下でそれを幾度も引っくり返していたが、やがて毛状引き金のどこかに故障があるようだと言った。時計屋はそれを修理してくれてさいさきもよさそうだった。ところがこんどの時計はうまく動くには動いたが、十時十分前になると両針がきまって鋏の刃のように合わさってしまい、それからは両方の針がくっつき合ったまま進むのである。そういう時計では世の中でどんな年の功を積んだ人間でもさっぱり時間の見分けがつかないので、私はまたまた時計を直してもらいに出かけなければならなかった。こんどの時計屋はガラス蓋が曲がっているし、大ぜんまいが真っ直ぐになっていないと言った。また機械の部品の一部に底金の半張りを当てなければならないとも言った。時計屋はそういうものをすっかり修理してくれた。すると私の時計は一点の非のうちどころもない動き方をするようになった。ただし、時によると八時間ばかり大人しく動いているかと思うと、突然内部の機械が全部ゆるんで蜜蜂のような唸り声を立てはじめ、時を移さず両針はぐるぐると急速な回転をはじめ、針の見分けが全然つかなくなり、時計の盤面に薄いくもの巣がかかったように見えて来るのであった。そして六、七分のあいだにつぎの二十四時間を回りきってしまい、やがてかちんと音を立てて停止してしまうのであった。


I went with a heavy heart to one more watchmaker, and looked on while he took her to pieces.  Then I prepared to cross-question him rigidly, for this thing was getting serious.  The watch had cost two hundred dollars originally, and I seemed to have paid out two or three thousand for repairs.  While I waited and looked on I presently recognized in this watchmaker an old acquaintance--a steamboat engineer of other days, and not a good engineer, either.  He examined all the parts carefully, just as the other watchmakers had done, and then delivered his verdict with the same confidence of manner.


He said:

"She makes too much steam-you want to hang the monkey-wrench on the safety-valve!"

I brained him on the spot, and had him buried at my own expense.

My uncle William (now deceased, alas!) used to say that a good horse was, a good horse until it had run away once, and that a good watch was a good watch until the repairers got a chance at it.  And he used to wonder what became of all the unsuccessful tinkers, and gunsmiths, and shoemakers, and engineers, and blacksmiths; but nobody could ever tell him.


・cross-question=反対尋問をする
・rigidly=堅苦しく、厳しく
・presently=やがて、まもなく
・other days=昔
・confidence=自信
・monkey-wrench=モンキースパナ
・safety-valve=安全弁
・brain=~の頭を殴る[たたき割る]
・on the spot=すぐその場で、直ちに
・tinker=下手な職人
・gunsmith=鉄砲工
・blacksmith=鍛冶屋、蹄鉄工


私は重い心を抱いてもう一度ほかの時計屋へ出かけて行き、その時計屋が機械を分解するのを眺めていた。やがて私は厳重に時計屋に問いただす覚悟をきめた。この問題はゆゆしい問題になって来たからである。この時計はもともと二百ドル払って買ったもので、すでに修理に、二、三千ドル払わされたようである。眺めながら待っているうちに、その時計屋が古なじみの人間だということに間もなく気づいた――昔の蒸気船の機関士で、しかも大して腕のない機関士であった。彼もほかの時計屋たちがやったようにていねいにすべての部品を調べ、やがてみんなとおなじように自信たっぷりの言い方で裁決を下した。
 彼は言う――
「こいつはあんまり蒸気を出し過ぎるよ――安全弁を自在スパナでうんと締めつけてやる必要があるぞ!」


Monkey_wrench

私はその場でそいつの脳天を叩き割り、自分で費用を出してその男を葬ってもらった。
私のウィリアム叔父は(いまは惜しいことに故人となったが)良馬は一度逃げたらもう良馬でなくなるし、良い時計も一度時計屋どもにいじくられたら最後だめになるとよく言っていた。また叔父は下手くそな鋳カケ屋とか、鉄砲鍛冶とか、靴屋とか、機械屋とか、鍛冶屋とか世の中に沢山いるものだが、その連中は一体どうなるのかなあ、とよく不審がっていたが、はたしてどうなったか誰も叔父に教えてくれる者はなかった。


結構ブラックジョークですねあるいは皮肉…

英語でミーハー―”ミディアム”のJake Weberの記事

雑誌"People"から



Medium102












テレビドラマミディアム”で良いパパ、良い夫ぶりを演じている、私の憧れのJake Weberだけど、その子供時代は結構大変だったらしい


INSIDE STORY: Medium Star Jake Weber's Rock 'N' Roll Childhood


By Oliver Jones


Originally posted Friday September 11, 2009 02:00 PM EDT


Jake Weber Photo by: Frank Ockenfels 3
INSIDE STORY: Medium Star Jake Weber's Rock 'N' Roll Childhood

He spent three nights in a Nigerian prison, countless hours on the back of Mick Jagger's motorbike and a few tense moments with a half-kilo of cocaine strapped to his body while a customs officer eyed him at an Irish airport.

・customs officer=税関検査官

(彼はナイジェリアの拘置所で三晩明かしたことも、ミックジャガーのバイクの後ろに何時間も乗っていたことも、アイルランドの空港で、体に500グラムのコカインを巻き付けたまま、税関検査官の監視のもとで緊張した時間を過ごしたこともある)


Even for the free-wheeling 1960s, that's enough adventure to last at least a few lifetimes. Jake Weber accomplished all of it before he was 12.

・free-wheeling=束縛のない、自由の利く、奔放な
・lifetime=一生涯

(自由で素晴らしい時代だったといわれる1960年代であったのに、それは二回も三回も一生をやり直したと言えるほどの危険な冒険だった。ジェイク・ウェバーは、12歳になる前にそれをすべて経験してしまったのだ)


Weber, 46, who for the past five seasons has played the very picture of familial stability as down-to-earth dad Joe Dubois on Medium (premiering Sept. 25 on CBS), had a rock 'n' roll childhood that was anything but stable. As children of Tommy and Susan "Puss" Weber, parents who were at the epicenter of London's counter-cultural revolution, Weber and his younger brother Charley lead nomadic lives filled with rock music, fast cars, and very little schooling – at least of a traditional sort.

・picture=像、観念、イメージ
・familial=家族の
・stability=安定
・down-to-earth=[宙に浮いてフワフワしているのではなく〕足がしっかりと地に着いた、堅実な、〔人が〕分別[社会常識]のある
・premiere=初公開される
・rock 'n' roll=ロックンロール◆ブルースやR&Bといった黒人音楽をベースにしたアップテンポなポップス。1950年代、ラジオDJのAlan Freedが、セックスを意味するスラングであるrock and rollにヒントを得てこれらの曲をrock 'n' rollと呼んで紹介したのが名称の起源
・anything but=~どころではない、~とは程遠い
・stable=安定した
・Puss=〔呼びかけ〕ネコ(ちゃん)
・epicenter=発生地、震源地
・counter-culture=カウンター・カルチャー、対抗文化、反体制文化◆保守的な生き方に反抗する文化
・nomadic=放浪の
・schooling=学校教育

(ジェイク・ウェバー[46歳]は、『ミディアム』(新シーズンがCBSで9月25日からスタート)で、過去5シーズンにわたって、地に足のついた堅実な父親、ジョー・デュボアとして、まさにしっかりと安定した家族像を演じてきたが、小さい時は、安定とはほど遠い、ロックな子供時代を過ごした。ロンドンのカウンター・カルチャー革命の中心地に住んでいた両親、トミーとスーザンの子供として、ウェバー家の”子ネコちゃん”と、彼の弟チャーリーは、ロックミュージックや速い車に囲まれ、ほんの伝統的な学校教育すらほとんどないような放浪生活をしていたのである)


"Some people can juggle soccer balls. Me? I can roll a killer joint in about 3 seconds flat," Weber jokes. "When I was [4], basically the reason for my existence was to roll the joints."


・roll a joint=〈俗〉マリファナたばこを作る
・flat=〔数量・時間などが〕きっかり、ちょうど、ジャスト


(「サッカーボールをリフティングできるやつもいますね。僕?効き目の強いマリファナたばこを、ジャスト3秒で巻いて作ることはできますよ」と彼は冗談を言う。「四歳の時、基本的には、僕の存在理由はマリファナたばこを作ることでしたからね」)


彼とローリング・ストーンズのつながりにはびっくりですね

Mother's Death


It was a life that was by turns thrilling, chaotic and ultimately tragic. When Weber was 8 and living at the Villa Nellcôte, Rolling Stones guitarist Keith Richard's sprawling hippie hideout in the South of France, he got the devastating news that his mother, whom he had seen grow increasingly paranoid and disconnected with reality during a multi-continent spiritual quest, had died of a drug overdose.

・by turns=代わる代わる
・thrilling=スリルに富んだ
・chaotic=めちゃくちゃな
・ultimately=最後に、最終的に、究極的には
・tragic=悲惨な、悲劇的な
・the Villa Nellcôte(ヴィラ・ネルコート)

Wikipediaより

Nellcôte (often referred to as Villa Nellcôte) is a 19th century sixteen-room mansion on the waterfront(〔都市の〕海岸の土地、海岸通り) of Villefranche-sur-Mer(ヴィレフランシェ・スール・メール) in the Côte d'Azur region of southern France. Nellcôte was leased(貸す) during the summer of 1971 by Keith Richards, guitarist for The Rolling Stones and recording sessions(録音のために連続して行う〕演奏)for their classic 1972 Exile on Main St.(『メイン・ストリートのならず者』) album took place in the villa's basement.


・sprawling=〔広範囲に〕乱雑[無秩序]に広がった
・hideout=〔身を隠すための〕隠れ家、潜伏場所、アジト
・devastating=衝撃的な
・paranoid=偏執性の、被害妄想の[を持った]
・disconnected=切断[分離]された
・multi-continent=多大陸の
・spiritual quest=魂の探求◆魂の救いを求める努力
・drug overdose=薬物中毒


multi-continentの意味がよく分からないのですが、一応訳してみます。


(毎日、スリリングなことやめちゃくちゃなことが代わる代わる起こったり、最後には悲劇的な状況になるようなひどい生活だった。彼は8歳の時、”ヴィラ・ネルコート”に住んでいたが、南フランスの、その建物では、ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズがヒッピーの隠れ家を際限なく広げようとしていた。そこでジェイク・ウェバーは衝撃的な知らせに接することになる。その頃、彼の母親は、多大陸に広がっていた”魂の探求”に没頭していて、だんだん彼女が偏執的になり、現実から遊離していくのを、彼は目にしていたのだが、その母親が薬物中毒で死んだと知らされたのだ)


That was a seminal moment, and it changed my brother and me forever," says Weber, who years later learned that his mother, diagnosed with depression and LSD-induced schizophrenia, had in fact committed suicide. "It was one of those things you dread, and when it happened finally, your worst fear is realized. Now on our own with our father, an extremely dangerous man, and without her we were screwed."


・seminal=影響力の大きい
・diagnosed with=~と診断されて
・depression=鬱病
・LSD=lysergic acid diethylamide《化》リセルグ酸ジエチルアミド◆幻覚剤
・induced=誘発性の
・schizophrenia=統合失調症◆【語源】schizo(分離した)+phrenia(精神)◆日本精神神経学会が2002年6月30日に、差別や偏見を招きやすい「精神分裂病」という呼び名を「統合失調症」に改めた
・dread=~を恐れる、ひどく怖がる
・realize=実現する
・on one's own=自力で、独力で、単独で、自活して
・screw=~をうまく利用する、だます、苦しめる


(「その知らせを聞いた瞬間のことはとても大きな影響を僕たちにもたらしました。それ以来、弟と僕の生活はまったく変わってしまったのですから」と彼は言う。母親が鬱病であり、LSDの誘発による統合失調症とも診断されていて、実際には自殺だったということを彼は数年後に知ったのだった。「親が自殺するということは誰でも非常に恐れることで、それが現実になった時、あなたは最悪の恐怖を身をもって知ることになるのです。僕たち兄弟はひどく危なっかしい父親と何とか生きていかなくてはならなくなり、母親もいなくなって苦しい思いをすることになったのです」)


Tommy Weber was what his son calls "a force of nature"– a professional race car driver who also made rock documentaries, dealt drugs and was almost always in trouble with authorities, including the incident in Nigeria where he and his boys were held in prison on visa issues. Tommy struggled with addiction up until his death in 2006.


・dealt=deal(~を売る、取引する)の過去形
・authority=権威
・incident=事件
・prison=拘置所、刑務所
・issue=問題(点)、論点
・addiction=依存症、中毒、麻薬常用癖


"a force of nature"はもっとほかの訳があるはずだれど…


(トミー・ウェバーは、息子たちに「自然の力」と呼ばれていたが、プロのカーレーサーで、ロックのドキュメンタリーも作ったり、ヤクを売って始終権力とトラブルを起こしていた。そのトラブルの一つが、彼と息子たちがナイジェリアで、ビザの問題で拘置所に入れらることになった事件である。トミーは、2006年に死ぬまで麻薬中毒と闘った)



Keith Richards and 8-year-old Jake Weber
Photo by: Dominique Tarlé
INSIDE STORY: Medium Star Jake Weber's Rock 'N' Roll Childhood| Medium, Jake Weber


Drug Smuggling


・smuggle=密輸する


"Tommy was a party and everywhere he was, was a good time," says author Robert Greenfield, whose recent book A Day in the Life chronicles the harrowing lives of Weber's parent. "He was a difficult character because of what he did to himself and did to his kids, but he also loved them. That said, you are going to have a lot of trouble selling a guy who straps cocaine to his boys as a good father."

・chronicle=~を年代順に記録する
・harrowing=悲惨な、つらい、痛ましい

この部分も私には難しいが・・・
(「トミー自身がパーティーみたいなものだった。彼がいるところではいつも楽しい時が流れた」と、作家ロバート・グリーンフィールドは言う。彼の最新作『人生のある一日』は、ジェイク・ウェバーの両親の悲惨な人生を年代順に記録したものだ。「トミーは、彼が自分自身に対して、そして息子たちに対してしたことからは理解しがたい人物だ。それでなおかつ、彼は息子たちを愛していたのだ。だから、よい父親なのに、息子たちの体にコカインを紐でくくりつけるなどという奴を売り込むのは至難の業なのだ」


Jake tries to be sanguine about that drug smuggling incident when he was 8. He, his father and brother safely made it past Irish customs on their way to the Villa Nellcôte, where the drugs were intended as gift. "We weren't invited there as mules," he says. "The fact that my dad brought a kilo just made him seem polite."

・sanguine=楽天的な
・incident=事件
・customs=税関
・made it past=乗り切った、突破した
・intend=~を意味する
・mule=〈米俗〉〔麻薬・密輸品などの〕運び屋
・polite=丁寧な、礼儀正しい


(ジェイクは、8歳の時のそのヤクの密輸事件については楽天的に考えようとしている。彼と父親、それに弟の三人は、何とか無事にアイルランドの税関を突破し”ヴィラ・ネルコート”へ向かった。そこではヤクは贈り物を意味した。「僕たちは運び屋としてそこに招かれたわけではないんです」とジェイクは言う。「父がヤクを1キロを持って来たことが、丁寧で礼儀正しいと思われたんですから」)


Jake, age 8, and Mick Jagger
Photo by: Dominique Tarlé
INSIDE STORY: Medium Star Jake Weber's Rock 'N' Roll Childhood| Medium, Jake Weber

All of the chaos in his youth has made him crave stability as an adult. Weber lives in LA with his longtime partner, actress and handbag designer Liz Carey, and their son Waylon, 3. They plan to marry soon and have more kids. "I'm here and I'm doing it," he says of living the family life. "I am working through some of the agro from bad examples that I have seen. It is something I have struggled with, but I'm getting there."

・crave=~を強く望む
・longtime=昔からの
・work through=乗り越える、取り組む
・agro=腹立ち、怒り
・get there=目的を達する


(若い時の混乱状態がすべて、大人になった彼が安定を強く望む要因になっている。ジェイクは、長い間のパートナー、女優でハンドバッグのデザイナーでもある、リズ・ケイリーと、息子のウェイロン(3歳)と一緒にロサンゼルスに住んでいる。もうすぐ二人は結婚して、もっと子供をつくるつもりでいる。「僕は今ここにいて、こうやって生活している」とジェイクは家族との生活を語る。「今まで見てきた悪い見本に対する怒りを少しでも乗り越えようと僕はしているんです。ずっとそれと闘ってきたけど、やっと乗り越えられそうです」


『ミディアム』のデュボア家のような家庭をぜひ築いてほしいなあ…


Before Finding Fame as a TV Dad, the Actor Grew Up in the '60s Drug Scene, Hanging with Rock Stars and Losing His Mother to Suicide


  • Click to enlarge

  • Click to enlarge

  • "Aren't you going to search me too?" asked the 8-year-old with the stringy blond pageboy when a customs official suspected his hippie father of smuggling drugs through an Irish airport in 1971. The officer laughed off the joke—having no idea that the boy, Jake Weber, and his 6-year-old brother Charley each had a half-kilo of cocaine strapped to their bodies—and were headed for the French villa where the Rolling Stones were recording their album Exile on Main St. "My dad had been joking with the guy," recalls Weber, now 46, "so I was trying to act as carefree and unworried as he seemed to be."

    ・search=調べる
    ・stringy=糸のように垂れ下った
    ・pageboy=〔髪形の〕ページボーイ◆なだらかに内巻きにカールした女性の髪形。肩までの長さで、横の髪の毛は顎の下に来ることが多い。
    ・customs official=税関検査官
    ・suspect=疑う
    ・head for
    ・joke with=~とふざける、冗談を言う
    ・carefree=心配のない、屈託のない


    (「僕のことも調べないの?」と、1971年にアイルランドの空港で、ヒッピーの父親がヤクを密輸しようとしたのではないかと税関検査官が疑いを掛けたときに、金髪の細い髪をページボーイにした8歳の少年が尋ねた。検査官はその冗談を笑い飛ばした。その少年、ジェイク・ウェバーと6歳の弟チャーリーが、それぞれ500グラムのコカインを体にくくり付けて、ローリング・ストーンズがアルバム『メインストリートのならず者』をレコーディングしているフランス式の住宅に向かっているのだとは思いもしなかったのだ。「父は、そいつとふざけて冗談を言ったりしていたな」と、現在は46歳になったジェイク・ウェバーは思い出しながら言った。「だから、僕も父がそう見えるのと同じように、屈託がなく、何の心配もしていないように見えるようふるまったんだ」)


    そうなんだーどうして、空港の税関を突破したのかと思ったら、子供たちの体にくくりつけられているコカインには気づかれなかったわけね。今なら、麻薬犬に嗅ぎつけられるだろうけど。


    These days Weber is best known as Patricia Arquette's husband on Medium, which moves to CBS for its sixth season Sept. 25. But back in the psychedelic era, he lived a nomadic life as the son of Tommy and Susan "Puss" Weber, figures in London's counterculture. "Every day, something was going on that was completely insane," says author Robert Greenfield, whose recent book A Day in the Life chronicles the stormy lives of Jake's parents. "But to Jake and Charley, it was just their life."

    ・psychedelic=〔芸術作品・服飾などが〕幻覚状態を想起させる、サイケデリックな、サイケ調の
    ・nomadic=放浪の
    ・figure=人物、肖像、象徴
    ・counterculture=反体制文化
    ・insane=狂気じみた、途方もない
    ・chronicle=(年代順に)記録する
    ・stormy=荒れた、波乱万丈の


    (最近のジェイク・ウェバーは、9月25日に第6シーズンからCBSに移ったドラマ『ミディアム』の、パトリシア・アークエットの夫としてよく知られている。しかし、あのサイケデリックの時代では、彼はトミーとスーザンの息子、ウェバー家の“子ねこちゃん”として、ロンドンの反体制文化の中で放浪の生活をしていたのだ。「毎日、何かしら途方もなく狂気じみたことが起こっていたんです」と、作家ロバート・グリーンフィールドは言う。彼の最新作『人生の一日』は、ジェイクの両親の波乱万丈の生活を年代順に記録したものだ。「でも、ジェイクとチャーリーにとっては、それも毎日の普通の生活にすぎなかったのですがね」)


    『ミディアム』シーズン6からはNBCからCBSに移ったってわけね


    Tommy Weber was a race-car driver who also made music documentaries and dealt drugs—sidelines that brought the family close to rock luminaries. "He was a dazzling and dangerous person to be around," says Weber of his father, who died in 2006 after years of substance abuse. Susan carted her two young sons around the globe on an erratic quest for enlightenment—and supernatural intervention. "I told her constantly, 'There are no flying saucers coming to pick us up,'" he recalls. Their London flat "was the beating heart of the social experiment going on then: drugs, sex, music, the whole thing," says Weber, whose parents hosted pals such as George Harrison or Steve Winwood. "I remember rolling joints for oceans of stoned hippies who were just wandering around."

    ・sideline=サイドジョブ、アルバイト、バイト、副業、内職
    ・luminaries:luminary=有名人
    ・dazzling=目もくらむような、強烈な、
    ・substance abuse=薬物[物質]乱用
    ・cart=連れて行く
    ・around the globe=世界中で
    ・erratic=〔人の言動が〕とっぴな、異常な、常軌を逸した
    ・quest=探求、冒険の旅
    ・enlightenment=啓発、《仏教・イスラム教》悟り
    ・supernatural=超自然の、信じられないほどの、神わざの
    ・intervention=調停、介入、《医》治療介入
    ・constantly=絶えず、常に
    ・flying saucer=空飛ぶ円盤
    ・flat=アパート、共同住宅
    ・beating heart=鼓動を打つ心臓
    ・social experiment=社会的実験
    ・host=客を泊める
    ・pal=仲間、友人
    ・Steve Winwood=イギリス・バーミンガム出身のミュージシャン。兄マフ率いるスペンサー・デイヴィス・グループの一員として「ギミー・サム・ラヴィン」などで1960年代中盤に人気を博し、グループを脱退後はトラフィックのメンバーとしても成功を収めた。1970年代後半以降はソロ・アーティストとして活動
    ・roll a joint=〈俗〉マリファナたばこを作る
    ・oceans of=大量の
    ・stoned=〈米俗〉〔マリファナで〕ハイになった、もうろうとした◆【語源】「さんざん石を投げ付けられて⇒フラフラになる・倒れる(ほど酔う)」と解する説、stone-drunk「完全に酔って」の略とする説などがある
    ・wander around=ブラブラ[ウロウロ]する[歩き回る]、ほっつき歩く

    (トミー・ウェバーはレーシングカーのドライバーだったが、音楽ドキュメンタリーを作ったり、ヤクを副業にもしていて、そのことが家族をロックの著名な人たちに近づけた。「彼は、そばにいると危険だし、驚くような経験をすることになる、そんな人でした」ジェイクは父、トミーのことをそう語った。トミーは何年も薬物乱用をした挙句、2006年に亡くなった。母のスーザンは二人の息子を連れて、悟りとか神の超自然的介入を求めて世界中を旅するという常軌を逸した行動をとった。「僕はいつも母に言ったんです、『僕らを拾ってくれるような空飛ぶ円盤なんて存在しないんだから』って」とジェイクは思い出を語る。家族が住んでいたアパートは「そのころ行われていた社会的実験、ヤクとかセックスとか音楽とか、もうあらゆることの中心、つまり脈打つ心臓のようなものだったんです」とジェイクは言う。彼の両親は、自分たちの住まいにジョージ・ハリソンやスティーブ・ウィンウッドといった人たちを泊まらせていた。「周りでただウロウロとほっつき歩いているハイになったたくさんのヒッピーのために、僕がマリファナたばこを作っていたのを思い出します」)


    The mystique of that life ended for Weber when he was 8 and living at the Villa Nellcôte, Keith Richards' home in the South of France. While staying there in 1971, he was told his mother had died of an accidental overdose. "I was devastated," says Weber. Years later he learned that she had been diagnosed with LSD-induced schizophrenia and committed suicide. "I think the drugs she took and the culture that my family was at the epicenter of unraveled her."


    ・mystique=神秘的雰囲気
    ・accidental=不慮の、偶発的な
    ・overdose=〔薬剤・麻薬の〕過量[過剰]摂取
    ・devastated=精神的に打ちのめされた、精神的にひどく落ち込んだ
    ・LSD=lysergic acid diethylamide《化》リセルグ酸ジエチルアミド◆幻覚剤
    ・induced=誘発された
    ・schizophrenia=統合失調症◆【語源】schizo(分離した)+phrenia(精神)◆日本精神神経学会が2002年6月30日に、差別や偏見を招きやすい「精神分裂病」という呼び名を「統合失調症」に改めた
    ・commit suicide=自殺する
    ・epicenter=発生地、震源地、中心点
    ・unravel=破綻させる


    (ジェイクの神秘的雰囲気を持った生活は、彼が8歳で、キース・リチャーズの南フランスの家、ヴィラ・ネルコートに住んでいるときに終わりを迎えた。1971年にヴィラ・ネルコートにちょうどいるときに、母親が偶発的なヤクの過剰摂取によって死んだと知らされたのである。「僕は精神的に打ちのめされました」とジェイクは言う。数年後に、ジェイクは、母親がLSDの使用による統合失調症と診断されていたこと、そして自殺だったことを知らされた。「ヤクと、僕たち家族がその真っ只中にいた文化によって、母親が破たんしたのだと思っています」)


    His own rootless existence ended at 16, when he was sent to live with his godfather in San Francisco. He seldom spoke of his past, attending Vermont's Middlebury College, where he began acting. "I never wanted anyone's pity," he says. Now Weber's life in L.A.—where he lives with handbag designer Liz Carey, 34, and their son Waylon, 3—is filled with the stability he had dreamed of as a kid. "My journey is about believing that people will actually stick around," he says. "It's a hard thing to believe when you don't have a prototype for it. I've had to develop that for myself."


    ・existence=生存、実在、生活
    ・godfather=後見人、保証人
    ・Vermont=ヴァーモント州
    ・Middlebury=下の地図の



    大きな地図で見る


    ・actually=現に、実際に
    ・stick around=近くにいる、辺りをブラブラする、〔考えなどに〕固執する、《テレビ・ラジオ》チャンネルを変えずに見続ける、聞き続ける
    ・prototype=原型、典型
    ・develop=発展する、明らかにする


    (彼の根無し草のような生活は、16歳の時、サンフランシスコの後見人のところに行かされたときに終わりを迎えた。彼は自分の過去についてはほとんど語ることなく、ヴァーモント州のミドルべり大学に通って、そこで演技の勉強を始めた。「僕はだれにも憐れんでもらいたくなかったんです」とジェイクは言う。現在、彼はロサンゼルスで、ハンドバッグのデザイナー、リズ・ケイリー(34歳)と息子のウェイロン(3歳)と一緒に住んでいるが、そこには、ジェイクが子供のころ夢に見た安定した生活があふれている。「僕の旅は、人が近くにいてくれると信じられるようになるためのものなんです」とジェイクは言って、こう付け加えた。「見本にするものがないと、それを信じるのは難しいんです。自分で、信じられるようにしていかなくてはならないから」)


    よく、父親が小さいころに亡くなったり、生き別れたりすると、男の子は、いわゆる見本になるプロトタイプを心の中に持っていないから、自分の子供に対してどう接したらいいか分からないということがある、とどこかで聞いたような気がするが、幸せな人間関係、家族関係、幸せな家族像というものの経験がないと、その像がうまく描けないということがあるのかもしれないな。ジェイクはいま懸命にその幸せな家族像を作り上げようとしているわけだな

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。