スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語でグリム童話『眠りの森の美女』(2)

父親の王様はできるだけのことをしました。

さあ、王女はだんだん成長していきます…

The maiden grew up, adorned with all the gifts of the wise women; and she was so lovely, modest, sweet, and kind and clever, that no one who saw her could help loving her.


・maiden=娘、乙女
・adorn=魅力的にする
・modest=〔態度・言葉遣いなどが〕しとやかで上品な
・sweet=優しい、思いやりのある


王女は、魔女たちの贈り物を身につけて魅力的な娘に成長していきました.かわいらしく、そのうえしとやかで、優しく、親切で、そのうえ賢くて、会った人はみんな王女を好きにならずにいられませんでした。

It happened one day, she being already fifteen years old, that the king and queen rode abroad, and the maiden was left behind alone in the castle. She wandered about into all the nooks and corners, and into all the chambers and parlours, as the fancy took her, till at last she came to an old tower. She climbed the narrow winding stair which led to a little door, with a rusty key sticking out of the lock; she turned the key, and the door opened, and there in the little room sat an old woman with a spindle, diligently spinning her flax.


・rode abroad=馬車でほかの国へ出かけた
・wander about=歩き回る
・nooks and corners=隅々
・chamber=部屋
・parlour=応接間、客間
・as the fancy took her=as her fancy takes her=気の向くままに
・winding=曲がりくねった
・rusty=さび
・lock=錠前
・spindle=紡錘、つむ(つむいだ糸を巻きつけるもの、両端がとがった円柱)
・diligently=熱心に
・spin=糸を紡ぐ
・flax=《植物》亜麻


ある日、王女はもう15歳になっていたのですが、王様とお妃さまが馬車で他の国へ出かけ、王女が一人お城に残っていたことがありました。王女は気の向くままにお城の中を歩き回って、隅々まで見て廻り、いろんな部屋や応接間などをにも入ってみました。そして最後に古くからある塔にやって来ました。狭い曲がりくねった階段を上って小さいドアのところに来ました。そのドアの錠前にはさびた鍵がささっていました。王女が鍵を回すとドアが開き、その小さな部屋では、老女が一人座って、熱心に紡錘を使って亜麻を紡いでいるのでした。

"Good day, mother," said the princess, "what are you doing?"


"I am spinning," answered the old woman, nodding her head.


"What thing is that that twists round so briskly?" asked the maiden, and taking the spindle into her hand she began to spin; but no sooner had she touched it than the evil prophecy was fulfilled, and she pricked her finger with it. In that very moment she fell back upon the bed that stood there, and lay in a deep sleep. And this sleep fell upon the whole castle; the king and queen, who had returned and were in the great hall, fell fast asleep, and with them the whole court. The horses in their stalls, the dogs in the yard, the pigeons on the roof, the flies on the wall, the very fire that flickered on the hearth, became still, and slept like the rest; and the meat on the spit ceased roasting, and the cook, who was going to pull the scullion's hair for some mistake he had made, let him go, and went to sleep. And the wind ceased, and not a leaf fell from the trees about the castle.


・mother=(年輩の婦人に対する親しみを込めた呼びかけ)おばさん
・nod=うなずく
・twist=~に巻き付く
・briskly=活発に、きびきびと
・fulfill=(希望,予言などを)実現させる
・fall back=後ろへ倒れる
・fall upon=~にかかる、~に降りかかる
・court=廷臣、王宮
・stall=馬小屋
・flicker=揺らめく
・hearth=暖炉
・spit=串
・scullion=〈古〉台所の下働き、皿洗い
・mistake=落ち度
・about=~のまわりに、周囲に


「こんにちは、おばさま」と王女は言いました。「何をなさっているのですか」
「糸を紡いでいるのさ」と老女はうなずきながら答えました。
「どうやってそんなにくるくると早く糸が巻きつくのかしら?」と尋ねると、紡錘を手にとって自分で糸を紡ぎ始めました。ところが、紡錘に王女がさわるとたちまちにして、呪われた予言が本当になってしまいました。王女が紡錘で指を刺したのです。たちまち王女は後ろに倒れ、そこにあったベッドに倒れ込み、深い眠りについてしまいました。そして、王女だけでなく、このお城全体が眠ってしましました。王様とお妃さまも帰られて大広間に入るとぐっすりと眠りにつき、仕えている人たちもみんな眠ってしまったのです。馬は馬小屋で、犬は庭で、ハトは屋根の上で、ハエは壁の上で、暖炉で揺らめいて燃えていた火もそのまま止まって、他のみんなと同じように眠りにつきました。串に刺さった肉も焼けるのが止まり、何かやらかした台所の下働きの者を叱るのに髪の毛を引っ張ろうとしていた調理師も、引っ張るのをやめて眠ってしまいました。風が吹くのも止まり、城の周りの木の葉も一枚も落ちなくなりました。


急に眠ってしまったお城の細かい描写が結構面白い、ハエまでいたりして(笑)


Then round about that place there grew a hedge of thorns thicker every year, until at last the whole castle was hidden from view, and nothing of it could be seen but the vane on the roof. And a rumour went abroad in all that country of the beautiful sleeping Rosamond, for so was the princess called; and from time to time many kings' sons came and tried to force their way through the hedge; but it was impossible for them to do so, for the thorns held fast together like strong hands, and the young men were caught by them, and not being able to get free, there died a lamentable death.


・hedge=垣根
・thorn=とげのある植物
・but=except
・vane=風見
・from time to time =時々
・hold fast together=しっかりと団結する
・lamentable=悲しむべき


それからというもの宮殿の周りには、棘のある植物の垣根ができ、それが年々厚みを増し、ついにはお城が全く隠れてしまい、屋根の上の風見しか見えなくなってしまいました。そしてあたりの国々に、眠り続けている美しいロザモンドのうわさが広がりました。王女はそう呼ばれていたのです。そして時折、たくさんの王様の息子がやってきて、その垣根を何とかして突破しようとしましたができません。力の強い手のような棘がしっかりと絡み合っていて、若者たちはそこにはまって出ることができなくなり、悲しい死を遂げるのでした。

Many a long year afterwards there came a king's son into that country, and heard an old man tell how there should be a castle standing behind the hedge of thorns, and that there a beautiful enchanted princess named Rosamond had slept for a hundred years, and with her the king and queen, and the whole court. The old man had been told by his grandfather that many king's sons had sought to pass the thorn-hedge, but had been caught and pierced by the thorns, and had died a miserable death. Then said the young man, "Nevertheless, I do not fear to try; I shall win through and see the lovely Rosamond." The good old man tried to dissuade him, but he would not listen to his words.


・Many a long year =何年も長い間
・should=~のはず
・enchanted=魔法をかけられた
・sought=seekの過去形・過去分詞
・dissuade=(人)に説得[忠告]して〔当初予定していた行動を〕やめさせる


その後何年もたってから、ある王様の息子がその国にやってきました。そして、一人のおじいさんが、棘のある植物のあの垣根の向こうにお城があるはずだということ、お城では、ロザモンドという美しい魔法をかけられた王女が百年もの間眠っていて、王様もお妃さまも王宮すべてが王女と一緒に眠っているのだと話しているのを聞きました。そのおじいさんは、そのまたおじいさんから、いろんな国の王様の息子が大勢、何とかして棘だらけの垣根を通ろうとしたのだが、皆その棘から逃れることができなくなって棘に突き刺され、惨めな死を遂げたということを聞いたのでした。そこで、その若者は言いました。「でも、僕はやってみることに恐れはありません。きっとそこを通り抜けて美しいロザモンドに会ってみせます」親切なその老人は、やめるようにと説得しましたが、若者は聞く耳を持ちませんでした。

For now the hundred years were at an end, and the day had come when Rosamond should be awakened. When the prince drew near the hedge of thorns, it was changed into a hedge of beautiful large flowers, which parted and bent aside to let him pass, and then closed behind him in a thick hedge. When he reached the castle-yard, he saw the horses and brindled hunting-dogs lying asleep, and on the roof the pigeons were sitting with their heads under their wings. And when he came indoors, the flies on the wall were asleep, the cook in the kitchen had his hand uplifted to strike the scullion, and the kitchen-maid had the black fowl on her lap ready to pluck. Then he mounted higher, and saw in the hall the whole court lying asleep, and above them, on their thrones, slept the king and the queen. And still he went farther, and all was so quiet that he could hear his own breathing; and at last he came to the tower, and went up the winding stair, and opened the door of the little room where Rosamond lay. And when he saw her looking so lovely in her sleep, he could not turn away his eyes; and presently he stooped and kissed her, and she awaked, and opened her eyes, and looked very kindly onhim. And she rose, and they went forth together, and the king and the queen and whole court waked up, and gazed on each other with great eyes of wonderment. And the horses in the yard got up and shook themselves, the hounds sprang up and wagged their tails, the pigeons on the roof drew their heads from under their wings, looked round, and flew into the field, the flies on the wall crept on a little farther, the kitchen fire leapt up and blazed, and cooked the meat, the joint on the spit began to roast, the cook gave the scullion such a box on the ear that he roared out, and the maid went on plucking the fowl.


・bend aside=わきへ曲がる
・brindled=【形】ブリンドル模様の◆動物の表皮の模様で、黄褐色または灰色とその濃い色のまだらまたはぶちを指す。
・scullion=〈古〉台所の下働き、皿洗い
・fowl=ニワトリ
・on one's lap=膝の上に
・pluck=~をむしる
・court=廷臣
・presently=やがて、まもなく
・stoop=かがむ
・look on=~を見る[見詰める]
・go forth=出ていく、出発する
・hound=猟犬、犬
・wag=~を振る
・creep on=忍び寄る
・leap up=急に跳ね上がる
・joint=〔ロースト用の〕大きな肉片
・spit=串
・roast=肉を焼く、ローストする
・box=平手打ち、げんこつ
・roar out=大声を上げる


今や、百年もの年月が過ぎ去っていました。ロザモンドが眠りから覚める時が来たのです。王子が茨の垣根に近づいた時、それが大きな美しい花の垣根に代わり、王子を通すために二つに分かれて、脇へどいたのです。王子が中に入ると、厚い垣根は再び閉じました。王子がお城の庭に着くと、そこでは馬やぶちのある猟犬たちが横になって眠っていました。屋根の上ではハトがみんな、頭を羽の下に突っ込んですわっていました。お城の中に入ると、壁の上ではハエが眠っていたし、台所ではコックが下働きを殴ろうと手を上げたままでしたし、台所の手伝いの娘が黒いニワトリを膝の上に乗せて、今や羽をむしろうとしているところでした。二階に上がっていくと、大広間では王様の家来たちがみんな横になって眠っていましたし、そのもう一段高いところでは、椅子に座って王様とお妃さまが眠っていました。それから王子はもっと中まで入って行きましたが、どこもかしこもあまりにも静かで自分の息遣いさえ聞こえるほどでした。そしてついに塔のところへやってきて、らせん階段を上がって行き、小さな部屋のドアを開けるとそこにロザモンドが眠っていました。眠っている王女があまりにも美しかったので目が釘付けになり、そして身をかがめると王子は彼女にキスをしました。すると、王女は目覚め、目を開いて、とてもやさしく王子を見つめました。王女は起き上がり、二人は部屋を出ました。王様もお妃さまも、家来たちもみんな目を覚まし、驚いて目を丸くしてお互いを見つめました。庭の馬も立ち上がって身震いしまし足し、猟犬たちは飛び上がってしっぽを振り、屋根の上のハトは羽の下から頭を抜き周りを見渡すと、野原へと飛んで行きました。壁の上のハエはそっと前へ進み、台所の火は、急に炎を上げて燃え、肉を焼きました。串に刺さった大きな肉をまたローストし始めたのです。コックが下働きの耳をひどく平手打ちをしたので、下働きは大きな唸り声をあげました。台所の手伝いの娘はまたニワトリの羽をむしり続けました。

Then the wedding of the Prince and Rosamond was held with all splendour, and they lived very happily together until their lives' end.


そして、王子様とロザモンドの結婚式が贅を尽くして執り行われ、二人は、命が終わるまで大変幸せに暮らしました。

めでたしめでたし!!


『眠れる森の美女』を終わります。

スポンサーサイト

英語でグリム童話『眠れる森の美女』(1)

もう一つグリム童話です。

ディズニーのアニメ、思い出します。子供の頃映画館で見ましたっけ。魔女が怖かった(^_^;)


sleeping beauty_

訳は私の拙訳です。

THE SLEEPING BEAUTY


IN times past there lived a king and queen, who said to each other every day of their lives, "Would that we had a child!" and yet they had none. But it happened once that when the queen was bathing, there came a frog out of the water, and he squatted on the ground, and said to her, "Thy wish shall be fulfilled; before a year has gone by, thou shalt bring a daughter into the world."


・Would that=~であればよいのに◆仮定法で用いられる文語表現
・and yet=それなのに、それにもかかわらず
・squat=しゃがむ
・thy=【形】 そなたの
・thou=【代名】 そなたは
・shalt=【助動】 shall の直説法二人称単数現在形


むかしむかし、王様とお妃さまがいました。二人は自分たちの生活について毎日、こう語り合っていました。「子どもがあればいいのに!」でもなかなか子どもは生まれませんでした。しかし、ある時、お妃さまが水浴びをしていると、一匹のカエルが水の中から出てきて、土の上にしゃがむとお妃さまにこう言いました。「そなたの願いはかなえられるだろう。一年もたたないうちに、そなたは女の子を産むであろう」

And as the frog foretold, so it happened; and the queen bore a daughter so beautiful that the king could not contain himself for joy, and he ordained a great feast. Not only did he bid to it his relations, friends, and acquaintances, but also the wise women, that they might be kind and favourable to the child. There were thirteen of them in his kingdom, but as he had only provided twelve golden plates for them to eat from, one of them had to be left out. However, the feast was celebrated with all splendour; and as it drew to an end, the wise women stood forward to present to the child their wonderful gifts: one bestowed virtue, one beauty, a third riches, and so on, whatever there is in the world to wish for. And when eleven of them had said their say, in came the uninvited thirteenth, burning to revenge herself, and without greeting or respect, she cried with a loud voice,


"In the fifteenth year of her age the princess shall prick herself with a spindle and shall fall down dead."


・foretold:foretell=予言する
・contain=〔感情などを〕抑える
・ordain=命じる
・feast=祝宴
・bid=〔古〕 招待する
・wise woman=魔女
・that=so that~=~できるように
・favourable=favorable=好意的な
・provide=準備する
・leave out=~を除外する
・splendour:splendor=豪華さ
・draw to an end=終わりに近づく
・bestow=贈る
・riches=富、財宝
・whatever~=~するのは何でも
・say=言いたいこと
・in came=came in(強調の意味の倒置)
・burn to~=~することを熱望する
・revenge oneself=うっ憤を晴らす、仕返しする、腹いせをする
・greet=あいさつをする
・respect=敬意
・prick=~を刺す
・spindle=紡錘(糸をつむぐと同時に、糸に撚りをかけながら巻き取る道具)
・shall=【助動】 必ず~となるだろう


そして、カエルが予言したとおりになりました。お妃さまは大変美しい女の子を産み、王様の喜びようは大変なもので、盛大な祝宴をするよう命じました。祝宴には、親戚、友人、知り合いばかりでなく、生まれてきた赤ちゃんに親切に、そして好意を持ってもらいたいと魔女たちも招待しました。この王国には13人の魔女がいましたが、魔女たちのための料理をのせたお皿を、王様は12枚しか用意しませんでした。一人除け者になってしまいます。しかし、祝宴はこれ以上ないというほど豪華なもので、祝宴が終わりに近づくと、魔女たちは前に進み出て、赤ちゃんに素晴らしい贈り物をしました。一人は徳を、一人は美しさを、三番目の魔女は富を、という具合に、この世で望めるものはすべてです。11人の魔女が言葉を言い終わった時、招待されなかった13番目の魔女が、何とかしてうっぷんを晴らそうと入ってきました。挨拶も、敬意を表することもせずに、大きな声でこう叫びました。
「15歳になった時、王女は糸巻き機で自分を刺し、必ずや倒れて死ぬだろう」


ワー、出てきました、おっかない魔女(>_<)


And without speaking one more word she turned away and left the hall. Every one was terrified at her saying, when the twelfth came forward, for she had not yet bestowed her gift, and though she could not do away with the evil prophecy, yet she could soften it, so she said,


"The princess shall not die, but fall into a deep sleep for a hundred years."


Now the king, being desirous of saving his child even from this misfortune, gave commandment that all the spindles in his kingdom should be burnt up.


・turn away=向きを変える、そっぽを向く
・do away with=排除する、なくす
・evil=不吉な
・prophecy=予言
・soften=和らげる
・desirous of~=~を望む
・commandment=命令



そしてもう後は何も言わずに、向きを変えると広間から出て行ってしまいました。魔女のその言葉を聞いて、みんなとても恐ろしくなりました。すると、12番目の魔女が進み出ました。まだ赤ちゃんに贈り物をしていなかったからです。不吉な予言を消してしまうことは私にもできませんが、その効果を弱めることはできますと魔女は言いました。

「王女様は死ぬことはありません。でも、その場に倒れて100年の眠りに入ることになるでしょう」

すぐに王様は、何とかしてこの不運から自分の子どもを救おうと、王国にあるすべての糸巻き機を焼いてしまうように命令を下しました。


アニメでは、魔女は十何人も出てこなかったような…小さい太っちょの善良そうな魔女(笑)が三人ほど、ではなかったかな?

英語でグリム童話『白雪姫』(3)

二度も白雪姫は継母の女王に殺されそうになりましたが…

But fortunately it was almost evening, when the seven dwarfs came home. When they saw Snow-white lying as if dead upon the ground they at once suspected the step-mother, and they looked and found the poisoned comb. Scarcely had they taken it out when Snow-white came to herself, and told them what had happened. Then they warned her once more to be upon her guard and to open the door to no one.


・suspect(人)に嫌疑を掛ける、(人)に罪があると思う
・scarcely~when…=~するやいなや…
・came to herself=意識を回復した、気がついた
・be upon her guard:be upon one's guard=警戒する


けれども、ちょうどいいぐあいに、すぐゆうがたになって、七人の小人(こびと)がかえってきました。そして、白雪姫が、また死んだようになって、地べたにたおれているのを見て、すぐまま母のしわざと気づきました。それで、ほうぼう姫のからだをしらべてみますと、毒(どく)の櫛(くし)が見つかりましたので、それをひきぬきますと、すぐに姫は息をふきかえしました。そして、きょうのことを、すっかり小人たちに話しました。小人たちは、白雪姫にむかってもういちど、よく用心して、けっしてだれがきても、戸をあけてはいけないと、ちゅういしました。


The Queen, at home, went in front of the glass and said---


"Looking-glass, Looking-glass, on the wall,
Who in this land is the fairest of all?"


then it answered as before---


"Oh, Queen, thou art fairest of all I see,
But over the hills, where the seven dwarfs dwell,
Snow-white is still alive and well,


And none is so fair as she."


When she heard the glass speak thus she trembled and shook with rage.
"Snow-white shall die," she cried, "even if it costs me my life!"


・shall die=殺してやる:三人称主語+shall=話し手の意志


心のねじけた女王さまは、家にかえって、鏡(かがみ)の前に立っていいました。

「鏡や、鏡、壁(かべ)にかかっている鏡よ。
 国じゅうで、だれがいちばんうつくしいか、いっておくれ。」

 すると、鏡は、まえとおなじようにに答えました。

「女王さま、ここでは、あなたがいちばんうつくしい。
 けれども、いくつも山こした、
 七人の小人の家にいる白雪姫は、
 まだ千ばいもうつくしい。」

 女王さまは、鏡(かがみ)が、こういったのをきいたとき、あまりの腹(はら)だちに、からだじゅうをブルブルとふるわしてくやしがりました。「白雪姫のやつ、どうしたって、ころさないではおくものか。たとえ、わたしの命がなくなっても、そうしてやるのだ。」と、大きな声でいいました。


Thereupon she went into a quite secret, lonely room, where no one ever came, and there she made a very poisonous apple. Outside it looked pretty, white with a red cheek, so that everyone who saw it longed for it; but whoever ate a piece of it must surely die.


・Thereupon=その後すぐに
・long for=とてもほしいと思う


それからすぐ、女王さまは、まだだれもはいったことのない、はなれたひみつのへやにいって、そこで、毒(どく)の上に毒をぬった一つのリンゴをこさえました。そのリンゴは、見かけはいかにもうつくしくて、白いところに赤みをもっていて、一目見ると、だれでもかじりつきたくなるようにしてありました。けれども、その一きれでもたべようものなら、それこそ、たちどころに死んでしまうという、おそろしいリンゴでした。


When the apple was ready she painted her face, and dressed herself up as a country-woman, and so she went over the seven mountains to the seven dwarfs.  She knocked at the door. Snow-white put her head out of the window and said, "I cannot let any one in; the seven dwarfs have forbidden me." "It is all the same to me," answered the woman,
"I shall soon get rid of my apples. There, I will give you one."


・get rid of~=~を手放す


さて、リンゴが、すっかりできあがりますと、顔を黒くぬって、百姓(しょう)のおかみさんのふうをして、七つの山をこして、七人の小人(こびと)の家へいきました。そして、戸をトントンとたたきますと、白雪姫が、窓(まど)から頭(あたま)をだして、
「七人の小人が、いけないといいましたから、わたしは、だれも中にいれるわけにはいきません。」といいました。
「いいえ、はいらなくてもいいんですよ。わたしはね、いまリンゴをすててしまおうかと思っているところなので、おまえさんにも、ひとつあげようかと思ってね。」と、百姓(しょう)の女はいいました。


"No," said Snow-white, "I dare not take anything." "Are you afraid of poison?"  said the old woman; "look, I will cut the apple in two pieces; you eat the red cheek, and I will eat the white." The apple was so cunningly made that only the red cheek was poisoned. Snow-white longed for the fine apple, and when she saw that the woman ate part of it she could resist no longer, and stretched out her hand and took the poisonous half. But hardly had she a bit of it in her mouth than she fell down dead. Then the Queen looked at her with a dreadful look, and laughed aloud and said, "White as snow, red as blood, black as ebony-wood! this time the dwarfs cannot wake you up again."


・dreadful look=恐ろしい顔で
・ebony=黒檀の


「いいえ、わたしはどんなものでも、人からもらってはいけないのよ。」と、白雪姫はことわりました。
「おまえさんは、毒(どく)でもはいっていると思いなさるのかね。まあ、ごらんなさい。このとおり、二つに切って、半分はわたしがたべましょう。よくうれた赤い方を、おまえさんおあがりなさい。」といいました。
 そのリンゴは、たいへんじょうずに、こしらえてありまして、赤い方のがわだけに、毒(どく)がはいっていました。白雪姫は、百姓のおかみさんが、さもうまそうにたべているのを見ますと、そのきれいなリンゴがほしくてたまらなくなりました。それで、ついなんの気なしに手をだして、毒(どく)のはいっている方の半分を受けとってしまいました。けれども、一かじり口にいれるかいれないうちに、バッタリとたおれ、そのまま息がたえてしまいました。すると、女王さまは、そのようすをおそろしい目つきでながめて、さもうれしそうに、大きな声で笑いながら、
「雪のように白く、血(ち)のように赤く、こくたんのように黒いやつ、こんどこそは、小人(こびと)たちだって、助けることはできまい。」といいました。


りんごのwhiteの部分ということは、薄い緑色や白っぽい部分、どちらかというとりんごの下方の部分のことかな。red cheekは、毒を塗り赤くしてはっきり分かるようにしておいた部分というわけなんだろうね。


ついに鏡は答えました。「女王様、あなたが一番美しい…」


And when she asked of the Looking-glass at home---


"Looking-glass, Looking-glass, on the wall,
Who in this land is the fairest of all?"


it answered at last --


"Oh, Queen, in this land thou art fairest of all."


・ask of~=~に要求する


そして、大いそぎで家にかえりますと、まず鏡(かがみ)のところにかけつけてたずねました。

「鏡や、鏡、壁(かべ)にかかっている鏡よ。
 国じゅうで、だれがいちばんうつくしいか、いっておくれ。」

 すると、とうとう鏡が答えました。

「女王さま、お国でいちばん、あなたがうつくしい。」


Then her envious heart had rest, so far as an envious heart can have rest.


これで、女王さまの、ねたみぶかい心も、やっとしずめることができて、ほんとうにおちついた気もちになりました。


"envious heart"ねえ、はっきり言ってますね。妬みでいっぱいの汚い女王の心が、とりあえずは満足した、ということでしょうか。


The dwarfs, when they came home in the evening, found Snow-white lying upon the ground; she breathed no longer and was dead. They lifted her up, looked to see whether they could find anything poisonous, unlaced her, combed her hair, washed her with water and wine, but it was all of no use; the poor child was dead, and remained dead. They laid her upon a bier, and all seven of them sat round it and wept for her, and wept three days long.


・unlace=コルセットのひもを緩める、衣類をゆるめる
・bier=棺台


ゆうがたになって、小人たちは、家にかえってきましたが、さあたいへん、こんども、また白雪姫が、地べたにころがって、たおれているではありませんか。びっくりして、かけよってみれば、もう姫の口からは息一つすらしていません。かわいそうに死んで、もうひえきってしまっているのでした。小人たちは、お姫さまを、高いところにはこんでいって、なにか毒(どく)になるものはありはしないかと、さがしてみたり、ひもをといたり、髪(かみ)の毛をすいたり、水や、お酒で、よくあらってみたりしましたが、なんの役にもたちませんでした。みんなでかわいがっていたこどもは、こうしてほんとうに死んでしまって、ふたたび生きかえりませんでした。
 小人たちは、白雪姫のからだを、一つの棺(かん)の上にのせました。そして、七人の者が、のこらずそのまわりにすわって、三日三晩泣きくらしました。


Then they were going to bury her, but she still looked as if she were living, and still had her pretty red cheeks. They said, "We could not bury her in the dark ground," and they had a transparent coffin of glass made, so that she could be seen from all sides, and they laid her in it, and wrote her name upon it in golden letters, and that she was a king's daughter. Then they put the coffin out upon the mountain, and one of them always stayed by it and watched it. And birds came too, and wept for Snow-white; first an owl, then a raven, and last a dove.


・transparent=透明な
・raven=(大型の)カラス、ワタリガラス


それから、姫をうずめようと思いましたが、なにしろ姫はまだ生きていたそのままで、いきいきと顔色も赤く、かわいらしく、きれいなものですから、小人たちは、
「まあ見ろよ。これを、あのまっ黒い土の中に、うめることなんかできるものか。」そういって、外から中が見られるガラスの棺(かん)をつくり、その中に姫のからだをねかせ、その上に金文字(きんもじ)で白雪姫という名を書き、王さまのお姫さまであるということも、書きそえておきました。それから、みんなで、棺を山の上にはこびあげ、七人のうちのひとりが、いつでも、そのそばにいて番をすることになりました。すると、鳥や、けだものまでが、そこにやってきて、白雪姫のことを泣きかなしむのでした。いちばんはじめにきたのは、フクロウで、そのつぎがカラス、いちばんおしまいにハトがきました。


And now Snow-white lay a long, long time in the coffin, and she did not change, but looked as if she were asleep; for she was as white as snow, as red as blood, and her hair was as black as ebony.


・coffin=棺


さて、白雪姫は、ながいながいあいだ棺(かん)の中によこになっていましたが、そのからだは、すこしもかわらず、まるで眠っているようにしか見えませんでした。お姫さまは、まだ雪のように白く、血(ち)のように赤く、こくたんのように黒い髪(かみ)の毛をしていました。


It happened, however, that a king's son came into the forest, and went to the dwarfs' house to spend the night. He saw the coffin on the mountain, and the beautiful Snow-white within it, and read what was written upon it in golden letters. Then he said to the dwarfs, "Let me have the coffin, I will give you whatever you want for it." But the dwarfs answered,
"We will not part with it for all the gold in the world." Then he said,
"Let me have it as a gift, for I cannot live without seeing Snow-white. I will honour and prize her as my dearest possession." As he spoke in this way the good dwarfs took pity upon him, and gave him the coffin.


・part with~=~を手放す
・honour=~に敬意を払う
・possession=財産
・took pity upon~=~に同情を示した、~を気の毒に思った


すると、そのうち、ある日のこと、ひとりの王子(おうじ)が、森の中にまよいこんで、七人の小人の家にきて、一晩とまりました。王子は、ふと山の上にきて、ガラスの棺に目をとめました。近よってのぞきますと、じつにうつくしいうつくしい少女のからだがはいっています。しばらくわれをわすれて見とれていました王子は、棺の上に金文字で書いてあることばをよみ、すぐ小人たちに、
「この棺(かん)を、わたしにゆずってくれませんか。そのかわりわたしは、なんでも、おまえさんたちのほしいと思うものをやるから。」といわれました。けれども、小人たちは、
「たとえわたしたちは、世界じゅうのお金を、みんないただいても、こればかりはさしあげられません。」とお答えしました。
「そうだ、これにかわるお礼なんぞあるもんじゃあない。だがわたしは、白雪姫を見ないでは、もう生きていられない。お礼なぞしないから、ただください。わたしの生きているあいだは、白雪姫をうやまい、きっとそまつにはしないから。」王子(おうじ)はおりいっておたのみになりました。
 王子が、こんなにまでおっしゃるので、気だてのよい小人たちは、王子の心もちを、気のどくに思って、その棺をさしあげることにしました。


And now the King's son had it carried away by his servants on their shoulders.  And it happened that they stumbled over a tree-stump, and with the shock the poisonous piece of apple which Snow-white had bitten off came out of her throat. And before long she opened her eyes, lifted up the lid of the coffin, sat up, and was once more alive. "Oh,heavens, where am I?" she cried. The King's son, full of joy, said,
"You are with me," and told her what had happened, and said, "I love you more than everything in the world; come with me to my father's palace, you shall be my wife."


・had it carried away by his servants on their shoulders=それを召使たちに担いで運ばせた:carriedは受動態の過去分詞
・stump=切り株
・before long=まもなく、やがて
・lid=ふた


王子は、それを、家来(けらい)たちにめいじて、肩(かた)にかついではこばせました。ところが、まもなく、家来のひとりが、一本の木につまずきました。で、棺がゆれたひょうしに、白雪姫がかみ切った毒(どく)のリンゴの一きれが、のどからとびだしたものです。すると、まもなく、お姫さまは目をパッチリ見ひらいて、棺(かん)のふたをもちあげて、起きあがってきました。そして元気づいて、
「おやまあ、わたしは、どこにいるんでしょう。」といいました。それをきいた王子のよろこびはたとえようもありませんでした。
「わたしのそばにいるんですよ。」といって、いままであったことをお話しになって、そのあとから、
「わたしは、あなたが世界じゅうのなにものよりもかわいいのです。さあ、わたしのおとうさんのお城(しろ)へいっしょにいきましょう。そしてあなたは、わたしのお嫁(よめ)さんになってください。」といわれました。

And Snow-white was willing, and went with him, and their wedding was held with great show and splendour. But Snow-white's wicked step-mother was also bidden to the feast. When she had arrayed herself in beautiful clothes she went before the Looking-glass, and said---


"Looking-glass, Looking-glass, on the wall,
Who in this land is the fairest of all?"


the glass answered---


"Oh, Queen, of all here the fairest art thou,
But the young Queen is fairer by far as I trow."


・willing=快く(喜んで)やる
・bid=勧誘する、招く
・feast=祝宴
・array=(人を)美しく着飾る
・by far=はるかに、断然
・trow=思う


そこで、白雪姫もしょうちして、王子といっしょにお城にいきました。そして、ふたりのごこんれいは、できるだけりっぱに、さかんにいわわれることになりました。
 けれども、このおいわいの式(しき)には、白雪姫のまま母である女王さまもまねかれることになりました。女王さまは、わかい花嫁(はなよめ)が白雪姫だとは知りませんでした。女王さまはうつくしい着物(きもの)をきてしまったときに、鏡(かがみ)の前にいって、たずねました。

「鏡や、鏡、壁(かべ)にかかっている鏡よ。
 国じゅうで、だれがいちばんうつくしいか、いっておくれ。」

 鏡は答えていいました。

「女王さま、ここでは、あなたがいちばんうつくしい。
 けれども、わかい女王さまは、千ばいもうつくしい。」


Then the wicked woman uttered a curse, and was so wretched, so utterly wretched, that she knew not what to do. At first she would not go to the wedding at all, but she had no peace, and must go to see the young Queen. And when she went in she knew Snow-white; and she stood still with rage and fear, and could not stir. But iron slippers had already been put upon the fire, and they were brought in with tongs, and set before her. Then she was forced to put on the red-hot shoes, and dance until she dropped down dead.


・curse=のろい(の言葉)
・wretched=惨めな
・peace=やすらぎ、安心
・stir=動く、動き出す
・tongs=はさみ道具 (火ばしなど)


これをきいたわるい女王さまは、腹をたてまいことか、のろいのことばをつぎつぎにあびせかけました。そして、気になって気になって、どうしてよいか、わからないくらいでした。女王さまは、はじめのうちは、もうごこんれいの式(しき)にはいくのをやめようかと思いましたけれども、それでも、じぶんででかけていって、そのわかい女王さまを見ないでは、とても、安心できませんでした。女王さまは、まねかれたご殿(てん)にはいりました。そして、ふと見れば、わかい女王になる人とは白雪姫ではありませんか。女王はおそろしさで、そこに立ちすくんだまま動くことができなくなりました。
 けれども、そのときは、もう人々がまえから石炭(せきたん)の火の上に、鉄(てつ)でつくったうわぐつをのせておきましたのが、まっ赤にやけてきましたので、それを火ばしでへやの中に持ってきて、わるい女王さまの前におきました。そして、むりやり女王さまに、そのまっ赤にやけたくつをはかせて、たおれて死ぬまでおどらせました。


結婚式に招かれた女王は、最後は、真っ赤に焼けた鉄の上履きを履かされて、死ぬまで踊り続けねばならなかったのですね。この結末は知りませんでした。


でもいったい、誰がこの罰を用意したのでしょう?


結末はずいぶんあっけない、たったの二、三行で、女王は片付けられてしまいましたね


手持ちの講談社の絵本「しらゆきひめ」では、白雪姫が目覚めて、王子が一緒に僕のお城へ来てください、と言い、白雪姫がそれに応じたところで、小人たちがお祝いを言う。


そして、

七人の小人は、ゆめではないかとよろこんで、王子さまとしらゆきひめに、こころから、おいわいをいいました。

で、終わっていて、女王の最期については触れていませんでした。別に残酷ではないから、この結末を書いてもいいのにね。悪いことをすると罰が与えられるよ、という戒めになるんだし。かの、「疑惑の銃弾」も、そういう結末にしっかりなってほしいもんです。20080228031443




最初に書いたとおり、これは、大部分、2008年1月の記事の転載です。「疑惑の銃弾」はかのロス疑惑のこと。私がそういう罰が与えられる結末になってほしいと思った通り、私がこの記事を書いた後、同年の10月に三浦和義はロサンゼルス市警の留置所で自殺しましたね…

英語でグリム童話『白雪姫』(2)

森に取り残された白雪姫は…

But now the poor child was all alone in the great forest, and so terrified that she looked at every leaf of every tree, and did not know what to do. Then she began to run, and ran over sharp stones and through thorns, and the wild beasts ran past her, but did her no harm.


・thorn=とげのある植物


さて、かわいそうなお姫さまは、大きな森の中で、たったひとりぼっちになってしまって、こわくってたまらず、いろいろな木の葉っぱを見ても、どうしてよいのか、わからないくらいでした。お姫さまは、とにかくかけだして、とがった石の上をとびこえたり、イバラの中をつきぬけたりして、森のおくの方へとすすんでいきました。ところが、けだものはそばをかけすぎますけれども、すこしもお姫さまをきずつけようとはしませんでした。


She ran as long as her feet would go until it was almost evening; then she saw a little cottage and went into it to rest herself. Everything in the cottage was small, but neater and cleaner than can be told. There was a table on which was a white cover, and seven little plates, and on each plate a little spoon; moreover, there were seven little knives and forks, and seven little mugs. Against the wall stood seven little beds side by side, and covered with snow-white counterpanes.


・go=動く、働く、先へ進む
・neat=きちんとした、きれいな
・neater and cleaner than can be told=言い尽くせないほどきれいな
・side by side=並んで
・counterpane=ベッドカバー


白雪姫は、足のつづくかぎり走りつづけて、とうとうゆうがたになるころに、一軒(けん)の小さな家(うち)を見つけましたので、つかれを休めようと思って、その中にはいりました。その家の中にあるものは、なんでもみんな小さいものばかりでしたが、なんともいいようがないくらいりっぱで、きよらかでした。
 そのへやのまん中には、ひとつの白い布(きれ)をかけたテーブルがあって、その上には、七つの小さなお皿(さら)があって、またその一つ一つには、さじに、ナイフに、フォークがつけてあって、なおそのほかに、七つの小さなおさかずきがおいてありました。そして、また壁(かべ)ぎわのところには、七つの小さな寝(ね)どこが、すこしあいだをおいて、じゅんじゅんにならんで、その上には、みんな雪のように白い麻(あさ)の敷布(しきふ)がしいてありました。


七人の小人の家はきれいに片付いていたのですね!結局、白雪姫が食べ散らかしてしまうことになる…(笑)


Little Snow-white was so hungry and thirsty that she ate some vegetables and bread from each plate and drank a drop of wine out of each mug, for she did not wish to take all from one only. Then, as she was so tired, she laid herself down on one of the little beds, but none of them suited her; one was too long, another too short, but at last she found that the seventh one was right, and so she remained in it, said a prayer and went to sleep.


白雪姫は、たいへんおなかがすいて、おまけにのどもかわいていましたから、一つ一つのお皿(さら)から、すこしずつやさいのスープとパンをたべ、それから、一つ一つのおさかずきから、一滴(てき)ずつブドウ酒(しゅ)をのみました。それは、一つところのを、みんなたべてしまうのは、わるいと思ったからでした。それが、すんでしまうと、こんどは、たいへんつかれていましたから、ねようと思って、一つの寝どこにはいってみました。けれども、どれもこれもちょうどうまくからだにあいませんでした。長すぎたり、短すぎたりしましたが、いちばんおしまいに、七ばんめの寝どこが、やっとからだにあいました。それで、その寝どこにはいって、神さまにおいのりをして、そのままグッスリねむってしまいました。


When it was quite dark the owners of the cottage came back; they ere seven dwarfs who dug and delved in the mountains for ore. They lit their seven candles, and as it was now light within the cottage they saw that someone had been there, for everything was not in the same order in which they had left it.


・dwarf=小人
・dug:dig(掘る)の過去形
・delve=地面を深く掘る
・ore=鉱石


日がくれて、あたりがまっくらになったときに、この小さな家の主人たちがかえってきました。その主人たちというのは、七人の小人(こびと)でありました。この小人たちは、毎日、山の中にはいりこんで、金や銀(ぎん)のはいった石をさがして、よりわけたり、ほりだしたりするのが、しごとでありました。小人(こびと)はじぶんたちの七つのランプに火をつけました。すると、家の中がパッとあかるくなりますと、だれかが、その中にいるということがわかりました。それは、小人たちが家をでかけたときのように、いろいろのものが、ちゃんとおいてなかったからでした。


The first said, "Who has been sitting on my chair?"


The second, "Who has been eating off my plate?"


The third, "Who has been taking some of my bread?"


The fourth, "Who has been eating my vegetables?"


The fifth, "Who has been using my fork?"


The sixth, "Who has been cutting with my knife?"


The seventh, "Who has been drinking out of my mug?"


第一の小人が、まず口をひらいて、いいました。
「だれか、わしのいすに腰(こし)をかけた者があるぞ。」
 すると、第二の小人がいいました。
「だれか、わしのお皿(さら)のものをすこしたべた者があるぞ。」
 第三の小人がいいました。
「だれか、わしのパンをちぎった者があるぞ。」
 第四の小人がいいました。
「だれか、わしのやさいをたべた者があるぞ。」
 第五の小人がいいました。
「だれかわしのフォークを使った者があるぞ。」
 第六の小人(こびと)がいいました。
「だれか、わしのナイフで切った者があるぞ。」
 第七の小人がいいました。
「だれか、わしのさかずきでのんだ者があるぞ。」


Then the first looked round and saw that there was a little hole on his bed, and he said, "Who has been getting into my bed?" The others came up and each called out, "Somebody has been lying in my bed too." But the seventh when he looked at his bed saw little Snow-white, who was lying asleep therein. And he called the others, who came running up, and they cried out with astonishment, and brought their seven little candles and let the light fall on little Snow-white.  "Oh, heavens! oh, heavens!" cried they, "what a lovely child!" and they were so glad that they did not wake her up, but let her sleep on in the bed. And the seventh dwarf slept with his companions, one hour with each, and so got through the night.


・got through the night=夜をうまく持ちこたえた


それから、第一の小人が、ほうぼうを見まわしますと、じぶんの寝(ね)どこが、くぼんでいるのを見つけて、声をたてました。
「だれが、わしの寝どこにはいりこんだのだ。」
 すると、ほかの小人(こびと)たちが寝(ね)どこへかけつけてきて、さわぎだしました。
「わしの寝どこにも、だれかがねたぞ。」
 けれども、第七ばんめの小人は、じぶんの寝どこへいってみると、その中に、はいってねむっている白雪姫を見つけました。こんどは、第七ばんめの小人が、みんなをよびますと、みんなは、なにがおこったのかと思ってかけよってきて、びっくりして声をたてながら七つのランプを持ってきて白雪姫をてらしました。
「おやおやおやおや、なんて、この子は、きれいなんだろう。」と、小人(こびと)はさけびました。それから小人たちは、大よろこびで、白雪姫(しらゆきひめ)をおこさないで、寝(ね)どこの中に、そのままソッとねさせておきました。そして、七ばんめの小人は、一時間ずつほかの小人の寝どこにねるようにして、その夜をあかしました。


When it was morning little Snow-white awoke, and was frightened when she saw the seven dwarfs. But they were friendly and asked her what her name was. "My name is Snow-white," she answered. "How have you come to our house?" said the dwarfs. Then she told them that her step-mother had wished to have her killed, but that the huntsman had spared her life, and that she had run for the whole day, until at last she had found their dwelling. The dwarfs said, "If you will take care of our house, cook, make the beds, wash, sew, and knit, and if you will keep everything neat and clean, you can stay with us and you shall want for nothing." "Yes," said Snow-white, "with all my heart," and she stayed with them.  She kept the house in order for them; in the mornings they went to the mountains and looked for copper and gold, in the evenings they came back, and then their supper had to be ready. The girl was alone the whole day, so the good dwarfs warned her and said, "Beware of your step-mother, she will soon know that you are here; be sure to let no one come in."


・spare=助命する、救う
・dwelling=住居
・shall=二[三]人称で話者の意思・約束・威かくを表す (You ~ have it. 君にあげよう; He ~ come. 彼を来させなさい)
・want for nothing=何一つ不自由しない、不自由なく暮らす
・with all my heart=心から
・Beware of~=~に気を付ける
・be sure to~=必ず~しなさい


朝になって、白雪姫は目をさまして、七人の小人を見て、おどろきました。けれども、小人たちは、たいへんしんせつにしてくれて、「おまえさんの名まえはなんというのかな。」とたずねました。すると、
「わたしの名まえは、白雪姫というのです。」と、お姫さまは答えました。
「おまえさんは、どうして、わたしたちの家(うち)にはいってきたのかね。」と、小人たちはききました。そこで、お姫さまは、まま母が、じぶんをころそうとしたのを、かりうどが、そっと助けてくれたので、一日じゅう、かけずりまわって、やっと、この家を見つけたことを、小人たちに話しました。その話をきいて、小人たちは、
「もしも、おまえさんが、わしたちの家の中のしごとをちゃんと引きうけて、にたきもすれば、おとこものべるし、せんたくも、ぬいものも、あみものも、きちんときれいにする気があれば、わしたちは、おまえさんを家(うち)においてあげて、なんにもふそくのないようにしてあげるんだが。」といいました。
「どうぞ、おねがいします。」と、お姫さまはたのみました。それからは、白雪姫(しらゆきひめ)は、小人(こびと)の家にいることになりました。
 白雪姫は、小人の家のしごとを、きちんとやります。小人の方では毎朝、山にはいりこんで、金や銀(ぎん)のはいった石をさがし、夜になると、家にかえってくるのでした。そのときまでに、ごはんのしたくをしておかねばなりませんでした。ですから、ひるまは白雪姫は、たったひとりでるすをしなければなりませんので、しんせつな小人たちは、こんなことをいいました。
「おまえさんのまま母さんに用心なさいよ。おまえさんが、ここにいることを、すぐ知るにちがいない。だから、だれも、この家の中にいれてはいけないよ。」


But the Queen, believing that she had eaten Snow-white's heart, could not but think that she was again the first and most beautiful of all; and she went to her looking-glass and said---


"Looking-glass, Looking-glass, on the wall,
Who in this land is the fairest of all?"


and the glass answered --


"Oh, Queen, thou art fairest of all I see,
But over the hills, where the seven dwarfs dwell,
Snow-white is still alive and well,


And none is so fair as she."


・could not but~=~せずにはいられなかった
・thou art=【古】you are


こんなことはすこしも知らない女王さまは、かりうどが白雪姫をころしてしまったものだと思って、じぶんが、また第一のうつくしい女になったと安心していましたので、あるとき鏡(かがみ)の前にいって、いいました。

「鏡や、鏡、壁(かべ)にかかっている鏡よ。
 国じゅうで、だれがいちばんうつくしいか、いっておくれ。」

 すると、鏡が答えました。

「女王(じょおう)さま、ここでは、あなたがいちばんうつくしい。
 けれども、いくつも山こした、
 七人の小人の家にいる白雪姫(しらゆきひめ)は、
 まだ千ばいもうつくしい。」


Then she was astounded, for she knew that the looking-glass never spoke falsely, and she knew that the huntsman had betrayed her, and that little Snow-white was still alive.


・astounded=びっくりする、がくぜんとする
・falsely=偽って
・betray=裏切る


これをきいたときの、女王さまのおどろきようといったらありませんでした。この鏡は、けっしてまちがったことをいわない、ということを知っていましたので、かりうどが、じぶんをだましたということも、白雪姫が、まだ生きているということも、みんなわかってしまいました。


And so she thought and thought again how she might kill her, for so long as she was not the fairest in the whole land, envy let her have no rest. And when she had at last thought of something to do, she painted her face, and dressed herself like an old pedler-woman, and no one could have known her. In this disguise she went over the seven mountains to the seven dwarfs, and knocked at the door and cried, "Pretty things to sell, very cheap, very cheap." Little Snow-white looked out of the window and called out, "Good-day my good woman, what have you to sell?" "Good things, pretty things," she answered; "stay-laces of all colours," and she pulled out one which was woven of bright-coloured silk. "I may let the worthy old woman in," thought Snow-white, and she unbolted the door and bought the pretty laces. "Child," said the old woman, "what a fright you look; come, I will lace you properly for once." Snow-white had no suspicion, but stood before her, and let herself be laced with the new laces. But the old woman laced so quickly and so tightly that Snow-white lost her breath and fell down as if dead. "Now I am the most beautiful," said the Queen to herself, and ran away.


・for=なぜなら
・envy=嫉妬
・pedler=peddler=行商人
・disguise=変装
・pretty=しゃれた
・stay-lace=コルセットのひも
・woven=weaveの過去分詞:「編んだ」
・worthy=立派な
・unbolt=~のかんぬきをはずす
・fright:look a frightで「異様に見える」という意味のようなので、 ここでは、コルセット、あるいは服のひもの結び方がなってない、と言っているのだと思う。
・lace=~をひもで縛る〔むすぶ〕
・properly=ちゃんと
・for once=今回だけは、一度くらい


そこで、どうにかして、白雪姫をころしてしまいたいものだと思いまして、またあたらしく、いろいろと考えはじめました。女王さまは、国じゅうでじぶんがいちばんうつくしい女にならないうちは、ねたましくて、どうしても、安心していられないからでありました。
 そこで、女王さまは、おしまいになにか一つの計略(けいりゃく)を考えだしました。そしてじぶんの顔を黒くぬって、年よりの小間物屋(こまものや)のような着物(きもの)をきて、だれにも女王さまとは思えないようになってしまいました。こんなふうをして、七つの山をこえて、七人の小人(こびと)の家にいって、戸をトントンとたたいて、いいました。
「よい品物(しなもの)がありますが、お買いになりませんか。」
 白雪姫はなにかと思って、窓(まど)から首をだしてよびました。
「こんにちは、おかみさん、なにがあるの。」
「上等(じょうとう)な品で、きれいな品を持ってきました。いろいろかわったしめひもがあります。」といって、いろいろな色の絹糸(きぬいと)であんだひもを、一つ取りだしました。白雪姫は、
「この正直(しょうじき)そうなおかみさんなら、家の中にいれてもかまわないだろう。」と思いまして、戸をあけて、きれいなしめひもを買いとりました。
「おじょうさんには、よくにあうことでしょう。さあ、わたしがひとつよくむすんであげましょう。」と、年よりの小間物屋(こまものや)はいいました。
 白雪姫は、すこしもうたがう気がありませんから、そのおかみさんの前に立って、あたらしい買いたてのひもでむすばせました。すると、そのばあさんは、すばやく、そのしめひもを白雪姫の首をまきつけて、強くしめましたので、息ができなくなって、死んだようにたおれてしまいました。
「さあ、これで、わたしが、いちばんうつくしい女になったのだ。」といって、まま母はいそいで、でていってしまいました。


Not long afterwards, in the evening, the seven dwarfs came home, but how shocked they were when they saw their dear little Snow-white lying on the ground, and that she neither stirred nor moved, and seemed to be dead. They lifted her up, and, as they saw that she was laced too tightly, they cut the laces; then she began to breathe a little, and after a while came to life again. When the dwarfs heard what had happened they said, "The old pedler-woman was no one else than the wicked Queen; take care and let no one come in when we are not with you."


・stir=目覚める
・no one else than~=~以外の人ではありえない、~に違いない


それからまもなく、日がくれて、七人の小人(こびと)たちが、家にかえってきましたが、かわいがっていた白雪姫が、地べたの上にたおれているのを見たときには、小人たちのおどろきようといったらありませんでした。白雪姫は、まるで死人のように、息もしなければ、動きもしませんでした。みんなで白雪姫を地べたから高いところにつれていきました。そして、のどのところが、かたくしめつけられているのを見て、小人たちは、しめひもを二つに切ってしまいました。すると、すこし息をしはじめて、だんだん元気づいてきました。小人たちは、どんなことがあったのかをききますと、姫はきょうあった、いっさいのことを話しました。
「その小間物売(こまものう)りの女こそ、鬼(おに)のような女王にちがいない。よく気をつけなさいよ。わたしたちがそばにいないときには、どんな人だって、家にいれないようにするんですよ。」と。


But the wicked woman when she had reached home went in front of the glass and asked---


"Looking-glass, Looking-glass, on the wall,
Who in this land is the fairest of all?"


and it answered as before---


"Oh, Queen, thou art fairest of all I see,
But over the hills, where the seven dwarfs dwell,
Snow-white is still alive and well,


And none is so fair as she."


わるい女王の方では、家にかえってくると、すぐ鏡(かがみ)の前にいって、たずねました。

「鏡や、鏡、壁(かべ)にかかっている鏡よ。
 国じゅうで、だれがいちばんうつくしいか、いっておくれ。」

 すると、鏡は、正直(しょうじき)にまえとおなじに答えました。

「女王さま、ここでは、あなたがいちばんうつくしい。
 けれども、いくつも山こした、
 七人の小人(こびと)の家にいる白雪姫は、
 まだ千ばいもうつくしい。」


When she heard that, all her blood rushed to her heart with fear, for she saw plainly that little Snow-white was again alive. "But now," she said, "I will think of something that shall put an end to you," and by the help of witchcraft, which she understood, she made a poisonous comb. Then she disguised herself and took the shape of another old woman. So she went over the seven mountains to the seven dwarfs, knocked at the door, and cried, "Good things to sell, cheap, cheap!" Little Snow-white looked out and said, "Go away; I cannot let any one come in." "I suppose you can look," said the old woman, and pulled the poisonous comb out and held it up. It pleased the girl so well that she let herself be beguiled, and opened the door. When they had made a bargain the old woman said, "Now I will comb you properly for once." Poor little Snow-white had no suspicion, and let the old woman do as she pleased, but hardly had she put the comb in her hair than the poison in it took effect, and the girl fell down senseless. "You paragon of beauty," said the wicked woman, "you are done for now," and she went away.


・saw:see(理解する)の過去形
・plainly=はっきりと
・witchcraft=魔法、魔力
・understood=~の扱い方を心得ていた、~に通じていた
・poisonous=有毒な
・disguised herself=変装した
・let herself be beguiled=自分で自分の気を紛らわせて
・made a bargain=売買をした、取引をした
・hardly~than…=hardly~when…=~するがはやいか…
・had she=she had:倒置
・took effect=take effect(〔薬などが〕効く)の過去形
・senseless=意識を失った
・paragon of beauty=美の化身、絶世の美人
・are done=おしまいだ、終りだ


このことを女王さまがきいたときには、からだじゅうの血(ち)がいっぺんに、胸(むね)によってきたかと思うくらいおどろいてしまいました。白雪姫が、また生きかえったということを知ったからです。
「だが、こんどこそは、おまえを、ほんとうにころしてしまうようなことを工夫(くふう)してやるぞ。」そういって、じぶんの知っている魔法(まほう)をつかって、一つの毒(どく)をぬった櫛(くし)をこしらえました。それから、女王さまは、みなりをかえ、まえとはべつなおばあさんのすがたになって、七つの山をこえ、七人の小人のところにいって、トントンと戸をたたいて、いいました。
「よい品物(しなもの)がありますが、お買いになりませんか。」
 白雪姫は、中からちょっと顔をだして、
「さあ、あっちにいってちょうだい。だれも、ここにいれないことになっているんですから。」
「でも、見るだけなら、かまわないでしょう。」
 おばあさんはそういって、毒(どく)のついている櫛(くし)を、箱(はこ)から取りだし、手のひらにのせて高くさしあげてみせました。ところが、その櫛がばかに、白雪姫のお気にいりましたので、その方に気をとられて、思わず戸をあけてしまいました。そして、櫛を買うことがきまったときに、おばあさんは、
「では、わたしが、ひとつ、いいぐあいに髪(かみ)をといてあげましょう。」といいました。
 かわいそうな白雪姫は、なんの気なしに、おばあさんのいうとおりにさせました。ところが、櫛(くし)の歯(は)が髪の毛のあいだにはいるかはいらないうちに、おそろしい毒が、姫の頭(あたま)にしみこんだものですから、姫はそのばで気をうしなってたおれてしまいました。
「いくら、おまえがきれいでも、こんどこそおしまいだろう。」と、心のまがった女は、きみのわるい笑いを浮かべながら、そこをでていってしまいました。

英語でグリム童話『白雪姫』(1)

続いて、グリム童話を読もうと思いますが、転載するのは2008年1月の記事なので、その時のコメント付きですが…


NHKラジオ「きょうも元気で!わくわくラジオ」の"ときめきカルチャー"で、「グリム童話から見た民話の世界」の題で、京都大学大学院教授の高橋義人さんが『白雪姫』について話しておられた。


西洋のお話だからキリスト教の罪の意識が盛り込まれている、女王が鏡を見て自分がきれいだと思うのも、白雪姫の美しさを憎むのも、毒リンゴで殺そうとするのも全て罪だというのだ。それも、だんだんにエスカレートして。日本では、鏡は神的なものとされているが、西洋では魔物とか・・・


掃除機をかけながらだったので正確に聞き取れているかわからないが、ちょっと興味深いお話だった。


このお話に関する高橋氏の本はどうもこれのようだが

グリム童話の世界―ヨーロッパ文化の深層へ (岩波新書)グリム童話の世界―ヨーロッパ文化の深層へ (岩波新書)
(2006/10)
高橋 義人

商品詳細を見る

で、急に『白雪姫』を英語で読んでみたくなりました。


Project Gutenbergより

(訳は青空文庫の菊池寛訳です)

Little Snow-white


Once upon a time in the middle of winter, when the flakes of snow were falling like feathers from the sky, a queen sat at a window sewing, and the frame of the window was made of black ebony. And whilst she was sewing and looking out of the window at the snow, she pricked her finger with the needle, and three drops of blood fell upon the snow. And the red looked pretty upon the white snow, and she thought to herself, "Would that I had a child as white as snow, as red as blood, and as black as the wood of the window-frame."


・flake=雪片、雪のひとひら
・ebony=《植物》黒檀
・whilst=【接続】〔英〕(formal) while.
・prick=ちくりと刺す
・pretty=きれいな、美しい
・Would that=~であればよいのに◆仮定法で用いられる文語表現[例文]Would that I could see you now. (今あなたに会えればよいのに)


むかしむかし、冬のさなかのことでした。雪が、鳥の羽のように、ヒラヒラと天からふっていましたときに、ひとりの女王(じょおう)さまが、こくたんのわくのはまった窓(まど)のところにすわって、ぬいものをしておいでになりました。女王さまは、ぬいものをしながら、雪をながめておいでになりましたが、チクリとゆびを針(はり)でおさしになりました。すると、雪のつもった中に、ポタポタポタと三滴(てき)の血(ち)がおちました。まっ白い雪の中で、そのまっ赤な血(ち)の色が、たいへんきれいに見えたものですから、女王さまはひとりで、こんなことをお考えになりました。
「どうかして、わたしは、雪のようにからだが白く、血のように赤いうつくしいほっぺたをもち、このこくたんのわくのように黒い髪(かみ)をした子がほしいものだ。」と。


Soon after that she had a little daughter, who was as white as snow, and as red as blood, and her hair was as black as ebony; and she was therefore called Little Snow-white. And when the child was born, the Queen died.


それから、すこしたちまして、女王さまは、ひとりのお姫(ひめ)さまをおうみになりましたが、そのお姫さまは色が雪のように白く、ほおは血のように赤く、髪の毛はこくたんのように黒くつやがありました。それで、名も白雪姫(しらゆきひめ)とおつけになりました。けれども、女王さまは、このお姫さまがおうまれになりますと、すぐおなくなりになりました。


After a year had passed the King took to himself another wife. She was a beautiful woman, but proud and haughty, and she could not bear that anyone else should surpass her in beauty. She had a wonderful looking-glass, and when she stood in front of it and looked at herself in it, and said---

・haughty=ごう慢な
・surpass=~に勝る
・looking-glass=鏡


一年以上たちますと、王さまはあとがわりの女王さまをおもらいになりました。その女王さまはうつくしいかたでしたが、たいへんうぬぼれが強く、わがままなかたで、じぶんよりもほかの人がすこしでもうつくしいと、じっとしてはいられないかたでありました。ところが、この女王さまは、まえから一つのふしぎな鏡(かがみ)を持っておいでになりました。その鏡をごらんになるときは、いつでも、こうおっしゃるのでした。


"Looking-glass, Looking-glass, on the wall, Who in this land is the fairest of all?"

・fair=美しい


「鏡(かがみ)や、鏡、壁(かべ)にかかっている鏡よ。
 国じゅうで、だれがいちばんうつくしいか、いっておくれ。」


the looking-glass answered---

"Thou, O Queen, art the fairest of all!"

Then she was satisfied, for she knew that the looking-glass spoke the truth.

 
・Thou=なんじは[が] ((二人称単数))
・art=〔古〕 (thouが主語の時の)beの二人称・単数・直説法現在


すると、鏡はいつもこう答えていました。

「女王さま、あなたこそ、お国でいちばんうつくしい。」

 それをきいて、女王さまはご安心なさるのでした。というのは、この鏡は、うそをいわないということを、女王さまは、よく知っていられたからです。


高橋義人氏がおっしゃる、第一の罪ですね。鏡を見て自分がきれいだと思う女はみんな、この時点で罪人!(^_^;)


But Snow-white was growing up, and grew more and more beautiful; and when she was seven years old she was as beautiful as the day, and more beautiful than the Queen herself. And once when the Queen asked her looking-glass --

・as beautiful as the day:as~as the day( is long)=とても、非常に~


そのうちに、白雪姫(しらゆきひめ)は、大きくなるにつれて、だんだんうつくしくなってきました。お姫さまが、ちょうど七つになられたときには、青々と晴れた日のように、うつくしくなって、女王さまよりも、ずっとうつくしくなりました。ある日、女王さまは、鏡の前にいって、おたずねになりました。


"Looking-glass, Looking-glass, on the wall, Who in this land is the fairest of all?"


it answered---


"Thou art fairer than all who are here, Lady Queen."
But more beautiful still is Snow-white, as I ween."

・still=((比較級を強めて))もっと、いっそう、さらに
・ween=【他動】〈古〉~だと思う、予期する◆【同】expect


「鏡や、鏡、壁にかかっている鏡よ。
 国じゅうで、だれがいちばんうつくしいか、いっておくれ。」

 すると、鏡は答えていいました。

「女王(じょおう)さま、ここでは、あなたがいちばんうつくしい。
 けれども、白雪姫(しらゆきひめ)は、千ばいもうつくしい。」


Then the Queen was shocked, and turned yellow and green with envy. From that hour, whenever she looked at Snow-white, her heart heaved in her breast, she hated the girl so much.

・yellow=色が悪い
・green=青ざめた
・heave=あえぐ、(ため息・うめき声を)漏らす


女王さまは、このことをおききになると、びっくりして、ねたましくなって、顔色を黄いろくしたり、青くしたりなさいました。
 さて、それからというものは、女王さまは、白雪姫をごらんになるたびごとに、ひどくいじめるようになりました。


女王が白雪姫を妬む、これが第2の罪。


And envy and pride grew higher and higher in her heart like a weed, so that she had no peace day or night. She called a huntsman, and said,
"Take the child away into the forest; I will no longer have her in my sight. Kill her, and bring me back her heart as a token." The huntsman obeyed, and took her away; but when he had drawn his knife, and was about to pierce Snow-white's innocent heart, she began to weep, and said, "Ah huntsman, leave me my life! I will run away into the wild forest, and never come home again."

・weed=雑草
・token=しるし、証拠
・innocent=罪のない、純真な


そして、ねたみと、こうまんとが、野原の草がいっぱいはびこるように、女王さまの、心の中にだんだんとはびこってきましたので、いまでは夜もひるも、もうじっとしてはいられなくなりました。
 そこで、女王さまは、ひとりのかりうどをじぶんのところにおよびになって、こういいつけられました。
「あの子を、森の中につれていっておくれ。わたしは、もうあの子を、二どと見たくないんだから。だが、おまえはあの子をころして、そのしょうこに、あの子の血(ち)を、このハンケチにつけてこなければなりません。」
 かりうどは、そのおおせにしたがって、白雪姫(しらゆきひめ)を森の中へつれていきました。かりうどが、狩(か)りにつかう刀(かたな)をぬいて、なにも知らない白雪姫の胸(むね)をつきさそうとしますと、お姫さまは泣いて、おっしゃいました。
「ああ、かりうどさん、わたしを助けてちょうだい。そのかわり、わたしは森のおくの方にはいっていって、もう家にはけっしてかえらないから。」


女王が白雪姫を殺そうと考える、これが第3の罪。だんだんエスカレートしていきます。


And as she was so beautiful the huntsman had pity on her and said, "Run away, then, you poor child." "The wild beasts will soon have devoured you," thought he, and yet it seemed as if a stone had been rolled from his heart since it was no longer needful for him to kill her. And as a young boar just then came running by he stabbed it, and cut out its heart and took it to the Queen as proof that the child was dead. The cook had to salt this, and the wicked Queen ate it, and thought she had eaten the heart of Snow-white.

・devour=むさぼり食う
・roll=転がす、動かす
・boar=イノシシPhoto
・stab=突き刺す


これをきくと、かりうども、お姫さまがあまりにうつくしかったので、かわいそうになってしまって、
「じゃあ、はやくおにげなさい。かわいそうなお子さまだ。」といいました。
「きっと、けものが、すぐでてきて、くいころしてしまうだろう。」と、心のうちで思いましたが、お姫さまをころさないですんだので、胸の上からおもい石でもとれたように、らくな気もちになりました。ちょうどそのとき、イノシシの子が、むこうからとびだしてきましたので、かりうどはそれをころして、その血(ち)をハンケチにつけて、お姫さまをころしたしょうこに、女王さまのところに持っていきました。女王さまは、それをごらんになって、すっかり安心して、白雪姫は死んだものと思っていました。


この節の最後の一文、"The cook had to salt this, and the wicked Queen ate it, and thought she had eaten the heart of Snow-white."を、菊池寛氏は訳していませんね。あまりにも残酷すぎるからですね。

コックが女王のために、その心臓に塩を振って調理し、女王は白雪姫の心臓と信じて、実はイノシシの心臓を食べたわけで。おお、怖っ!

英語でグリム童話『金のガチョウ』

今回は気分を変えて「グリム童話」からです。

とりあえず私の拙い訳を載せ、その後に、いずみ書房の英語の本、レディバードブックス100点セットの紹介のところに載っているを拝借して載せます。

小さい頃に聞いたことがあるでしょう金のガチョウにみんながくっついてしまうお話ですよね

THE GOLDEN GOOSE


金のガチョウ

There was a man who had three sons, the youngest of whom was called Dummling,[*] and was despised, mocked, and sneered at on every occasion.


・despise=軽蔑する、嫌う
・mock=ばかにする
・sneer=あざ笑う
[*] Simpleton=〈古〉ばか者、愚か者、あほ、間抜け


ある男に三人の息子がいました。末っ子は、"ダムリング"、つまり"ばか者"と呼ばれて、嫌われ、馬鹿にされ、笑われるような息子でした。

It happened that the eldest wanted to go into the forest to hew wood, and before he went his mother gave him a beautiful sweet cake and a bottle of wine in order that he might not suffer from hunger or thirst.


・hew=(木を)切り倒す
・sweet=甘い


ある時、一番上の息子が木を切りに森に行くことになりました。出かける前に、お腹がすいたり喉がかわいたりしないようにと、お母さんは、素敵な甘いケーキとビンに入れたワインを息子に渡しました。

When he entered the forest he met a little grey-haired old man who bade him good day, and said: 'Do give me a piece of cake out of your pocket, and let me have a draught of your wine; I am so hungry and thirsty.' But the clever son answered: 'If I give you my cake and wine, I shall have none for myself; be off with you,' and he left the little man standing and went on.


・grey-haired=白髪頭の
・bade:bid=(あいさつ・別れなどを)述べる、の過去形
・good day=こんにちは
・draught=一飲み
・be off with you=おいとまする
・go on=進み続ける、~を続ける[継続する]


その息子が森に入った時、小さい白髪頭のおじいさんに会いました。そのおじいさんは息子にこんにちはとあいさつをすると、「あんたのポケットに入ってるケーキを一切れおくれ、それからワインも一口飲ませてくれ、すごく腹がへってるし、喉がかわいてるんだ」と言ったのです。でも、賢いその息子は答えました。「もしあなたにあげてしまったら、僕の分がなくなってしまいます。それではさようなら」と言って、息子はその小さい男の人をそこに残して先を急ぎました。

But when he began to hew down a tree, it was not long before he made a false stroke, and the axe cut him in the arm, so that he had to go home and have it bound up. And this was the little grey man's doing.


・not long before=すぐに~する、程なく~する
・stroke=〔手や武器などで〕打つこと、一撃・have it bound up:bind up=包帯をする、boundは受身の過去分詞


ところが、木を切り始めてほどなく、手元が狂って息子は斧で腕を切ってしまったので、家へ帰って包帯をしなくてはなりませんでした。これはあの小さい白髪頭のおじいさんの仕業だったのです。

After this the second son went into the forest, and his mother gave him, like the eldest, a cake and a bottle of wine. The little old grey man met him likewise, and asked him for a piece of cake and a drink of wine. But the second son, too, said sensibly enough: 'What I give you will be taken away from myself; be off!' and he left the little man standing and went on. His punishment, however, was not delayed; when he had made a few blows at the tree he struck himself in the leg, so that he had to be carried home.


・sensibly=賢く
・be off=あっちへ行け

このことがあった後、二番目の息子が森へ行きました。お母さんは、上の息子の時と同じように、ケーキとビンに入ったワインを渡しました。この息子も同じように小さい白髪頭のおじいさんに会い、ケーキを一切れとビンのワインをくれと言われました。しかし、この二番目の息子も要領よくこう言いました。「あんたにあげたりしたら僕のがなくなってしまうよ、あっちへ行けよ!」そう言うと息子はその小さい男の人を残して行ってしまいました。息子に与えられる罰はすぐやってきました。木に斧を二、三回打ち下ろしたところで、自分の足を切ってしまったのです。歩けないので、家まで運んでもらわなければなりませんでした。

Then Dummling said: 'Father, do let me go and cut wood.' The father answered: 'Your brothers have hurt themselves with it, leave it alone, you do not understand anything about it.' But Dummling begged so long that at last he said: 'Just go then, you will get wiser by hurting yourself.' His mother gave him a cake made with water and baked in the cinders, and with it a bottle of sour beer.


・leave it alone=放っておけ
・cinder=〔石炭などの〕燃え殻、灰
・sour=酸っぱくなった


すると、ダムリングが言いました。「父さん、僕に森へ行って木を切らせて」父親は答えました。「お前の兄さんたちは木を切ろうとしてけがをしてしまったんだから、放っておけ。おまえは木のことを何にもわかってないんだから」でも、ダムリングが長いこと行くと言い張ったので、ついに父親は言いました。「じゃ行って来い、怪我をすれば賢くなるだろう」母親は、水を使ってケーキを作り、炭の燃え殻で焼き、酸っぱくなったようなビールを瓶に入れてダムリングに渡しました。

かわいそうにお母さんにも虐げられてたわけね


When he came to the forest the little old grey man met him likewise, and greeting him, said: 'Give me a piece of your cake and a drink out of your bottle; I am so hungry and thirsty.' Dummling answered: 'I have only cinder-cake and sour beer; if that pleases you, we will sit down and eat.' So they sat down, and when Dummling pulled out his cinder-cake, it was a fine sweet cake, and the sour beer had become good wine. So they ate and drank, and after that the little man said: 'Since you have a good heart, and are willing to divide what you have, I will give you good luck. There stands an old tree, cut it down, and you will find something at the roots.' Then the little man took leave of him.


・took leave of:take leave of=~に別れを告げる


ダムリングが森にやってくると、同じように小さい白髪頭のお爺さんに出会いました。おじいさんは挨拶をすると、「ケーキを一切おくれ、それから瓶から一口飲ませておくれよ、ひどくお腹がすいてるし喉も乾いてるんだ」ダムリングは答えました。「僕が持ってるのは灰だらけのケーキだし、酸っぱいビールですよ。それでいいなら、一緒に座って食べましょう」そうして、二人はそこに座りました。ダムリングが灰だらけのケーキを取り出すと、なんとそれは甘くておいしいケーキになっていましたし、酸っぱいビールはおいしいワインになっていたのです。二人はそれを食べて飲んで、その後小さい男の人は言いました。「あんたはいい心の持ち主で、自分の持っているものを分けてくれようとしたから、私があなたに幸運をあげよう。あそこに年老いた木が立っている。切り倒してこらん、根元に何か見つかるから」そして、その小さい男の人はダムリングに別れを告げました。

Dummling went and cut down the tree, and when it fell there was a goose sitting in the roots with feathers of pure gold. He lifted her up, and taking her with him, went to an inn where he thought he would stay the night. Now the host had three daughters, who saw the goose and were curious to know what such a wonderful bird might be, and would have liked to have one of its golden feathers.


・would have liked to=やりたいと思っていた


ダムリングはそこまで行って木を切り倒しました。木が倒れた時、その根元に純金の羽を持ったガチョウがすわっていました。ガチョウを抱き上げて、その夜を過ごそうと思っていた宿屋へ一緒に連れて行きました。宿屋の主人には三人の娘がいて、その娘たちはガチョウを見ると、一体こんな素晴らしいガチョウがいるなんてどういうことなんだろうと興味しんしんで、できればその金の羽を一枚欲しいと思いました。

The eldest thought: 'I shall soon find an opportunity of pulling out a feather,' and as soon as Dummling had gone out she seized the goose by the wing, but her finger and hand remained sticking fast to it.


・stick=くっつく
・fast=しっかりと


長女はこう思いました。「何とかして羽を一枚ぬいてやるわ」そして、ダムリング外出するとすぐにガチョウの翼をつかみました。するとなんとしたことでしょう、娘の指と手がダチョウの翼にしっかりとくっついて離れなくなってしまったのです。

The second came soon afterwards, thinking only of how she might get a feather for herself, but she had scarcely touched her sister than she was held fast.


・for herself=自分のために
・scarcely touched her sister than=姉にさわるやいなや



その後、次女がすぐやってきたのですが、自分はどうやって羽を取ろうかとばかり考えていて、姉さんにさわるやいなや、次女もしっかりとくっついてしまいました。

At last the third also came with the like intent, and the others screamed out: 'Keep away; for goodness' sake keep away!' But she did not understand why she was to keep away. 'The others are there,' she thought, 'I may as well be there too,' and ran to them; but as soon as she had touched her sister, she remained sticking fast to her. So they had to spend the night with the goose.


・keep away=近づかない
・for goodness' sake=お願いだから
・may as well=~して差し支えない、~してもよい



ついに、三女も同じことを考えながらやってきました。他の二人が叫びました。「近づかないで、お願いだから、近づかないで!」しかし、三女は、どうして近づいてはいけないのか意味がわかりませんでした。「姉さんたちがそこにいるんだから」と三女は思いました。「私もそこに行っても悪いわけがない」三女は走って姉さんたちのところへ行きました。姉さんにさわった途端、しっかりと姉さんにくっついてしまいました。だから、三人とも金のガチョウと一緒に一晩過ごさなければならなかったのです。
golden_goose.jpg


The next morning Dummling took the goose under his arm and set out, without troubling himself about the three girls who were hanging on to it. They were obliged to run after him continually, now left, now right, wherever his legs took him.


・troubling himself about:trouble oneself about=頓着する
・obliged to=《be ~》余儀なく[やむなく・仕方なしに]~する
・continually=継続的に、ひっきりなしに:この場合は「つながって」でしょうね、この様子想像してみて下さい



翌朝、ダムリングは金のガチョウを抱えて出発しました。ガチョウにぶら下がっている三人の娘には頓着なしにです。娘たちは仕方なくダムリングの後をつながって追いかけるしかありませんでした、ダムリングの足の向くまま左に右に、です。

In the middle of the fields the parson met them, and when he saw the procession he said: 'For shame, you good-for-nothing girls, why are you running across the fields after this young man? Is that seemly?' At the same time he seized the youngest by the hand in order to pull her away, but as soon as he touched her he likewise stuck fast, and was himself obliged to run behind.


・parson=牧師
・procession=行列
・For shame=みっともない
・good-for-nothing=どうしようもない
・seemly=上品な、品のある



野原の真ん中で、牧師さんが彼らに出会いました。その行列を見て牧師さんは言いました。「みっともない、どうしようもない娘さんたちだ。なぜ、この若者の後をついて野原を横切って走ってるんだね。これが上品なことと言えるかね?」そう言いながら牧師さんは、引き離そうと一番下の娘を手でつかみました。牧師さんは娘にさわるやいなや、同じようにしっかりとくっついてしまい、みんなの後から走らなくてはならなくなりました。

Before long the sexton came by and saw his master, the parson, running behind three girls. He was astonished at this and called out: 'Hi! your reverence, whither away so quickly? Do not forget that we have a christening today!' and running after him he took him by the sleeve, but was also held fast to it.


・Before long=まもなく
・sexton=教会堂管理人:教会の掃除、鐘つき、墓掘りなどの仕事をする
・your reverence=牧師・僧の敬称:「牧師さま」と呼びかけたってことかな
・whither=【副】 〈古・詩〉どこへ
・whither away so quickly?=そんなに急いでどこへ行くのですか?
・christening=洗礼式



まもなく、教会堂管理人がやってきて、自分の主人、つまり牧師さんが三人の娘さんの後にくっついて走っているのを見ました。びっくりしてこう叫びました。「牧師さま!そんなに急いでどこへ行くんですか?今日、洗礼式があるのを忘れないで下さいよ!」そして牧師さんの後を追いかけて、牧師さんの袖をつかみました。するとこの人もしっかりとくっついてしまったのです。

Whilst the five were trotting thus one behind the other, two labourers came with their hoes from the fields; the parson called out to them and begged that they would set him and the sexton free. But they had scarcely touched the sexton when they were held fast, and now there were seven of them running behind Dummling and the goose.


・Whilst=While
・trot=小走りする
・labourer=労働者
・hoe=くわ



この五人がこうしてつながって小走りしている時、二人の労働者がくわを持って野原の方からやってきました。牧師さんがその二人に向かって大きな声で、自分と教会堂管理人をこの列から引き離してくれと頼みました。しかし、二人が教会堂管理人にさわるやいなや、またくっついてしまって、結局、ダムリングとガチョウの後から7人もの人が走っているという具合になってしまいました。

Soon afterwards he came to a city, where a king ruled who had a daughter who was so serious that no one could make her laugh. So he had put forth a decree that whosoever should be able to make her laugh should marry her. When Dummling heard this, he went with his goose and all her train before the king's daughter, and as soon as she saw the seven people running on and on, one behind the other, she began to laugh quite loudly, and as if she would never stop. Thereupon Dummling asked to have her for his wife; but the king did not like the son-in-law, and made all manner of excuses and said he must first produce a man who could drink a cellarful of wine. Dummling thought of the little grey man, who could certainly help him; so he went into the
forest, and in the same place where he had felled the tree, he saw a man sitting, who had a very sorrowful face. Dummling asked him what he
was taking to heart so sorely, and he answered: 'I have such a great thirst and cannot quench it; cold water I cannot stand, a barrel of wine I have just emptied, but that to me is like a drop on a hot stone!'


・put forth a decree=御触れを出した
・whosoever=whoeverの強調形
・her train=彼女の行列:herはgoose(ガチョウの雌、雄は"gander")
・thereupon=その後すぐに、その結果
・all manner of=ありとあらゆる
・excuse=言い訳
・produce=提出する、出現させる
・a cellarful of wine=地下室一杯のワイン
・fell=(木を)切り倒す
・take to heart=~を痛切に感じる、~を深く悲しむ
・sorely=痛ましく
・thirst=のどの渇き
・quench=〔渇きなどを〕癒やす
・stand=~を我慢する
・a barrel of wine=一たるのワイン



ほどなく、ダムリングはある町にやってきました。その町の王様には一人王女がいましたが、あまりにもまじめ過ぎて、誰も彼女を笑わせることができないほどでした。それで、王様は、王女を笑わせた人は王女と結婚することを許すというお触れを出しました。これを聞いてダムリングは、ガチョウとその行列を全部連れて王女のところへ行きました。すると、王女は7人の人たちがつながったまま、走って走って走り続けているのを見るやいなやとても大きな声で笑いだし、その笑いが止まらない様子です。それで、ダムリングは王女をお嫁さんにしたいと申し出ました。ところが、王様は、その義理の息子になるダムリングを好きになれなかったので、王女と結婚させないためにありとあらゆる言い訳を持ちだしました。まず、地下室いっぱいのワインを飲める人を連れてきなさいとダムリングに言いました。ダムリングはあの小さい白髪頭の男の人のことを思いい出して、きっと自分を助けてくれるだろうと思いました。そこで森に入って行って、木を切り倒したその同じ場所に、一人の男の人がすわっているのを見つけましたが、その人はとても悲しそうな顔をしていました。ダムリングは何がそんなに悲しいんですかと尋ねました。「ひどく喉がかわいているのですが、まだそれをいやすことができません。冷たい水ではだめなのです。ワインを一たるも飲んだのですが、熱くなった石の上に水を一滴落としたぐらいにしかなっていません!」

'There, I can help you,' said Dummling, 'just come with me and you shall be satisfied.'



He led him into the king's cellar, and the man bent over the huge barrels, and drank and drank till his loins hurt, and before the day was out he had emptied all the barrels. Then Dummling asked once more for his bride, but the king was vexed that such an ugly fellow, whom everyone called Dummling, should take away his daughter, and he made a new condition; he must first find a man who could eat a whole mountain of bread. Dummling did not think long, but went straight into the forest, where in the same place there sat a man who was tying up his body with a strap, and making an awful face, and saying: 'I have eaten a whole ovenful of rolls, but what good is that when one has such a hunger as I? My stomach remains empty, and I must tie myself up if I am not to die of hunger.'


・There=さあ、まあまあ
・loins=腰
・vexed=イライラした
・condition=条件
・not・・・but~=・・・ではなく~
・tie up=しっかりとくくる

・strap=革ひも
・awful=不愉快な、恐ろしい
・a whole ovenful of rolls=かまどまるまる一杯のロールパン
・what good=~なんて何の役に立つのだ



「それなら、僕があなたを助けられると思いますよ」とダムリングは言いました。「私と一緒に来るだけで、きっと満足できるはずです」

ダムリングはその人を王様の地下室に連れて行って、たくさんの大きな樽に次々にかかがみこんで、腰が痛くなるまで飲んで飲んで飲みまくりました。そして、日が暮れるまでに全部の樽を空にしました。そこでダムリングはもう一度、王女を花嫁に欲しいと言いました。しかし王様は、ダムリングと呼ばれている、そんな醜いやつが自分の娘を連れて行ってしまうなど我慢が出来ないのでした。そこで、王様は新しい条件を持ち出しました。一つの山ほどの量のパンを全部食べてしまえる人を連れてくるように言ったのです。ダムリングはそう長い時間考えてはいませんでした。まっすぐ森へ入って行きました。この前と同じところに一人の男の人がすわっていて、からだは革ひもでしっかりとくくりつけ、顔はひどく不愉快な様子で、こう言いました。「私はかまどまるまる一杯のロールパンを食べてしまった。だが、私みたいにひどく腹が減っている者に、一体それが何の役に立つと言うのか。私のおなかはいまだにからっぽで、空腹で死なないとしてもここに体をくくりつけていなくちゃならないんだ」


At this Dummling was glad, and said: 'Get up and come with me; you shall eat yourself full.' He led him to the king's palace where all the flour in the whole Kingdom was collected, and from it he caused a huge mountain of bread to be baked. The man from the forest stood before it, began to eat, and by the end of one day the whole mountain had vanished. Then Dummling for the third time asked for his bride; but the king again sought a way out, and ordered a ship which could sail on land and on water. 'As soon as you come sailing back in it,' said he, 'you shall have my daughter for wife.'


・flour=小麦粉
・caused a huge mountain of bread to be baked=巨大な山一杯ものパンを焼かせた
・seek a way out=[苦境などから〕抜け出す方法を探す



これを聞いてダムリングは喜び、こう言いました。「さあ立って私と一緒に来てください。おなかをいっぱいにできますよ」ダムリングは男の人を、その王国中の小麦粉がすべて集められている王様の宮殿へ連れて行きました。その小麦粉で、ダムリングは巨大な山いっぱいものパンを焼かせました。森から来たその男の人は、そのパンの山の前に立ってさっそく食べ始めました。日が暮れる頃には、そのパンの山はすべてなくなっていました。そこで、ダムリングは三回目のお願いをしました。王女を花嫁に下さいと。しかし、今度も王様は抜け道を考え出しました。陸でも水の上でも帆が張れる船を持ってきなさいと言ったのです。王様は言いました。「その船に帆をはって、お前がそれに乗って戻ってきたら、娘を嫁にやろう」

Dummling went straight into the forest, and there sat the little grey man to whom he had given his cake. When he heard what Dummling wanted, he said: 'Since you have given me to eat and to drink, I will give you the ship; and I do all this because you once were kind to me.' Then he gave him the ship which could sail on land and water, and when the king saw that, he could no longer prevent him from having his daughter. The wedding was celebrated, and after the king's death, Dummling inherited his kingdom and lived for a long time contentedly with his wife.


・inherit=相続する
・contentedly=満足して



ダムリングはまっすぐ森に入って行きました。するとそこには、ダムリングがケーキをあげた、あの小さい白髪頭のおじいさんがすわっていました。ダムリングが船がほしいのだと言うと、「あなたはわたしに食べるものも飲むものもくれました。だからその船をあなたにあげましょう。以前あなたが私に親切にしてくれたからです」そして、おじいさんは、陸でも水のうえでも帆を張って動くことのできる船をくれたのです。王様はその船を見たとき、もうダムリングに娘をやらないわけにはいかないなと思いました。結婚式が行われ、王様が亡くなった後には、ダムリングは王様の後を継いで王国をおさめ、王妃と一緒に長い間幸せに暮らしました。

[参考]

 昔、妻と3人の息子を持つ男がいました.
彼らはみな、森のはずれの小屋に住んでいました。
1番下の息子は、シンプルトン(まぬけ)と呼ばれており、誰もが彼を、兄たちほど利口でないために、あざけりました。

 ある日、1番上の息子がまきを切るために、森にはいっていかなければなりませんでした。長い時間かかりそうなので、母親は昼食用にケーキとぶどう酒を1びん、彼に与えました.

 彼が森にやってきたとき、1番上の息子は小さな白髪の老人に会いました。
「私はたいへん空腹で、のどもかわいています」 と、小さな老人は言いました。「あなたのケーキを少しと、ぶどう酒をひと口くださいませんか」

 「もちろんだめだよ」 と、1番上の息子は答えました。「おまえに少しでもやると、おれの分は何も残らなくなってしまう。向うへ行け」
彼は斧で大きな木を切り始めました。

 まもなく斧がすべって、彼は腕を切ってしまい、ほうたいをしてもらいに家に帰らなければなりませんでした。

 そこで、2番目の息子がまきを取りに森にはいっていきました。母親は兄に与えたとおりに、昼食用にケーキとぶどう酒を1びん彼に与えました。
再び、小さな白髪の老人があらわれ、ケーキを少しと、ひと口のぶどう酒を求めました。

 2番目の息子も兄と同じくらい自分本位の男でした。
「おまえに少しでもやれば、私の分は少なくなってしまう」 と、彼は言いました。「行ってしまえ。おれにうるさくせがむな」

 兄と同じように、彼もすぐにけちだった罰を受けました。
というのは、彼が木を切り始めるやいなや斧がすべって、彼は脚を切ってしまいました。彼はまきもとらずに、脚をひきずって家に帰らなければなりませんでした。

 「お父さん」 と、シンプルトンが言いました 「なぜ、ぼくに木を切りにいかせてくれないのですか」
「とんでもない」 と、父親は言いました。「おまえは斧を使うことや、森の中で働くことについて何も知らない。おまえの兄さんたちは2人とも傷を負った。おまえも行かせれば、わざわざ禍を招くことになるだろう」
「どうかお父さん、ぼくを行かせてください」 と、またシンプルトンが言いました。「きっとぼくにだってできますよ」

 とうとう父親は行ってもいいと言い、シンプルトンは出発しました。彼が持っていったのは、ぱさぱさのパンと、すっぱくなったビール1びんだけでした。家にはケーキもぶどう酒も残っていなかったのです.

 シンプルトンが森にやってくるとすぐに、小さな白髪の老人が彼を迎えました。
「私はたいへん空腹で、のどがかわいています」 と、彼は言いました。
「ケーキを少しと、ぶどう酒をひと口くださいませんか」
「すみませんが」 シンプルトンは言いました 「ぱさぱさのパンとすっぱくなったビールしかありません。よろしければ、いっしょに食べましょう」

 いっしょに食べようとすわったとき、ぱさぱさのパンはおいしいケーキに、ビールはぶどう酒に変っているのにシンプルトンは気づきました。
食べ終ると、小さな白髪の老人は言いました 「あなたがこんなに快く食事を分けてくれたので、私もあなたにごほうびをあげましょう」
彼は1本の木を指さしました。「あそこの木を切り倒しなさい」 と、彼は言いました 「そうすると、あなたに幸運をもたらすものが見つかるでしょう」

 シンプルトンは斧をとりあげて、その特別な木を切り倒す仕事にとりかかりました。
それが倒れると、根っこの間に、美しい金のがちょうがすわっているのが見えました。それは純金の羽をしていました。

 シンプルトンはとても注意深く、そのがちょうをかかえあげました。それから、家には帰らずに、夜をすごすために近くの宿屋に行って泊りました。彼は寝る前に、納屋のベッドにがちょうをそっと置きました。

 宿屋の主人には3人の娘がいました。彼女たちはがちょうを見ると、みんな、金の羽が1枚ほしくなりました。
1番上の娘が最初に納屋に行って、羽を引き抜こうとしました。すると、彼女は動けなくなってしまいました。

 他の2人の娘たちは、はいってきて彼女を助けようとしました。しかし彼女たちが姉にふれるやいなや、彼女たちは姉にしっかりとくっついてしまいました。3人ともがちょうにくっついたまま、そして、お互いにくっついたまま、その夜を納屋の中で過ごさなければなりませんでした。

 次の日の朝、シンプルトンがはいってきて、がちょうをわきの下にかかえて出発しました。彼は3人の少女が、がちょうからも、また、おたがいからも、まだ離れられないでいるのに気づいていないように見えました。
彼女たちは、彼の後についていかなくてはなりませんでした。

 彼女たちが、シンプルトンのあとを、つまずいたりよろけたりしながらついていくと、お坊さんに会いました。彼はそんなふうにシンプルトンのあとを追いかけるのは下品だと言って、彼女らを止めようとしました。しかし、彼もしっかりとくっついて、彼女たちといっしょに行かなくてはなりませんでした。

 彼らが村の中を通っていったとき、寺男はお坊さんがシンプルトンと3人の少女の後について歩いているのを見て、びっくりしました。
彼はお坊さんに大声で呼びかけました 「今日の午後、洗礼があるのを忘れないでください」そして、彼はお坊さんの上衣の袖をつかまえました。
すると、彼もしっかりとくっついて、いやでもおうでも彼らについていかなければなりませんでした。

 彼らがみんな、シンプルトンと金のがちょうの後からいっしょに歩いていくと、2人の農夫が畑を掘り返しているのが見えました。

 「助けてくれ」 と、お坊さんと寺男がいっしょに叫びました。
2人の男はシャベルを落して、助けようと、かけよってきました。彼らは人びとを引きはなそうとしましが、彼らもしっかりとくっついてしまいました.

 今や、金のがちょうにしっかりとくっついた小さな行列の中には、7人の人びとがいました。シンプルトンはがちょうをだいて、心楽しく、道を進んでいきました。彼は異常なことに気づいていないように見えました。

 シンプルトンは、自分がどこに行こうとしているのか、わかりませんでした。彼は幸運のがちょうをわきの下に大切にかかえて、ただ歩き続けました。
丘を越え、谷を越え、畑や荒野を横切って、彼はがちょうをかかえて進んでいきました。町や村を通って彼らは進みましたが、そこでは人びとががちょうをかかえたシンプルトンや、彼に続く一隊をびっくりしてじっと見つめていました。

 とうとう、その日の終り近くなって、丘の上に大きな都市が見えました。

 シンプルトンはその都市に行こうと決めました、また小さな行列も、もちろん、彼とし、っしょに行かなければなりませんでした。

 さてこの都市は、1人娘をもつ王様が治めていました。この王女はたいへんまじめで笑ったことがなく、そのために都市全体が悲しげで陰気でした.
王様は彼の娘のことで、とても悩んでいました。彼は王女を笑わせた者は誰でも、彼女と結婚して王子となることができると公表しました。

 シンプルトンは、その都市の近くにやってきたとき、王様の約束について聞きました。そこで、彼は小さな行列をまっすぐ宮殿へと連れていきました。
とても悲しそうに見える王女は、すわって窓からじっと見おろしていました。

 王女は、シンプルトンとがちょうとそのあとに続く疲れ果てた7人を見るやいなや、笑い始めました。本当に、彼女は笑って笑って笑って、笑いやまないかのようでした。

 王女の笑いは、7人の人たちを金のがちょうにしっかりとくっつけていた魔力を破りました。彼らはすぐに家路に着きました。

 シンプルトンは、金のがちょうをずっとかかえて、まっすぐに王様のところへ行き、ほうびとして王女を花嫁にくれるように求めました。

 王様は王女が笑うのを見て、たいへんうれしかったのですが、彼女をシンプルトンのようなぼろを着たきこりと結婚させたくありませんでした。
「そんなに早くは結婚させない」 と、王様は言いました。「まず、おまえは私の酒ぐらにある、すべてのぶどう酒を飲みほせる男を連れてこなければならない」
シンプルトンはすぐに小さな白髪の老人を思い出し、森に向けて出発しました。森の中の、彼が金のがちょうを見つけたまさにその場所に、たいへん悲しそうな顔をした見知らぬ男がいました。
「どうしたのですか」 と、シンプルトンはたずねました。
「私は、とてもとてものどがかわいているのです」 と、その男は答えました。

 「私はあなたを助けられると思います」 と、シンプルトンが言いました。
「私といっしょにいらっしゃい。酒ぐら一杯のぶどう酒が飲めますよ」
彼らは王様の宮殿に行き、見知らぬ男は腰をおろして、どんどんどんどん飲み始めました。
その日、太陽が沈む前に、王様の酒ぐらの中のどの樽も、飲みほされてしまいました。再び、シンプルトンが花嫁をもらいに王様のところへ行きました。

 「だめだ」 と、王様は言いました、彼は娘をこの馬鹿な男と結婚させたくなかったのです。「こんどは、1日のうちにひと山のパンを食べることのできる男を連れてこなければならない」

 時をうつさず、シンプルトンは、まっすぐ森の中の前と同じ場所に行きました。こんどは、すでにかまど一杯のパンを食べてしまったのに、まだとてもとても空腹だとこぼしている男を見つけました。

 これを聞くと、シンプルトンはたいへん喜びました。彼は言いました、「私はあなたを助けられると思います。私といっしょにいらっしゃい、そうすればパンをひと山食べられますよ」

 彼らは宮殿にもどりました。王様のパン焼き職人は、都市じゅうの小麦粉をすべて集めてたくさんのパンを作っていたために、パンは宮殿の前に山のようになっていました。

 森から来た男は、椅子や、取り皿を与えられるのさえも待てませんでした。彼は立ったまま食べ始めました。
彼は、パンを次から次へと一定のペースで食べ、一方、町の人たちは見物にやってきて、男の食欲にびっくりしました。

 果せるかな、太陽が沈み始めるころに、彼は最後のパンを食べ終え、シンプルトンに 「ありがとう」 と言って、消えてしまいました。

 シンプルトンはもう一度王様のところへ行って、三たび花嫁を要求しました。
もう一度王様は拒絶しました。こんど彼は言いました 「おまえは陸の上も海の上も航海できる船を持ってこなければならない。そうしてはじめて、私はおまえに私の娘をやろう」

 もう一度、シンプルトンは、森に向けて出発すると、こんどは、前に食物を分けてあげた小さな白髪の老人に会いました。

 シンプルトンは、小さな白髪の老人に、彼の三度目の仕事についてすべて話しました。
小さな老人は言いました。「私はあなたのぶどう酒を飲み、あなたのパンを食べた、あなたが私にたいへん親切だったから、船もあなたにあげましょう」

 今回は、シンプルトンは宮殿に歩いて帰る必要はありませんでした。彼は船に乗り、田舎を帆走していきました。

 美しい船が帆走して宮殿にもどってくると、王様はシンプルトンに、彼と王女はすぐに結婚してよいと言いました。
シンプルトンはたいへん立派な王子となり、2人はたいへん幸せでした。
金のがちょうは宮殿のひとすみに、特別な住家を持ちましたが、小さな白髪の老人を再び見た人はいませんでした。



私が使ったGutenbergのテキストにはない部分の訳が何箇所かありますね。Gutenberg自体にも、同じ『金のガチョウ』で、いくつか違ったテキストがあるようです。それを読み比べてみるのも面白いかもしれません。
確かにこの訳の方が、つながってた七人と金のガチョウの行く末がわかりますね

英語でニュース「菅氏再選」

もうすでに、菅改造内閣は船出をしましたが…

(拙い翻訳力なので、誤訳等はご指摘いただけると助かります)

Kan fends off Ozawa for top post

・fend off=〔攻撃などを〕受け流す、払いのける、かわす

菅氏、代表選で小沢氏の攻撃をかわす

THE ASAHI SHIMBUN

2010/09/14

Prime Minister Naoto Kan on Tuesday won a full term as Democratic Party of Japan president, easily defeating political heavyweight Ichiro Ozawa in a battle to determine which direction the fractious ruling party would take.

・full term=満期
・heavyweight=<話>影響力のある人物、有力者、大物政治家、重鎮(の人)、力を持った人、幹部
・fractious=対立が絶えない
・ruling party=与党

菅直人首相は、火曜日、任期満了に伴う民主党代表選に勝利した。対立が絶えない与党のこれからの方向性を決める戦いで、大物政治家の小沢一郎氏に圧勝したのである。

Kan, 63, received 721 points, while Ozawa, a 68-year-old former DPJ secretary-general, gained 491 points.

・secretary-general=幹事長

菅氏(63歳)は721ポイント、一方小沢氏(68歳、元民主党幹事長)は491ポイントを獲得した。

The heated election campaign split the ruling party. The two candidates had strikingly different policies, with Kan emphasizing job creation for economic growth and Ozawa stressing the need to cut wasteful spending to fund policies promised in the DPJ's manifesto for the 2009 Lower House election.

・heated=〔討議・議論・競争などが〕白熱した、激しい、激烈な
・election campaign=選挙戦
・split:split(〔物が〕割れて二つに分かれる)の過去形
・candidate=候補者
・strikingly=著しく
・job creation=雇用創出
・wasteful spending=無駄な支出[費用・経費]
・fund=~に資金を出す、資金を供給する
・Lower House election=衆議院選挙

白熱した選挙戦で与党は二分した。二人の候補者の政策は著しく違っていた。菅氏は経済成長のための雇用創出を強調し、小沢氏は、2009年の衆議院選挙の時の民主党のマニフェストの中で約束された政策に使う資金を作りだすために、無駄な支出を削減することを強く主張した。

The presidential election was also seen as a contest between a "new" direction espoused by Kan and the perceived old-style ways of Ozawa.

・presidential election=党首選挙、総裁選び
・contest=競争、戦い
・espouse=〔主義などを〕信奉する、支持する、取り入れる
・perceived=受け取られている、考えられる
・old-style=古い、旧式な、昔ながらの

この総裁選びは、菅氏が支持する”新しい”方向と、古いと考えられている小沢氏のやり方との戦いという見方もあった。

Kan stressed his grass-roots background and tried to differentiate himself from Ozawa, who campaigned with a scandal involving shady political fund reports hanging over his head.

・grass-roots=草の根の、民衆に根差した[関する]、民衆の
・background=背景、経歴
・differentiate=~を識別[区別]する、差別化する、~に違いを付ける
・campaign=選挙運動をする
・scandal=スキャンダル、不祥事
・shady=怪しい、疑わしい
・political fund=政治資金
・report=〔事実などの詳細な〕報告、説明、〔新聞や放送の〕記事、報道、〔調査などの〕報告書
・~hang over one's head=~が気掛かりだ

菅氏は小沢氏との違いを明確にするために庶民派の経歴を強調した。その小沢氏はと言えば、疑惑のある政治資金報告書を含むスキャンダルが気がかりなまま、選挙運動をしていた。

Opinion polls showed that the publiclargely preferred Kan over Ozawa as the nation's leader.

・Opinion polls=世論調査
・the public=国民、一般人
・largely=大部分は、大体は、概して、主として、大いに
・prefer=~を(選り)好む、むしろ~の方を好む、~の方を選ぶ

世論調査の結果は、多くの国民が日本のリーダーとして、小沢氏よりも菅氏を選んだということを示した。

Kan is expected to immediately discuss plans to reshuffle the Cabinet and the party's executive lineup.

・is expected to~=~する予定[見通し]である
・reshuffle=入れ替えする、改造する
・executive lineup=執行部の顔ぶれ

菅氏は直ちに、内閣改造党執行部の人事についての話し合いに入る予定だ。


After becoming prime minister in June, Kan distanced himself from Ozawa and did not appoint him to any important party or Cabinet post. This snubbing was believed to have contributed to Ozawa's decision to challenge Kan for the party's presidency.

・appoint=指名する
・snub=冷遇する
・contribute=一因となる、原因の一つになる
・presidency=総裁

6月に首相になった後、菅氏は小沢氏と距離を置くようになり、小沢氏を重要な党や内閣のポストに指名しなかった。この冷遇が、小沢氏が党の総裁選に出て、菅氏に挑戦する決意をする一因になったと考えられている。

Although Ozawa said that, if elected, he would offer Kan a Cabinet post, Kan has not said if his expected reshuffles would accommodate Ozawa.

・accommodate=~に生活[滞在]するための場所を提供する、<要求などを>受け入れる

小沢氏は、もし自分が選ばれたら菅氏に入閣してもらうと言っていたが、菅氏はこれからの改造で小沢氏を入閣させるかどうか、まだ明言していない。

Ozawa controls the DPJ's largest bloc of about 150 lawmakers, and another snubbing could complicate Kan's management of the government and even lead to defections from the ruling party.

・bloc=〔議員間の緩やかな〕連合
・lawmaker=国会の議員
・snub=(人)を鼻であしらう、(人)に冷たい態度を取る、(人)の期待を裏切る、(人)の要求などを退ける
・defection=離脱、脱会

小沢氏は民主党の中で150人ほどの議員グループを動かしていて、また期待を裏切るようなことがあれば、菅氏の政府運営を複雑にし、与党から離脱などということにもなりかねない。

The reshuffles are also crucial in the DPJ's efforts to recover from its stinging defeat in the July Upper House election, which gave opposition parties control over the Diet chamber.

・crucial=〈話〉極めて重要[重大]な、〔危機{きき}の回避などに〕決定的な、命運を左右する、正念場の
・recover=正常な状態に戻る、回復する、再生する、直る
・stinging=〔批判などが〕突き刺すような、辛辣な、強烈な
・stinging defeat=手痛い敗北
・Upper House=参議院
・opposition parties=野党
・control over=~に対する支配力
・Diet=議会、国会
・chamber=議場、会議場
cf.Diet chambers=衆参両院本会議、だから、ここで"the Diet chamber"は「参議院の本会議」のこと

内閣改造はまた、7月の参議院選挙での手痛い敗北から立ち直ろうとする民主党の努力の中で極めて重要である。この時の敗北は、野党に参議院本会議での支配力を与えてしまった。

Kan said he would hold discussions with opposition parties to ensure passage of key bills, including legislation for the fiscal 2011budget. It remains to be seen if the opposition parties will go along with Kan's plan.

・hold discussion=議論を行う
・ensure=~を確かにする、保証する、請け合う、確保する
・passage=〔議案・法案などの〕議院[議会・会議]通過、可決、成立
・key bills=主要法案
・legislation=法律、法案
・fiscal budget=年度予算
・go along with=~と足並みをそろえる、~に同調する、~と協力する、~に賛成する、~を支持する
・It remains to be seen. =まだ[後になってみないと]分からない。◆選択や判断を迫られるような状況で用いられる。この文章のItは状況を表すItであるが、It remains to be seen if [whether] ...(~かどうかはまだ分からない)というようにItが仮主語として用いられるパターンもある。

ここでは後者のパターンですね。

菅氏は、2011年度予算法案を含む主要法案の成立を確実にするために野党と話し合いを持つと述べた。野党が菅氏に協力するかどうかはまだ分からないが。

The DPJ election included not only lawmakers, but also local assembly members and about 340,000 party members and registered supporters. It was the first DPJ presidential election involving the three groups since 2002.

・assembly member=議員
・registered=登録された、登録済みの
・presidential election=党首選挙、総裁選び

民主党のこの選挙は、国会議員だけでなく地方議員を始め、約34万の党員と登録サポーターも含めたものだった。この三つのグループを含めた民主党代表選挙は2002年以来。

[関連記事]
民主党代表選は14日午後、東京・芝公園のホテルで投開票され、菅直人首相(63)が小沢一郎前幹事長(68)を破り、再選を果たした。菅首相は、ただちに党役員人事と内閣改造に着手する。7月の参院選での敗北でつまずいた政権運営を立て直し、衆参各院で多数派の異なる「ねじれ国会」に臨む態勢を整えることが急務となる。

 代表選では、「脱小沢」路線を掲げる菅首相と、党内融和を重視する小沢氏の党運営への姿勢に違いが際立った。

 財源論や外交・安保などの政策でも激しい論争が交わされ、全体の約3分の2を占める国会議員票の奪い合いなどで両陣営の運動は過熱した。

 このため、党内外で代表選後のしこりを懸念する声が上がっている。菅首相がこれからも「脱小沢」の姿勢を貫けば巨大な「党内野党」勢力を抱えることになり、今後の人事で小沢氏やその周辺の議員をどこまで登用するかが注目される。

英語で小泉八雲『じきにんき(食人鬼)』(3)

夢窓国師は昨夜見たことを話します。

Then Muso told of the dim and awful Shape that had entered the death-chamber to devour the body and the offerings. No person seemed to be surprised by his narration; and the master of the house observed:--


・dim=ぼんやりとした
・chamber=部屋
・observe=意見を述べる

それから、夢窓国師はぼんやりとした、しかし恐ろしい影が遺体置き場の部屋に入ってきて、死体とお供物をむさぼり食ったことを話しました。しかし、それを聞いても誰も驚いた様子ではありません。家の主人が言いました。


"What you have told us, reverend Sir, agrees with what has been said about this matter from ancient time."
Muso then inquired:--
"Does not the priest on the hill sometimes perform the funeral service for your dead?"
"What priest?" the young man asked.
"The priest who yesterday evening directed me to this village," answered Muso. "I called at his anjitsu on the hill yonder. He refused me lodging, but told me the way here."


・yonder=〈古〉あそこの[に]


「お坊様、あなた様がおっしゃったことは、このことについて昔から言われていることとまったく同じです」
夢窓国師は尋ねました。
「丘の上の僧侶は、あなたがたの中に死人が出たとき、葬式をすることはないのですか?」
「どこの僧侶ですか?」と若者が聞きました。
「昨晩、私にこの村への道を教えてくれた人です」と夢窓国師は答えました。「向こうに見える丘にある、その僧侶の庵室を訪ねました。私を泊めてはくれませんでしたが、ここへの道を教えてくれたのです」


はて、どうも話がかみ合わない…

The listeners looked at each other, as in astonishment; and, after a moment of silence, the master of the house said:--
"Reverend Sir, there is no priest and there is no anjitsu on the hill. For the time of many generations there has not been any resident-priest in this neighborhood."


・many generations=何代にもわたった
・resident=常駐の、居住している

その話を聞いていた人たちは驚いた様子で顔を見合わせました。少しの間沈黙が続きましたが、家の主人がこう言いました。
「お坊様、丘の上には僧侶も庵室もありません。もう昔から何代にもわたって、この近所に住んでいる僧侶はいないのです」


Muso said nothing more on the subject; for it was evident that his kind hosts supposed him to have been deluded by some goblin. But after having bidden them farewell, and obtained all necessary information as to his road, he determined to look again for the hermitage on the hill, and so to ascertain whether he had really been deceived. He found the anjitsu without any difficulty; and, this time, its aged occupant invited him to enter. When he had done so, the hermit humbly bowed down before him, exclaiming:--
"Ah! I am ashamed ! -- I am very much ashamed! -- I am exceedingly ashamed!"


・host=〔客をもてなす〕主人、ホスト◆迎え入れた客を、飲食物を提供してもてなす人
・delude=〔人を〕だます、欺く
・goblin=悪鬼
・bid farewell=いとまを告げる
・look for~=~をさがす
・hermitage=隠者の住処
・deceive=人を欺く
・aged=老いた
・occupant=居住者
・hermit=隠者、隠遁者
・humbly=つつましく、恐れ入って
・bow down=おじぎをする

夢窓国師はもうそのことについて話すのをやめた。なぜなら、親切にもてなしてくれた人たちが、自分のことを悪鬼にでもだまされたのだろうと思っていることがはっきりしたからだ。しかし、みんなに暇を告げ、これから行く道について必要なことはすべて教えてもらった後、丘の上の庵室をもう一度探して、本当に騙されたのかを確かめることにした。庵室は容易に見つかり、今度は、年老いたその庵室の住人は夢窓国師を家に招き入れた。そうしてから、その隠者は恐れ入った様子で夢窓国師の前で頭を下げて叫んだ。
「ああ、なんと恥ずかしい!まったく恥ずかしい!本当に恥ずかしい!」


"You need not be ashamed for having refused me shelter," said Muso. "you directed me to the village yonder, where I was very kindly treated; and I thank you for that favor.


・shelter=家、避難所
・favor=親切な行為


「私を泊まらせなかったことを恥ずかしいとおっしゃるには及びません」と夢窓国師は言いました。「あそこの村への道を教えてくださったし、そこで私は大変親切にしてもらいました。だから大変あなたに感謝しているのです」


"I can give no man shelter," the recluse made answer; -- and it is not for the refusal that I am ashamed. I am ashamed only that you should have seen me in my real shape,-- for it was I who devoured the corpse and the offerings last night before your eyes... Know, reverend Sir, that I am a jikininki, [1] -- an eater of human flesh. Have pity upon me, and suffer me to confess the secret fault by which I became reduced to this condition.


・recluse=隠遁者
・flesh=肉
・Have pity upon=~を憐れむ
・suffer=〈古〉~を許す
・reduce=~を(…の身分に)落とす


「私は誰にも宿を貸すことはできません」と隠者は答えた。「それに私が恥じているのは宿を貸さなかったことではないのです。私が恥ずかしいと思っているのは、あなたが私の本当の姿を見てしまったこと、ただそれだけなのです。実は、昨夜、あなたの目の前で死体とお供物をむさぼり食ったのは私です…お坊様、私は食人鬼、つまり人肉を食べる者です。私を憐れんでください。そして、どうか私がこのような身に落ちぶれてしまった原因の秘密の過ちを告白することをお許しください」


"A long, long time ago, I was a priest in this desolate region. There was no other priest for many leagues around. So, in that time, the bodies of the mountain-folk who died used to be brought here,-- sometimes from great distances,-- in order that I might repeat over them the holy service. But I repeated the service and performed the rites only as a matter of business; -- I thought only of the food and the clothes that my sacred profession enabled me to gain. And because of this selfish impiety I was reborn, immediately after my death, into the state of a jikininki. Since then I have been obliged to feed upon the corpses of the people who die in this district: every one of them I must devour in the way that you saw last night... Now, reverend Sir, let me beseech you to perform a Segaki-service [2] for me: help me by your prayers, I entreat you, so that I may be soon able to escape from this horrible state of existence"...



・desolate=荒れ果てた
・league=〔距離の単位の〕リーグ◆古代ケルト社会に端を発するとされる、人間が1時間で歩ける伝統的な距離の単位で、西ヨーロッパとラテン・アメリカで広く用いられた。ケルト時代の1.4マイルから徐々に長くなり、3マイル(法定マイルで約4.8km、カイリで4.8km)になった。
・for many leagues around=周囲何リーグにもわたって:日本の昔のお話なので「何里にもわたって」
・rite=儀式
・as a matter of business=商売として
・impiety=不信心
・beseech=〈文〉(人)に懇願[嘆願]する
・I entreat you=お願いですから

「ずっと昔、私はこの荒れ果てた土地の僧侶でした。このあたりには何里にもわたって、ほかに僧侶はいませんでした。だから、その頃は、この山に住む人たちが死ぬとここへ遺体が運ばれてきました。時には、本当に遠くからもです。その遺体のために宗教的な儀式を私にしてほしいからです。でも私はただ単に仕事としてそれを繰り返しているにすぎませんでした。その聖なる仕事によって得ることができる食べ物や衣類のことだけしか頭になかったのです。この不信心のために、私が死んですぐ生まれ変わってこの世に来た時は食人鬼の姿でした。その時から、私はこのあたりで死んだ人たちの死体を食べざるを得ないことになり、昨夜、あなたがご覧になった通り、すべての死体をむさぼり食うということになってしまっているわけです。それで、お坊様、どうか私のために施餓鬼の供養をしていただけないでしょうか。あなた様の祈りで私を助けてください。どうかお願いですから、この恐ろしい在世の姿から抜け出させてください」


No sooner had the hermit uttered this petition than he disappeared; and the hermitage also disappeared at the same instant. And Muso Kokushi found himself kneeling alone in the high grass, beside an ancient and moss-grown tomb of the form called go-rin-ishi, [3] which seemed to be the tomb of a priest.


・No sooner~than…=~するやいなや…
・petition=嘆願
・moss=苔
・form=外形、構造
・go-rin-ishi=五輪塔のこと。密教で説く五大を表す五つの形から成る塔。地輪(四角)・水輪(円)・火輪(三角)・風輪(半月形)・空輪(宝珠形)の順に積み上げる。各面に五大の種子(しゆじ)を刻む。平安中期以後、供養塔として用い、鎌倉以後、墓標として広く用いられた。五輪。五輪卒塔婆。法界塔(ほつかいとう)

隠者がこの嘆願の言葉を言うや否や、その姿も庵室も消え失せた。気がつくと、夢窓国師は丈の高い草の中で一人で跪いていた。そして、その横には、僧侶の墓と思われる、古い苔蒸した五輪石と言われる形の墓が立っていたのである。


[脚注]
[1]  Literally(文字どおり), a man-eating goblin. The Japanese narrator gives also the Sanscrit term, "Rakshasa;" (古代インド神話における鬼神、性別があり、男性を羅刹娑らくしゃさ 女性を羅刹私らくしゃしという。悪魔の類、無信心な類、夜間に墓地などに出没して人を食べる類、と三ランクある)but this word is quite as vague as jikininki, since there are many kinds of Rakshasas. Apparently the word jikininki signifies(意味する)here one of the Baramon(バラモン教)-Rasetsu羅刹、人肉を食べる暴悪な鬼の総称)-Gaki(餓鬼、生前の悪業の報いで、餓鬼道に落ちた亡者、体はやせ細り、のどは針のように細く、また、手にとった食物が火に変わってしまうため常に飢えに苦しんでいるとされる),-- forming the twenty-sixth class of pretas(プレタ、ヒンドゥー教で祖霊の意味だが、後に極楽へ行けない亡者・餓鬼とされたenumerated(数えられる) in the old Buddhist books.
[2]  A Segaki-service is a special Buddhist service performed on behalf of beings supposed to have entered into the condition of gaki (pretas), or hungry spirits. For a brief account(説明) of such a service, see my Japanese Miscellany(『日本雑記』).
[3]  Literally, "five-circle [or five-zone] stone." A funeral monument(墓石) consisting of five parts superimposed(重ね合わせた、多層の),-- each of a different form,--symbolizing the five mystic(神秘的な) elements: Ether(エーテル、宇宙空間に存在し光を伝える働きをすると考えられていた化学物質), Air, Fire, Water, Earth.


[参考]【施餓鬼】=盂蘭盆(うらぼん)に寺などで、餓鬼道に落ちて飢餓に苦しむ無縁仏や生類(しょうるい)のために催す読経・供養。施餓鬼会(え)。

うちの菩提寺でも八月のお盆にこのお施餓鬼供養をします

これで"JIKININKI"を終わります。

英語で小泉八雲『じきにんき(食人鬼)』(2)

一人で遺体のそばにいると言った僧ですが、さて・・・


The young man appeared to be rejoiced by these assurances, and expressed his gratitude in fitting words. Then the other members of the family, and the folk assembled in the adjoining room, having been told of the priest's kind promises, came to thank him,-- after which the master of the house said:--


・appear to=~するように見える[思われる]
・be rejoiced=喜んでいる
・assurance=請け合い
・gratitude=感謝
・fitting words=ふさわしい言葉
・adjoining room=隣の部屋

若者は夢窓国師がここに残って葬儀をやると言ってくれたことを喜んでいるように見え、その感謝の気持ちを心をこめて言葉で伝えた。親戚の者も、隣の部屋に集まっていた人たちも、夢窓国師の親切な申し出のことを聞き、彼のところに来て感謝を述べた。そして、家の主の若者がこう言った。


"Now, reverend Sir, much as we regret to leave you alone, we must bid you farewell. By the rule of our village, none of us can stay here after midnight. We beg, kind Sir, that you will take every care of your honorable body, while we are unable to attend upon you. And if you happen to hear or see anything strange during our absence, please tell us of the matter when we return in the morning."


・much as~=たいへん~だけれど
・honorable=高貴な、立派な
・attend upon=(人)に仕える、(人)に付き添う

「それではお坊様、あなた様を一人残していくのは大変心残りではありますが、一度お別れしなければなりません。村の慣習で、夜中を過ぎたら、誰一人としてここに残ることはできません。ご親切なお坊様、私たちがご一緒できない間、どうかくれぐれも尊いお体に気をつけてください。もし、私たちがいない間に、何か不思議なものを聞いたり見たりしたら、朝私たちが戻ったら教えてください」


All then left the house, except the priest, who went to the room where the dead body was lying. The usual offerings had been set before the corpse; and a small Buddhist lamp -- tomyo -- was burning. The priest recited the service, and performed the funeral ceremonies,-- after which he entered into meditation. So meditating he remained through several silent hours; and there was no sound in the deserted village. But, when the hush of the night was at its deepest, there noiselessly entered a Shape, vague and vast; and in the same moment Muso found himself without power to move or speak. He saw that Shape lift the corpse, as with hands, devour it, more quickly than a cat devours a rat,-- beginning at the head, and eating everything: the hair and the bones and even the shroud. And the monstrous Thing, having thus consumed the body, turned to the offerings, and ate them also. Then it went away, as mysteriously as it had come.


・recite=朗誦する
・service=宗教的儀式
・meditation=瞑想
・So meditating he remained=He remained so meditating
・deserted=人けのない
・hush=静けさ
・Shape=人影、姿
・devour=むさぼり食う
・shroud=〔死者を覆う〕経帷子
・monstrous=奇怪な、恐ろしい
・consume=~を食べつくす

tomyo.jpg燈明

皆、家を出た後、夢窓国師は遺体が置いてある部屋へ行った。見慣れたお供物がそなえられ、小さな、仏様に備える明かり、燈明が灯されていた。夢窓国師はお経を唱え、葬送の儀式を行い、その後、瞑想した。しばらくの間、静かな時間が流れ、彼は深い瞑想に入り、人気のない村は物音一つしなかった。その夜の静けさが一番深まった時、ぼんやりした大きな一つの人影が、音もなくその部屋へ入ってきて、同時に、夢窓国師は、自分が動くことも言葉を発することもできなくなっているのに気がついた。その影は両手で遺体を持ち上げると、猫がネズミを食べる時よりもずっと素早く、それをむさぼり食ってしまった。まず頭を、そして髪の毛も骨も、経帷子さえも何もかも食べてしまった。この恐ろしい何かは、こうやって死体を食べつくしてしまうと、御供物の方に向きを変え、それも食べてしまった。そして、来た時と同じように不思議にもすっといなくなってしまった。


恐ろしいことになりました(>_<)


When the villagers returned next morning, they found the priest awaiting them at the door of the headman's dwelling. All in turn saluted him; and when they had entered, and looked about the room, no one expressed any surprise at the disappearance of the dead body and the offerings. But the master of the house said to Muso:--


"Reverent Sir, you have probably seen unpleasant things during the night: all of us were anxious about you. But now we are very happy to find you alive and unharmed. Gladly we would have stayed with you, if it had been possible. But the law of our village, as I told you last evening, obliges us to quit our houses after a death has taken place, and to leave the corpse alone. Whenever this law has been broken, heretofore, some great misfortune has followed. Whenever it is obeyed, we find that the corpse and the offerings disappear during our absence. Perhaps you have seen the cause."


・in turn=順に、入れ替わり立ち代り
・salute=・look about=辺りを見回す
・unpleasant=嫌な、気色が悪い
・unharmed=無傷の
・Gladly we would have stayed with you, if it had been possible=If it had been possible, we would gladly have stayed with you.
・oblige=~を強いる、義務付ける
・quit=〔場所を〕去る、立ち退く
・heretofore=これまで、今まで

翌朝、村人たちが戻ってきたとき、僧が長の住まいの戸口で待っているのがわかった。皆は僧に挨拶をし、中へ入って部屋の中を見回したが、誰一人として、遺体とお供物がなくなっているのに驚いた様子は見せなかった。しかし、この家の主人は夢窓国師に向かってこう言った。
「お坊様、多分夜の間に気食の悪いものをご覧になったことでしょう。私たちはあなたのことを案じておりました。でも、今あなたがこうやって生きて怪我もなくおられることがとても嬉しいです。もしできることだったならば喜んで私たちはあなたと一緒にここにいたでしょう。しかし、昨晩申し上げましたように、村の掟で、誰かが死んだあとは家から出て、遺体を置き去りにしなくてはならないのです。これまで、この掟が破られた時は必ず、大きな不幸が続きました。掟に従うといつも、私たちがいない間に遺体とお供物がなくなっています。その理由はあなたさまがご覧になった通りです」

英語で小泉八雲『じきにんき(食人鬼)』(1)

小泉八雲を続けますが、この作品は翻訳が公開されていないので、拙いですが私の訳を載せます。
誤訳等はご指摘ください。

JIKININKI


Once, when Muso Kokushi, a priest of the Zen sect, as journeying alone through the province of Mino (1), he lost his way in a mountain-district where there was nobody to direct him. For a long time he wandered about helplessly; and he was beginning to despair of finding shelter for the night, when he perceived, on the top of a hill lighted by the last rays of the sun, one of those little hermitages, called anjitsu, which are built for solitary priests. It seemed to be in ruinous condition; but he hastened to it eagerly, and found that it was inhabited by an aged priest, from whom he begged the favor of a night's lodging. This the old man harshly refused; but he directed Muso to a certain hamlet, in the valley adjoining where lodging and food could be obtained.


[脚注]
(1)  The southern part of present-day Gifu Prefecture.


・Muso Kokushi=夢窓疎石(むそうそせき)、諡号(しごう=生前のおこないをたたえ、死後におくる名、おくりな)が「夢窓国師」、 (1275-1351) 鎌倉末・室町初期の臨済宗の僧。伊勢の人。天台・真言などを学んだのち、無隠円範(むいんえんぱん)・一山一寧(いっさんいちねい)・高峰顕日(こうほうけんにち)について臨済禅を修めた。後醍醐天皇や足利尊氏らの帰依をうけ、甲斐の恵林寺(えりんじ)や京都の臨川寺・天竜寺を創建。門下に五山文学の中心をなした春屋妙葩(しゅんおくみようは)らが出た。造園術にすぐれ天竜寺・西芳寺などに築庭。また、天竜寺船による貿易を促進。著「夢中問答集」など。
・direct=(人に)道を教える、案内する
・helplessly=どうしようもなく、どうすることもできず
・wander about=歩き回る
・despair of=~をあきらめる
・shelter=避難所、住まい、家
・when=するとその時
・perceive=~に気付く
・hermitage=隠者の住処
・anjitsu=庵室(あんしつ):〔「あんじつ」とも〕僧・尼あるいは隠遁者の質素な住まい、いおり
・solitary=ひとりの(形容詞)、隠者・独居者(名詞)
・ruinous=荒れた
・hasten=急ぐ
・inhabit=~に住む
・beg the favor of~=~の頼みごとをする
・lodging=宿泊(所)
・This=the favor of a night's lodging
・harshly=無情にも
・direct=(人)を道案内する、(人)に~への道を教える
・hamlet=(小)村、部落
・adjoining=隣の、接している


かつて、禅宗の僧の夢窓国師が美濃の地方を一人て旅している時、誰も道案内をしてくれる人もない山の中で道に迷った。なすすべもなく、ただ長い間歩きまわった。そしてその夜に雨露をしのぐ場所を見つけるのも、そろそろ諦めかけたころ、沈んでいく太陽の最後の光に照らされた丘の上に、庵室と言われる、隠遁者の僧のための小さな家があるのに気がついた。荒れ果てているようであったが、夢窓国師はそこへ向かって夢中で足を運んだ。そこには年老いた僧が住んでいたので、夢窓国師は一夜の宿を頼んだのだが、無情にも断られた。しかし、その老僧はすぐそばにある渓谷の村への道を教えてくれた。そこに行けば宿も食べ物も見つかるというのだった。


Muso found his way to the hamlet, which consisted of less than a dozen farm-cottages; and he was kindly received at the dwelling of the headman. Forty or fifty persons were assembled in the principal apartment, at the moment of Muso's arrival; but he was shown into a small separate room, where he was promptly supplied with food and bedding. Being very tired, he lay down to rest at an early hour; but a little before midnight he was roused from sleep by a sound of loud weeping in the next apartment. Presently the sliding-screens were gently pushed apart; and a young man, carrying a lighted lantern, entered the room, respectfully saluted him, and said:--


・find one's way=苦労して進む、やっとたどり着く
・cottage=小さい家
・dwelling=住居
・headman=長、首長
・assemble=集合させる
・principal=主な
・apartment=室
・show=案内する
・separate=分かれた、別の
・promptly=すぐに、素早く
・supply with=~を提供する
・bedding=寝具類
・rouse=~を目覚めさせる
・presently=やがて、まもなく
・sliding-screen=障子
・respectfully=丁重に、うやうやしく
・salute=挨拶する、会釈する

夢窓国師がやっとたどり着いたその村には、十軒ほどの農家があるばかりだったが、村の長の住まいで篤くもてなされた。夢窓国師がその家に着いたとき、大きな部屋に四、五十人の村人が集まっていたが、彼は小さな別の部屋に通され、すぐに食事と寝具が用意された。彼は大変疲れていたので、早くに床に着いたが、真夜中になる少し前に、隣の部屋から聞こえてくる大きなすすり泣きの声で目がさめた。ほどなく、ふすまがそっと開いて、灯りのともった提灯を持った若い男が入ってきて、丁寧にお辞儀をして言った。


"Reverend Sir, it is my painful duty to tell you that I am now the responsible head of this house. Yesterday I was only the eldest son. But when you came here, tired as you were, we did not wish that you should feel embarrassed in any way: therefore we did not tell you that father had died only a few hours before. The people whom you saw in the next room are the inhabitants of this village: they all assembled here to pay their last respects to the dead; and now they are going to another village, about three miles off,-- for by our custom, no one of us may remain in this village during the night after a death has taken place. We make the proper offerings and prayers; -- then we go away, leaving the corpse alone. Strange things always happen in the house where a corpse has thus been left: so we think that it will be better for you to come away with us. We can find you good lodging in the other village. But perhaps, as you are a priest, you have no fear of demons or evil spirits; and, if you are not afraid of being left alone with the body, you will be very welcome to the use of this poor house. However, I must tell you that nobody, except a priest, would dare to remain here tonight."


・Reverend Sir:reverendは「牧師」なので、「お坊様」ぐらいの呼びかけかな
・painful=骨の折れる、つらい
・embarrassed=困って、当惑して、困惑して・inhabitant=居住者
・assemble=集まる
・pay one's last respects to=〔葬儀で死者〕に最後のお別れをする
・mile=マイル◆1760ヤード、5280フィート、1609.344mに相当する
・offering=ささげ物
・lodging=宿屋、寝る場所
・evil spirit=悪霊

「お坊様、私が今この家の主であると言わなければならないのはつらいことなのです。ほんの昨日は、この家の長男であるにすぎませんでした。あなたがこの家にお着きになった時、疲れておられるご様子だったので、とにかく困らせてしまっては申し訳ないと思ったので、ほんのいっとき前に父が亡くなったことはお伝えしなかったのです。隣の部屋にいた人たちは村の人たちで、みんな父に最後のお別れを言いに集まってくれたのです。そして今、みんなで一里あまり離れた別の村へ向かっています。なぜなら村の習わしで、誰かが死んだその夜は、誰もこの村に残っていてはいけないことになっているからです。捧げものをして、冥福を祈った後、みんな遺体を残したまま、ここを離れるのです。ここに遺体が残っていると、必ず家の中ではいろいろ不思議なことが起こりますから、あなたも私たちと一緒にここを出た方がいいでしょう。その村でもちゃんとした宿は見つけられますからるはずです。でもあなたはお坊様ですから、悪魔や悪霊が怖くなくて、遺体と一緒に残されるのが恐ろしくなければ、汚い家ですがお使いくださってかまいません。でも、くれぐれも言っておきますが、今晩は、お坊さんでもなければ誰もここにいようとは思いませんよ」


Muso made answer:--


"For your kind intention and your generous hospitality I am deeply grateful. But I am sorry that you did not tell me of your father's death when I came; -- for, though I was a little tired, I certainly was not so tired that I should have found difficulty in doing my duty as a priest. Had you told me, I could have performed the service before your departure. As it is, I shall perform the service after you have gone away; and I shall stay by the body until morning. I do not know what you mean by your words about the danger of staying here alone; but I am not afraid of ghosts or demons: therefore please to feel no anxiety on my account."


・intention=意図、意思、意味
・generous=気前のよい、寛大な
・hospitality=手厚いもてなし
・grateful=感謝する
・Had you told me=If you had told me:倒置で仮定法を示す
・service=宗教的な儀式、礼拝
・As it is=ところが実際は
・on one's account=~のために

夢窓国師は答えた。
「あなたの親切なお気持ちと心のこもったもてなしには本当に感謝しています。でも、私がここに着いたとき、あなたのお父上が亡くなったことを教えていただけなかったことは残念です。なぜなら、少し疲れてはいましたが、決して僧侶としての務めをできないほどに疲れていたわけではなかったからです。もし、教えていただいていたら、あなたがここをお立ちになる前に葬儀もさせていただけたのですが。でもそれが実際できなかったので、あなたがここを離れられた後に、私が葬儀をして、朝まで遺体のそばにいさせていただくつもりです。あなたがおっしゃるように、ここに一人でいることが危険だというのはどういうことなのか私にはわかりませんが、私は幽霊も悪魔も恐ろしくありません。ですから、どうか私のことはご心配なさいませんように」

英語で小泉八雲『むじな』

続けて小泉八雲です。


原作は著作権フリーのThe Project Gutenberg、日本語訳は青空文庫、戸川明三訳


この話は私が中学生の時の英語の教科書に確か出ていたと思います。たぶん"New Prince"

MUJINA

On the Akasaka Road, in Tokyo, there is a slope called Kii-no-kuni-zaka,--which means the Slope of the Province of Kii. I do not know why it is called the Slope of the Province of Kii. On one side of this slope you see an ancient moat, deep and very wide, with high green banks rising up to some place of gardens; -- and on the other side of the road extend the long and lofty walls of an imperial palace. Before the era of street-lamps and jinrikishas, this neighborhood was very lonesome after dark; and belated pedestrians would go miles out of their way rather than mount the Kii-no-kuni-zaka, alone, after sunset.


All because of a Mujina that used to walk there. (1)

・Kii-no-kuni-zaka=『日本地名大辞典』によれば「紀国坂」(きのくにざか)は、「港区元赤坂1丁目の北側を西方へ、赤坂見附に下る坂道で、九段坂と並ぶ江戸の代表的な坂。紀国坂とも書く。別称は赤坂・茜坂(あかねざか)。赤坂の地名もこれによって起こった 」そうです。Wikipediaによれば、「紀国」は、江戸時代に坂の西側に紀州藩上屋敷があったことから名付けられた、ということですが。
・province=州、地方
・ancient=古い、古びた
・moat=堀
・lofty=非常に高い
・street-lamp=街灯
・Before the era of street-lamps and jinrikishas=(この作品が書かれたころのように)街灯がつき、人力車が走るようになる前の時代は
・belated=遅れて到着した
・pedestrian=歩行者、徒歩旅行者
・out of their way=通り道からはずれて
・used to=昔は~していた


東京の、赤坂への道に紀国坂という坂道がある――これは紀伊の国の坂という意である。何故それが紀伊の国の坂と呼ばれているのか、それは私の知らない事である。この坂の一方の側には昔からの深い極わめて広い濠(ほり)があって、それに添って高い緑の堤が高く立ち、その上が庭地になっている、――道の他の側には皇居の長い宏大な塀が長くつづいている。街灯、人力車の時代以前にあっては、その辺は夜暗くなると非常に寂しかった。ためにおそく通る徒歩者は、日没後に、ひとりでこの紀国坂を登るよりは、むしろ幾哩もり道をしたものである。
 これは皆、その辺をよく歩いた貉のためである。


The last man who saw the Mujina was an old merchant of the Kyobashi quarter, who died about thirty years ago. This is the story, as he told it:--

One night, at a late hour, he was hurrying up the Kii-no-kuni-zaka, when he perceived a woman crouching by the moat, all alone, and weeping bitterly. Fearing that she intended to drown herself, he stopped to offer her any assistance or consolation in his power. She appeared to be a slight and graceful person, handsomely dressed; and her hair was arranged like that of a young girl of good family. "O-jochu," [1] he exclaimed, approaching her,-- "O-jochu, do not cry like that!... Tell me what the trouble is; and if there be any way to help you, I shall be glad to help you." (He really meant what he said; for he was a very kind man.) But she continued to weep,-- hiding her face from him with one of her long sleeves.
"O-jochu," he said again, as gently as he could,-- "please, please listen to me!... This is no place for a young lady at night! Do not cry, I implore you! -- only tell me how I may be of some help to you!" Slowly she rose up, but turned her back to him, and continued to moan and sob behind her sleeve. He laid his hand lightly upon her shoulder, and pleaded:--
"O-jochu! -- O-jochu! -- O-jochu!... Listen to me, just for one little moment!... O-jochu! -- O-jochu!"... Then that O-jochu turned around, and dropped her sleeve, and stroked her face with her hand; -- and the man saw that she had no eyes or nose or mouth,-- and he screamed and ran away. (2)


・perceive=~に気付く
・crouch=うずくまる
・drown herself=入水自殺をする
・consolation=慰めること
・slight=か弱い、細い
・gracefu=上品な
・handsomely dressed=立派な身なりをした
・if there be any way:仮定法現在(現在または未来に対する疑わしいこと、今日では現在形isが用いられる)
・really meant what he said=本当にそう(言ったとおり)思っていた
・no place for= 《be ~》~の来る場所ではない、~にふさわしい場所ではない
・implore=懇願する
・moan=嘆く、悲しむ
・plead=嘆願する
・stroke=手でなでる

貉を見た最後の人は、約三十年前に死んだ京橋方面の年とった商人であった。当人の語った話というのはこうである、――
 この商人がある晩おそく紀国坂を急いで登って行くと、ただひとり濠(ほり)の縁(ふち)に踞(かが)んで、ひどく泣いている女を見た。身を投げるのではないかと心配して、商人は足をとどめ、自分の力に及ぶだけの助力、もしくは慰藉を与えようとした。女は華奢な上品な人らしく、服装(みなり)も綺麗であったし、それから髪は良家の若い娘のそれのように結ばれていた。――『お女中』と商人は女に近寄って声をかけた――『お女中、そんなにお泣きなさるな!……何がお困りなのか、私に仰しゃい。その上でお助けをする道があれば、喜んでお助け申しましょう』(実際、男は自分の云った通りの事をする積りであった。何となれば、この人は非常に深切な人であったから。)しかし女は泣き続けていた――その長い一方の袖を以て商人に顔を隠して。『お女中』と出来る限りやさしく商人は再び云った――『どうぞ、どうぞ、私の言葉を聴いて下さい!……ここは夜若い御婦人などの居るべき場処ではありません! 御頼み申すから、お泣きなさるな!――どうしたら少しでも、お助けをする事が出来るのか、それを云って下さい!』徐ろに女は起ち上ったが、商人には背中を向けていた。そしてその袖のうしろで呻き咽びつづけていた。商人はその手を軽く女の肩の上に置いて説き立てた――『お女中!――お女中!――お女中! 私の言葉をお聴きなさい。ただちょっとでいいから!……お女中!――お女中!』……するとそのお女中なるものは向きかえった。そしてその袖を下に落し、手で自分の顔を撫でた――見ると目も鼻も口もない――きゃッと声をあげて商人は逃げ出した。


Up Kii-no-kuni-zaka he ran and ran; and all was black and empty before him. On and on he ran, never daring to look back; and at last he saw a lantern, so far away that it looked like the gleam of a firefly; and he made for it. It proved to be only the lantern of an itinerant soba-seller, [2] who had set down his stand by the road-side; but any light and any human companionship was good after that experience; and he flung himself down at the feet of the soba-seller, crying out, "Ah! -- aa!! -- aa!!!"...

"Kore! kore!" (3) roughly exclaimed the soba-man. "Here! what is the
matter with you? Anybody hurt you?"
"No -- nobody hurt me," panted the other,-- "only... Ah! -- aa!"
"-- Only scared you?" queried the peddler, unsympathetically. "Robbers?"
"Not robbers,-- not robbers," gasped the terrified man... "I saw... I saw
a woman -- by the moat; -- and she showed me... Ah! I cannot tell you what she showed me!"...

"He! (4) Was it anything like THIS that she showed you?" cried the
soba-man, stroking his own face --which therewith became like unto an Egg... And, simultaneously, the light went out.


・empty=〔室内・店内・道路などが〕誰もいない
・firefly=ほたる
・make for=~に向かって突進する
・itinerant=行商人
・stand=屋台
・companionship=話し相手
・fling oneself down=ひれ伏す
・roughly=乱暴に、粗雑に
・pant=息を切らす
・query=尋ねる
・peddler=行商人
・gasp=あえぎながら言う
・therewith=それとともに
・simultaneously=同時に

 一目散に紀国坂をかけ登った。自分の前はすべて真暗で何もない空虚であった。振り返ってみる勇気もなくて、ただひた走りに走りつづけた挙句、ようよう遥か遠くに、蛍火の光っているように見える提灯を見つけて、その方に向って行った。それは道側(みちばた)に屋台を下していた売り歩く蕎麦屋の提灯に過ぎない事が解った。しかしどんな明かりでも、どんな人間の仲間でも、以上のような事に遇った後には、結構であった。商人は蕎麦売りの足下に身を投げ倒して声をあげた『ああ!――ああ――ああ!!!』……
『これ! これ!』と蕎麦屋はあらあらしく叫んだ『これ、どうしたんだ? 誰れかにやられたのか?』
『否(いや)、――誰れにもやられたのではない』と相手は息を切らしながら云った――『ただ……ああ!――ああ!』……
『――ただおどかされたのか?』と蕎麦売りはすげなく問うた『盗賊(どろぼう)にか?』
『盗賊(どろぼう)ではない――盗賊(どろぼう)ではない』とおじけた男は喘ぎながら云った『私は見たのだ……女を見たのだ――濠の縁(ふち)で――その女が私に見せたのだ……ああ! 何を見せたって、そりゃ云えない』……
『へえ! その見せたものはこんなものだったか?』と蕎麦屋は自分の顔を撫でながら云った――それと共に、蕎麦売りの顔は卵のようになった……そして同時に灯火は消えてしまった。


<脚注>
(1)  A kind of badger(アナグマ). Certain animals were thought to be able to transform themselves and cause mischief(災難を招く) for humans.
[1]  O-jochu ("honorable damsel")(高貴な乙女), a polite form of address(呼称) used in speaking to a young lady whom one does not know.
(2)  An apparition(亡霊) with a smooth, totally featureless(特徴のない) face, called a "nopperabo," is a stock(平凡な) part of the Japanese pantheon(殿堂) of ghosts and demons.
[2]  Soba is a preparation(食事の調理) of buckwheat(そば粉), somewhat resembling vermicelli(《パスタ》バーミセリ、最も細いパスタの一つ、径1mm、長さ数 cm、スープの具に).
(3)  An exclamation of annoyed(イライラしたalarm(警告).
(4)  Well!(なるほど!

英語でニュース「サル騒動!」

JAPAN TODAYの記事より

Marauding monkeys have Y200,000 bounty on their heads
・Maraud=[略奪しようと〕うろつき回る、[略奪のために~を〕襲撃する
・bounty=[人捜しなどの〕報奨金、懸賞金
・~have a \_ bounty on one's head=~の首に_円の懸賞金がかけられている

うろつきまわっているサルの首に懸賞金


Wednesday 08th September, 09:00 AM JST
SHIZUOKA —

実は我が家もここからそう離れていないのですが…いよいよここまで来ましたか…

In a desperate bid to contain the escalating monkey problem in Mishima, Shizuoka Prefecture, authorities are offering the public 200,000 yen to capture any of the Japanese macaques causing problems. To successfully earn the bounty, citizens have to successfully lock a primate in their house.

・In a desperate bid to=~するための最後の手段として
・contain=[敵などを〕封じ込める、阻止する、食い止める
・authorities=当局
・Japanese macaque=ニホンザル
・primate=霊長類、霊長目の動物

静岡県三島市でエスカレートしているサル被害を食い止める最後の手段として、市当局は、問題を起こしているサルを捕まえた人に20万円の懸賞金をおくると発表した。懸賞金を受け取るためには、サルを自分の家に閉じ込めることに成功する必要がある。

There have been a series of reports of monkey incursions into homes in Mishima since Aug 22. As of Tuesday, over 80 members of the public had reported suffering minor injuries caused by the rampaging simians. Susono, Numazu and Nagaizumi towns have also reported growing primate problems.

・incursion=侵入、襲撃
・As of=~現在で、(~を基点として)それ以後は
・rampaging:rampage=暴れ回る
・simian=サル、類人猿

先月の22日から三島市では、サルが家に侵入するという報告が相次いでいる。7日火曜日現在、80人以上の住民が暴れまわるサルに襲われ軽傷を負ったということだ。裾野市、沼津市、長泉町でもサルの被害が増えている。

It is believed that a single troop of macaques is patrolling over a vast area. Local police have been conducting search and capture patrols throughout the area but until now there has not been a single successful mission. This has led to the bounty, which local authorities are describing as a “desperate measure.”

・troop=[人・動物の〕群れ、一団
・patrol=一団となって歩く
・conduct=実施する
・mission=任務、使命
・desperate measure=窮余[苦肉]の策

サルの群れはかたまって広い範囲を移動すると考えられている。警察は付近一帯で捜索・捕獲作戦を実施してきているが、今までのところ成功していない。そのため懸賞金ということになったのである。三島市では「窮余の策」だとしている。

昨日(9日)も被害が…早く捕まってくれないと窓も開けていられないですね、この暑い時に

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(9)

原作は著作権フリーのThe Project Gutenberg、日本語訳は青空文庫、戸川明三訳


住職さんがお経を書いてくれることになって・・・


Before sundown the priest and his acolyte stripped Hoichi: then, with their writing-brushes, they traced upon his breast and back, head and face and neck, limbs and hands and feet,-- even upon the soles of his feet, and upon all parts of his body,-- the text of the holy sutra called Hannya-Shin-Kyo. When this had been done, the priest instructed Hoichi, saying:--
"To-night, as soon as I go away, you must seat yourself on the verandah, and wait. You will be called. But, whatever may happen, do not answer, and do not move. Say nothing and sit still -- as if meditating. If you stir, or make any noise, you will be torn asunder. Do not get frightened; and do not think of calling for help -- because no help could save you. If you do exactly as I tell you, the danger will pass, and you will have nothing more to fear."


・acolyte=【キリスト教】(儀式での)侍者、伴僧、助手:この場合は、住職に仕える人、あるいは修行僧でしょうか。
・strip=~を裸にする
・writing-brush=毛筆
・trace=【他動】 (線・文字・図などを)引く
・breast=胸
・limb=手足
・sole=足の裏
・text=文章
・sutra=【名】 《ヒンドゥー教・仏教》経典
・Hannya-Shin-Kyo=【般若心経】 大乗仏教の経典。一巻。空(くう)の思想など般若経の精要を簡潔に説く。サンスクリット本二種、漢訳本七種があり、日本では玄奘訳のものが流布。摩訶般若波羅蜜多心経。般若波羅蜜多心経。心経。
・ instruct=【他動】 ~に(…について)指示する、~に教える
・verandah=縁側
・as if meditating=as if you are meditating
・meditate=【自動】 めい想する、黙想する
・stir=動く
・you will be torn asunder=バラバラに引き裂かれてしまうだろう
・get frightened=おじけづく
・call for help=助けを呼ぶ、助けを求める
・do exactly as I tell you=全く私の言ったとおりにする

日没前住職と納所とで芳一を裸にし、筆を以て二人して芳一の、胸、背、頭、顔、頸、手足――身体中どこと云わず、足の裏にさえも――般若心経というお経の文句を書きつけた。それが済むと、住職は芳一にこう言いつけた。――
『今夜、私が出て行ったらすぐに、お前は縁側に坐って、待っていなさい。すると迎えが来る。が、どんな事があっても、返事をしたり、動いてはならぬ。口を利かず静かに坐っていなさい――禅定に入っているようにして。もし動いたり、少しでも声を立てたりすると、お前は切りさいなまれてしまう。恐(こ)わがらず、助けを呼んだりしようと思ってはいかぬ。――助けを呼んだところで助かるわけのものではないから。私が云う通りに間違いなくしておれば、危険は通り過ぎて、もう恐わい事はなくなる』


さあ、これで書き忘れたところはないのでしょうか・・・


After dark the priest and the acolyte went away; and Hoichi seated himself on the verandah, according to the instructions given him. He laid his biwa on the planking beside him, and, assuming the attitude of attitude of meditation, remained quite still,-- taking care not to cough, or to breathe audibly. For hours he stayed thus.

Then, from the roadway, he heard the steps coming. They passed the gate, crossed the garden, approached the verandah, stopped -- directly in front of him.

"Hoichi!" the deep voice called. But the blind man held his breath, and sat motionless.
"Hoichi!" grimly called the voice a second time. Then a third time --savagely:--
"Hoichi!"
Hoichi remained as still as a stone,-- and the voice grumbled:--
"No answer! -- that won't do!... Must see where the fellow is."...

・according to the instructions given him=与えられた指示通りに
・laid=lay(~を横たえる、~を置く)の過去形
・planking=【名】 厚板材、板張り
・assuming:分詞構文、assume=(ある態度を)取る、~のふりをする
・meditation=【名】 めい想、黙想
・still=【形】 静止した、じっとした、動かない
・audibly=人に聞こえるように
・taking care not to cough, or to breathe audibly:分詞構文、notはto breatheにもかかる。意味は「咳をしないように、息づかいが聞こえないように気をつけて」
・thus=【副】こんなふうに、上に述べたように
・roadway=道路、道
・step=【名】 足の運び、歩み
・directly=【副】ちょうど
・deep voice=太い声、低い声
・held his breath→hold his breath=息を殺す[止める・ひそめる・詰める]
・motionless=【形】 動かない、じっとしている
・sit motionless:動詞+補語(形容詞)の文型<例>He sat straight.(彼は姿勢を正して座っていた)
・grimly=【副】 厳格に
・a second time=もう一度
・savagely=乱暴に
・as still as a stone=まるで石になったかのようにじっとして
・grumble=うなるように言った
・that won't do=だめだ
・fellow=【名】男、やつ、野郎

日が暮れてから、住職と納所とは出て行った、芳一は言いつけられた通り縁側に座を占めた。自分の傍の板鋪の上に琵琶を置き、入禅の姿勢をとり、じっと静かにしていた――注意して咳もせかず、聞えるようには息もせずに。幾時間もこうして待っていた。
 すると道路の方から跫音のやって来るのが聞えた。跫音は門を通り過ぎ、庭を横断り、縁側に近寄って止った――すぐ芳一の正面に。
『芳一!』と底力のある声が呼んだ。が盲人は息を凝らして、動かずに坐っていた。
『芳一!』と再び恐ろしい声が呼ばわった。ついで三度――兇猛な声で――
『芳一』
 芳一は石のように静かにしていた――すると苦情を云うような声で――
『返事がない!――これはいかん!……奴、どこに居るのか見てやらなけれやア』……


さあ、いよいよ何かが芳一のところにやって来ました・・・


There was a noise of heavy feet mounting upon the verandah. The feet approached deliberately,-- halted beside him. Then, for long minutes,--during which Hoichi felt his whole body shake to the beating of his heart,-- there was dead silence.


At last the gruff voice muttered close to him:--


"Here is the biwa; but of the biwa-player I see -- only two ears!... So that explains why he did not answer: he had no mouth to answer with --there is nothing left of him but his ears... Now to my lord those ears I will take -- in proof that the august commands have been obeyed, so far as was possible"...


At that instant Hoichi felt his ears gripped by fingers of iron, and torn off! Great as the pain was, he gave no cry. The heavy footfalls receded along the verandah,-- descended into the garden,-- passed out to the roadway,-- ceased. From either side of his head, the blind man felt a thick warm trickling; but he dared not lift his hands...


・mount=【他動】~に上がる[登る]
・deliberately=慎重に、ゆっくりと
・halt=止まる
・during which=during the long minutes
・to the beating of his heart=心臓の鼓動にあわせて
・dead silence=全くの静寂
・gruff=【形】 しわがれ声の、どら声の
・close to=~の近くで
・of the biwa-player I see -- only two ears=I see only two ears of the biwa-player
・that= I see only two ears of the biwa-player
・that explains why~=それで~というわけだ(~の理由がわかった)
・mouth to answer with:mouthは前置詞withの目的語
・there is nothing left of=~の面影[痕跡]は全く残っていない
・but his ears=except his ears
・to my lord those ears I will take=I will take those ears to my lord
・lord=主人
・in proof that=~の証拠として、~を立証するために
・august=荘厳な、尊い
・so far as was possible=できる限りで
・torn off=tear off(引きちぎる)の過去分詞形
・Great as the pain was=Though the pain was great
・footfall=足音、足取り
・recede=遠ざかる
・descend=降りる、下りる
・pass out=出て行く
・cease=終わる、止む、止まる
・trickling=滴り落ちるもの
・thick=粘り気が強い、ねばねばした
・dare not=~しようと思わない

縁側に上る重もくるしい跫音がした。足はしずしずと近寄って――芳一の傍に止った。それからしばらくの間――その間、芳一は全身が胸の鼓動するにつれて震えるのを感じた――まったく森閑としてしまった。
 遂に自分のすぐ傍(そば)であらあらしい声がこう云い出した――『ここに琵琶がある、だが、琵琶師と云っては――ただその耳が二つあるばかりだ!……道理で返事をしないはずだ、返事をする口がないのだ――両耳の外、琵琶師の身体は何も残っていない……よし殿様へこの耳を持って行こう――出来る限り殿様の仰せられた通りにした証拠に……』
 その瞬時に芳一は鉄のような指で両耳を掴まれ、引きちぎられたのを感じた! 痛さは非常であったが、それでも声はあげなかった。重もくるしい足踏みは縁側を通って退いて行き――庭に下り――道路の方へ通って行き――消えてしまった。芳一は頭の両側から濃い温いものの滴って来るのを感じた。が、あえて両手を上げる事もしなかった……


Before sunrise the priest came back. He hastened at once to the verandah in the rear, stepped and slipped upon something clammy, and uttered a cry of horror; -- for he say, by the light of his lantern, that the clamminess was blood. But he perceived Hoichi sitting there, in the attitude of meditation -- with the blood still oozing from his wounds.


"My poor Hoichi!" cried the startled priest,-- "what is this?... You have
been hurt?


At the sound of his friend's voice, the blind man felt safe. He burst out
sobbing, and tearfully told his adventure of the night.


"Poor, poor Hoichi!" the priest exclaimed,-- "all my fault! -- my very
grievous fault!... Everywhere upon your body the holy texts had been
written -- except upon your ears! I trusted my acolyte to do that part of the work; and it was very, very wrong of me not to have made sure that he had done it!... Well, the matter cannot now be helped; -- we can only try to heal your hurts as soon as possible... Cheer up, friend! -- the danger is now well over. You will never again be troubled by those visitors."


With the aid of a good doctor, Hoichi soon recovered from his injuries.
The story of his strange adventure spread far and wide, and soon made him famous. Many noble persons went to Akamagaseki to hear him recite; and large presents of money were given to him,-- so that he became a wealthy man... But from the time of his adventure, he was known only by the appellation of Mimi-nashi-Hoichi: "Hoichi-the-Earless."


・hasten=急いで行く
・in the rear=裏手の
・step=歩く、歩を進める
・clammy=【形】(湿っぽくて・冷たくて・ベトベトした粘着性があって)気持ち悪い
・for he say:sayの時制がおかしいと思うが、青空文庫の戸川明三氏訳は、「それは提灯の光りで、そのねばねばしたものの血であった事を見たからである」になっている。"say"は"saw"の誤りなのかなあ?
・clamminess=べっとりして冷たいもの
・perceive=【他動】 ~に気付く
・ooze=じくじく流れ出る
・feel safe=安心できる、安らかな気持ちになる
・burst out=burst out(【句動】 突然~しだす、急に~し始める)の過去形
・sob=すすり泣く
・tearfully=涙ながらに
・all my fault=すべて私のせい、全部自分が悪い
・grievous=【形】嘆かわしい、ひどい
・acolyte=侍者、助手
・the matter cannot now be helped=今となってはどうしようもない
・spread=spread(広まる、広がる)の過去形
・far and wide=遠くまで広がって、至る所に、広範囲に
・appellation=【名】名称、呼称

日の出前に住職は帰って来た。急いですぐに裏の縁側の処へ行くと、何んだかねばねばしたものを踏みつけて滑り、そして慄然(ぞっ)として声をあげた――それは提灯の光りで、そのねばねばしたものの血であった事を見たからである。しかし、芳一は入禅の姿勢でそこに坐っているのを住職は認めた――傷からはなお血をだらだら流して。
『可哀そうに芳一!』と驚いた住職は声を立てた――『これはどうした事か……お前、怪我をしたのか』……
 住職の声を聞いて盲人は安心した。芳一は急に泣き出した。そして、涙ながらにその夜の事件を物語った。『可哀そうに、可哀そうに芳一!』と住職は叫んだ――『みな私の手落ちだ!――酷い私の手落ちだ!……お前の身体中くまなく経文を書いたに――耳だけが残っていた! そこへ経文を書く事は納所に任したのだ。ところで納所が相違なくそれを書いたか、それを確かめておかなかったのは、じゅうじゅう私が悪るかった!……いや、どうもそれはもう致し方のない事だ――出来るだけ早く、その傷を治(なお)すより仕方がない……芳一、まア喜べ!――危険は今まったく済んだ。もう二度とあんな来客に煩わされる事はない』
 深切な医者の助けで、芳一の怪我はほどなく治った。この不思議な事件の話は諸方に広がり、たちまち芳一は有名になった。貴い人々が大勢赤間ヶ関に行って、芳一の吟誦を聞いた。そして芳一は多額の金員を贈り物に貰った――それで芳一は金持ちになった……しかしこの事件のあった時から、この男は耳無芳一という呼び名ばかりで知られていた。



芳一は耳を取られてしまいましたが、琵琶法師として名を知られ、吟誦のお礼に多額の金を手にすることになったのです。
下関TVのサイトに”赤間神宮境内にある「芳一堂」は、昭和32年(1957)に建立され、その中に祀られている芳一像は、山口県防府市出身の彫刻家、押田政夫氏の作です。赤間神宮では今年も7月15日に耳なし芳一琵琶供養祭が営まれます”という記述があります。

これで「耳なし芳一」のお話はおしまい。長い間お付き合いいただきありがとうございました。

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(8)

翌日の夜も、そこへ出かけて行った芳一だが、住職に不在が見つかり言い訳をするが、住職は怪しんで下男に跡をつけるように言い渡して…

On the very next night, Hoichi was seen to leave the temple; and the servants immediately lighted their lanterns, and followed after him. But it was a rainy night, and very dark; and before the temple-folks could get to the roadway, Hoichi had disappeared. Evidently he had walked very fast,-- a strange thing, considering his blindness; for the road was in a bad condition. The men hurried through the streets, making inquiries at every house which Hoichi was accustomed to visit; but nobody could give them any news of him.


・very=【形】 《強調》まさに、まさしく
・lantern=【名】 ランタン、ちょうちん
・temple-folks=寺の人たち=the servants
・roadway=道
・evidently=【副】 明らかに、確かに、どうやら
・considering=【前】 ~を考慮すれば、~にしては、~を思えば、~を考えれば
・the road was in a bad condition=道は悪い状態だった=道はぬかるんでいた
・making inquiries=尋ねる
・be accustomed to visit=たびたび訪れたことのある
・news of~=~についての情報

すぐその翌晩、芳一の寺を脱け出して行くのを見たので、下男達は直ちに提灯をともし、その後を跟けた。しかるにそれが雨の晩で非常に暗かったため、寺男が道路へ出ない内に、芳一の姿は消え失せてしまった。まさしく芳一は非常に早足で歩いたのだ――その盲目な事を考えてみるとそれは不思議な事だ、何故かと云うに道は悪るかったのであるから。男達は急いで町を通って行き、芳一がいつも行きつけている家へ行き、訊ねてみたが、誰れも芳一の事を知っているものはなかった。


At last, as they were returning to the temple by way of the shore, they were startled by the sound of a biwa, furiously played, in the cemetery of the Amidaji. Except for some ghostly fires -- such as usually flitted there on dark nights -- all was blackness in that direction. But the men at once hastened to the cemetery; and there, by the help of their lanterns, they discovered Hoichi,-- sitting alone in the rain before the memorial tomb of Antoku Tenno, making his biwa resound, and loudly chanting the chant of the battle of Dan-no-ura. And behind him, and about him, and everywhere above the tombs, the fires of the dead were burning, like candles. Never before had so great a host of Oni-bi appeared in the sight of mortal man...
"Hoichi San! -- Hoichi San!" the servants cried,-- "you are bewitched!...Hoichi San!"
But the blind man did not seem to hear. Strenuously he made his biwa to rattle and ring and clang; -- more and more wildly he chanted the chant of the battle of Dan-no-ura. They caught hold of him; -- they shouted into his ear,--
"Hoichi San! -- Hoichi San! -- come home with us at once!"
Reprovingly he spoke to them:--
"To interrupt me in such a manner, before this august assembly, will not be tolerated."


・they=the servants(芳一の後をつけていた)=the men
・by way of =~を経由して、~を通って
・were startled=びっくりした
・furiously=【副】 荒れ狂って、猛烈に
・cemetery=【名】 墓地
・Except for=~がなかったら
・such as=たとえば~のような
・flit=【自動】ひらひら飛び回る、せわしなく動き回る
・in that direction=その方向=お墓の方向
・hasten 【自動】 急いで行く
・memorial tomb=記念碑、記念の墓、追悼のための碑
・resound=【自動】 (大音響が)鳴り響く
・host of= 《a ~》たくさんの、多くの、大群の
・in the sight of~=~の目の前で
・mortal=死ぬ運命にある=人間の
・文の構造:強調による倒置:Never before had so great a host of Oni-bi appeared in the sight of mortal man=So great a host of Oni-bi had never before appeared in the sight of mortal man
・bewitched=魔法をかけられた
・strenuously=【副】 熱心に、激しく、精力的に
・rattle=ガラガラ鳴る
・clang=【自動】 (金属などが触れあって)カーン[ガチャン・ガチャガチャ・カンカン・ガンガン]と鳴る
・caught(catchの過去形) hold of =~をつかんだ
・Reprovingly=非難するように
・interrupt=【他動】 割り込む、妨げる、邪魔する
・in such a manner=そんなふうに
・august=【形】 威厳のある、恐れ多い
・assembly=【名】 集めること、集合、集会
・be tolerated=許される

しまいに、男達は浜辺の方の道から寺へ帰って来ると、阿彌陀寺の墓地の中に、盛んに琵琶の弾じられている音が聞えるので、一同は吃驚した。二つ三つの鬼火――暗い晩に通例そこにちらちら見えるような――の外、そちらの方は真暗であった。しかし、男達はすぐに墓地へと急いで行った、そして提灯の明かりで、一同はそこに芳一を見つけた――雨の中に、安徳天皇の記念の墓の前に独り坐って、琵琶をならし、壇ノ浦の合戦の曲を高く誦して。その背後(うしろ)と周囲(まわり)と、それから到る処たくさんの墓の上に死者の霊火が蝋燭のように燃えていた。いまだかつて人の目にこれほどの鬼火が見えた事はなかった……
『芳一さん!――芳一さん!』下男達は声をかけた『貴方は何かに魅(ばか)されているのだ!……芳一さん!』
 しかし盲人には聞えないらしい。力を籠めて芳一は琵琶を錚錚と鳴らしていた――ますます烈しく壇ノ浦の合戦の曲を誦した。男達は芳一をつかまえ――耳に口をつけて声をかけた――
『芳一さん!――芳一さん!――すぐ私達と一緒に家にお帰んなさい!』
 叱るように芳一は男達に向って云った――
『この高貴の方方の前で、そんな風に私の邪魔をするとは容赦はならんぞ』


Whereat, in spite of the weirdness of the thing, the servants could not help laughing. Sure that he had been bewitched, they now seized him, and pulled him up on his feet, and by main force hurried him back to the temple,-- where he was immediately relieved of his wet clothes, by order of the priest. Then the priest insisted upon a full explanation of his friend's astonishing behavior.

Hoichi long hesitated to speak. But at last, finding that his conduct had really alarmed and angered the good priest, he decided to abandon his reserve; and he related everything that had happened from the time of first visit of the samurai.


・whereat=【副】 そこで、その時
・weirdness=【名】 この世の物とは思えない物、(性格などが)変わっていること、奇異さ
・could not help laughing=笑わないではいられなかった
・(They were)sure that=(that 以下)を確実と思う
・he=Hoichi
・be bewitched=魔法をかけられる
・seize=【他動】~を捕まえる、つかむ
・pulled him up on his feet=引っ張り上げて立たせた
・by main force=力ずくで、腕ずくで、無理やりに、強制的に、強引に
・hurried him back=彼を急いで帰らせた
・where=at the temple
・relieve of his wet clothes=濡れた衣を脱がせる
・by order of =~の命[命令・指図]で[により・によって]
・insist upon(=on)=~を強く主張[要求]する
・his friend=Hoichi
・hesitate to=~するのをためらう、ちゅうちょする
・finding that his conduct had really alarmed and angered the good priest=as he found that his conduct~:分詞構文
・decide to~=~することを決心する
・abandon=~をあきらめる、断念する、中止する
・reserve=保留=言わないでおくこと
・relate=【他動】~を話す、述べる、物語る
・文の構造:he related everything (that had happened from the time of first visit of the samurai)、thatはeverythingを先行詞とする関係代名詞、先行詞にall, every, any, only, noが付くときは通例thatが用いられる。

事柄の無気味なに拘らず、これには下男達も笑わずにはいられなかった。芳一が何かに魅(ばか)されていたのは確かなので、一同は芳一を捕(つかま)え、その身体(からだ)をもち上げて起たせ、力まかせに急いで寺へつれ帰った――そこで住職の命令で、芳一は濡れた著物を脱ぎ、新しい著物を著せられ、食べものや、飲みものを与えられた。その上で住職は芳一のこの驚くべき行為をぜひ十分に説き明かす事を迫った。
 芳一は長い間それを語るに躊躇していた。しかし、遂に自分の行為が実際、深切な住職を脅かしかつ怒らした事を知って、自分の緘黙を破ろうと決心し、最初、侍の来た時以来、あった事をいっさい物語った。


The priest said:--

"Hoichi, my poor friend, you are now in great danger! How unfortunate that you did not tell me all this before! Your wonderful skill in music has indeed brought you into strange trouble. By this time you must be aware that you have not been visiting any house whatever, but have been passing your nights in the cemetery, among the tombs of the Heike; -- and it was before the memorial-tomb of Antoku Tenno that our people to-night found you, sitting in the rain. All that you have been imagining was illusion --except the calling of the dead. By once obeying them, you have put yourself in their power. If you obey them again, after what has already occurred, they will tear you in pieces. But they would have destroyed you, sooner or later, in any event... Now I shall not be able to remain with you to-night: I am called away to perform another service. But, before I go, it will be necessary to protect your body by writing holy texts upon it."


・unfortunate=【形】 運の悪い、残念な
・bring you into trouble=あなたを困った状態に追い込む
・文の構造:you have not been visiting any house whatever, but have been passing your nights in the cemetery(~でなくて~)
・any~whatever=noまたはanyを伴う名詞の後にwhateverを付けて「少しの~も」の意味<例>There is no[any] doubt whatever about it.(それは何の疑いもない)
・imagine=心に描く
・illusion=錯覚
・calling=呼び声、呼び出し
・once=一度、いったん
・obey=~に従う、服従する、(人)の言うことを聞く
・them=the dead
・put yourself in their power=あなた自身を彼らの支配下に置く=あなた自身を彼らの思うままにする
・tear you in pieces=あなたを切れ切れに引き裂く
・in any event=いずれにしても、どっちみち
・destroy=滅ぼす、たたきのめす、ぼろぼろにする
・sooner or later=いつかは、遅かれ早かれ
・remain with you =あなたと一緒にいる
・call away=呼び出す
・protect=守る
・holy=神聖な、text=文章:holy text=お経

すると住職は云った……
『可哀そうな男だ。芳一、お前の身は今大変に危ういぞ! もっと前にお前がこの事をすっかり私に話さなかったのはいかにも不幸な事であった! お前の音楽の妙技がまったく不思議な難儀にお前を引き込んだのだ。お前は決して人の家を訪れているのではなくて、墓地の中に平家の墓の間で、夜を過していたのだという事に、今はもう心付かなくてはいけない――今夜、下男達はお前の雨の中に坐っているのを見たが、それは安徳天皇の記念の墓の前であった。お前が想像していた事はみな幻影(まぼろし)だ――死んだ人の訪れて来た事の外は。で、一度死んだ人の云う事を聴いた上は、身をその為(す)るがままに任したというものだ。もしこれまであった事の上に、またも、その云う事を聴いたなら、お前はその人達に八つ裂きにされる事だろう。しかし、いずれにしても早晩、お前は殺される……ところで、今夜私はお前と一緒にいるわけにいかぬ。私はまた一つ法会をするように呼ばれている。が、行く前にお前の身体を護るために、その身体に経文を書いて行かなければなるまい』


住職がお経を芳一の体に書いて亡霊から守るということですね。

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(7)

原作は著作権フリーのThe Project Gutenberg、日本語訳は青空文庫、戸川明三訳


高貴と思われる人々の前で琵琶を弾き、その人々を感激させ、これから後六日間、毎日来て琵琶を弾いてくれ、そしてこのことは誰も話さぬようにと言われた芳一ですが…

It was almost dawn when Hoichi returned; but his absence from the temple had not been observed,-- as the priest, coming back at a very late hour, had supposed him asleep. During the day Hoichi was able to take some rest; and he said nothing about his strange adventure.


・dawn=夜明け
・absence=不在、留守
・observe=~に気づく
・supposed him asleep=彼が眠っていると思った
・take some rest=少し休む
・adventure=冒険

芳一の戻ったのはやがて夜明けであったが、その寺をあけた事には、誰れも気が付かなかった――住職はよほど遅く帰って来たので、芳一は寝ているものと思ったのであった。昼の中芳一は少し休息する事が出来た。そしてその不思議な事件については一言もしなかった。


In the middle of the following night the samurai again came for him, and led him to the august
assembly, where he gave another recitation with the same success that had attended his previous performance. But during this second visit his absence from the temple was accidentally discovered; and after his return in the morning he was summoned to the presence of the priest, who said to him, in a tone of kindly reproach:--


"We have been very anxious about you, friend Hoichi. To go out, blind and alone, at so late an hour, is dangerous. Why did you go without telling us? I could have ordered a servant to accompany you. And where have you been?"


Hoichi answered, evasively,--


"Pardon me kind friend! I had to attend to some private business; and I could not arrange the matter at any other hour."


・come for=~を迎えに来る、~を連れに来る
・august=【形】 威厳のある、恐れ多い
・assembly=集会、会合
・where=in the assembly
・attend=【他動】 (物・事が)~に伴う
・the same success that had attended his previous performance=前回の演奏のときと同じ成功
・accidentally=【副】 偶然に、うっかりして、図らずも
・was summoned to~=~に呼び出される
・the presence of~=~がその場にいること
・in a tone of =~の口調で
・kindly=【形】思いやりのある、優しい
・reproach=【名】 非難、叱責
・I could have ordered a servant to accompany you.:仮定法過去完了、過去の事実と反対のことを表す。この場合は「(実際にはしなかったが)知っていればそう言いつけたのに」ということ。
・evasively=あいまいに
・Pardon me=許してください
・attend to some private business:attend to one's business=事務を執る、商売に精を出す、なので、ここでは「ちょっと自分の用をする」
・arrange=都合する、手筈を整える、段取りをつける
・arrange the matter at any other hour=そのことを他の時間にするように都合する

翌日の夜中に侍がまた芳一を迎えに来て、かの高貴の集りに連れて行ったが、そこで芳一はまた吟誦し、前囘の演奏が贏ち得たその同じ成功を博した。しかるにこの二度目の伺候中、芳一の寺をあけている事が偶然に見つけられた。それで朝戻ってから芳一は住職の前に呼びつけられた。住職は言葉やわらかに叱るような調子でこう言った、――
『芳一、私共はお前の身の上を大変心配していたのだ。目が見えないのに、一人で、あんなに遅く出かけては険難だ。何故、私共にことわらずに行ったのだ。そうすれば下男に供をさしたものに、それからまたどこへ行っていたのかな』
 芳一は言いれるように返事をした――
『和尚様、御免下さいまし! 少々私用が御座いまして、他の時刻にその事を処置する事が出来ませんでしたので』


The priest was surprised, rather than pained, by Hoichi's reticence: he felt it to be unnatural, and suspected something wrong. He feared that the blind lad had been bewitched or deluded by some evil spirits. He did not ask any more questions; but he privately instructed the men-servants of the temple to keep watch upon Hoichi's movements, and to follow him in case that he should again leave the temple after dark.


・pained=【形】不愉快な、立腹した
・reticence=【名】 無口、口が重いこと
・he felt it to be unnatural:it=Hoichi's reticence、 unnatural=不自然な
・suspect=【他動】 ~ではないかと疑う[うすうす感じる]、~だろうと思う
・something wrong=何かおかしい
・fear=【他動】 ~を恐れる、心配する
・lad=若者、青年
・bewitch=【他動】 ~に魔法をかける、(魔法で(人)を)言いなりにする
・delude=【他動】 (人を)だます、欺く
・evil spirit=悪霊、悪魔
・文の構造:he privately instructed the men-servants of the temple to keep watch upon Hoichi's movements, and to follow him in case that he should again leave the temple after dark
・privately=内密に、ひそかに
・instruct=指示して~させる
・keep watch on(upon)=~を見張る、~を監視[警戒・警備]する、~に目を光らせる
・in case that=もし(that 以下)の場合には
・should=【助動】 (万一)~ならば

住職は芳一が黙っているので、心配したというよりむしろ驚いた。それが不自然な事であり、何かよくない事でもあるのではなかろうかと感じたのであった。住職はこの盲人の少年があるいは悪魔につかれたか、あるいは騙されたのであろうと心配した。で、それ以上何も訊ねなかったが、ひそかに寺の下男に旨をふくめて、芳一の行動に気をつけており、暗くなってから、また寺を出て行くような事があったなら、その後を跟けるようにと云いつけた。


英語で小泉八雲『耳なし芳一』(6)

侍と思われる、甲冑の音をさせた人に導かれ、部屋に通された芳一は…

Hoichi was told to put himself at ease, and he found a kneeling-cushion ready for him. After having taken his place upon it, and tuned his instrument, the voice of a woman -- whom he divined to be the Rojo, or matron in charge of the female service -- addressed him, saying,--
"It is now required that the history of the Heike be recited, to the accompaniment of the biwa."


put himself at ease=気楽にする、安心する
・kneeling-cushion:kneel が「【自動】 ひざを曲げる、ひざまずく」なので、「座布団」の意味
・ready=【形】 用意[準備・支度]ができている
・take his place upon it:take one's placeが「席に着く」なので、この場合は「座布団に座る」
・tune=(楽器を)調律する
・instrument=楽器(ここでは「琵琶」)
・divine=【他動】~と推測する、~と思う
・Rojo=【老女】(1)年とった女性(2)武家や貴族の家で、侍女の筆頭である年長の女:ここでは(2)の意味、戸川氏は「女すなわち女のする用向きを取り締る女中頭」と訳しておられる
・or=【接続】 すなわち、つまり
・matron=【名】 既婚婦人、女性監督者
・in charge of =~を担当[管理]して、~を任されて
・female=【形】 女性の
・service=【名】 勤務、業務、部局
・address=【他動】 話し掛ける、言葉をかける
・saying=and said:付帯状況を表す分詞構文
・be required=どうしても必要な
・recite=吟唱する
・accompaniment=【名】 《音楽》伴奏

芳一は気楽にしているようにと云われ、座蒲団が自分のために備えられているのを知った。それでその上に座を取って、琵琶の調子を合わせると、女の声が――その女を芳一は老女すなわち女のする用向きを取り締る女中頭だと判じた――芳一に向ってこう言いかけた――
『ただ今、琵琶に合わせて、平家の物語を語っていただきたいという御所望に御座います』


Now the entire recital would have required a time of many nights: therefore Hoichi ventured a question:--
"As the whole of the story is not soon told, what portion is it augustly desired that I now recite?"
The woman's voice made answer:--
"Recite the story of the battle at Dan-no-ura,-- for the pity of it is the most deep."


・Now=【副】 さて
・recital=朗読、独奏会、独唱会
・require=【他動】~を必要とする
・the entire recital would have d a time of many nights=if he had done the entire recital, it would have required  a time of many nights:仮定法過去完了(過去の事実に反する仮定を表す)、実際には平家物語を全部語らなかった、語ったら幾晩もかかっただろうということ。
・therefore=【副】 それ故に、従って、だから
・venture=【他動】思い切って~する、思い切って[意を決して]~と言う
・soon=【副】 すぐに
・As the whole of the story is not soon told=すぐに全部さっと語れるわけではないので
・portion=部分、一部分
・augustly=堂々と、威厳を持って:ただここではこの意味だけでは意味が通じないので戸川氏の訳を参考にさせていただくと「どの条下(くさり)を語れという殿様の御所望で御座いますか?」
august(adj.)を英英辞典で引くと"of or befitting(~に適する) a lord"ともあるので、「偉い人、御主人の意向としては」という意味があるのだろう。
・文の構造:what portion is it augustly desired that I now recite?:it ~ that構文、what portionはreciteの目的語
・for=【接】なぜなら
・pity=哀れさ

さてそれをすっかり語るのには幾晩もかかる、それ故芳一は進んでこう訊ねた――
『物語の全部は、ちょっとは語られませぬが、どの条下(くさり)を語れという殿様の御所望で御座いますか?』
 女の声は答えた――
『壇ノ浦の戦(いくさ)の話をお語りなされ――その一条下(ひとくさり)が一番哀れの深い処で御座いますから』


壇ノ浦の場面だけを語ってほしいということですね。


Then Hoichi lifted up his voice, and chanted the chant of the fight on the bitter sea,-- wonderfully making his biwa to sound like the straining of oars and the rushing of ships, the whirr and the hissing of arrows, the shouting and trampling of men, the crashing of steel upon helmets, the plunging of slain in the flood.


・lift up one's voice=声の調子を上げる
・chant=【名】 詠唱(節をつけて歌をうたうこと)【自動】 詠唱する
・bitter=激しい、無情な
・making his biwa to sound=琵琶を奏でる
・strain=ぐいと引っ張る
・oar=【名】 オール、櫂(かい)
・rush=【自動】 大急ぎでする、焦る、突進する、走る、急ぐ
・whirr=whir【名】 ヒュー[ビュー・ブンブン・ブーン・ウィーン]という音
・hiss=【名】 シュー[シュッ・ジュー]という音
・arrow=矢
・trample=踏みつける、踏みつぶす
・crash=【自動】 (大きな音を立てて)衝突する
・steel=【名】 剣
・helmet=ヘルメット、兜(かぶと)
・plunge=【自動】 飛び込む
・slain=slay(【他動】 殺す)の過去分詞
・flood=(古語)大洋、海、川
・the plunging of slain in the flood:slainは文法的にわかりづらいが、ここの意味は「殺された侍が海に落ちる音」ということだと思う

芳一は声を張り上げ、烈しい海戦の歌をうたった――琵琶を以て、あるいは橈を引き、船を進める音を出さしたり、はッしと飛ぶ矢の音、人々の叫ぶ声、足踏みの音、兜にあたる刃の響き、海に陥る打たれたもの音等を、驚くばかりに出さしたりして。


And to left and right of him, in the pauses of his playing, he could hear voices murmuring praise: "How marvelous an artist!" -- "Never in our own province was playing heard like this!" -- "Not in all the empire is there another singer like Hoichi!" Then fresh courage came to him, and he played and sang yet better than before; and a hush of wonder deepened about him.


・pause=【名】 中断、(小)休止
・murmur=【他動】 ~を小声で言う、~をつぶやく、~をささやく
・praise=【名】 称賛、褒めること
・"How marvelous an artist!" ="How marvelous an artist he is!"="What a marvelous artist he is!"
・"Never in our own province was playing heard like this!"="Playing like this was never heard in our own province.":"Never in our own province"という強調する言葉が前に来たための倒置構文
・province=田舎、地域
・"Not in all the empire is there another singer like Hoichi!"="There is not another singer like Hoichi in all the empire.":これも上の文と同じ倒置構文
・empire=帝国
・fresh=【形】 新たな
・yet=【副】 さらに、その上
・hush=静けさ
・wonder=驚き
・deepen=深まる、募る
・about=【前】~のまわりに
・a hush of wonder deepened about him=驚きのために彼のまわりはしんと静まった

その演奏の途切れ途切れに、芳一は自分の左右に、賞讃の囁く声を聞いた、――「何という巧(うま)い琵琶師だろう!」――「自分達の田舎ではこんな琵琶を聴いた事がない!」――「国中に芳一のような謡い手はまたとあるまい!」するといっそう勇気が出て来て、芳一はますますうまく弾きかつ謡った。そして驚きのため周囲は森としてしまった。


But when at last he came to tell the fate of the fair and helpless,-- the piteous perishing of the women and children,-- and the death-leap of Nii-no-Ama, with the imperial infant in her arms,-- then all the listeners uttered together one long, long shuddering cry of anguish; and thereafter they wept and wailed so loudly and so wildly that the blind man was frightened by the violence and grief that he had made.


・fate=死、悲運
・fair=【形】 きれいな、美しい
・helpless=【形】無力な、頼りない
・the fair and helpless=美しい人たちと無力な人たち:the+形容詞で複数名詞の意味を表し、ここでは次のthe womenとchildrenがそれぞれ対応している:the+形容詞の例[The strong should take care of the weak.(強者は弱者のめんどうをみるべきである)]
・piteous=【形】哀れな、痛ましい
・perish=滅びる、死ぬ
・death-leap=【名】 飛び降り自殺、身投げ
・Nii-no-Ama=二位の尼=平時子
フリー百科事典『Wikipedia』より

平時子(たいら の ときこ、大治元年(1126年) - 文治元年3月24日(1185年4月25日))は、平安時代末期の女性。平清盛の正妻。位階は従二位。二位尼と称される。下級貴族の平時信の娘、平時忠・平滋子の姉。清盛との間に宗盛、知盛、重衡、建礼門院徳子らを生む。 承安元年(1171年)従二位に叙され、二位尼(にいのあま)と呼ばれ、清盛亡き後は一門の精神的支柱として重きをなした。壇ノ浦の戦いで一門が源氏軍に最終的な敗北を喫した際、外孫に当たる安徳天皇を抱き、「浪の下にも都の候ぞ」(『平家物語』)と言い聞かせ、海中に身を投じて自殺した。

・imperial=皇室の
・infant=幼児
・imperial infant=安徳天皇


Wikipediaより

安徳天皇
[系譜]父は高倉天皇で、母は平清盛の娘の徳子(後の建礼門院)、祖父は、平清盛。
[略歴]治承2年(1178年)11月12日に生まれ、生後まもない12月15日に立太子。治承4年(1180年)2月21日に践祚し、4月22日に2歳で即位するが、当然、政治の実権は清盛がにぎる。 即位の同年に福原(現在の神戸市)に遷都するがまもなく還都。1183年、源義仲の入京に伴い、三種の神器とともに都落ちする。平家一門に連れられ大宰府を経て屋島に行き、行宮を置いた。平家が屋島の戦いに敗れると西海へ逃げた。そして、1185年、壇ノ浦で平家と源氏が激突。平家軍は敗北し、安徳天皇は祖母である平時子に抱かれて入水し、8歳で崩御(歴代最年少の崩御)。母の建礼門院も入水するが、引き上げられる。この際、三種の神器のうち、神璽と宝剣が海底へ沈んだ。のちに神璽は引き上げられたが、宝剣は失われた。

・in her arms=腕に抱いて
・utter=【自他動】 口に出す、話す、口を利く、言う、述べる、声に出す
・shuddering=【形】(寒さ・恐怖などで)震えている
・anguish=【名】 苦悶、苦悩
・thereafter=その後
・wept=weep(すすり泣く、泣く、涙を流す)の過去形
・wail=声を上げて泣く、泣き叫ぶ、嘆き悲しむ
・loudly=【副】 大声で
・wildly=【副】ひどく、激しく
・so loudly and so wildly that the blind man…:so~that 構文(=大変~なので~)
・was frightened=驚いた、びっくりした
・violence=【名】激しさ、猛烈
・grief=【名】嘆き、悲しみ
・文の構造:the violence and grief [that he had made]:thatはthe violence and griefを先行詞とする関係代名詞

しかし終りに美人弱者の運命――婦人と子供との哀れな最期――双腕に幼帝を抱き奉った二位の尼の入水を語った時には――聴者はことごとく皆一様に、長い長い戦(おのの)き慄える苦悶の声をあげ、それから後というもの一同は声をあげ、取り乱して哭き悲しんだので、芳一は自分の起こさした悲痛の強烈なのに驚かされたくらいであった。


For much time the sobbing and the wailing continued. But gradually the sounds of lamentation died away; and again, in the great stillness that followed, Hoichi heard the voice of the woman whom he supposed to be the Rojo.


She said:--

"Although we had been assured that you were a very skillful player upon the biwa, and without an equal in recitative, we did not know that any one could be so skillful as you have proved yourself to-night. Our lord has been pleased to say that he intends to bestow upon you a fitting reward. But he desires that you shall perform before him once every night for the next six nights -- after which time he will probably make his august return-journey. Tomorrow night, therefore, you are to come here at the same hour. The retainer who to-night conducted you will be sent for you... There is another matter about which I have been ordered to inform you. It is required that you shall speak to no one of your visits here, during the time of our lord's august sojourn at Akamagaseki. As he is traveling incognito, he commands that no mention of these things be made... You are now free to go back to your temple."


・sob=すすり泣く
・wail=声を上げて泣く
・lamentation=嘆き
・died away=次第に静まる、弱まる
・stillness=静けさ
・Rojo=(17)参照
・be assured=確信した、確信を持った
・without an equal=並ぶもののない
・recitative=叙唱(話すように歌うこと)
・prove yourself=自分の実力を示す、自己の能力を発揮する
・lord=主人
・bestow=【他動】 ~を授ける、与える
・fitting=【形】ふさわしい
・reward 【名】 褒美、報酬、謝礼金
・desire=~を望む、要求する
・you shall :話し手の"you"に対する命令
・perform=演奏する
・after which time:which timeは"the next six nights"を指す。whichは関係形容詞、非制限用法として格式的な意味で用い、「そしてその…」「だがその…」の意味、<例>We traveled together as far as Sendai, at which station we parted.(私たちは仙台まで一緒に旅行したが、その駅で別れた)、The train might be late, in which case you may take a taxi.(列車は遅れるかもしれない、その場合はタクシーを使ってよい)
・august=威厳のある、堂々とした、恐れ多い
・return-journey=帰りの旅:戸川氏の訳によれば「殿様」のようなので、領地に帰る旅なのでしょうか
・you are to come here=ここに来なさい(来るべき):「be+to」の意味は「できる、べき、はず、運命」
・retainer=家臣、家来
・conduct=~を案内する
・be sent for=呼びにやられる、呼ぶために使いに出される
・which=another matter
・order=命じる
・inform=~に知らせる、告げる
・It is required that~=~が必須(必要)である
・文の構造:speak [to no one] of your visits here=ここに来たことは誰にも話さない
・sojourn=【名】 (短期)滞在、逗留
・incognito=【形】【副】 〈イタリア語〉身分を隠した[隠して]、匿名の[で]、偽名の[で]、お忍びの[で]
・command=命令する
・mention=【名】 言及
commands that no mention of these things (should) be made
・be free to=自由に~できる

しばらくの間はむせび悲しむ声が続いた。しかし、おもむろに哀哭の声は消えて、またそれに続いた非常な静かさの内に、芳一は老女であると考えた女の声を聞いた。
 その女はこう云った――
『私共は貴方が琵琶の名人であって、また謡う方でも肩を並べるもののない事は聞き及んでいた事では御座いますが、貴方が今晩御聴かせ下すったようなあんなお腕前をお有ちになろうとは思いも致しませんでした。殿様には大層御気に召し、貴方に十分な御礼を下さる御考えである由を御伝え申すようにとの事に御座います。が、これから後六日の間毎晩一度ずつ殿様の御前(ごぜん)で演奏(わざ)をお聞きに入れるようとの御意に御座います――その上で殿様にはたぶん御帰りの旅に上られる事と存じます。それ故明晩も同じ時刻に、ここへ御出向きなされませ。今夜、貴方を御案内いたしたあの家来が、また、御迎えに参るで御座いましょう……それからも一つ貴方に御伝えするように申しつけられた事が御座います。それは殿様がこの赤間ヶ関に御滞在中、貴方がこの御殿に御上りになる事を誰れにも御話しにならぬようとの御所望に御座います。殿様には御忍びの御旅行ゆえ、かような事はいっさい口外致さぬようにとの御上意によりますので。……ただ今、御自由に御坊に御帰りあそばせ』


After Hoichi had duly expressed his thanks, a woman's hand conducted him to the entrance of the house, where the same retainer, who had before guided him, was waiting to take him home. The retainer led him to the verandah at the rear of the temple, and there bade him farewell.

・duly=【副】 十分に
・conduct=導く、案内する
・to take him home=彼を家へ連れて帰るために
・verandah=縁側
・at the rear of=~の後方に、~の裏に<例>garden at the rear of the house 家の裏にある庭
・bade him farewell=bid him farewell(彼に別れのあいさつをする)の過去形

芳一は感謝の意を十分に述べると、女に手を取られてこの家の入口まで来、そこには前に自分を案内してくれた同じ家来が待っていて、家につれられて行った。家来は寺の裏の縁側の処まで芳一を連れて来て、そこで別れを告げて行った。

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(5)

原作は著作権フリーのThe Project Gutenberg、日本語訳は青空文庫、戸川明三訳


芳一は、世話になっている住職が用で出かけた後、一人になりましたが、するとどこからか声が聞こえてきて、盲目の芳一は…

In those times, the order of a samurai was not to be lightly disobeyed. Hoichi donned his sandals, took his biwa, and went away with the stranger, who guided him deftly, but obliged him to walk very fast. The hand that guided was iron; and the clank of the warrior's stride proved him fully armed,-- probably some palace-guard on duty.


・times=時代
・order=【名】 命令
・disobey=【自他動】 服従しない、背く
・the order of a samurai was not to be lightly disobeyed:不定詞「~べき」(義務)の用法、ここでは否定だから「~するべきではない、~してはいけない」。で、ここは「侍の命令は軽々しく逆らってはいけないものだった」の意味になる。
・don=【他動】身に着ける
・sandal:Japanese sandals(草履)と『英辞郎』に出ているので「草履」でいいでしょう(^_^;)一足なので複数ですね。
・went away=go away(【句動】 どこかへ行く、出掛ける)の過去形
・guide=【他動】 ~を導く、案内する
・deftly=【副】手際良く
・iron=【形】鉄の(ような)、 鉄製の
・clank=【名】ガチャガチャ鳴る音
・warrior【名】 武人、武士
・stride=【名】 歩幅、一またぎ、大股の足取り
・prove=【他動】~であると分かる、~であることが分かる[判明する]
・fully armed=全身鎧で覆われた
・the clank of the warrior's stride proved him fully armed=その武士が大股で歩くごとにガチャガチャと音がしたので、全身鎧で覆われていることがわかった。
・some=【形】 ある
・palace=【名】宮廷(天皇など高貴な人の住居)
・guard=【名】護衛者、見張り
・on duty=当番の、任務についている
・probably some palace-guard on duty=たぶんちょうど任務についている高貴な人の護衛なのだろう

当時、侍の命令と云えば容易に、反くわけにはいかなかった。で、芳一は草履をはき琵琶をもち、知らぬ人と一緒に出て行ったが、その人は巧者に芳一を案内して行ったけれども、芳一はよほど急ぎ足で歩かなければならなかった。また手引きをしたその手は鉄のようであった。武者の足どりのカタカタいう音はやがて、その人がすっかり甲冑を著けている事を示した――定めし何か殿居(とのい)の衛士ででもあろうか、


Hoichi's first alarm was over: he began to imagine himself in good luck; -- for, remembering the retainer's assurance about a "person of exceedingly high rank," he thought that the lord who wished to hear the recitation could not be less than a daimyo of the first class. Presently the samurai halted; and Hoichi became aware that they had arrived at a large gateway; -- and he wondered, for he could not remember any large gate in that part of the town, except the main gate of the Amidaji.


・alarm=【名】 (危険を認識したことによって起こる)恐怖、驚き、不安
・over=【形】終って
・imagine=【他動】 想像する、思う
・in good luck=幸運な
・for=【接続】 (その理由は)~だから
・retainer=【名】 家臣、家来:前回読んだところに”My present lord, a person of exceedingly high rank”と侍が言うところがある。これをassurance(=【名】断言)と言っている。だから、このretainerは高貴な主人に使える従者、この侍を指す。
・remembering the retainer's assurance about a "person of exceedingly high rank,"=その従者が「大変高貴な人」とはっきり言っているのを思い出して
・recitation=吟唱(漢詩・和歌などを、節をつけてうたうこと)
・could not be~=can not be~(=~ではありえない)の過去形(主文がhe thoughtと過去形だから)
・less than=~未満の、~に満たない
・could not be less than a daimyo of the first class=位が一番上の大名より下の身分の人であるはずがない
・文の構造:he thought〔that the lord [who wished to hear the recitation] could not be less than a daimyo of the first class〕.
・Presently=【副】やがて、間もなく
・halt=【自動】立ち止まる
・aware=【形】 (~に)気付いている、気が付いて
・gateway=【名】門
・wonder=【自動】 疑問に思う、不思議に思う
・in that part of the town=街のその辺りでは
・except the main gate of the Amidaji=阿弥陀寺の正門以外に

芳一の最初の驚きは去って、今や自分の幸運を考え始めた――何故かというに、この家来の人の「大した高い身分の人」と云った事を思い出し、自分の吟誦を聞きたいと所望された殿様は、第一流の大名に外ならぬと考えたからである。やがて侍は立ち止った。芳一は大きな門口に達したのだと覚った――ところで、自分は町のその辺には、阿彌陀寺の大門を外にしては、別に大きな門があったとは思わなかったので不思議に思った。


"Kaimon!"the samurai called,-- and there was a sound of unbarring; and the twain passed on. They traversed a space of garden, and halted again before some entrance; and the retainer cried in a loud voice, "Within there! I have brought Hoichi." Then came sounds of feet hurrying, and screens sliding, and rain-doors opening, and voices of women in converse. By the language of the women Hoichi knew them to be domestics in some noble household; but he could not imagine to what place he had been conducted. Little time was allowed him for conjecture.



・call=叫ぶ、 (大声で)呼ぶ
・"Kaimon!"the samurai called=「開門!」と侍が大声で言った
・unbar=【他動】 ~の横木[かんぬき・掛け金]を外す、(戸・門戸を)開く
・twain=【名・形】 〈古〉二つ(の)◆【同】two:ここでは芳一と侍の二人
・pass on=先へ進む
・traverse=~を横切る
・space=区域、場所、余地
・halt=立ち止まる
・retainer=家臣、家来
・Within there!:これはちょっとわからなかった。戸川氏は「これ誰れか内のもの!」と訳しておられる。thereは邸の中を指しているわけだ、納得。「これ誰かおらぬか!」ということだな(^_^;)
・brought=bring(連れてくる)の過去分詞
・in converse:この熟語では辞書にないし、よくわからなかったが、converseの意味は「逆・反対」と「談話」という意味があり、戸川氏の訳は「女達の話し声」となっている。voices of womenと複数形だ、納得、私の注意不足が露呈ですね、お恥ずかしい(^_^;)
・Then came sounds of feet hurrying, and screens sliding, and rain-doors opening, and voices of women in converse. =〔倒置構文〕Then sounds of feet hurrying, and screens sliding, and rain-doors opening, and voices of women in converse came.
・feet hurrying, screens sliding, rain-doors opening:(=せわしなく歩く音、ふすまを開け閉めする音、雨戸を開ける音)分詞構文、分詞の前の語は分詞の意味上の主語
・them=the women
・domestic=(女の)召使い、お手伝い
・noble=高貴な
・household=家族、家庭、世帯
・文の構造:he could not imagine 〔to what place he had been conducted
・conduct=【他動】(旅行者を)案内する
・Little=【形】 ほんの少ししかない、ほとんどない
・allow=【他動】~を許す
・conjecture=【名】 (不確実な情報に基づく)憶測、推測
・Little time was allowed him for conjecture.=どこに連れてこられたのだろうと考えている暇もなかった。

開門!」と侍は呼ばわった――すると閂を抜く音がして、二人は這入って行った。二人は広い庭を過ぎ再びある入口の前で止った。そこでこの武士は大きな声で「これ誰れか内のもの! 芳一を連れて来た」と叫んだ。すると急いで歩く跫音、襖のあく音、雨戸の開く音、女達の話し声などが聞えて来た。女達の言葉から察して、芳一はそれが高貴な家の召使である事を知った。しかしどういう処へ自分は連れられて来たのか見当が付かなかった。が、それをとにかく考えている間もなかった。


After he had been helped to mount several stone steps, upon the last of which he was told to leave his sandals, a woman's hand guided him along interminable reaches of polished planking, and round pillared angles too many to remember, and over widths amazing of matted floor,-- into the middle of some vast apartment. There he thought that many great people were assembled: the sound of the rustling of silk was like the sound of leaves in a forest. He heard also a great humming of voices,-- talking in undertones; and the speech was the speech of courts.



・mount=【他動】~に上がる[登る]
・stone step=石段
・upon the last of which:whichの先行詞はstone steps
・leave=【他動】 ~を残す、置きっぱなしにする:ここではleave his sandalsだから草履を「そこで脱ぐ」ということ
・interminable=【形】 ダラダラと続く、果てしのない、限りのない
・reach=広がり、広い場所<例>across the reaches of the world(世界中のいたるところに)、eastern reaches of(~の東部区域)
・polished=【形】 磨いた、磨き上げた
・planking=【名】 厚板材、板張り
・pillared=【形】 支柱のある
・angle=【名】 角、隅
・too many to remember=覚え切れないほどたくさん
・width=【名】広さ、幅、(生地などの)ひと幅、(水泳プールの)横の距離
・amazing=【形】 驚くべき、すごい
・matted floor:matには「ござ」という意味もあるがここでは「畳」、だから「畳を敷いた床」
・文の構造:~guided him along interminable reaches of polished planking, and round pillared angles too many to remember, and over widths amazing of matted floor:along, round, overは同格、too many to rememberはanglesの修飾語、amazingはwidthsの修飾語
・vast=【形】 広大な、非常に広い
・apartment=室、部屋
・great=偉い、高貴な
・were assembled=集まった、集合している
・rustling=さらさらと鳴ること
・humming=(はち・こまなどが)ぶんぶんいう音、鼻歌、ハミング:of voicesとなっているのでわかりにくいが戸川氏は「何んだかガヤガヤ云っている大勢の声」と訳しておられる。そうかgreatだしね、ガヤガヤはぴったり。
・talk in undertones=小声で話す
・speech=話し方
・court=宮中、宮廷

手を引かれて幾箇かの石段を登ると、その一番最後(しまい)の段の上で、草履をぬげと云われ、それから女の手に導かれて、拭(ふ)き込んだ板鋪のはてしのない区域を過ぎ、覚え切れないほどたくさんな柱の角をり、驚くべきほど広い畳を敷いた床を通り――大きな部屋の真中に案内された。そこに大勢の人が集っていたと芳一は思った。絹のすれる音は森の木の葉の音のようであった。それからまた何んだかガヤガヤ云っている大勢の声も聞えた――低音で話している。そしてその言葉は宮中の言葉であった。

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(4)

前回は、まずはこの怪談の序章、琵琶を弾くのが上手な芳一の紹介でした。

One summer night the priest was called away, to perform a Buddhist service at the house of a dead parishioner; and he went there with his acolyte, leaving Hoichi alone in the temple. It was a hot night; and the blind man sought to cool himself on the verandah before his sleeping-room. The verandah overlooked a small garden in the rear of the Amidaji.  There Hoichi waited for the priest's return, and tried to relieve his solitude by practicing upon his biwa.


・call away=【句動】 (人を)呼び出す
・perform=【他動】~を行う、実行する、遂行する、執り行う
・perform a Buddhist service= 法事を行う
・parishioner=【名】 (教会の)教区民、ここでは仏教なので「檀家」のことを指す
・acolyte=伴僧(法会・葬儀・修法などのとき、導師に付き従う僧)、助手
・leave~alone=(人)をそっとしておく、ほっておく
・sought to=seek to( ~しようとする)の過去形
・cool oneself=涼む
・verandah=veranda 【名】 ベランダ、縁側
・sleeping-room=寝室
・overlook=【他動】 見渡す、見渡せる<例> I got up before dawn, sat on the hill overlooking the village. (私は夜明け前に起き、村が見渡せる丘に座った)
・in the rear of=~の裏で、~の裏手の
・There:The verandahを指す
・return=【名】 帰宅
・relieve=【他動】 (不安・心配・困難・苦痛を)取り除く、軽減する、和らげる
・solitude=【名】 孤独
・practice upon(=on)=~を練習する<例>practice on the piano ピアノをさらう、ピアノをけいこする
・relieve his solitude by practicing upon his biwa=琵琶をけいこすることで孤独を慰める

ある夏の夜の事、住職は死んだ檀家の家で、仏教の法会を営むように呼ばれたので、芳一だけを寺に残して納所を連れて出て行った。それは暑い晩であったので、盲人芳一は涼もうと思って、寝間の前の縁側に出ていた。この縁側は阿彌陀寺の裏手の小さな庭を見下しているのであった。芳一は住職の帰来を待ち、琵琶を練習しながら自分の孤独を慰めていた。


Midnight passed; and the priest did not appear. But the atmosphere was still too warm for comfort within doors; and Hoichi remained outside. At last he heard steps approaching from the back gate. Somebody crossed the garden, advanced to the verandah, and halted directly in front of him -- but it was not the priest. A deep voice called the blind man's name -- abruptly and unceremoniously, in the manner of a samurai summoning an inferior:--
"Hoichi!"
"Hai!" answered the blind man, frightened by the menace in the voice,-- "I am blind! -- I cannot know who calls!"


・Midnight=【名】 真夜中、夜の12時、午前零時
・appear=【自動】 現れる
・atmosphere=【名】 大気(圏)、空気
・comfort=【名】 快適さ、快適性、心地よさ
・the atmosphere was still too warm for comfort within doors=まだ空気が生暖かすぎて部屋の中に入る気がしなかった
・remain=【自動】 (ある場所に)とどまる
・step=【名】 足の運び、ステップ、歩み
・back gate=裏門、裏口
・hear~…ing=~が…するのが聞こえる<例>I can hear my sister singing. (妹が歌っているのが聞こえる)
・cross=横切る
・advance=【自動】 (目標に向かって)進む
・halt=【自動】 停止する、立ち止まる
・directly=【副】 ちょうど
・deep voice=太い声、低い声
・abruptly=【副】唐突に、無愛想に、ぶっきらぼうに
・unceremoniously=【副】 あっさりと、出し抜けに、突然、さりげなく、ぞんざいに
・in the manner of~=~風の方法、やり方で
・summon=【他動】 命令する
・inferior=【名】 劣った人[物]、下の者
・in the manner of a samurai summoning an inferior=下の者に命令する侍のような物の言い方で
・frightened=being frightened(驚いて)
・menace=【名】脅威(を与えるもの)、脅し<例>menace in one's voice(どすの利いた声)
・I cannot know who calls!=(目が見えないから)どなたが私を呼んでいるのかわからないんです!

夜半も過ぎたが、住職は帰って来なかった。しかし空気はまだなかなか暑くて、戸の内ではくつろぐわけにはいかない、それで芳一は外に居た。やがて、裏門から近よって来る跫音が聞えた。誰れかが庭を横断して、縁側の処へ進みより、芳一のすぐ前に立ち止った――が、それは住職ではなかった。底力のある声が盲人の名を呼んだ――出し抜けに、無作法に、ちょうど、侍が下下(したじた)を呼びつけるような風に――
『芳一!』
 芳一はあまりに吃驚(びっくり)してしばらくは返事も出なかった、すると、その声は厳しい命令を下すような調子で呼ばわった――
『芳一!』
『はい!』と威嚇する声に縮み上って盲人は返事をした――『私は盲目で御座います!――どなたがお呼びになるのか解りません!』


"There is nothing to fear," the stranger exclaimed, speaking more gently. "I am stopping near this temple, and have been sent to you with a message. My present lord, a person of exceedingly high rank, is now staying in Akamagaseki, with many noble attendants. He wished to view the scene of the battle of Dan-no-ura; and today he visited that place. Having heard of your skill in reciting the story of the battle, he now desires to hear your performance: so you will take your biwa and come with me at once to the house where the august assembly is waiting."


・There is nothing to fear=こわがることはない
・stranger=【名】 見知らぬ人
・exclaim=大声で言う
・speaking more gently=and spoke more gently
・gently=【副】 静かに、優しく、穏やかに
・stop=泊る, 滞在する
・message=【名】 伝言
・present=【形】 現在の、今の
・lord=主人
・exceedingly=【副】 非常に
・high rank=高い地位
・noble=【形】 地位の高い、高貴な
・attendant=【名】 従者、お供
・scene=【名】(事件などの) 現場
・Having heard of your skill in reciting the story of the battle,=As he heard of your skill~=その戦いの物語を吟唱できるあなたの腕前の事を聞いたので
・desire to=~したい、~することを望む
・performance=演奏
・will=【助動】 ~しなさい◆will に強勢をおいて発音する◆【用法】主語は通例二人称<例> You will do it yourself. (自分でそれをしなさい)
・so you will take your biwa and come with me at once=だから、琵琶を持ってすぐに私と来なさい
・august=【形】 恐れ多い
・assembly=集合、集まり

見知らぬ人は言葉をやわらげて言い出した、『何も恐わがる事はない、拙者はこの寺の近処に居るもので、お前の許(とこ)へ用を伝えるように言いつかって来たものだ。拙者の今の殿様と云うのは、大した高い身分の方で、今、たくさん立派な供をつれてこの赤間ヶ関に御滞在なされているが、壇ノ浦の戦場を御覧になりたいというので、今日、そこを御見物になったのだ。ところで、お前がその戦争(いくさ)の話を語るのが、上手だという事をお聞きになり、お前のその演奏をお聞きになりたいとの御所望である、であるから、琵琶をもち即刻拙者と一緒に尊い方方の待ち受けておられる家へ来るが宜い』

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(3)

原作は著作権フリーのThe Project Gutenberg、日本語訳は青空文庫、戸川明三訳


お寺で平家の亡くなった人々の霊を慰める法会が行われても、生きている人たちに対しての悪さはやまなかった…その一つが…

Some centuries ago there lived at Akamagaseki a blind man named Hoichi, who was famed for his skill in recitation and in playing upon the biwa. From childhood he had been trained to recite and to play; and while yet a lad he had surpassed his teachers. As a professional biwa-hoshi he became famous chiefly by his recitations of the history of the Heike and the Genji; and it is said that when he sang the song of the battle of Dan-no-ura "even the goblins [kijin] could not refrain from tears."


・Some centuries ago=何世紀か前に
・there lived=~が住んでいた
there+be動詞以外の自動詞+主語の順で存在・生起・出現・到達などを表し、やや文語的な言い方<例>There once lived a rich merchant in this town.(昔この町に金持ちの商人が住んでいた)
・at Akamagaseki=赤間が関(現在の下関)に
・blind= 【形】 目の不自由な、目の見えない、盲目の
・named Hoichi=芳一という名前の
・be famed for~=~で有名な
・skill=技術、技量、腕前、熟練、うまさ、巧妙、skill in~=~の腕前
・recitation=【名】 暗唱、吟唱、朗読、詳述
・play upon[on]=(楽器)を弾く、<例>play on a harp(ハープを弾く)
・biwa=びわ 【琵琶】 東洋の撥弦(はつげん=弓を使わず、もっぱら弦をはじいて音を出す)楽器。木製で、水滴形の平たい胴に柄がついており、普通四弦であるが五弦のものもある。ペルシャに起こり、インド・中国を経て、奈良時代に日本に渡来。日本では多く撥(ばち)を用いる。全長60~106センチメートル。雅楽に用いる楽琵琶、平曲(平家物語を琵琶に合わせ曲節をつけて語るもの)の伴奏の平家琵琶をはじめ、盲僧琵琶(荒神琵琶)・筑前琵琶・薩摩琵琶などの種類がある。
・his skill in recitation and in playing upon the biwa:in recitationとin playing upon the biwaが同格
・From childhood=子どもの頃から
・he had been trained:この過去の時までずっとという継続の意味で過去完了形になっている
・be trained=訓練される、教え込まれる
・recite=【他動】 暗唱する、朗読する、吟唱する
・he had been trained to recite and to play:to recite とto playが同格
・while= 【接続】 ~なのに、~だが
・lad=【名】 少年、若者、青年
・while yet a lad=while he was yet a lad(彼はまだ若かったのに)
・surpass【他動】 ~を上回る、超える、しのぐ、~に勝る
・As=~として
・professional=【形】 プロ(として)の
・biwa-hoshi= 【琵琶法師】 琵琶の弾き語りを職業とした僧体(法師姿)の盲人音楽家。平安時代から存在した放浪芸人の一種。中世以後は、経文読誦(どくじゆ)を表芸とする盲僧と、専ら平曲を演奏する者の二系統に分かれた。主に後者をさす。
・chiefly=【副】 主として、主に、まず第一に、たいてい、とりわけ
・it is said that=~であるといわれている<例>It is said that those who don't try will never succeed. (挑戦しない人は絶対に成功しない、といわれている)
・famous by=~で有名な<例>He became famous by impersonating TV stars. (彼はテレビスターのものまねで有名になった)
・even=【副】 ~さえ、たとえ~でも、~でも、~でさえ
・goblin=【名】 悪鬼、小鬼、小悪魔、鬼神(きじん、きしん=荒々しく恐ろしい神)
・refrain from~=~を(差し)控える、自制する、こらえる、やめる<例>The doctor asked the sick patient to refrain from smoking. (医者は病人に喫煙を控えるように言った)
・even the goblins could not refrain from tears=鬼神でさえ涙をこらえられなかった


幾百年か以前の事、この赤間ヶ関に芳一という盲人が住んでいたが、この男は吟誦して、琵琶を奏するに妙を得ているので世に聞えていた。子供の時から吟誦し、かつ弾奏する訓練を受けていたのであるが、まだ少年の頃から、師匠達を凌駕していた。本職の琵琶法師としてこの男は重もに、平家及び源氏の物語を吟誦するので有名になった、そして壇ノ浦の戦の歌を謡うと鬼神すらも涙をとどめ得なかったという事である。


At the outset of his career, Hoichi was very poor; but he found a good friend to help him. The priest of the Amidaji was fond of poetry and music; and he often invited Hoichi to the temple, to play and recite. Afterwards, being much impressed by the wonderful skill of the lad, the priest proposed that Hoichi should make the temple his home; and this offer was gratefully accepted. Hoichi was given a room in the temple-building; and, in return for food and lodging, he was required only to gratify the priest with a musical performance on certain evenings, when otherwise disengaged.


・At the outset of=~の最初[冒頭]に、~の当初は
・career=【名】経歴、職歴、履歴
・poetry= 【名】 詩、詩歌、韻文
・invite=【他動】 招待する、招く
・recite=【他動】暗唱する、朗唱する、吟唱する、物語る
・Afterwards=afterward 【副】 あとで、後で、後に、後ほど、その後
・being much impressed by the wonderful skill of the lad:原因・理由を表す分詞構文、be impressed=感動した、skill= 【名】 腕前
・propose that=(that 以下)を提案する
・should=【助動】 ~であるよう◆【用法】提案・要求・希望・決定・必要・妥当などを表す主節に続く that 節内で
・make the temple his home=その寺を家にする=その寺に住む、make=【他動】 ~の状態を作り出す、~にする、<例>They made Jean chairperson.(ジーンを議長にした)
・offer=【名】 申し出、申入れ、提案
・gratefully=【副】 感謝して、喜んで、ありがたく
・accept=【他動】 (申し出などを)引き受ける、受諾する
・accept~gratefully=~をありがたく頂く[ちょうだいする]、~を素直に受け取る
・this offer was gratefully accepted=this offer was gratefully accepted by Hoichi
・in return for=~に対する返礼[返報・お礼・お返し・見返り]として
・lodging=【名】 宿
・be required to=~するように義務付けられる<例> be required to cancel(~を取り消さなければならない)
・gratify=【他動】~を満足させる、楽しませる
・musical performance=演奏
・certain=【形】 いくらかの
・otherwise=【副】 さもなければ、そうしないと、そうでなければ
・disengaged=【形】 (約束がなくて)暇な、手が空いた
・gratify the priest with a musical performance on certain evenings, when otherwise disengaged=他に約束がなくて手があいている夜に、その僧侶に演奏を聞かせて楽しませる

芳一には出世の首途(かどで)の際、はなはだ貧しかったが、しかし助けてくれる深切な友があった。すなわち阿彌陀寺の住職というのが、詩歌や音楽が好きであったので、たびたび芳一を寺へ招じて弾奏させまた、吟誦さしたのであった。後になり住職はこの少年の驚くべき技倆にひどく感心して、芳一に寺をば自分の家とするようにと云い出したのであるが、芳一は感謝してこの申し出を受納した。それで芳一は寺院の一室を与えられ、食事と宿泊とに対する返礼として、別に用のない晩には、琵琶を奏して、住職を悦ばすという事だけが注文されていた。

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(2)

前回は、物語の冒頭、源氏と平家の戦いで滅亡した平家の亡霊にまつわるいろいろな不思議な話が、壇ノ浦のあたりにはあるのだというお話でした。


そして、昔はお話だけではなく……


In former years the Heike were much more restless than they now are. They would rise about ships passing in the night, and try to sink them; and at all times they would watch for swimmers, to pull them down.


・in former years= 以前は
・the Heike=平家の人々
・restless =【形】 (人が)じっとしていられない、せかせかする、そわそわする、落ち着きのない
・would=【助動】 ~したものだった◆過去の短期的な習慣・反復行動を表す。
<例>She would often wash the dishes late at night. (彼女はしばしば夜遅くお皿を洗っていた)
When I lived in New York, I would go shopping with my mother every weekend.( ニューヨークに住んでいたときは、毎週末ごとに母と一緒に買い物に行ったものだった)
・rise=【自動】上がる、のぼる
・about=【副】 周囲に
・ships passing in the night=ships that is passing in the night(分詞passing の形容詞的用法)
・pass=【自動】 通る、過ぎる、通り過ぎる
・try to sink them=沈ませようとする(them=ships)
・at all times=いつも、常に
<例>You should wear a seat belt at all times while you are driving. (運転中はいつもシートベルトをするべきだ)
・watch for=~を待つ、見守る、注意してみる
<例>watch for a suspicious figure(怪しい人物はいないかと監視する[目を光らせる]、不審人物が現れるのを待ち構える)
・to pull them down=to pull~down(~を引き下ろす)は不定詞の副詞用法(意味は「目的」)、them=swimmers

平家の人達は以前は今よりも遥かに焦慮(もが)いていた。夜、漕ぎ行く船のほとりに立ち顕れ、それを沈めようとし、また水泳する人をたえず待ち受けていては、それを引きずり込もうとするのである。


It was in order to appease those dead that the Buddhist temple, Amidaji, was built at Akamagaseki. A cemetery also was made close by, near the beach; and within it were set up monuments inscribed with the names of the drowned emperor and of his great vassals; and Buddhist services were regularly performed there, on behalf of the spirits of them.


・It was in order to appease those dead that the Buddhist temple, Amidaji, was built at Akamagaseki.
お馴染みのIt is ~that・・・の構文。
It=that the Buddhist temple, Amidaji, was built at Akamagaseki
・in order to=~するために
・appease=【他動】 なだめる、和らげる、静める
・those dead=死人、死者:平家の人たちを指している。
・Buddhist temple=仏教寺院、仏寺、仏閣、仏堂
・Amidaji=阿弥陀寺=山口県下関市阿弥陀町にあった寺。中世には浄土宗、近世では真言宗に転じた。安徳天皇鎮魂のため1191年に建立。1875年(明治8)寺を廃して赤間宮となる。現在は赤間神宮という。[写真は赤間神宮の「耳なし芳一像」だそうです]Photo
・Akamagaseki=赤間関(下関の古名)
・cemetery=【名】 墓地、共同墓地
・close by=【形】 すぐ傍らに、すぐ近くに、そばに、間近に
・within it=itは、前の文のcemetery
・were set up monuments=monuments were set up
・set up=建てる、建設する、建築する、建立する
・monument=【名】 記念建造物、記念碑、墓石
・inscribed with the names of the drowned emperor and of his great vassals=which are inscribed with~、whichの先行詞はmonuments
・inscribe=【他動】 刻み込む、彫る
<例>inscribe a stone with someone's name(石に《人》の名前を刻み込む )
・drowned=【形】 おぼれ死んだ
・great=【形】偉い、偉大な、高貴な
・vassal=【名】 (封建時代の)臣下
・Buddhist service=法事、perform a Buddhist service(法事を行う)
・regularly=【副】 定期的に、きちんと
・on behalf of= ~のために、~の利益になるように

これ等の死者を慰めるために建立されたのが、すなわち赤間ヶ関の仏教の御寺なる阿彌陀寺であったが、その墓地もまた、それに接して海岸に設けられた。そしてその墓地の内には入水された皇帝と、その歴歴の臣下との名を刻みつけた幾箇かの石碑が立てられ、かつそれ等の人々の霊のために、仏教の法会がそこで整然(ちゃん)と行われていたのである。


After the temple had been built, and the tombs erected, the Heike gave less trouble than before; but they continued to do queer things at intervals,-- proving that they had not found the perfect peace.


・After the temple had been built, and the tombs erected=After the temple had been built, and the tombs had been erected
「寺や墓が建てられてから~」という完了の意味を表すために過去完了形になっている。
写真は赤間神宮
・erect=【他動】 ~を組み立てる、建築する
・give trouble=手数をかける、困らせる
・queer=【形】 奇妙な、変な
・at intervals=周期的に、時々
・proving that they had not found the perfect peace=and it proved that they had not found the perfect peace(付帯状況を表す分詞構文)
it=they continued to do queer things at intervals
they had not found the perfect peace=過去形の文章の中で「まだ完全な安らぎを見出していない」という「完了、結果」の意味を表すために過去完了形になっている。

この寺が建立され、その墓が出来てから以後、平家の人達は以前よりも禍いをする事が少くなった。しかしそれでもなお引き続いておりおり、怪しい事をするのではあった――彼等が完き平和を得ていなかった事の証拠として。



つまり、この物語のころにはまだ平家の人たちの霊は平安を見出していなかったということですね。

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(1)

いよいよ始めます原作は著作権フリーのおなじみThe Project Gutenberg、日本語訳はこれも同じく著作権フリーの青空文庫、戸川明三訳を使わせていただきます。

KWAIDAN


THE STORY OF MIMI-NASHI-HOICHI

More than seven hundred years ago, at Dan-no-ura, in the Straits of Shimonoseki, was fought the last battle of the long contest between the Heike, or Taira clan, and the Genji, or Minamoto clan.


・Dan-no-ura=壇ノ浦:山口県下関市、早鞆(はやとも)瀬戸の海岸一帯の地。源平最後の合戦場。安徳帝を祀(まつ)る赤間神宮がある。
[参考]壇ノ浦の合戦=1185年の長門壇ノ浦における源平最後の合戦。平宗盛の率いる平家は源義経を総大将とする源氏の軍勢に敗北。安徳天皇は二位尼とともに入水、宗盛らは捕らえられて、平家一門は滅亡した。
・Straits=【名】 海峡
・battle=【名】 戦い、戦闘
・contest=【名】争い
・or=【接続】 すなわち、つまり
・clan=【名】 一族
[参考]More than seven hundred years ago, at Dan-no-ura, in the Straits of
Shimonoseki, was fought the last battle~の文章は倒置になっている。通常はThe last battle~ was fought more than seven hundred years ago, at Dan-no-ura, in the Straits of shimonoseki.文頭の副詞句”More than seven hundred years ago, at Dan-no-ura, in the Straits of Shimonoseki”を強調する構文のため、副詞句+V(Verb=動詞)+S(Subject=主語)の倒置形になっている。(参考文献は文研出版『究明英文法』)

七百年以上も昔の事、下ノ関海峡の壇ノ浦で、平家すなわち平族と、源氏すなわち源族との間の、永い争いの最後の戦闘が戦われた。


There the Heike perished utterly, with their women and children, and their infant emperor likewise -- now remembered as Antoku Tenno. And that sea and shore have been haunted for seven hundred years... Elsewhere I told you about the strange crabs found there, called Heike crabs, which have human faces on their backs, and are said to be the spirits of the Heike warriors.


・There=【副】そこで
・perish=【自動】 滅びる、(災害などで)死ぬ、
・utterly=【副】 全く、完全に、残らず
・infant=【形】 幼い、幼少の
・likewise=【副】 同じく、同じように、同様に
・Antoku Tenno=【安徳天皇】(1178-1185) 第八一代天皇(在位 1180-1185)。高倉天皇の皇子。名は言仁(ときひと)。母は平清盛の娘建礼門院徳子。二歳で即位。平宗盛に擁せられて、西国に落ち、壇ノ浦で平氏一門とともに入水した。
・haunt=【他動】(幽霊が)~に出没する
・Elsewhere【副】ほかのどこかで
・Heike crab=【平家蟹】海産のカニ。甲の幅約2センチメートル。全身暗紫褐色。前二対の脚が発達して歩行に使われ、後ろ二対の脚は短く、これで貝殻などを甲の上に背負う。甲の凹凸が怒った人の顔のように見え、平家の怨霊が乗り移ったとの伝説を生んだ。瀬戸内海から黄海・東シナ海にかけての浅海に分布。タケブンガニ。オニガニ。Photo
・spirit=【名】霊、魂、霊魂
・warrior=【名】武士


この壇ノ浦で平家は、その一族の婦人子供ならびにその幼帝――今日安徳天皇として記憶されている――と共に、まったく滅亡した。そうしてその海と浜辺とは七百年間その怨霊に祟られていた……他の個処で私はそこに居る平家蟹という不思議な蟹の事を読者諸君に語った事があるが、それはその背中が人間の顔になっており、平家の武者の魂であると云われているのである。


But there are many strange things to be seen and heard along that coast. On dark nights thousands of ghostly fires hover about the beach, or flit above the waves,—pale lights which the fishermen call Oni-bi, or demon-fires; and, whenever the winds are up, a sound of great shouting comes from that sea, like a clamor of battle.


・to be seen and heard=to+不定詞の形容詞的用法で、先行する名詞many strange thingsが意味上の主語になる。
・coast= 【名】海岸、沿岸
The road along the coast is beautiful. (その海岸沿いの道路は美しい)
・thousands of=何千もの
ghostly=【形】 霊的な
hover about=うろつく、空に舞う
・beach=【名】 浜、海辺、ビーチ、岸べ
・flit=【自動】 かろやかに飛ぶ[動く]、ひらひら飛び回る、せわしなく動き回る
・pale=【形】青白い
・fishermen=fisherman(【名】 漁師)の複数形
・Oni-bi=【鬼火】夜間、墓地や沼地などで、青白く燃え上がる不気味な火。人骨などのリンが自然発火したもの。人魂(ひとだま)。
・or=【接続】 すなわち、つまり
・demon=【名】 悪霊、悪魔
・whenever=【接続】 いつ~しようとも[であろうとも]、~する[な]ときはいつでも
・up=【形】 (出来事が)起きている、the winds are up(風が起こる)
・shouting= 【名】叫び
・clamor=【名】 どよめき、うなり声、やかましい音[鳴き声]、わめき、叫び、喧騒

しかしその海岸一帯には、たくさん不思議な事が見聞きされる。闇夜には幾千となき幽霊火が、水うち際にふわふわさすらうか、もしくは波の上にちらちら飛ぶ――すなわち漁夫の呼んで鬼火すなわち魔の火と称する青白い光りである。そして風の立つ時には大きな叫び声が、戦の叫喚のように、海から聞えて来る。

トラックバックテーマ 第1036回「ハンカチ、ティッシュは常備してる?」

すぐラフカディオ・ハーンに行こうと思ったのですが、このトラックバックテーマが目に付いてしまったので、FC2さんにご挨拶代わりに投稿することにしました。

私はティッシュはまあ、どこかでもらったポケットティシュを一つバッグに入れているくらいですが、ハンカチは何しろなくてはならぬ必需品

何故かと言えば、ものすごい汗っかきだからです。

特に今年の猛暑、バッグの中に入れ忘れたら大変なことになります

今日午後に、あすの父の法事のため、実家へ出かけるのですが、バッグの中には二日分、これだけのタオルのハンカチを入れていきます
DSCN0111.jpg


頂き物がほとんどですが、結構カラフルでしょ

汗っかきは大変だし、服にシミができたり、汗がポタポタ垂れたり恥ずかしい思いもたくさんしますが、近所の奥さんと世間話をしていると、私と同様、お化粧は無駄だからしない、なんていう人が分かっただけで数人はいて、私だけじゃないんだとほっとします

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です!今日のテーマは「ハンカチ、ティッシュは常備してる?」です。女の子のカバンの中の必須アイテムと言っても過言ではないハンカチとティッシュ。今は、お手洗いの後に手を洗った後も、エアードライヤー(というのでしょうか?)があり、ハンカチも、ティッシュ配りの方からもらえたりするので、あ...
トラックバックテーマ 第1036回「ハンカチ、ティッシュは常備してる?」


何故英語の物語を読むのか

さあ、いよいよ英語関係の記事の整理を開始します。

英語で物語をいくつか読んできたのをここで整理して載せるのですが、その最初を飾るのが、小泉八雲、つまりラフカディオ・ハーンの『怪談』です。

何故小泉八雲かということは改めて書くのも面倒なので、ずっと以前に書いたブログ記事を引用します。

2006年7月に書いたものです。

公立学校での英語教育に興味があって、鳥飼玖美子さんの『危うし!小学校英語』を買ってみた。
昨日たまたま、ニュースで、小学校のたぶん総合学習の一環で、どこかの会社のラグビーの外国人選手を呼んで、子どもたちが習った英会話を試したり、綱引きなどをして交流しているところをやっていた。

現在の英語教育の一端を垣間見た、という感じだが、画面に映っている子どもたちは楽しそうではあった。

だが、鳥飼さんのこの著書の第二章に、文科省の「英語活動に対する児童の満足感」についての調査結果が載っていて、「英語活動が嫌い」という子どもが三割弱いるらしいことがわかる。

嫌いな理由として、英語で話したり歌ったり読んだりすることがうまくできないから、が挙げられている。

私自身も同じような覚えがある。特に、日本の子どもたちは、民族性があるのだと思うが、引っ込み思案になりがちな子も多いのではないだろうか。

私は団塊世代のちょっと後だから、ご多聞に漏れず、英会話はからきしダメ。鳥飼さんが言う「あんな教え方だから使えるようにならない。訳”毒”だ、などと非難ゴウゴウの指導方法」である「文法訳読法」で教育された世代。

ただ、私も親がそろそろ教育に目覚める頃で、ちょっと早めに英語を習いに行かされた。

初めて英語に接したのはもう四十年以上も前(^_^;)、小学校の四年生か五年生の時に、ご主人がアメリカ人という女性のお宅に、だいたい同じ年頃の子どもと一緒に英会話を習いに行った。

本も使ったが、ご主人やその友人のアメリカ人に会って挨拶したり、ガールスカウトの活動で日本に来たアメリカ人の子どもと交流したり、ハローウィンの仮装をしたり等々。今の総合学習とたぶん同じような内容だったろう。

ところが、私は、どちらかと言うと引っ込み思案だったためか、それが嫌で嫌で仕方なかった。文科省の調査の「英語活動が嫌い」の子どもたちと同じだったわけだ。だから、いくらも習わないうちにやめることにした。

ところが、六年生になった頃、従姉のすすめもあり、中学校の先生をしていた女性のところに、英会話ではなく、ABCの書き方から入る英語を習いに行き始めた。

今のような塾ではなく、先生の自宅で他の子どもたちや、その先生といろんな話をしながらで、とても楽しかった。そのうえ、そういう英語への入り方が私に向いていたのか、英語が好きになった。

中学校の教科書だけでなく、やさしい英語で書かれた物語なども読んだ。その中で印象深かったのは、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の「耳なし芳一」。

その後、一段と英語にのめりこんだきっかけは、その塾に来ていた違う学年の子どもが、アメリカの雑誌「タイガービート」に文通希望という投書を出し、その返事がたくさんのアメリカの子どもたちから来てしまって、対応しきれないということで、その中の三人を紹介してもらい、英語で文通し始めたことだった。

男の子一人、女の子二人。そのうち、一人の女の子(今はいい大人だが)とは、つい最近まで、文通から移行してメールのやり取りをしていた。

まあ、私は英会話はすでに諦めた。というか、そこまで必要性を感じなかったし、会話より、英語を読んでいるほうが気が楽だったということもある。同じ、読み書き中心の教育を受けてきても、親しい友人の一人は、普段も社交的なほうで、自分の考えをはっきり言い、考え方も理論的にできる人で、英会話を習って、だいぶ話せるようになった。

諦めたと言いながら、私も未だに自分が英会話ができるようにならなかった「怨念」をどこかに抱えているなあと時々思う。

ただ、私が英語を好きになったのは、会話からでなく、読み書きからだったから、そういう好きになり方、楽しみ方があってもいいだろうと思う。英語での文通で、別の国の日常を知ることは、この上ない喜びで、文通が楽しくてしかたなかった覚えがあるから。

それから、専業主婦の気晴らし(^_^;)として、通信教育、インターネットでのメーリングリストで翻訳を最近まで楽しんできた。

鳥飼さんの本を読んで、英語はやはり、音声だけでなく、読み書きも大事なのだと確信し、何だか、昔を思い出して、小泉八雲を英語で読んでみたくなった。「グーテンベルグ」で著作権の問題なくテキストが取り込めるのでブログでやってみようと思う。その後、できればグリム童話も……


以上が小泉八雲にたどり着いたいきさつです。

ちなみに、もとのブログはココログです。

それからもう一つ、鳥飼さんの本が読みたい方のために…
危うし!小学校英語 (文春新書)危うし!小学校英語 (文春新書)
(2006/06)
鳥飼 玖美子

商品詳細を見る

はじめまして

はじめまして

ブログは結構長いんですが、FC2ブログは初めてです
どうぞよろしくお願いします。

英語がずっと好きで、いまだに離れられず、ブログで物語や記事を英語で読んでいます。
もちろん単語調べをしながら

英語関連の記事がだいぶたまって整理したくなったので、こちらにお世話になることにしました。
ホームページを作ろうかと思いましたが、どうも頭が働かないので…

末長くお付き合いくださいますようお願いします。
まあ、まだ私と付き合うか決めておられないでしょうが
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。